[就活イベント]1日完結。現場のプロエンジニアのサポートのもと、Processingを学ぼう

2016年3月から2018年3月までに卒業予定の学生対象。経験豊富なエンジニアのサポートのもと、1日完結でProcessingを学べる就活イベントを開催します。Processingはコンテンツクリエイターの世界を広げるデザインのためのプログラミング言語。簡単な操作と幅広い機能を持ち合わせており、使いこなすことができれば大きな武器になるでしょう。就活を機に自分のプログラミング能力を高めたい方におすすめ。

engineer-shukatu-089

就活イベント!ビジュアルアートを自由にやりたい人のための言語Processingを学ぼう!

プログラミングをやったことがあり、知識は一応あるが、就活のためもっと本格的に勉強したい。自分の使える言語の幅を増やしたい。そんな方にエンジニアインターンはこの就活イベントをオススメします!

Processingはビジュアルデザイン、電子アートを描くために開発されたJavaをベースにした言語です。プログラミングと言う言葉を聞いたときに、多くの人は、その役割としてアプリ作成、データベースシステム作成、シミュレーション、Webアプリケーションの作成などを思いつくでしょう。しかし、実は、アーティスト、クリエイターのためのプログラミングも存在します。文字通り、絵や作品を描くためのプログラミング言語です。

Processingはそんなビジュアルデザインのためにあの名高いMITのメディアラボで開発されたオープンソースの言語です。他の言語でも描画機能はないことはないですが、Processingは描画に特化されており、簡単に、多くの機能を用いてデザインができます。デザインはPhotoshopやIllustratorで十分?いいえ、そんなことはありません。Processingを使えれば、創れる世界はもっと広がるでしょう。

Robert Hodgin氏による作品例

Processingの勉強会は世の中あまりありません。独学でうまくいっていない人も、プログラミングでデザインなんてやったことないという人も奮って参加下さい。イベント後には新しい世界が目の前に開けているでしょう。

プロの講師を招き、1日完結でしっかり学べる!

エンジニアインターンが厳選した、プログラマーとしての実務経験が豊富なプロの方がお教えします。1日完結のイベントのため、当日は簡易的な制作となりますが、その分スピーディーに、Processingを用いたプロのデザイン方法など、実践的な内容を学ぶ事ができます。ただし、サポートの関係上定員は15名までとさせていただいておりますので、ご注意下さい。

わからないところがあってもその都度、プロのエンジニアが対応してくれます!

イベント参加後は、選考のオファーをもらえる場合もあります!

一定のプログラミングスキルがあると判断された場合には、エンジニアの方より選考のオファーを打診される場合もあります。デザイン系の企業での就職を考えている人にも、ぜひご参加いただければと思っています。

イベント概要

【コンテンツ】

  • Processingでできることとは?
  • IDEの操作方法と確認
  • Processingでアートを創ってみる

※内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

【定員】

最大15名

【参加条件】

  • 2016年3月〜2018年3月の間に卒業予定の学生
  • 当日WindowsもしくはMacPCを持参いただける方

※PCの貸出は行っておりません。予めご了承くださいませ。

※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

【日時】

随時開催中

【場所】

東京都千代田区一番町17-6 一番町MSビル2F

【参加費用】

無料

【持ち物】

WindowsPC または MacPC

【主催者・問い合わせ先】

エンジニアインターン運営事務局:info@codeal.asia または 03-6869-2688

お申し込みはこちらから

イベントは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

おすすめの記事