無料求人掲載のメリット・デメリットとは?

media-free-engineer

様々な採用サービスがありますが、「無料」という言葉の裏には何があるのでしょうか?無料求人掲載の仕組みと、使用する際に注意すべき点、メリット・デメリットをお教えします!

無料求人掲載の仕組み

無料求人掲載の多くが、成果報酬型課金システムです。求人票の閲覧や、応募、採用があった場合に規定の費用を請求されるシステムです。

無料プランと有料プランが用意されている場合は、無料プランに関しては掲載職種数が制限されている場合や、スカウトなどの機能が制限がされる場合がありますので、どのようなシステムなのか確認する必要があります。

無料求人掲載のメリット

費用がかからない」これに尽きます。また、契約等面倒な手間がなく無料登録のみで掲載が可能なため、掲載のハードルは非常に低いです。そのため、複数のサービスに登録し様々な流入口を確保しておくということも可能です。

また、現在採用を前向きに考えていない場合でも、無料であれば「とりあえず掲載しておく」ということが可能です。いざ、採用活動が始まってから、では遅れをとる可能性があるのです。広報やサイトへの掲載に関して社内稟議が必要な場合等は特にです。求人掲載サイトは年間を通して閲覧されていますので、広告的な利用の仕方も可能です。(注:一部、このような使用方法が制限されているサービスもあります。)最低限の情報や過去の採用情報でも構いませんので掲載しておく事をオススメします。

無料求人掲載のデメリット

掲載のハードルが低いということは、そのぶん掲載企業数も多いということです。求人票の検索条件システムや、企業様のネームバリューによっては求人情報が埋もれてしまいがちです。 

無料求人掲載を利用すべきか?

うまい話には裏がある」とは言いますが、採用サービスに関してはデメリットを考慮しても無料掲載をオススメします。なにせ、無料です。

続々と無料求人サイトが誕生しており、今後も増えるものと予測されます。弊社のサービス「エンジニア就活」のように職種に限定したサイトや、スタートアップ・成長ベンチャーなど企業に限定したサイトなど、各社差異化を図っています。

求人掲載の最終的なゴールは「良い人材の採用」です。登録者(求職者)の質の担保と、掲載情報の正確さ、そして求職者と企業のマッチングに長けたサイトが生き残るのではないでしょうか。

無料掲載サイトのデメリットをみても、今後は多くの掲載のなかでいかによい求人票を出すかが、良い採用が出来るか否かの分け目です。

これまでに求人を出した事が無い、また出してはいるものの良い採用に繋がっていない、応募が無いという企業様には、求人募集の弊社のノウハウをお教え致します!弊社では担当スタッフが企業様より公開されている情報をもとに記事作成をさせていただきます。記事作成の手間を省く事が可能です。すでに求人票がある場合は、エンジニア目線で、より良い採用への改善策を一緒に考えさせて頂きますので、是非お気軽にご連絡ください。

エンジニア就活掲載お申し込みはこちら

エンジニア就活掲載お問い合わせはこちら

おすすめの記事