就職活動におけるビジネスマナーを考える上で大切な1つのこと

business_manner

いざ新卒採用面接へ!となった時に最初に出てくるのがビジネスマナー。服装や電話応対、名刺交換まで様々な事が言われていますが、本日はそもそもなぜビジネスマナーが必要なの?という考え方から解説していきます。

当事者意識を持って考える

大切なことは、当事者意識をもって考えることです。皆さんが何かしらの形で会社に入ることになった時、どのような形であれ会社にとって利益を生み出せる人間だと思われたからその場にいるのだと思います。

その前提の基で、「この会社に利益をもたらすために、普段応対するお客様にどう接するのが良いのだろう?」と考えて見ることから始めてみてはいかがでしょう?

そこで、「自分の仕事はエンジニアだから、ビジネスマナーについては考えなくてもいいや」という事ではダメです。社会人になったから、新卒採用を経てはじめて職場で働くことになったから、大切だと言われているからとりあえず従っておこう。ということではありません。エンジニアとして、デザイナーとして会社に入ったから社外の人とは応対しないし別にいいや、なんて考えを持っていたらすぐさま見抜かれて落とされます。

マナー1つとってみても、会社の利益に貢献する重要な一要素です。

どのような応対をすることで、お客様に良い印象をいただいていただき、売上につなげていくのか。どのような態度だと悪影響を与えるのか、自分の頭で考え、判断して応対すべきなのです。

例え形式とは少し違う応対であっても、お客様にとって、会社にとって最善の応対の仕方はコレだ!と考えた上での行動であれば、形式ばった応対よりも良い印象を抱かれることは多いです。そのような考えを持った上で、名刺の渡し方 や 電話応対の仕方 を学んでみると違った見方で捉えられるはずです。

おすすめの記事