このエントリーをはてなブックマークに追加

戦略的なO2Oを推進する大手企業のオウンドメディアの構築・提供・支援に多くの実績がある株式会社エンターモーション 社長の島田大介さん、開発部長の金崎智則さんにインタビュー

株式会社エンターモーションの社長、島田大介さんと、開発部長、金崎智則さんにインタビューを実施しました。O2Oやオウンドメディアの構築・提供・支援に興味のある学生必見の内容です。

会社設立の経緯、現在のメインの事業のモバイル開発に至ったきっかけをお話いただけますでしょうか?

島田:私は、起業家としては珍しいかもしれませんが「起業」という事に対し全く興味がありませんでした。大学卒業後は総合商社である日商岩井(現双日)に入社し、人事部を経て情報産業本部という部署でNifty向けのコンテンツ配信ビジネスやテレビ通販のビジネスを担当していました。その後、日商岩井の経営が傾き、その際に所属していました情報産業本部が分社化して「アイ・ティー・エックス株式会社」という会社が出来、そちらに転籍することとなりました。

これが社会人2年目の出来事です。大企業に入社し「頑張るぞ!」と意欲満々でいた私にとってショックな出来事でしたね。大企業が窮地に陥るなんて事は絶対あり得ないと思っていましたから。ただ、その時に、実体験を通して、「安定しているイメージがある企業でも永遠じゃないんだ」と痛感させられた訳です。

ITX社は、当時、ハンズオン型のベンチャーキャピタルを生業としておりまして、そこで数多くのベンチャー企業と出会う事になります。元々、大企業でぬくぬく楽しくやっていこうと思っていたのですが(笑)、その中の一社が当時のネットエイジで、僕の人生を180度変える転機となります。

ネットエイジに資本参画をすると同時に、ネットエイジとジョイントベンチャーを創れというミッションの下に出向する事になったわけですね。

ITXからネットエイジに出向し、今ではポイントサイトでも大手のネットマイル社の立ち上げプロジェクトに参加させていただいたことを契機に僕の中に眠っていたベンチャースピリッツがムクムクと起き上ってきたんですね。ネットマイルではどぶ板営業をしていたんですが、あふれんばかりの情熱を持ち、意識が高く優秀なメンバーと一緒にビジネスをすることが本当に楽しかったんですね。今でも当時のメンバーとはかなり濃厚な交流があるわけなんですが(笑)、企業体としては初めは小さくてもこういう熱い思いが世の中を変えていくんだなというダイナミズムを実感したことでベンチャースピリッツが目覚めたんですね。言葉でいうと簡単な言葉になってしまうのですが「凄いな!」「こういう人たちが社会、世の中を変えていくんだな」と直感的に感じましたね。その経験が私の第二の人生の幕開けとなったわけです。かなり早い第二の人生でしたが。(笑)

日商岩井が安泰であれば、まだ日商岩井にいた自信があります(笑)。そういった意味で人生、めちゃくちゃ面白いなと思いますね。僕自身も、僕自身が受けたように、良い意味でまだ見ぬ自分の姿を発見するきっかけになればいいなって思います。

その後、アメリカのプロモーションズという会社の日本法人を買収し、そこの経営に携わる事になり、営業担当取締役を約4年間務めました。その会社はPC上でのネットマーケティングを展開する会社でしたが、モバイルのインターネットの加速的な普及の流れもあり、モバイルを使ったマーケティングをやりたいと思った事が今の会社を創業するきっかけになりました。

貴社でやられているメイン事業の一つに、戦略的オウンドメディアの構築支援があるかと思うのですが、契約の取り方からサービスの運用まで、どのような形でやられているのでしょうか?

※オウンドメディアトリプルメディアの一つで、企業が自ら運用する自社サイトの事。その他には、広告出稿をして露出するペイドメディア、評価を得るソーシャルメディアを中心としたアーンドメディアがある。エンターモーションは、すかいらーくグループやイオン・リテール、セガなどの小売、外食、流通を中心とした大手企業のオウンドメディア構築に多くの実績を持っている。会員へのメール配信機能やクーポン配布機能等、大量のデータを運用できるスマホアプリやWebサイトを構築するシステムを開発・提供している。

金崎:基本的には営業の人が営業に行って、良い関係になってから話が進むのですが、システム開発部としてはプレセールス的に一緒に同行して、技術的なアドバイスをしたりとかお客様の求めているものを引き出したりとか、こちらで理解してあげて営業の人と相談したりアドバイスしたりということで、話を進めていく形ですね。ですので、お客さんの生の声を直接聞けますので、これは面白いですよ!

その後、実際の開発というところになると案件毎に2-4名程度でチームを組んで開発を行うことが多いのですが、多くの案件が並行して動いているのでチームを掛け持ちしながら開発をしていることが多いですね。

島田:いろいろな業界のオペレーションがあります。例えば飲食店とカラオケチェーンとは全然違うものですよね。その現場を熟知した上でシステム開発や運用、戦略立案をするというのが非常に重要だと考えています。私たちが言っているのは、普通にお客さんのご要望のシステム開発ができますよ、ではなくて、O2Oに詳しいエンジニア、プロデューサー、デザイナーがいるというのを強みにしているので、そういった意味では逆に色々な事を勉強しなくてはならないのですが、様々な業種のそういう事に触れられるのは面白いですね。

–データの処理、扱いについてどのようにやられているのでしょうか?

金崎:今は、PHPをメインで使っているのですが、データベースはオープンソースのものを利用しています。勿論、会員数が増えればレコード数も増えてきます。また、島田が言ったように業態が色々ありまして、どの時間帯やシチュエーションで負荷が掛かるかというのがクライアントごとに変わってきます。

ですので、当初の設計通りに負荷がかかっている場所がイメージできるか、というと難しい面がありますので、業務、運用が進むにつれて、どこに負荷が掛かっているので、ここを強化しないといけない、といったことを逐一追及して対応しています。

–同じ飲食店は飲食店でも、オペレーションの部分を共通化していくのは難しいのですか?

金崎:共通化できる部分はあるのですが、やはり、クライアントによっては異なった要望も出てきますので、個別対応することも多くありますね。その中で最大公約数でお客様にご満足いただけるポイントを探し出し、お客様にあったオペレーション、サービスをご提供していくという事を心がけています。

運用の部分に関して、特に技術的な要素で注意しなくてはいけない点や気に掛けている点はありますか?

金崎:会員の数にもよるのですが、例えば800万人、900万人となってくると、今まで大丈夫だった処理が急に効率が悪くなるという事があります。デイリーのバッチが今まで2時間で終わっていたのが、今度は4時間でも終わらないです、というような事ですね。

その辺は、すごく気にしますね。またダウンタイムを限りなくゼロに近づけたいという思いがありますので、限りなくダウンしないシステム構成をより安価にお客様にご提供できるかがすごく重要な点だと考えています。

基本的には冗長化するしかないですね。別のソリューションを使ったりとか、データベースを併用したりしているのですが、例えばキャッシュの方が落ちていてもデータベースを繋げは処理が続けられます、といったことを配慮しながら開発しています。

もちろん、キャッシュありきになるとキャッシュサーバーが落ちた時には動かなくなってしまうので、キャッシュサーバーが落ちても、キャッシュに繋がらないから別で繋いで処理しましょう、というようなコアの仕様は常に気に掛けています。

最後に、エンジニアの学生へ向けて一言お願いします。

金崎:プログラミングに関して、楽しいと思って、より好奇心を持てるかどうかが凄く重要だと思います。例えばある言語が流行っていて需要が高いからこれをやりましょう、というよりは、自分で「これ面白いな!」というものを見つけて何かやると良いのかなと思います。

どのプログラミング言語に対しても、みんな言語が違うとすごいねって言うとは思うのですが、私としてはそんなに差がないかなって思っています。どれか一つのアーキテクチャをマスターしてしまえば、どの言語、どのシステムでも流用できる知識は凄くたくさんあるので、どれかしら凄く興味をもって突き詰めていくっていうのが大事なのではないかなと思います。

島田:今、学生生活を送っている方たちにアドバイスするとすれば「学生時代は学生なりの楽しみ方をしてください」という事です。学生とは本当に限られた貴重な時間であり、決して戻る事の出来ない時代です。それで当社の経営理念でもありますが「絆」を深めるべき時だと感じています。色んな人との繋がり、友情を大切にして欲しいと思います。人間として大切なことですよね。目一杯楽しんで、友達との貴重な時間を過ごしてください。色んなアルバイトをして、色んな国に行ってください。本当に刺激受けますよ!世の中、本当に広いですよ!

学生時代にしかできない事を沢山やった方が良いと思うんですよね。ビジネスについて学びたいならビジネスの世界に入ってから学ぶ、それが一番近道だと思います。社会人になれば嫌が応にもビジネスをやることになる訳ですからね。ただ、一つ言えることは、ビジネスは辛いことも沢山ありますが、めっちゃくちゃ面白いですよ!ただそういう意味では、本当にビジネスに興味があるのであればインターンシップをやってみるのも良いと思います。そのような有り余るほどの情熱を秘めた仲間を当社でも大きく門戸を広げてお待ちしております。

僕がそうであったように、今は顕在化していないかもしれませんが、情熱が花開き、世の中を変えていきたいと思う人や既にそういう思いを持った方と出会えることを楽しみにしています!

最後に!人生楽しみましょう!

おすすめの記事