• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

システムエンジニア新卒採用面接での受け答えのコツ

システムエンジニア採用面接で成功をつかむために

システムエンジニアになるためにも、他の職種同様に面接があります。面接をする機会はむしろほかの業種よりも多いかもしれません。

就業先の企業が決まったとしても、客先に常駐しながら業務を遂行するのであればプロジェクトに入るためにも面談があります。

ですからシステムエンジニアとして就業するためにも、そのあとのキャリアを積むためにも、面談で成功するために必要なこととは何か知っておくということはとても重要ということになります。

面談で成功するためにはシステムエンジニアとして求められているものは何か知らなくてはなりません。そしてシステムエンジニアとして必要になるスキルだけではない能力は何かということも重要です。

就職後にも待つ面談で成功を掴んでいただくために、ポイントをご紹介していきたいと思います。

システムエンジニアに求められる素養とはなにか

システムエンジニアとして求められるものは何かを知らなくては、面談で勝ち残るすべを知ることはできません。そのためにはまず、システムエンジニアの業務内容を知っておくことから始めましょう。

ITというとパソコンについての知識や、システム開発に必要なスキルだけ知っておけばよいのではないかと考えてる方もいらっしゃいますが、実際に仕事をしてみるとそれだけではとても長く続けていくことはできないということがわかるでしょう。これらはあくまでも必要最低限のものでしかないのです。

顧客との折衝能力がなくては顧客が求めているものは何かをしっかりと把握することはかないません。また、企業によって企業理念も、業務の内容も異なります。どのような人材が求められているのか推し量ることができなくては、採用面接も突破するのは難しくなります。

この後の項目で必要なものを詳しく解説していきたいと思いますので、面談時の参考にしてみてください。

スタンドプレイではなくチームプレイが求められる現場だから求められるもの

長く働くうちにシステムエンジニアにもいろいろなタイプがある、ということがわかります。

様々なプロジェクトで活躍していくことができる人材や、それぞれのプロジェクトでプロパーではないのに重要なポジションを任されるほど信頼されているような人物というのは「チーム」を円滑に回すことができ、チームの中で自分に求められるであろうことをしっかりとこなしている人物が多いです。

対して、技術やスキルは秀でているのに他のメンバーと積極的に関わることができない、また一人でやったほうが楽だからとこもってしまうようなタイプの人材が大規模プロジェクトで長く活躍していたり、重要なポジションについているということはほぼありません。

システム屋は技術職で職人だから、とにかく自分の能力だけが大事!と思っていらっしゃる方も多いですがそれは大きな間違いです。

様々なポジションの技術者がいて、メンバーもたくさんいる状況で一つのまとまりを作り上げることを考えると、必然的に協調性の高い人材が求められることもわかりますね。

「この人と一緒に働くとやりやすい!」「この人とまた違うプロジェクトでも一緒に働きたい!」そう思ってもらえる人材になることが長くシステム開発の現場で活躍する秘訣です

コミュニケーション能力もはかられています

システムエンジニアとして上流工程もしっかりこなせる人物となるためには、顧客との折衝能力は欠かせない必須スキルです。

特に難しいのは、あなたがシステムエンジニアとして話をしている相手にとっては、システムのことは専門分野ではないということ。それでも希望として、こんなことができるシステムがほしい、納期はこのくらい、料金はこのくらいで……とあるわけです。

プログラマとしての経験を経て、そこからシステムエンジニアとしてキャリアを積んでいく、という先に顧客とのやり取りを迎えているのであればそう難しいことではないかもしれません。

ですが就職した企業によっては、最初からシステムエンジニアとして顧客とのやり取りをする必要が出てくることもあるのです。

自分自身もまだそれほどシステムのことをよく知っているとは言えない時期に、システムのことをあまりわかっていない顧客とシステムのことを話すというのは、たとえるなら幼稚園にもいかない年齢の子供に料理の作り方を口頭で教えるようなものかもしれません。

ですから、面談では「あえて曖昧な質問をしたときに、きちんと回答ができるのかどうか」ということも見られています。

論理的に、わかりやすく説明できるのか、ということが見られていますから”こう答えたら正解”というものがあるわけではありませんので、下手に硬くなる必要もありません。きちんと相手に伝わるように答える、ということを心掛けておきましょう。

あなたが目指している企業が求めている人物は?

企業からみたとき、「どうしてこの会社を選んだのか」という事はもちろんチェックポイントになっていますが、「この会社が求めている人物像を把握しているのか」ということももちろんチェックされています。

面談を受けるときに多くの方が悩む「応募動機」がこれにあたりますが、資料に記載するだけではなく面談でも同じようなことを確認されることもあります。

どういう企業理念を抱えた会社で、どのような業務内容を行っていて、これからどのような方針で運営していこうとしているのか、具体的な人物像が掲げられているのならどんな人材を欲しているのかを把握しておきましょう。

そのうえで、自分がこの会社に入ったとき、どのように活躍することができそうか、また将来どのように活躍していこうと思っているのかということをアピールしていくことが重要です。これもシステムエンジニアとして重要なスキルでもあります。

「相手の求めているものをくみ取り、その実現に向けてできることをアピールし、実現のための仕組みを考える」ということがここからもチェックできるのです。

長く活躍できるエンジニアとして判断されるのは何か

システムエンジニアとしてだけ必要なことではありませんが、「新しいものを取り入れていく」ということはいろいろな分野でも必要になるスキルです。

特に開発に用いる言語などは日々進化し、新しいものが生み出され実用化されています。「新しい物なんて知らなくても、今までのもので仕事できるのだからいいじゃないか」と思っていると、特にWEB系のシステム開発の現場では活躍の場は限られてしまいます。

企業としても、せっかく若い人材を採用しこれから育てていくことを考えると、長く活躍してくれるであろう人材を雇うほうがメリットになります。

好奇心が強く新しい物を取り入れるのにも抵抗はなく、積極的にできる性格、というのはシステムエンジニアとしてもプログラマとしても大きなメリットになります。

すべての人がそうだとは限りませんが、そういう性格の人は現場でも活躍していることも多いのも事実です。

面談の時の「趣味はなんですか」「どんな性格ですか」といった質問こそアピールのチャンスです。ご自身にある好奇心や向上心はしっかりと忘れずにアピールしましょう。

【関連記事】
新卒でエンジニアになるには?採用の裏側を就活のプロに聞いた
「面接が苦手」は克服できる。面接嫌いのための面接対策方法
IT業界志望の学生が最もアピールすべきこと【採用担当者のホンネ】

SEを目指すならエージェントと話をしよう

エンジニア就活には、IT業界・SEに強いエージェントがいます。彼らに話を聞いてもらうことで、自分が何をやりたいのか、自分が大切にしているのが何なのか、就活するうえでの軸が見えてきます。さらに、各人に合った未公開の求人情報も紹介してもらえるので、まずは気軽に相談してみましょう。登録や相談・セミナーなど、すべて無料で活用できます。

お名前 (必須)

カタカナ (必須)

大学名(必須)

学部・学科名(必須)

卒年(必須)

電話番号(必須) ※連絡が取れる電話番号をご入力ください。

メールアドレス(必須)  ※連絡が取れるアドレスをご入力下さい。

2週間以内の平日都合の良い日時を選択してください。就活相談約1時間です。

予約第一希望日(必須)

第一希望日時刻(必須)

予約第二希望日(必須)

第二希望日時刻(必須)

予約第三希望日(必須)

第三希望日時刻(必須)

利用規約および個人情報の取扱いに関する通知文に同意する

※就活相談の実施場所は、下記住所になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンクトワイス株式会社 エンジニア就活事務局
東京都港区赤坂4-8-14赤坂坂東ビル5階
TEL:03-6825-5450より個別面談のご案内を差し上げる場合がありますのでご認識をお願いします。
mail:e-shukatsu@thinktwice.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top