日本のIT業界ってどうなってるの?

IT構造

この数年でIT (Information Technology) という言葉が世の中で騒がれてきたのは、皆さんも周知の事実かと思います。また、近年ではIT企業に就職する学生もだいぶ増えてきました。そこで今回は、就活を控える学生のお役に立てればと思い、日本のIT業界の構造などについて書いていきたいと思います。

日本のIT業界の構造

経済産業省はIT業界を以下の3つの業態に分類しています。

1.ソフトウェア業

ソフトウェア業の中でも、「受託システム開発」と「ソフトウェアプロダクツ」の2つに分けられています。

2.情報処理・提供サービス業

同様に、「情報処理サービス」と「システム管理運営委託」の2つに分けられています。

3.インターネット付随サービス業

これも、「サイト運営業務」と「コンテンツ配信業務」の2つに分けられています。

上記に挙げた3つの業態ですが、ほとんどの企業が他の業務に加えて上記の3つの業態のいずれかまたはいくつかを行っています。

また、経済産業省の統計によると、2010年度のソフトウェア業の売り上げは13兆2千億円程度、情報処理・提供サービス業の売り上げは4兆4千億円程度、インターネット付随サービス業の売り上げが1兆2千億円程度で、ソフトウェア業の売り上げが全体の7割以上を占めています。

また、ソフトウェア業を砕いて見てみると「受注システム開発」の売り上げが10兆円強とソフトウェア業全体の約9割を占めています。「受託システム開発」とは主に業務システム関連の開発のことです。

このデータには筆者も驚きましたが冷静に考えてみれば企業向けのシステム開発が一番なのは納得できます。

日本国内のIT業界の現状

国内のIT企業の現状はどうなっているのでしょうか?

一言で言うと深刻な人手不足に陥っています。特にプログラマーやエンジニアの不足はIT企業全般にとっての死活問題となりつつあります。ここ最近では小学校や中学校でプログラミングの授業を必修化する動きが強まっており近いうちに間違いなく導入されるでしょう。

IT業界は数年以内に終わると言う人もいますが、学校教育にプログラミングの授業が導入されようとしている、またITの進化によってここまで世の中が便利になってきたことを考えるとこれからも世の中はITの技術によってどんどん便利になっていくでしょう。自動車産業の技術が年々高まっていくようにIT業界でもとんでもないスピードで技術が進歩しています。

日本のIT企業がアメリカのIT企業に遅れをとっていることは間違いないことではありますが、これからの未来を考えてみればITの技術は今以上に人々の生活に不可欠な存在となるでしょう。

IT業界の今後の展望

上記のIT業界の現状で軽く触れましたが、IT業界の今後の展望について考察していきたいと思います。

PC市場がスマートフォン・タブレット端末への集約が徐々に進んでいっていますが、今後はウェアラブル端末等の新たな市場が創られていくでしょう。この技術革新により人々の生活を劇的に良くしていくと思われます。メガネ型のスマートグラスや腕時計型のスマートウォッチなど身につけられるような端末がこれから登場していくでしょう。それに加えてソフトウェアの面でも新たな市場が作られていくと予想されます。

ここ2.3年で急激なクラウドサービスの普及・成長により、個人向けに安価でECサイトを構築できるようなWebサービスが登場しており、今までは消費者であった個人がこれを機に提供者となるECビジネスの普及は、新たな市場を生む可能性を秘めていると予想しています。

まとめ

ざっくりと日本のIT業界の構造や現状・今後について書いてきましたが、今後も確実にIT業界は成長していくでしょう。筆者が日頃から接する日本の就活生の多くは、銀行・商社・メーカーなどへの就職を考えていますが、よくあらゆる業界を研究してから就職活動に臨むことをお勧めします。日本のIT業界では人手不足が深刻化していると書きましたが、逆に言えばエンジニア・プログラマー志望の就活生にとってはチャンスでもあります。
情報過多により正確な情報を得るのが難しい時代になりつつありますが、正確な情報を見極めることも就活生にとって必要なスキルとなります。

エンジニア就活では、多くのIT企業の新卒の求人情報を掲載しています。
今回は、B to Bのビジネスをしている企業の一覧を挙げているので、興味があれば是非ご覧ください!

エンジニア就活の掲載企業はこちら

エンジニア就活では、他にも就活生に役立つコラム記事を多数掲載していますので是非ご覧ください!

おすすめの記事