• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

IT企業に就職するにはどんな方法が効果的?状況別に解説

IT企業に就職するにはどんな方法が効果的?状況別に解説

IT企業に就職したいと感じている学生はたくさんいますよね。しかし、どのような手段で就活を行うべきかまだわからない学生もいることでしょう。

ここでは、状況別にIT企業に就職するにはどのような方法が効果的なのかをご紹介していきます。



1.文系でIT企業に就職するヒント

IT企業に就職するにはどんな方法が効果的?状況別に解説

 

 

 

 

 

文系の学生からIT企業に就職したいと希望している人は意外に多くいますが、どうしたら良いのかがわからないという学生も多いことでしょう。

確かに、文系からIT企業への就職はハードルが高いと感じがち。どのような手段で就活していくのかがポイントです。効果的な手段で就活を成功させましょう。

1-1. ITについて学んでいく

最初に文系の学生がやるべきことは、インフォメーションテクノロジー(IT)について何かを学んでみてください。漠然としたイメージではIT企業への就職は困難です。

ITについてのメディアなどを定期購読することがおすすめ。昨今のITのトレンドが掴めることでしょう。

1-2. ビジョンを作る

ITについて学んだところで、自分は何をやりたいのかをしっかり考えてください。ただ漠然とIT分野に就職したいと考えているだけではダメ。ITといえどもさまざまな職種が存在します。

文系に適した職種はセールスエンジニアや、webデザイナーなどです。もちろん他の職種でもやる気があれば成功します。

1-3. 就職したい企業の選定

自分のビジョンにマッチした企業を探してみましょう。文系からでもチャレンジしてくださいと書いてある企業なら狙いやすいかもしれません。

大手企業にばかりとらわれないこと。ビジョンとマッチした業務内容の企業を選ぶことがポイントです。そうすることで、理論的な志望動機が見えてきます。

1-4. 実績を作る

希望する企業ができたなら、その企業に合わせた実績を作っていきましょう。フリーサイトなどを駆使して、システムを実際に構築していくということです。

独学で学ぶには期間が必要になるでしょう。しかし、その企業にマッチした実績を作ることは、文系の学生でも熱意があることが伝わり就活では有利になります。ぜひ実践してくださいね。

2. 理系でIT企業に就職するヒント

理系の場合には、圧倒的に有利にIT企業に就職ができるでしょう。なぜなら、IT企業の業務内容は理系色が濃く学校で学んだことを活かせる職場だからです。

もしも情報系の学生であれば、そのまま学校推薦でIT企業に簡単に就職できるかもしれません。そのためにも学生時代からしっかり単位を取り、プログラミングの授業などでは実績を残していくことが大切です。

理系の学生の場合には、一年生から就活が始まっていると考えてください。ゼミ選びの際にも教授にコネがあるのかをしっかりチェックしてからゼミを選ぶと就職にも有利。先生とも仲良くなっておくと推薦がもらいやすくおすすめです。

また、コミュニケーション能力が優れているのかも見られれことでしょう。コミュニケーション能力は文系の学生の方が高い傾向があるからです。いくら理系でプログラミングが得意だったとしても、上手に会話ができないケースでは就活では不利になってしまいます。常日頃からコミュニケーション能力向上を心がけてくださいね。

推薦枠だからと、内定が確約されているわけではありません。推薦をもらった後でも、就職に向けて、コツコツと学んでいくことをお忘れなく。

3. IT企業の採用の特徴

IT企業の多くは採用試験のどこかで「CAB」というテストを実施する特徴があります。初期段階で振るいにかけるケースと、最終試験に用いられるケースがあるでしょう。

CABとは、ひたすら計算をしていく問題や規則性を瞬時に判断する問題などのこと。大量の計算を短時間で実施し、どれだけ解けるのか、正確性はどうかが問われることになるでしょう。CABには、論理的思考能力があるのか、そして根本的なIQをチェックする目的があります。つまりはIT企業への適性を見ているんですね。
また、IT企業では、コミュニケーション能力ももちろん重視されますが、より実績が重視される傾向があります。企業に対する熱意も実績ベースで判断されるかもしれません。

そのため、文系の学生はできるだけ実績を作った上で面接に臨む必要があるでしょう。理系の学生でももちろん実績は求められます。情報系の学生以外はしっかりと実績を作った上で面接に臨むようにしてくださいね。情報系の学生は学校で作成したものや卒論を実績にしても問題ありません。

4.まとめ

IT企業に就職するためには文系であれ理系であれ、熱意を持って臨む必要があります。どうしてIT企業に就職したいのか、自分のビジョンと企業がどうマッチしているのか。理論的にアピールすることで、IT企業への就職が成功します。

理系の学生は学校推薦だからといって油断してはいけません。理系の学生よりも適性のある文系の学生が面接に来た場合には、文系の学生が勝利を勝ち取るケースもありますよ。

まずはエージェントと話をしよう

エンジニア就活には、IT業界・SEに強いエージェントがいます。彼らに話を聞いてもらうことで、自分が何をやりたいのか、自分が大切にしているのが何なのか、就活するうえでの軸が見えてきます。さらに、各人に合った未公開の求人情報も紹介してもらえるので、まずは気軽に相談してみましょう。登録や相談・セミナーなど、すべて無料で活用できます。

お名前 (必須)

カタカナ (必須)

大学名(必須)

学部・学科名(必須)

卒年(必須)

電話番号(必須) ※連絡が取れる電話番号をご入力ください。

メールアドレス(必須)  ※連絡が取れるアドレスをご入力下さい。

2週間以内の平日都合の良い日時を選択してください。就活相談約1時間です。

予約第一希望日(必須)

第一希望日時刻(必須)

予約第二希望日(必須)

第二希望日時刻(必須)

予約第三希望日(必須)

第三希望日時刻(必須)

利用規約および個人情報の取扱いに関する通知文に同意する

※就活相談の実施場所は、下記住所になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンクトワイス株式会社 エンジニア就活事務局
東京都港区赤坂4-8-14赤坂坂東ビル5階
TEL:03-6825-5450より個別面談のご案内を差し上げる場合がありますのでご認識をお願いします。
mail:e-shukatsu@thinktwice.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IT就活を成功へ導く! ここから会員登録をしよう

オススメ記事一覧

もっと見る
完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top