Macでのアプリ開発がイケている3つの理由

engineer_shukatu_mac

1. iPhoneアプリの開発ができる

iPhoneアプリ開発を少しでもやりたいとお考えの方は即Macを購入されることをおすすめ致します。XCodeは、基本的にMacでしか使用出来ません。XCodeをインストールして、iPhoneアプリの開発をすることになります。

iPhoneアプリの開発を行う場合には、基本的にはMacを購入して頂くしかありません。

Appleにしてやられているなという感覚は捨てきれないのですが。。。

お値段としてもMacBook Airの13インチですと、10万円ほどで買えます。大学入学したてのとき、右も左もわからない学生によくわからないいけてないPCを買わせる風習をやめてもらいたいと本気で思います。みんな入学時点でMacを買えばいいのにと。

APPLE MacBook Air 1.8GHz Core i5/13.3/4GB/128GB MD231J/A

そんな私もそんな苦い経験をしたうちの一人です。

ちなみにWindows環境でVirtualBoxやVMwareを用いてiPhoneアプリを開発する環境をつくるなどの話も検索でヒットしますが、MacOSXの「Appleのブランドが付されたコンピュータにインストール」という条項に抵触する為、ライセンス違反になってしまいます。

実際、IT系企業の制作・開発の現場でもMacが多く使われています。

2. 素敵なアプリがたくさん使える

Macではたくさんの素敵なアプリが使えます。

筆者の特にお気に入りは、CodaというテキストエディタとBetterTouchTool, Sequel Pro, Transmitです。

弘法は筆を選ばずともいいますが、プログラマーは筆を選びましょう。ツールを導入してからの学習コストも発生するので、最初からいいものを使っておくことをおすすめします。

3. かっこいい。ただただカッコいい。

これは見た目の問題なのですが、明らかにかっこよさが違います。国産の他のPCと違い、まばゆいほどの輝きを放つフォルムのかっこよさ。

故スティーブ・ジョブズ氏の名言はこちら。
「偉大な大工はたとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりしない」
これほどのこだわりのもとに創られたプロダクトだからこそこれだけの輝きを放つのだと思います。

以上Macでのアプリ開発がイケている3つの理由3つの理由でした。

実際にiPhoneアプリの開発に挑戦したい方はこちらの記事もご覧下さい

おすすめの記事