みんなが考える就活とは?

engineer_shukatsu_thinking

就活ときくと、みなさんはどのような印象を持つでしょうか?

『内定が出なかったらと思うと不安でしょうがない。。』

『自分が行きたいと思っている企業に採用されるにあたって、自分の学歴がどの程度内定に関わるのか不安。。』

『色んな社会人の方、今まで縁のなかった他の大学の就活生にも会えて楽しそう!』

上記のような色々な思いをもたれているかと思います。今回は、実際にエンジニア就活をご利用頂いている、就活生のみなさんにアンケートを実施し、就活に対して、どのような意識をみんなが持っているのかについて調べてみました。

その結果について、共有してみたいと思います。2016年卒対象のエンジニア就活をご利用頂いている皆様ユーザーのうち、1000名のユーザーの方々から回答を頂きました。2016年卒対象のユーザーの方には、2014年の10月1日から10月5日の間でアンケートに回答して頂いています。

Q1. 就活が楽しみですか?それとも不安ですか?(楽しみ・不安)

この質問に関しては、楽しみという就活生が15%、不安という就活生が85%という結果になりました。あなたはどちらでしょうか?多数派の意見としては、楽しみというよりは不安を思えている就活生が多いようです。

楽しみな理由としては、就活を通じて色んな企業を見て回ることができる、色んな考えを持って仕事をしている人に数多くあって話をきくことができるといった意見が多く寄せられました。

逆に不安という場合には、やはり肝心の内定がもらえるのかどうかという理由が大多数でした。

Q2. すでに具体的に自分の行きたい会社について定まっていますか?(決まっている・決まっていない)

これに関しては、決まっているという就活生が35%、決まっていないという就活生が65%を占めていました。年が明ける時期になってくると、決まっているという就活生が増えてくるかもしれません。

決まっているという就活生の場合には、夏のインターンシップなどにも積極的に参加し、早くから動き出しをしている傾向が見て取れました。

Q3. すでに自分が行きたい業界について定まっていますか?(定まっている・定まっていない)

特定の会社ではなく、自分が行きたい、興味のある業界に関しては、定まっているという就活生が40%、定まっていないという就活生が60%という結果でした。

定まっているという場合には、自分の所属している学部やゼミの先輩が入社している企業や業界に入社したいという傾向が強く見られました。やはり身近な人が入社を決めている企業であることが、はじめての就職となる就活生にとっては心強いようです。

Q4. 就職先を決めるうえで、最も重視する項目を3つ列挙して下さい。

選択項目なしで、各々に入力してもらったところ、一番多かった上位3つあげると、

1. やりがい

2. 自分が好きな仕事を自分が尊敬できる人達で一緒にできるかどうか

3. 給与・報酬

でした。意外だったのは、その仕事のやりがいであったり、どのような人達と一緒に働けるのかを重視している就活生が多かったことです。

エンジニア就活では、やはりプログラミング経験のある学生が多いこともあり、どんなサービスを社内で開発することになるのかなど、そういった部分への関心が高い就活生の方が多いのが印象的でした。

エンジニア就活してみませんか?

おすすめの記事