ランサーズ株式会社

CTOの田邊様にお話を伺いました。転職やベンチャー立ち上げなど様々な経験をされた田邊様から見る、ランサーズで働くことの魅力についてお聞きしました。

lancers-tanabe

エンジニアから見た貴社の魅力をお聞かせください。

ランサーズは「時間と場所にとらわれない新しい働き方をつくる」というビジョンを掲げ、日本最大のクラウドソーシングサービス”ランサーズ”を運営しています。社長だけでなく全員が「共にビジョンを実現する」という熱意を持っていると感じ、私も入社を決めました。

現場のエンジニアは、サーバー・フロント・企画、全てやる人もいますし、専任の人もいます。個人のキャリアパスに制限をつけず、自由にキャリアを選べるような環境です。

学生時代のことについてお聞かせください。

私は情報系出身ではないのでコンピュータープログラムはもちろん、ITについても何も知りませんでした。ちょうど私の学生時代はITバブルが弾けたころでしたが、それも知らないほどでした。

就活でIT業界を目指した理由は非常に不純ですが、「IT=イケてる」というイメージで選びました(笑)ただ、技術職に簡単に入れる訳はないだろうとは思っていましたので、アルバイトをしながら国家資格の取得を目指しました。見事合格しまして、その資格を持って就活に挑んだところ1社目で内定を貰いました。

新卒入社後どのように働いたのでしょうか?

新卒入社した会社は未経験者歓迎のSIerで、入社後3ヶ月間の研修があり、そこでJavaを習得しました。

ここでは業務系基幹システムの開発に携わったのですが、このような会社内で使われるシステムはリリース後の評価が見えにくいですし、マネジメントする立場以外のエンジニアは、開発していてもあまり全体像が見えてきません。より直でフィードバックが得られる仕事に携わりたいと思い、転職という結論に至りました。

転職のエピソードをお聞かせください。

ユーザーのフィードバックが直で返ってくるのは、ウェブ業界だと思い、Q&Aサイト”OKwave”を運営する株式会社オウケイウェイヴに入社しました。Ruby on Railsが使用されていたのですが、それまではJavaしか経験がありませんでしたので、半月は業務と並行してひたすら勉強をしてました。

業務やタスクと並行して学習する際のコツはありますか?

スケジュール管理が一番大切だと思います。際限なく予定を詰めてしまいがちなので、勉強する時間をきちんと設ける必要があります。あとは、メンターから課題を出されていて、それがモチベーションの維持に繋がっていました。

2年ほど株式会社オウケイウェイヴにいたのですが、よりソーシャルな仕事をしたいと思い、転職しました。

M&Aを経験。

次の会社ではM&Aが行われ、社内のエンジニアチームを増やすという経験をしたのですが、実は私は反対でした。

スキルの問題ではなく、会社の提供しているサービス、業務内容が異なるのでその文化の違いを全員が受け入れ、本気でコミットできるとは思わなかったのが理由です。しかし、M&Aが決定した以上は、サービスに対しコミットできるような環境作りに努めました。

まず、仕事を他人事ではなく自分のことだと思えるように、プロジェクトのほとんどの権限を個人に委譲し、生かすも殺すもその人次第という環境にしました。しかし、全てのチームが上手くいく訳ではなく、頓挫するチームもあり、M&Aは難しいと感じました。

株式会社トライフォートの立ち上げに携わる。

組織を作る、仕組みを作るということが一段落したところで、私自身は何をしたいのかを考え直しました。そのタイミングで旧友でもあるトライフォート現代表の小俣から会社立ち上げの話があり、参加することになりました。

代表の小俣もクルーズ株式会社でCTOの経験があり、会社設立時からソーシャルゲームの比較的大きなプロジェクトが、小俣や私の元に直接来る状態でした。お陰で、最初にリリースしたネイティブアプリがApp storeで1位に輝き、会社としてもいいスタートをきることができました。1つ成功すると、案件はさらに増え、エンジニアも1年で100人以上採用し、会社としてもかなり早い成長でした。

立ち上げから携わり責任ある立場につくと、自分自身は次のステージに移りづらい状況になるので、会社が安定したら、転職をするという考えは元々持っていました。ただ、実際にそのような段階まで会社を持っていくのは4、5年後だと思っていたのですが、想像以上に成長が早く、トライフォートへの在籍自体は2年ほどでした。

ランサーズへ転職、今に至る。

元々アウトソーシングサービスについては興味がありましたが、ランサーズからお声掛け頂き、前向きに検討することにしました。

この時は「人」「ビジョン」を重要視して転職を考えていましたので、能力はもちろん、実際に働く人たちはどうなのか、ビジョンは共有できているのかということを知るために、エンジニア・社長以外にも、他の部署の方と6・7人ほど面談させて頂いたり、飲みに行ったりもしました。

最終的に、決断したのは、今まで会ったランサーズの人たちを思い返し、少なくとも私がお会いした人たちは、社長のビジョンに共感し、一緒に実現しようという熱を持った人たちでしたので、純粋に「一緒に働きたい」「同じビジョンを持ち、共に実現したい」と思いました。

「人」「ビジョン」を重要視した理由は?

会社やプロジェクトの立ち上げのように、0から1を生み出す、頭を使いながらがむしゃらに目の前のことに取り組むことは自分自身好きですし、得意だと思います。

仕組み化を進め、属人性を排除することは組織として必要ですが、会社が安定してくるとベンチャーの立ち上げのような「熱量」は感じられなくなってしまいます。そこで転職を考える人が多いのだと思いますが、「人」「ビジョン」で「熱量」を保ち続けることが可能なのではと思いました。

ランサーズはスタートアップではありますが、会社の規模としては大きくなりました。ただ、そこにいるメンバーのビジョンへの思いで、0から1を生み出すといった立ち上げの「熱量」を未だに保つことができていると感じます。

入社後、どのような携わり方をしたのでしょうか?

システムはほとんど完成しているので、技術的な負債を見つけ出し、解決・改善していくということを進めました。ランサーズは7年間、ほとんどリプレイスもしていませんでした。元々エンジニアではない2人がこのシステムを作りだし、7年間それで保ったというのは本当に驚愕です。

学生に向けて一言お願いします。

苦労は買ってでもしたほうがいい。

CTOに限ると、大学時代からみっちり勉強して、エリートコースを歩んできた人はごくわずかで、プログラマーとしてエンジニアのキャリアをスタートし、時には障害のせいで家に帰れなかったり、24時間365日コードに向き合う環境を経験している人、泥水を啜るような経験をしている人が意外と多いです。

あとは、自分の専門分野以外でも積極的にコミットし、「自分ごと化」することで自分の可能性を広げることです。

他の人の業務や勉強している分野を、自分の業務、責任内でどう解決できるのかを考えることで、知識も増えますし、自分のエンジニアとしての幅も広がります。学生時代から、自分はこうだ!と決めつけるのではなく、柔軟性を持って、自分にはあらゆる可能性があるということを分かって欲しいと思います。

そして、「新しい働き方を創る」というビジョンに共感してくれる人は、一緒にその世界を創っていきましょう!

ITエンジニアの新卒採用・就活求人情報はこちら

おすすめの記事