このエントリーをはてなブックマークに追加

今更聞けない!PHPの基礎知識

今更聞けない!PHPの基礎知識イメージ

ソフトウエア開発の分野において、PHPと言う言葉を聞くことは多いことでしょう。しかし、PHPって何?と感じている人もいるはずですよね。なんとなく、プログラミング言語?開発手法?などと感じている人は必見!ここでは今更聞けない、PHPの基礎知識をご紹介していきます。就活生にでもわかりやすくご紹介していきますね。

1.PHPはサーバーサイドのプロフラミング言語

PHPとは、一言でいうと、Webサーバー上で動作するスクリプト言語です。そのため、比較的に簡単で初心者でも使いやすいことが特徴。Webサーバーに特化したプログラミング言語のため、汎用性はあまりないかもしれません。しかし、Webサーバー上ではPHP が動作していることが多いため、PHPを習得しておくと、IT企業への就職には有利です。プログラマーはもちろん、それ以外の職種でも、PHPは基本の言語になるため、習得しておくといいでしょう。

2. Java Scriptとはどう違う?

Web上で動作するプログラミング言語と聞くと多くの人はJava Scriptを思い浮かべるかもしれませんよね。Java ScriptはWebサーバー上で動作するのではなく、クライアント(端末)にコードを送信して動作します。PHPはWebサーバー上で動作して、結果をクライアントに返します。つまり、用途が違うんですね。そのため、PHPとJava Scriptを組み合わせたシステムが多く存在しています。
Java Scriptにもサーバーサイドで動作するものも存在はしています。しかし、大きな違いは動作する場所が違うことだと考えていいでしょう。Java Scriptでユーザーがインタラクティブに検索や入力ができるクライアント環境を構築し、PHPがサーバー上でその検索や入力を行い、結果を返すイメージと考えてください。

3. PHPで何ができる?メリット・デメリット

PHPはHTMLに埋め込んで動作させることが可能。HTMLだけでは実装できない動作をPHPで補佐するイメージです。また、データベースと連携することができます。

■PHPのメリット

PHPのメリットは、ルールが少なく比較的に簡単で初心者でも習得しやすいことだと言えるでしょう。また、多くのシステムで利用されているため、PHPを使えると就職に有利だということ。利用人口が多いことなどが挙げられます。

■PHPのデメリット

PHPのデメリットは、Webに特化した言語だということ。例えば、スマホアプリの開発では使えません。業務システムのアプリケーションサーバーには向かない言語なので、プログラマーを目指すなら PHPだけを習得してもあまりメリットがないかもしれません。その他、改良されてきてはいますが、脆弱性が指摘されることもデメリットと言えるでしょう。PHPでWebを構築したなら、別の手段でセキュリティーを高める必要があります。

4.PHPを学ぶ方法

PHPはシェアが広く、学ぶ手段も多くあります。書籍も多く出版されているため、独学で学ぶことも可能です。また、Webサイトの学習システムでもPHPの講座が多いことも嬉しいポイント。もしもPHP を習得したいと感じるなら、併せて、MySQLやPostgreSQLなどのデータベースの知識を学ぶといいでしょう。実際に実装しながら学んでいく方が効率的です。

まとめ

PHPは情報が多く学びやすいので、最初に学ぶスクリプト言語としてはぴったり!これからプログラムについて少しずつ学んでいきたいと感じている就活生はPHPを学んでみてはいかがでしょうか。HTMLの知識を身につけると共にPHPを学んでおくと、簡単なWebサーバーを構築することができますよ。

おすすめの記事