時期によって異なる就職活動準備

write-593333_1280

「就職活動の準備っていつから始めればいいんだろう…」

そう思った方、今から始めてみませんか?

就職活動の準備は早く始めるほど、後々有利に進めることができます。ですが、活動する内容は時期によって異なります。例えばあなたが学部2年生であれば、企業選びをするにはまだ少し早いでしょう。逆にあなたが学部4年生で、面接に向けた実績づくりを始めようとしているならば遅いかもしれません。時期別の就活準備方法を理解し、今の自分に合った対策をしましょう。

ここでは、エンジニア職の就職活動について説明します。その為、他業界の就職活動に比べて時期が早い傾向があります。また以下で紹介する例は、学部4年生卒業で就職をする学生を例としています。専門・高専・短大・大学院進学をする人は、自分の状況に合わせて時期をずらして考えましょう。

就職活動開始までまだ時間に余裕がある人

就職活動開始まで1年以上の期間がある人向けの対策です。学部1年生から学部3年生の春頃までが目安になります。

ここに該当する人はあまり準備に焦る必要はありません。大学生活に余裕があるならば
インターンシップに参加することをお勧めします。インターンシップに参加することで、プログラミングスキルの向上や業界の知識を身につけることができます。それにより視野が広がり、志望する企業が見つけやすくなります。

インターンシップに興味を持った方は、エンジニア職のインターンに特化したエンジニアインターンを活用しましょう。

就職活動開始が間近に迫っている人

就職活動開始まで半年から数ヶ月の期間がある人の対策です。学部3年生の夏から冬頃までが目安になります。

ここに該当する人はひとまず、
何か制作物を作ってみるのが良いでしょう。なぜなら、制作物の有無によって採用される企業の幅が大きく異なるからです。制作物はクオリティの高いものより、完成させることを意識しましょう。その為、サンプルコードを元にした簡単なWebもしくは スマホアプリを制作することがお勧めです。

アプリ等の制作に興味を持った方は、エンジニア就活のアプリ制作コンテンツをご紹介します。

今ある自分の知識や技術を活かし、目に見える制作物を作ることが大切です。それは、就職活動でのあなたの大きな武器となるでしょう。就職活動の準備を万全にしておくことで、採用は大きく高まります。

おすすめの記事