内定がもらえない!心折れそうなときにすべき事

内定がもらえない!心折れそうなときにすべき事

就活を続けていても、なかなか内定がもらえないという壁に当たる学生さんは意外に多くいます。「自分だけなぜ?」などと落ち込む必要はありません。周囲にいなくても、世間一般ではよくある話。

ここでは、そんな内定がもらえない!心が折れそうなときにすべき事をいくつかご紹介していきます。

1.気持ちを切り替えよう!

内定がもらえない!心折れそうなときにすべき事

 

 

 

 

 

内定がなかなかもらえない場合には、気持ちを一旦リセットしてリフレッシュすることが大切です。何においても、根をつめすぎて頑張りすぎるから、心が折れそうになってしまいます。たまには、友人とくだらない話でもいいので、楽しむことも大切。就活で忙しい時期だからこそ、好きな本を読んだり、映画を見たりすることも効果がありますよ。

サボるわけではなく、1つのことにとらわれている状態を一旦脱出してみるということです。自分でも見逃していた内定がもらえない原因を見つけ出せるかもしれません。心を持ち直すことを優先させてくださいね。

2. 内定がもらえない理由を考えてみよう

一旦リフレッシュして頭をすっきりさせた状態になれたなら、次に内定をもらえない原因を考えてみましょう。就活書類に致命的なミスはないか?目指している業界を間違っていないか?高望みしていないか?言葉遣いは適切だったか?など。目指す業界への情熱は本物なのかももう一度チェックしてみてください。

もしかしたら、気持ちを切り替えようと友人と話をした際にヒントがもらえているかもしれません。「私は内定をもらった会社は意外と軽い気持ちで面接に臨んだよ」などのヒントはありませんでしたか?もしかしたらあなたは、意気込みすぎて硬くなり面接官に好印象を与えられなかった可能性もありますよね。

まずは考えられる原因を洗い出してみましょう。

3. 志望動機や自分の長所を見直してみよう!

最初に、何かに変化をつけてみることも内定への近道になるかもしれません。取り掛かりやすいことは、就活書類の見直しです。志望動機やアピールポイントなどを変えてみましょう。

もしも、就活書類には不備はないと自信があったとしても、内定をもらえていないことは事実です。何かをしなくてはいけない!と焦ってしまっている場合には、取り掛かりやすい物から変化をもたせてみましょう。

その他、変化をつけやすところは、就活のファッションなどですよね。ゲン担ぎかもしれませんが、何かをした方が気持ちが楽になることでしょう。1つの変化が状況を変えてくれる可能性があるものです。

4.心の支えを作っておこう

心が折れそうという状態は心の支えがない状態なのではないでしょうか?過酷な就活を勝ち抜くためには心の支えは必要です。頼りになる友人、恋人、両親など支えになる存在を見つけて存分に甘えてみてください。誰も迷惑だなどとは感じませんよ。

また、人に頼ることだけが心の支えではありません。例えば、就活を一箇所回ったなら、大好きな甘いものを1つご褒美に食べられる、などの自分の中の決まりごとも心の支えです。内定がもらえたらずっと我慢していた好きな音楽のライブに行くというモチベーションを見つけることも心の支えとなるでしょう。

まとめ

内定がもらえない!と心が折れそうになることは誰にでもあること。自分一人ではありませんよ。そんな場合には、みんな自分なりの解消法で心を持ち直しています。挫折するにはまだ早いです!できることから始めてみましょう。

おすすめの記事