Web系志望者必見!デキるエンジニアが活用する情報サイト10選

03midashi

Web系の職種を希望している就活生は事前にIT系の情報サイトをチェックしておくと視野が広がり有利です。デキるエンジニアになりたいなら、有益な情報サイトで常に最新情報をキャッチしておきましょう。

ここでは、そんなデキるエンジニア御用達の情報サイトを10選ご紹介していきます。

1.IT系の総合サイトおすすめ3つ

Web系志望者必見!デキるエンジニアが活用する情報サイト10選

 

 

 

 

 

1-1. ITmedia

http://www.itmedia.co.jp/

企業の情報なども満載のおすすめIT総合メディアです。よくわからない場合の用語辞典なども付属ですぐに検索できることも嬉しいポイント。ニュースやコラム記事などが満載なので、初心者向けのサイトと言えるでしょう。

1-2. @IT

http://www.atmarkit.co.jp/

連載コラムや、4コマ漫画などで、様々な情報をキャッチできる特徴のサイト。興味を持って読める工夫が満載です。しかし、内容は比較的に高度な情報を得られるところが嬉しいポイント。セミナー情報なども満載なので、学生のうちからチェックしておくと役に立つでしょう。

1-3. ITPro

http://itpro.nikkeibp.co.jp/

最新ニュースやホワイトペーパー、イベント情報まで様々な情報が満載のIT総合サイトです。毎日最新情報が更新されるため、空いた時間などにサクッと目を通しやすく便利。これからIT系総合サイトをチェックし始めるなら読みやすいメディアだと言えるでしょう。

 

2. Web系の総合サイトおすすめ2つ

2-1.TeckFeed

https://techfeed.io/

Web系の情報が満載の総合サイトです。朝昼晩と1日3回自分に合ったトピックスの情報を発信してくれるサイトなので、トレンド情報を見逃すことはありません。自分の専門分野に合った情報をキャッチしやすいところが特徴です。

 

2-2. Developers.io

http://dev.classmethod.jp/

AWS(アマゾンウェブサービス)周辺の情報が満載の総合サイト。欲しい情報がいち早く見つけやすいことが特徴です。Web系のエンジニアを目指すならチェックしておくといいでしょう。

 

3. 技術系の総合サイトおすすめ2つ

3-1. TechCrunch Japan

http://jp.techcrunch.com/

最新技術のトレンドニュースなどを多く取り扱う総合サイト。スタートアップ企業などの情報も満載でデキるエンジニアの御用達のサイトだと言えるでしょう。イベント情報も満載なのでチェックしておくべきサイトです。

 

3-2. Qiita

https://qiita.com/

プログラマのための技術共有サービスサイトです。SNS色が濃くユーザー同士で交流できることが特徴。つまずいたときなどには有意義に使えるサイトです。プログラミング言語や技術ごとの交流ができるので欲しい情報がすぐに見つかるかもしれませんね。

 

4. トレンド系の総合サイトおすすめ3つ

4-1. PRtimes

https://prtimes.jp/

プレスリリースやニュースリリースなどの情報をいち早くキャッチできる総合サイトです。トレンドのニュースをすぐさま読みたい人向け。就活生はもちろん、デキるエンジニアはチェックしているサイトと言えるでしょう。

 

4-2. Marketer’s STORE

https://marketers-store.com/

通称マケストは、トレンドのソリューションやツール、製品などが一目でわかる情報サイト。何か困ったことがあったときには役に立つサイトになっています。Web系エンジニア向けだけではなく、セールスエンジニアや、コンサルティング業務に関わるエンジニアにも適したトレンドのサイトです。

 

4-3. ITTrend

http://it-trend.jp/

最新の技術動向がわかるメディアです。ランキング形式で問い合わせの多かった製品をチェックできたり、製品のカテゴリーからチェックできたりします。多く利用されている製品情報や昨今のトレンド製品などがチェックできておすすめです。

 

まとめ

デキるエンジニアが活用している情報サイトを10選ご紹介しました。これから情報サイトをチェックしていこうと考えている就活生はまずは、IT系の総合サイトからチェックしていくといいでしょう。

技術を学び始めているなら、技術系の情報サイトもおすすめ。トレンド情報にも目を通しておくと安心できますよね。

大切なことは、勉強を始めること。IT情報を常に身近におくことで就活中の質問などにも答えやすくなってくるでしょう。

 

<参考資料>

・エンジニアが情報収集をするために押さえておきたいメディア・Webサイト10選|ferret [フェレット]

おすすめの記事