エンジニア就活を使い、新卒採用を決めよう

intern

プログラミングを学びたいすべての学生へ

プログラミングを学べる環境は非常に増えてきています。ただ漠然と学ぶのではなく、まず一個これを形にする、そして公開するといったものを期限付きで決めてつくってみることが一番大切だと思います。JavaScriptを勉強する、プログラミング言語の勉強をするというよりは作りたいものがあって、だからコードを書くというほうがモチベーションが維持しますし、何を学べばいいのか、身につければいいのかを絞ることができるので非常におすすめです。また独学で勉強していきたいという方はぜひエンジニア就活に登録して、学習に役立てて頂ければと思います。 

エンジニア就活への登録はこちらから

エンジニア採用のための就職相談にも乗っています

授業でプログラミングをちょっとかじってみてから、エンジニアになりたいと思い始めた。将来的には起業をして、オリジナルのサービスを作るためにこれからプログラミングを学び、エンジニアとしての経験を積みたい。多々漠然とエンジニアがかっこいいと思うから就職したい。様々な経緯から、エンジニアを志す学生が増えています。

しかし、プログラミング未経験からのエンジニア職採用は困難なのも事実です。ただ単に面接を受けるだけでは総合職と違い内定を勝ち取ることはできません。

そのような方々向けに、エンジニア就活ではプログラミングコーチングを実施しています。

初心者の方でもエンジニア職での内定を獲得できるよう、面接の対策から、実際に一つ制作物を作るところまでサポートします。

もちろん、すでに何年もプログラミングをやってきた人に対しても、人事担当者への最適なアピールの仕方をレクチャー致します。エンジニア就活のプログラミングコーチングを使い、ぜひ内定を勝ち取ってください。 

エンジニア就活のプログラミングコーチングお申し込みはこちら

おすすめの記事