圧倒的技術力でのし上がれ!修行にうってつけの業界はここだ!

04midashi

エンジニアを目指すなら、技術力の向上は必須なこと。技術力があればキャリアアップや転職、起業などの夢も果たせるかもしれません。技術力を向上させることにぴったりな業界はどの業界なのでしょうか。

ここでは、技術力向上につながる修行にうってつけな業界についてご紹介していきます。

1.技術力が武器になるIT業界

圧倒的技術力でのし上がれ!修行にうってつけの業界はここだ!

 

 

 

 

 

ITエンジニアには技術力が必要です。どの業界でも技術力は重宝され、自分自身の武器となります。どの業界へ飛び込んだとしても、常に意識を高く持ち、学んでいく姿勢を大切にしてくださいね。

しかし、圧倒的な技術力を若いうちから身につけて、学びやすい業界は限られているかもしれません。その技術1つでのし上がることも可能。それがWeb系の企業です。またはゲーム業界などでも圧倒的な技術力を身につけたなら引っ張りだことなるでしょう。

ゲーム業界は技術レベルが高く、入社後1から自分一人の力でのし上がるのは至難の業。そのため、おすすめはWeb系企業になってくるでしょう。

 

2. のし上がるにはWeb系企業がおすすめ!

では、なぜ技術力を高めることでWeb系企業ではのし上がれるのでしょうか。それは、修行にはうってつけの環境が整備されているからです。新たな技術をピックアップしやすく、開発手法の習得も比較的に容易。

Web関連のエンジニアはニーズが高いため、1から教育できる現場も整備されています。自分の努力次第で資格取得なども比較的にしやすい環境だと言えるでしょう。

また、実績重視の企業も多いため、実績を積むことで、上に上にのし上がることもできます。比較的にエンジニアも若年層が多く、若くてもどんどんチャレンジしていけることも魅力となるでしょう。

 

Web系企業で技術を身につけるなら、Web系のプログラミング技術や、アプリケーション技術、データベース技術などを高めていくと重宝されます。Web系の技術であれば、JavaやJavaScript,CSS,Python,Ruby,SQLなどは必須で身につけるようにしてくださいね。その他設計の技術も高めていくと有利です。

リソース管理についても、ニーズに合った利用言語やプロダクトの選択など必要な技術はたくさんあります。設計できてこそ、上に上がれるエンジニアです。現場で学んで行くことに限りはありません。

 

3. 大手企業 vs スタートアップベンチャー企業どっちが有利!?

では、Web系企業と言っても、大手の老舗の企業とスタートアップベンチャー企業ではどちらの方がのし上がりやすいのでしょうか。大手企業の場合には、修行できる環境は多いことでしょう。

しかし、チャンスが多いのはスタートアップベンチャー企業です。もしも自力で技術習得を行い、大きなチャンスを掴みたいと感じるならスタートアップベンチャー企業をチョイスすれば確実です。

堅実に着々と技術力をアップし、段階を踏んでのし上がっていきたいなら、修行の環境が整っている大手企業と言えるでしょう。自分にあった環境をチョイスして、技術力を高めていけるといいですよね。

 

大手企業で技術力を高めていくメリットは修行環境が整っていること。着実に上にのし上がれることです。また企業体力が確実なため、給料の面でも安定していることでしょう。各種資格手当などがあるため、モチベーションの維持もしやすいかもしません

ただし、大きなチャンスや新人の頃からのビッグチャンスは比較的に少ないかもしれないですね。

 

比較してスタートアップベンチャー企業であれば、修行環境は整備されていなくても、自分のやる気と努力次第で1つのチャンスから大きくのし上がることができるでしょう。上にジャンプしてのし上がるならスタートアップベンチャー企業がおすすめです。

ただし、自己管理能力は必須。自分自身のモチベーションの維持をしっかり行う必要があります。

 

まとめ

技術力を高めて上にのし上がっていくなら、Web系の企業がおすすめ。技術の習得がしやすくチャンスも多く巡ってくることでしょう。転職したとしても、需要が高いのでスキルアップも着実に行えます。

もしも、自分の技術力を高めて上に上がっていきたいならWeb関連企業への就活にターゲットを絞ってみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事