ITの職種と使用する言語を紹介!

ITの職種ってどんなのがある?使用する言語を紹介

IT関係のエンジニアになりたいと感じてる人は多いはず。しかし、IT関係って何を指しているのでしょうか。漠然とSEって格好良いなと感じている就活生もいますよね!特に文系の学校へ通っている方は、混乱してしまう方も多いのではないのでしょうか。

ここでは、私の経験値から学んだITの職種の違いを分かりやすく解説していきます。職種選びの参考にしてください。

エンジニアには、ハードとソフトがある!

最初に考えておいた方が良いことは、IT業界には、ハードウェアに関する職種ソフトウェアに関する職種があるということです。

ハードウェアとは、入れ物のこと。ソフトウェアとは、その中で動作するプログラムやアプリケーションのことです。簡単に分けるとその2種類。さて、あなたはどっちのエンジニアになりたいですか?ソフトウェアのエンジニアを希望するなら、確実にプログラミング言語の知識やデータベースなどの知識が必要となります。

ハードウェアのエンジニアになるならば、回路や電気などの機械的な知識が必要です。これまでに学んだ知識を活かせる職種を選んでもいいですし、就職してから学ぶことだってできますよ。

自分がやりたい、興味がある!と感じた方向性に進む方が楽しいエンジニアライフを送れるでしょう。

 

■ソフトウェアのエンジニア(SE)の種類

システムエンジニア、いわゆるSEと呼ばれる職種ですね。SEは幅広い分野で利用される言葉で、プログラマーや、ウェブデザイナー、ウェブディレクターなどを総括してSEと呼んでいます。就活生の多くの憧れの職種がこれにあたるでしょう。

  • ウェブデザイナー

もしもキラキラとした生活を送りたいなら、ウェブデザイナーのお仕事がおすすめ!テレビドラマなどに出てくるキラキラ女子のエンジニアなどは大抵の場合にはウェブデザイナーです。ウェブデザイナーのお仕事は、ウェブデザイン、サイトデザイン全般を行うお仕事のため、デザインセンスが問われるお仕事。

考えてみてください!サイトを検索して出てきたページがおしゃれでサイト構成が使いやすいページの方が読む意欲が湧いてきますよね?センスが重要なんです。常日頃からアンテナを立てて、おしゃれなどに興味を持つと良いでしょう。

学んでおいた方が良い言語は、PythonPHPjava scriptRubyなどの言語です。当然htmlCSSの知識は必要となるでしょう。

  • プログラマー

プログラマーは読んで字のごとく、プログラミングを行うお仕事。アプリケーションの開発部門などに配属されることになるでしょう。

必要な言語は、ウェブデザイナーに必要な言語に加えて、C言語C ++Swiftなどの知識があると強みになります。キャリアアップしやすいお仕事なので、新卒生などにはおすすめです。

  • ウェブディレクター

ウェブディレクターは、デザイナーや、プログラマーを経てキャリアアップでなれる職種です。ウェブサイト全体をマネージメントしていきます。

プログラミング言語の知識だけではなく、ネットワークやデータベースなどの幅広い知識が必要です。運用部隊や、クライアントとの要件定義なども行うため、コミュニケーション能力が必須と言えるでしょう。

 

■ ハード面とソフト面を兼ね備えたエンジニア

  • ネットワークエンジニア

実は私はこの職種で長く働いてきました。仕事の質としては楽しくハードとソフトとどちらのエンジニアも経験してみたい人にはおすすめ。やりがいのあるお仕事と言えるでしょう。
ネットワークエンジニアは役割が分かれています。例えば、物理的な配線などを実現するインフラ担当者。通信の規則性などをデザインするプロトコルの担当者。全般のネットワークデザインを行う設計担当者。ネットセキュリティーを見るセキュリティー担当者、ネットワーク負荷や、データセンターの監視を行う運用管理者などで構成されています。

企業によって、役割や担当は変わってくるでしょう。ネットワークエンジニアに必要な言語はshellscriptの知識。perlPHPも理解しておくとSEとの話もしやすいです。

設計担当者は幅広い知識があると重宝されます。ネットワークエンジニアには、ルーターやスイッチングハブ、10baseTのケーブルの知識なども必要になるからです。また、ネットワーク機器には特殊な一体型の機器も多く、データセンター勤務になった場合には、サーバーのハードウェアの知識と共に必須となるでしょう。ただし、ネットワークエンジニアの職種は0からスタートする人がほとんど。今知識がなくても目指すことは可能なので、興味のある人はぜひ目指してみてくださいね!

  • セールスエンジニア

セールスエンジニアとは、つまり営業技術のこと。営業などの人との関わりが好きだけれどエンジアへの憧れを捨てきれないという就活生にはぴったりです。様々な人との出会いがあることもセールスエンジニアの魅力。営業とは、物を売るお仕事。技術的な見地はあまり必要とはされていません。それは、セールスエンジニアとペアで営業活動を行うからです。顧客から信頼を得やすい営業とは、セールスエンジニアの方です。技術的な知識が豊富であれば、顧客のニーズを的確に捉え、適した製品や、ソリューションを提案できるでしょう。言語の知識は直接的には必要はありません。しかし、営業として顧客のニーズを捉えるためには、ある程度の知識は必要です。幅広い言語の知識を身につけておくと役に立つでしょう。

  • ITコンサルタント

インフォメーションテクノロジー業界のコンサルタントのお仕事です。コンサルタントを行いますから、ハードウェア、ソフトウェア両方の側面から幅広い技術的な知識が必要です。ITエンジニアの頂点ともいえるお仕事。ITエンジニアはキャリアアップをしてITコンサルタントを目指してみましょう!やりがいがあり、信頼されるお仕事ですよ。当然コミュニケーション能力が高くないと務まりません。ITエンジアの頂点を男女共に目指してみてはいかがでしょうか。

 

■ハードウエアのエンジニア

ハードウエアのエンジニアにも役割はたくさんあります。要件を満たすための電気回路の設計を行うエンジニア、デザイナーの要望を実現するための機械設計エンジニア、ハードウェアのデザイナーなど様々です。ハードウェアのエンジニアには、ハードウエア記述言語の知識が必要です。しかし、特殊な言語のため、就活生が事前に身につける必要はありません。ただし、機械が好きなことは必須項目となるでしょう。理工学部出身であれば適しているかもしれませんね。男性の方が断然多い職種です。

 

まとめ

IT業界でエンジニアを目指すなら、自分の長所や興味を生かして、職種を選んでみましょう。男女比率は職種によって異なります。これだ!と感じる職種が見つかったなら、必要となる知識を身につけ、強みを持って就活に臨んでみてくださいね。何もわからなくても大丈夫。誰でもみんな初心者です。大切なことはエンジニアになりたいと感じる心。私も何も知識もなく0ベースから始めましたが、楽しくエンジニアを続けられましたよ。応援しています!

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
パスワードをお忘れですか? パスワードリセット
はじめての方はこちら 新規ユーザー登録

おすすめの記事