海外就職を考えている新卒者必見!海外勤務が可能な求人情報とは?

engineer_shukatu_abroad

ここでは、新卒採用で海外勤務が可能な求人情報について紹介していきます。

新卒から海外で働くことに憧れを抱く人は多いでしょう。英語を使いながら、いろんな人種の人と働く、かっこいいビジネスマンって感じですね。

では、どのような会社に入れば、そういった働き方ができるのか、どのような求人情報で判断できるのか、そういったことについて書いていきたいと思います。

海外で働く機会がある会社は以下の3種類あります。

  • 外資系企業
  • 海外に支社・店舗を持つ企業
  • 海外への展開を考えている企業

それぞれについて紹介していきます。

海外に支社・店舗を持つ企業

海外に支社•店舗を持つ日系企業というのは、要するに海外と取引を行っている日系企業のことです。

とくに商社やメーカーが多いです。有名なところでいうと、商社なら三菱商事、丸紅といった5大商社、メーカーならパナソニックやソニーなどがあります。また聞いたことのない会社(BtoB)で規模が大きいところもたくさんあります。

海外で働きたいと考えたときにまっさきに思い浮かぶのは外資系企業だとおもいますが、実は可能性としては海外と取引がある日系企業のほうが可能性は高いです。

というのも、外資系企業は事業が日本で拡大させることを目的としているのに対して、日系企業は海外で事業展開することを目的としているからです。

また民間企業以外にも独立行政法人であるJICAでも海外で働くことはできます。民間企業だと海外展開以外にも仕事はあるので、必ずしも海外赴任するとは言えませんが、JICAは国際協力をすることが目的なので、必ず海外で仕事をすることはできます。

新卒から必ず海外で働ける企業というのはそれほどありませんが、働くチャンスがある会社はたくさんあるので、探しみてください。

外資系企業

海外で働きたいと考えたときに一番最初に候補として考えるのが外資系企業ではないでしょうか。しかし、実態はそうでもありません。その理由について話す前に、外資系企業について話したいと思います。

外資系企業とは、外国法人または外国人が一定以上の出資をする日本の企業のことを言います。

有名なところだと、Google、AppleなどのIT企業、他にも洗剤や化粧品などの一般消費財を扱うP&Gや20世紀最高の経営者と言われるジャック•ウェルチがCEOを務めたGEなどがあります。

日系企業との違いはたくさんあると思いますが、新卒で入るときにきになるのは、「終身雇用ではない」と「成果主義」という2点ではないでしょうか。

日系企業は一度就職したらその会社で一生を過ごす終身雇用がほとんどです(最近崩れてきていますが…)。しかし、外資系企業は転職が当たり前だと考えていて、自分の能力を活かせるよりよい労働条件を求める傾向にあります。

また、日系企業は年功序列制度で、勤続年数により、給料や役職が決まります。外資系企業の場合は、どれだけ成果をあげるかで役職•報酬が決まる成果主義です。

日系企業•外資系企業どちらもメリット、デメリットがありますが、どちらを選ぶかは自分のキャリアプラン次第だと思います。

外資系企業に入れば海外で働けるか?

一番最初に外資系企業はイメージと違い、外資系企業に入ったからといって海外で働けるわけではないと言いました。その理由としては、外資系企業は現地で事業を拡大することを目的としているために現地の人を採用しているからです。

本社に行くことや別の国の会社に行くことも可能ですが、そこのポストに空きがあり、そこから面接を受け、受かったら行けるためなかなかハードルは高いです。

ただし、グローバルな環境で働くことはできます。職場に外国人がいたり、上司が外国人で日本にいないということは珍しくないので。日本にいながら、グローバルな環境で働きたいと考える人にはぴったりかもしれません。

海外への展開を考えている企業

最後の海外展開を考えている日系企業は海外赴任できる可能性は一番低いです。

そもそもその会社がこれから海外展開していくのかといった情報は新卒ではなかなか手に入りにくいと思います。また、入ったとしてもその情報が本当か、またあとどれくらいでするのかといった詳しい情報はやはり社内の人でないとわかりません。

さらに、海外展開は会社の威信をかけたものであるため、社内で実力があるという人が担当することになるので、会社に入れたとしても行ける保証はありません。なので、事業規模自体が大きい1番目と2番目に該当する会社と比べると、行ける可能性は低いです。

しかし、もし行けることになった場合、非常に貴重な経験をつめるでしょう。そういった意味では、海外で働くよりは実力をつけたいや貴重な経験を積みたいと思う人はあっていると思います。

まとめ

ここまで、新卒採用で海外勤務が可能な求人情報について話してきました。職種にこだわりがなければ、海外勤務できる会社はたくさんあります。しかし、エンジニアで海外勤務できる会社というのは少ないです。

そもそもエンジニアに特化した就活サイトはまだまだ少ないため、海外勤務できる会社があったとしても情報は回ってきにくいですしかし、エンジニアに特化した就活サイトはそれほど多くないのが実情です。そこで、エンジニア就活をオススメします。エンジニア就活はエンジニアの就活支援に特化したサイトです。エンジニアの就活の仕方から技術力の高い企業やこれから伸びそうなベンチャー企業の紹介まで、エンジニア志望の就活生にとって宝の山とも言える情報がたくさんあります。エンジニア志望の学生はぜひ利用してみてください!

エンジニア就活の登録はこちら

以上、長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました!今回説明した内容を参考にして、就活に望んでみてください!

おすすめの記事