ジョブズ、ビルゲイツ、孫正義。彼らの経営者としての手腕とその違い

出典 : iphonech.info
出典 : iphonech.info

知っておくべき!彼らの経歴

ジョブズ、ビルゲイツ、孫正義。時代を創ってきた彼らはあまりにも有名です。彼らの略歴をおさらいしておきましょう。

Steve_Jobs

出典:wikipedia

スティーブ・ジョブズ (1955‐2011) アップル社の共同設立者。

1976年  初期のホームコンピュータ「Apple I」「Apple II」を開発。

1984年  Macintoshをリリース。

1985年 5月にアップルの会長に就任するが、アップルでの全ての仕事を剥奪され、9月にAppleを辞任。新しい会社NeXTを立ち上げる。

1986年 ピクサーを立ち上げる。

1996年 アップルコンピュータがNeXTを買収。ジョブズAppleに復帰。

1997‐2010年 Mac OS 8、iMac、iPod、iTunes、MacBook Air、iPadなどをリリース。 2011年 8月にCEOを辞任。10月5日に死去。享年56歳。

Bill_Gates

出典:wikimedia

ビル・ゲイツ (1955‐) マイクロソフト社の共同設立者。

1974年 ポール・アレンと共に、世界初のパソコン「アルテア」用BASICを開発。

1975年 ポール・アレンとマイクロソフトを設立。

1977年 スピード違反で逮捕。

1983年- Windows、エクセル、Windows XP、Xbox、Xbox 360などをリリース。 2008年 引退。現在は慈善団体で活動しています。

孫正義

出典:wikipedia

孫正義 (1957‐) ソフトバンクグループ創業者

1981年 ソフトバンク前身「ユニソン・ワールド」、「日本ソフトバンク」を設立。

1983年 重い慢性肝炎にかかり、その後3年間入退院をくりかえしました。

1990年 会社名から日本を取り「ソフトバンク」へと変更し、世界を視野に入れた事業展開に。

1994年 ヤフー株式会社設立。

2001年 Yahoo!BB立ち上げ。 2006年 ボーダフォン買収。福岡ソフトバンクホークスのオーナーに就任。 現在はソフトウェアの卸事業、出版、通信事業など様々な分野に事業を広げ、日本の富豪ランキング1位になりました。

経営手腕も多種多様

 

 

 

 

 

 

彼らはそれぞれ力のある経営者ですが、中でもアップル社をよみがえらせたジョブズ氏は「天才」「カリスマ」と、世界中で言われています。 値段が安いウインドウズ系列が普及していた1990年代後半、アップル社は赤字を計上し、ジョブズは自分の作ったアップル社を追放されてしまったのです。

しかし、その後アップル社は経営が迷走し、1996年には倒産の危機に陥ります。その危機を救ったのがジョブズでした。 NeXT社を新設し軌道に乗せていたジョブズは完全に潰れかかっていたアップルを立て直し、iPod、iPad、iPhoneと大ヒット商品を生み出したことで、アップルは再び息をふき返したのです。 この時ジョブズ氏が倒産の危機から企業を救えた要因を見ていきましょう。

柔軟な思考からのブランドの確立

 

 

 

 

 

 

ジョブズ氏は「Computer」を会社名「Apple Computer Inc.」から削除しました。 リンゴを販売するような果物屋になってしまいそうですが、まさにこの戦略のおかげでコンピューターと密接した会社というところから市場を拡大し、総合的なIT企業となりました。

企業ビジョンの共有と浸透

 

 

 

 

 

 

どんなに難しくても、挑戦すること、製品のディテールを厳しく磨き上げてデザインにこだわること、 大胆に新しいものを作り出すこと、競争し合っている相手と協力すること。

ジョブズには新しい市場を提案するアイデアがあり、自らの間違いを否定する勇気もありました。 これは、社員の心を一つにまとめる統率力がありました。

プラットフォーム戦略

 

 

 

 

 

商品そのものだけでなく、付加価値こそ真の価値とし、プラットフォームの構築が終わってから、やっとアイフォンなどを販売しました。

そのため既に発展必要のお金を十分稼ぐことができ、元のお客を執着させると同時に新しい客を招きました。 ジョブズの明確なビジョンとリーダーシップ性が、アップルを救うことになったのですね。

彼らのこれから

 

 

 

 

 

時代を大きく変えてきた彼らは現在何をしていて、今後のことはどう考えているのでしょうか?

スティーブ・ジョブズ

2011年8月、後継に13年間アップルに貢献してきたティム・クック(現Apple CEO)を推薦し、CEOを辞任しました。 そして、10月5日に死去しました。享年56歳でした。

ビル・ゲイツ

第一線からは身を退き、妻と父と共に設立した慈善団体、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団で活動をしています。

現在、世界企業の90%は、マイクロソフトを使用しているが、PCの時代は終わりそうで、更にマイクロソフトはスマホ市場での存在感はないため、「マイクロソフトは破綻まであと18ヶ月」と言って、社員たちを激励しています。

孫正義

2010年、「ソフトバンクアカデミア」を設立しました。 「孫の二乗の兵法」と名付けた漢字25字の成功要因を掲げ、自身が校長先生とし、講義をしています。

孫氏の後継者の育成を目的とし、半年ごとに下位10%が入れ替えとなる、サバイバルレースをしています。 今後のことをしっかり考えている彼らだから、やはり後進の育成に力をいれているようですね。

彼らから学べること

 

 

 

 

 

 

 

 

スティーブ・ジョブズ 『必要なのは共通のビジョン、それを提供するのがリーダーシップだ。』

ビル・ゲイツ  『成功の秘訣?それは大きなビジョンが持てるかどうかだけだよ。』

孫正義  『発明をして儲けよう!』

彼ら3人の共通点は、自分の時間を大切にし、大きな可能性を見続けたことにあります。だからこそ、大きく社会を変える力となったのでしょう。

おすすめの記事