30代におすすめのIT転職エージェントとIT転職サイトを徹底比較|転職の流れやポイントも解説

30代におすすめのIT転職エージェントとIT転職サイトを徹底比較|転職の流れやポイントも解説

今30代のあなたは転職を考える際に、以下のような悩みを抱えたことはありませんか?

転職したい…。でも30代でいい仕事に出会えるかな?
30代でおすすめのIT転職エージェントってどれ?

転職活動って、悩むことが多々ありますよね。

そこでこの記事では、「失敗しないIT転職エージェントの選び方」「30代が使いたい!おすすめのIT転職エージェント」「30代で転職活動を成功させるために覚えておきたいこと」を紹介します。

ぜひ最後まで読んでいただき、IT転職エージェント選びに役立ててください。

転職エージェントに迷ったらコレ!実際に利用して分かった

\30代の転職に強いIT転職エージェント3選!/

マイナビIT AGENT
マイナビit転職エージェント
リクルートエージェントIT
リクルートエージェントITエンジニア
レバテックキャリア
レバテックキャリア
・キャリアアップを狙える
・30代のIT転職に強い
・国内最大の求人数
・転職支援ツールが充実!
・エンジニア転職に強い
・エンジニア経験者のあるCAが多数在籍
ITの公開求人数約1.9万件
ITの公開求人数約4.5万件
ITの公開求人数約1.3万件

最初に読みたい!おすすめIT転職エージェント・IT転職サイトランキング

初めてIT転職エージェントを利用する方・IT転職エージェント選びで失敗したくない方
こちらの記事がおすすめ。
IT転職関連記事

今回は総合的におすすめできる転職エージェントはもちろん、年代や業種ごとに活用していきたいIT転職エージェントについても細かく解説していきますので、転職を有利に進めたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

IT転職エージェントおすすめ23社を徹底比較!IT業界/Webエンジニア向けの転職エージェント・転職サイトを厳選

専門家の意見を交えておすすめ23社を徹底比較し、業種・業界・年齢・希望年収ごとのおすすめ転職エージェントもご紹介。

あなたに最適なIT転職エージェント・IT転職サイトがきっと見つかります。
キャリアコンサルタント藤田有貴子監修者
キャリアコンサルタント
藤田有貴子さん
ふじたクリエイトスタジオ

ふじたクリエイトスタジオ代表。中小企業診断士や国家資格キャリアコンサルタントの資格を保有する。慶応義塾大学商学部、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了後、JMR生活総合研究所、富士通総研、事業会社等で勤務。現在は、ふじたクリエイトスタジオの代表としてキャリアコンサルタント及び経営・IT・マーケティング・新規事業コンサルティングを行う。
目次

【30代向け】失敗しないIT転職エージェントの選び方

【30代向け】失敗しないIT転職エージェントの選び方

人生で大事な行事である、転職活動で挫折しないために、この章では、「失敗しないIT転職エージェントの選び方」を解説します。

失敗しないIT転職エージェントを選ぶ際には、以下の3つの項目に注視すると良いでしょう。

  • 選び方①IT転職エージェントと求人広告の違いを理解する
  • 選び方②自分に合った担当アドバイザーを探す
  • 選び方③現在の年収に適切なIT転職エージェントを見つける
キャリアコンサルタント藤田有貴子
キャリアコンサルタント
藤田さん
転職中の方に「どんな方法でお仕事を探していますか」とお聞きすると、「求人広告型」をご利用の方が多いです。そういう方には、ぜひアドバイザーから1対1のキャリアアドバイスや面接対策を受けられ、非公開案件も紹介される「エージェント型」のご利用もお勧めします。しかし各IT転職エージェントにも各アドバイザーにも得意不得意や相性があります。こちらの情報をもとにご自分のポジションや目指す姿、そしてご自分の魅力を引き出すアドバイザーを探してみてください。

以下では、「失敗しないIT転職エージェントの選び方」について1つ1つ詳しく見ていきましょう。

選び方①IT転職エージェントと求人広告の違いを理解する

一つ目は、IT転職エージェントと求人広告の違いを理解することです。そのあとに、自分が「IT転職エージェントを使って転職先を見つけたいのか?」それとも「求人広告でいい会社を見つけたいのか?」を選ぶと良いでしょう。

まずは「エージェント型」と「求人広告型」の違いです。

エージェント型は、転職サイトと比較すると、求人募集が少ないものの、キャリアアドバイザーがあなたと打ち合わせ形式で面談をし、あなたに合った募集案件を提示してくれるのがメリットです。

また面談だけではなく、履歴書の書き方や職務経歴書の書き方、面接対策などもしっかりとサポートしてくれます。そして、給与面での交渉や面接日・時間の調整といった、転職先との対応もしてくれます。

次に求人広告型は、IT転職エージェントと比較すると、求人募集が多いですが、IT転職エージェントのようなサポート体系がありません。

なので、履歴書の書き方や職務経歴書の書き方、面接対策、面接日の調整や労働時間や給与面の話し合いなどをすべて自分で行わないといけません。

なお、求人募集の中には、粗悪な案件もあるので、事前によく情報収集を行った方がいいでしょう。

選び方②自分に合った担当アドバイザーを探す

一つ目は、自分に合った担当アドバイザーを探すことです。自分に適する担当アドバイザーを選ぶことであなたの抱えている不安や悩みを解決に導いてくれるでしょう。

実際に、自分に合った担当アドバイザーかどうかを見極めるためには、複数のサービスに加入すると良いでしょう。

「担当アドバイザーAさんは聞き上手で悩みをきちんと解決に導いてくれる方で、Bさんは優しい方ですが、いまいち意見が合わない…。」と人それぞれ感じ方は異なってくるため、多くの担当アドバイザーに接することをおすすめします。

とくにおすすめするのが、求人案件を全体的にカバーしている“総合型”です。

総合型は、未経験から異業種や異職種、非公開の求人数が多数あり、その中から自分の合ったものを選ぶことができます。また、担当アドバイザーはあなたの奥底に眠っている才能や強みを引き出し、適切な道を提示してくれます。

選び方③現在の年収に適切なIT転職エージェントを見つける

現在の年収に合わせてどの「IT転職エージェント」や「求人広告型」を使うかを決めると良いでしょう。

たとえば、300万円未満のサラリーマンや自営業者の場合、マイナビエージェントを第一に利用したり、リクルートエージェントと一緒に使ったりしてもいいでしょう。その方が書類選考や面接選考の合格率が上がりやすくなります。

また、ほかの年収でおすすめなサービスを見ていきましょう。

今の年収 このサービスを選んでほしい!おすすめIT転職エージェント 一緒に利用すると転職成功率が上がる!
300万~500万円まで マイナビITAGENT リクルートエージェントIT
500万~700万円 パソナキャリア リクルートエージェントIT
700万~ JACリクルートメント パソナキャリア

IT業界特化型|30代におすすめのIT転職エージェント

IT業界特化型|30代におすすめのIT転職エージェント

IT企業経験者がさらにスキルアップするためには、IT業界で転職するのが1番です。

30代以降のスキルアップのためには未経験に対応しているエージェントではなく、よりIT業界に強いエージェントとの出会いが必要です。

ここでは30代以降の転職に適した、質の高い求人が揃ったIT転職エージェントを5つのカテゴリーごとに紹介します。

  • すべての30代向けのIT・エンジニア転職エージェント
  • IT・Webベンチャー向けのIT・エンジニア転職エージェント
  • ハイキャリア向けのIT・エンジニア転職エージェント
  • 30代女性向けのIT・エンジニア転職エージェント
  • 未経験向けのIT・エンジニア転職エージェント

①すべての30代向けのIT・エンジニア転職エージェント

マイナビIT AGENT|異業種からIT・Web業界へ転職するなら

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTはサポートが非常に充実しています。

基本的なIT業界の基礎知識や面接対策に徹底しており、細かいポイントに的確なアドバイスを与えてくれることが好評です。

また、未経験の案件もあるため、スキルアップだけではなく、未経験者にもおすすめのエージェントになっています。

マイナビITAGENT公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/it/

以下の記事ではマイナビIT AGENTの評判をまとめました。マイナビIT AGENTのリアルな口コミや、基本情報を紹介しておりますので、IT業界に転職を考えている方やエンジニアの方は併せてご覧ください。

関連記事

マイナビITAGENTは、IT業界未経験者でも利用できる転職エージェントです。 また運営元がマイナビエージェントということもあり求人の種類は、 「インターネット・広告・ゲーム業界から、大手メーカー・金融業界・監査法人」までと豊富にあ[…]

【口コミ投稿付き】マイナビIT AGENTの評判と特徴を徹底解説

【業界最大手】リクルートエージェントIT

リクルートエージェント

リクルートエージェントITは、転職サポート実績40万人で業界ナンバーワンです。企業交渉力に関しては強く、転職希望者がグレーな立ち位置にいる時、すぐ助けてくれます。

また、面接対策にも強く、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策、面接日の調整、悩み相談も丁寧に対応してくれます。

さらに、言い出しにくい給与面や労働条件の交渉や応募先の社風や雰囲気までもしっかりと伝えるなどサポート体系が手厚いのがメリットです。

リクルートエージェントIT公式サイト:
https://www.r-agent.com/it_engineer/

以下の記事ではリクルートエージェントITの評判をまとめました。リクルートエージェントITのメリット3つ・デメリット3つを紹介しておりますので、エンジニア転職を考えている方は併せてご確認ください。

関連記事

転職エージェントの中でも最大手と位置付けされるリクルートエージェント。その評判のほとんどは良いものとされていますが、エンジニアやIT関連の転職でも同じなのでしょうか? [word_balloon id="1" size="M" posit[…]

リクルートエージェントITの評判を全て暴露!メリット、デメリットも併せて解説

レバテックキャリア|初回提案でのマッチング率90%

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT転職業界における大手のIT転職エージェントです。初回マッチング率が高いことから転職のスペシャリスト集団であると言えます。

スピード感が早いこともあり、経験者にとってはスキルアップの企業を探すのに非常に適しているエージェントです。

電話でのヒアリングなどでは非常に押しが強い印象を受けますが、提案される内容に関して非常にマッチ率がよく、提案数も多いです。

IT転職の業界では現在、最も人気があります。

公式サイト:
https://career.levtech.jp/

以下の記事ではレバテックキャリアの評判や特徴をまとめました。IT業界や・WEB系に転職したい方は併せてご覧ください。

関連記事

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

レバテックキャリアの評判・おすすめなIT転職人材は?フル活用のコツを伝授します

dodaITエンジニア|多くの企業を比較検討したいなら

doda

dodaITエンジニア多くの企業を比較するのに非常に向いているIT転職エージェントです。

企業について非常に手広く求人を持っていることから、提案力があります。

大手だけではなくベンチャー企業にも多く求人があるため、自分にあった企業を検討することが可能です。

公式サイト:
https://doda.jp/engineer/

こちらの記事ではdodaエンジニアITを利用しているユーザーからのリアルな口コミを紹介しています。dodaを利用しようと考えている方は、併せてご覧ください。

関連記事

転職を一人で進められるか心配だと悩んでいる方は、頼もしい転職エージェントとして有名なdodaを利用してみてはいかがでしょうか? dodaを利用して実際に転職を成功させている方は年齢を問わず存在しており、次の職場を探すうえで役に立つ可能性は[…]

実際使える?dodaユーザーの本音からリアルな評判を徹底調査!

type転職エージェントIT|IT業界・エンジニアの転職に特化

Type転職エージェントIT

type転職エージェントITはIT業界に特化した転職エージェントです。エンジニアやクリエイターの転職実績があり、経験豊富なアドバイザーがIT業界への転職を支援してくれます。

また、求人数は20,000件以上を誇り、一般では募集されていない非公開求人も豊富に取り扱っているため、さまざまな企業の求人の紹介を受けることができます。

どうやって転職を進めたら良いのかわからない、自身の強みやキャリアを把握できていない、自分に合った仕事を見つけたいなど、一人で転職活動をされるのが不安な方におすすめです。

公式サイト:
https://type.career-agent.jp/

以下の記事ではtype転職エージェントITのメリット・良い評判4つとデメリット・悪い評判3つを紹介しています。type転職エージェントITについて詳しく知りたいというエンジニアの方は、併せてご覧ください。

関連記事

転職活動を始めようとしていて、type転職エージェントITを利用する際に こんな悩み抱えたことはありませんか? [word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="un[…]

【口コミ投稿付き】typeエージェントの評判を徹底解説!

【IT業界の転職支援実績15年以上】ワークポート

ワークポート

ワークポートは転職決定人数No.1の実績を誇る転職エージェントです。数々の転職者を支援してきた経験から業界や職種に精通しており、ワークポートが開発したマッチングシステムと経験豊富なコンシェルジュの経験を合わせることで、業界経験の浅い方でも支援を受けることのできるサービスとなっています。

転職相談サービスは無料でおこなっているため、IT業界への転職を希望している方は一度無料相談を受けてみることをおすすめします。

公式サイト:
https://www.workport.co.jp/

ワークポートの評判・口コミはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

関連記事

ワークポートはIT未経験の方でも、IT業界への転職を狙える転職エージェントです。 IT業界に特化した転職エージェントで「IT業界・ゲーム業界」 あなたはワークポートを利用しようと思ったときに、以下のように感じたことはありませんか? […]

ワークポートの評判はやばい?悪い口コミ・おすすめな人など!その他のおすすめ転職エージェントも!

②IT・Webベンチャー向けのIT・エンジニア転職エージェント

Geekly|IT業界への支援実績6,000件以上

GEEKLY

GEEKLYは、転職支援実績6,000件以上を誇るIT企業の転職専門の転職エージェントです。

転職が初めてという方でも、Geeklyが転職の基礎からレクチャーしてくれるなど転職未経験者のサポート体制を整えています。

また、IT企業口コミサイト「Geekly Review」といった社員口コミサイトもサービスとして提供しており、IT企業の企業情報も豊富で自分に合った企業を見つけることができます。

IT企業への転職を考えているという方は、ぜひ一度無料相談を受けてみましょう。

公式サイト:
https://www.geekly.co.jp/

以下の記事では、ギークリーがやばい・最悪と言われる噂を調査すると共に、良い評判3つと悪い評判2つを記載しています。Geeklyを利用しようか悩んでいるという方は、併せてご覧ください。

関連記事

質の高い求人が揃い、高いユーザー満足度を誇るギークリー。ところがインターネットでの評判を見ると「やばい」「最悪」といったワードが並びます。 [word_balloon id="1" size="M" position="L" name_p[…]

マイナビクリエイター|Web・ゲームのクリエイティブ求人に特化

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、Webまたはゲームクリエイターに対して専門的に特化したIT転職エージェントです。

サポート体制が非常に充実しており、業界を熟知したエージェントによるアドバイスが受けられることや満足度が高いことが特徴です。

業界の中でもこの分野に特化しているIT転職エージェントは珍しいでしょう。

公式サイト:
https://mynavi-creator.jp/

下記の記事では、マイナビクリエイターの良い評判2つと悪い評判2つの両面を紹介しています。クリエイターで転職を考えている方は、併せてご覧ください。

関連記事

現在、日本で10,000社以上あると言われる「転職エージェント(有料職業紹介事業所)」を選ぶ時、どのエージェントを利用すべきか迷ってしまうことはありませんか? 求人件数の多さ、専門的な業種特化型、キャリアアドバイザー評判など、何を基準[…]

「えっ!ホントに?」マイナビクリエイターの評判を徹底解説!【2021年】

③ハイキャリア向けのIT・エンジニア転職エージェント

【ハイクラス転職に強い】パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、お客様満足度ナンバーワンのハイクラス転職者向けのエージェントです。

今までに約16,000社の取引実勢や転職者25万人との面談実績があり、信頼のおけるエージェントです。

拠点が全国で100か所あり、地方に住んでいても、転職に関しての悩み相談があった時や書き方の添削、面接対策の指導をしてほしい時があったら、すぐ飛び込むことができます。

また、家での事情や人に言えない悩み事も女性の担当アドバイザーを指名すれば、じっくりと相談することができます。

TechClipsエージェント|ITエンジニア専門の転職エージェント

TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントで、高年収・高待遇の求人情報を多数所有しているのが特徴です。

ま現役のエンジニアがアドバイザーであるため、エンジニアの転職に詳しく、充実したサポートを受けることができます。

主に事業会社の紹介先が多く、落ち着いた職場環境の会社が多いため、エンジニアの方にはとっておきの転職エージェントです。

WILLOF TECH CAREER|ITエンジニア専門の転職エージェント

ウィルオブテック

ウィルオブテックキャリアはITエンジニアに特化した転職エージェントで、転職した95%の方が年収アップをしているのが強みです。

利用者の平均年齢は35.5歳とミドル層に特化しており、30代でIT転職を考える方にとってはぴったりの転職エージェントです。

キャリアアドバイザーに加えて、企業の採用担当者とのやり取りを行うリクルーティングアドバイザーが専属でサポートしてくれる為、企業対策やその他のサポートが充実しており、高い内定率を誇っています。

【年収700万以上が狙える】JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、課長やマネージャー、部長、役員といった管理職の方々や、技術職、専門職の方々のためのハイクラス転職エージェントです。

年収700万円以上の求人が8割を占め、なかには年収2000万円以上の求人も存在します。

また海外に進出できるのもJACエージェントならではのメリットです。JACエージェントは、海外の求人を抱えており、海外に転職したいとなれば、履歴書の作成や転職サポートなどもすべて担ってくれます。

④30代女性向けのIT・エンジニア転職エージェント

【フリーターでもOK】DYM就職

DYM就職

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートの方の転職活動におすすめです。

転職に関しての不安や悩みがあっても、担当アドバイザーと気軽に相談できる環境が整っています。

また、事前研修のある求人が多く、書類審査なしで直接相手先の採用担当者や社長と交渉ができます。内定後も退職手続きや入社手続きも丁寧にサポートしてくれます。

【女性のアドバイザーが付く】女の転職type

女の転職type

女の転職typeは、女性のために作られた転職エージェントで、「産前産後休暇」制度や「育児休業や育児休暇」制度があったり、残業時間が少なかったり、週休2日制が導入していたりなど女性に向けた案件が多々あります。

ほかにも、「ネイルOK」の職場や「私服出勤OK」の職場もあったりして、女性が正社員として会社に長く心地よく過ごせるための工夫がなされています。

【安心のマイナビグループ】マイナビAGENT-女性の転職

マイナビAGENT-女性の転職

マイナビAGENT-女性の転職は、頑張りたい女性のために作られた転職エージェントです。

残業なしの求人だけではなく、未経験や第二新卒の求人、ベンチャーの求人や年収600万円を目指したい方向けの求人等、正社員として頑張りたい方向けの求人が多々あります。

また、業種は営業、Web系、医療専門系、建築系、事務系、IT系、金融専門系などの中から仕事にしたいものを選ぶことができます。

⑤未経験向けのIT・エンジニア転職エージェント

ウズキャリIT|IT未経験の就職サポート

ウズキャリITはITエンジニアを目指す求職者に特化した就業サポートです。

IT分野の就業サポートを得意としており、これまでで累計2,000人以上の就業マッチングを実現しています。

他にも、面接対策や学習動画コンテンツなどIT講師による学習支援を受けることができるため、満足度の高いサポートを提供しています。

【未経験におすすめ】dodaエージェント

dodaエージェント

dodaエージェントは未経験者におすすめです。なぜなら、dodaでは、業種経験不問や職種経験不問案件が求人数の約6割を超えているからです。

2008年4~6月に比べると、7%減りましたが、まだ未経験の業種や職種に転職する人の割合は5割ほどいます。

dodaは「前職での職務経験」ではなく、「保有しているスキルや経験をどのように活かせるのか」に重点を置いているため、応募先の業種や職種が未経験でも過去のスキルや経験をアピールできます。

【初めての転職におすすめ】マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代前半から30代の転職未経験者や第二新卒のサポートが手厚いです。

キャリアアドバイザーの1人1人がITやWebエンジニア、営業、MR・メディカルなど専門分野を持っており、その分野に詳しい担当アドバイザーから的確なアドバイスをもらうことができます。

また、サポート体制に関しては、履歴書の書き方対応、職務経歴書の書き方対応、面接対策、悩み相談、給与面での交渉や労働条件での交渉など転職に関してのご相談は「無制限」でサービスを受けることができます。

即戦力があり、丁寧なサポートで選考通過を狙っている方はぜひ「マイナビエージェント」を登録しましょう。

下記の記事では、30代で未経験の方がIT転職をする方法に焦点を絞り解説しています。
IT業界へ転職したいという30代の方は、併せてご覧ください。

関連記事

今後も成長が期待できる転職先として人気のIT業界。30代未経験だけどエンジニアになりたいと考える人もいるでしょう。ですが30代未経験でエンジニアを目指すとなると、さまざまな不安が生まれます。 [word_balloon id="1" si[…]

【30代必見】IT転職エージェントを利用した転職活動の流れ

【30代の転職】IT転職エージェントを利用した転職活動の流れ

ここではIT転職エージェントを利用した転職活動の流れついて解説します。

キャリアコンサルタント藤田有貴子
キャリアコンサルタント
藤田さん
自己分析、企業分析は転職活動にとって確かにとても重要です。ただ日々のお仕事が忙しくて転職活動の両立に悩み、ひとりでは進めにくいこともでてくると思います。そんな時にフォローしてくれて親身になってくれるのがIT転職エージェントのアドバイザーです。親身で的確なアドバイスをくれ、一緒に転職活動を進められるアドバイザーがみつかるととても心強いです。私もエージェントのアドバイザーのおかげで30代40代でも数回の転職を実現できました。

①自己分析・企業分析

自己分析・企業分析

まず、転職活動を行う前に行っておくべきなのが、自己分析・企業分析です。

自己分析や企業分析を行う際は、自分はどういった企業に転職したいのか、自分のこれまでのキャリアや自分のスキル・経験を活かせる職種は何かなど、希望の職種や企業のイメージを明確にするようにしましょう。

希望の職種や企業のイメージが明確でなく、なんとなくで転職活動を始めてしまうと、転職後に違和感を覚えたり、「なにか違う」といったことになりかねません。

また、希望の職種や企業のイメージを明確にしておくことで、転職エージェントのアドバイザーに希望の職種や企業を伝えることができ、ミスマッチを防ぐことができます。

自分で自己分析や企業分析を行うのが難しい場合は、無料相談をおこなっているIT転職エージェントも多いので、まずはIT転職エージェントに登録して、無料相談をしてみましょう。

②IT転職エージェントに登録する

IT転職エージェントに登録する

希望の職種や企業のイメージがある程度明確になったら、IT転職エージェントに登録します。

IT転職エージェントへの登録は、各IT転職エージェントの公式サイトから行うことができます。 IT転職エージェントに登録したら、担当者から連絡が来るので、カウンセリングの日程を決定をします。

③カウンセリング

カウンセリング

カウンセリングの日程が決まったら、アドバイザーからのカウンセリングを受けます。

IT転職エージェントのアドバイザーはIT業界に精通しているため、希望のキャリアに沿ったカウンセリングやサポートを受けることができます。 ミスマッチを防ぐためにも、この段階で希望の企業や条件を詳細に伝えるようにしましょう。

④企業への応募・面接

企業への応募・面接

カウンセリングが終わり、ある程度転職先の見当がついたら求人の紹介を受けます。

求人の紹介を受けて、希望にあう企業が見つかったら、企業への応募・面接に進みます。 企業への応募・面接の際は、IT転職エージェントが応募書類の作成や面接の対策をサポートをしてくれるため、安心して転職活動を進めることができます。

⑤内定・入社

内定・入社

面接が終わったら、担当者から合否の連絡が来ます。

仮に、面接に通らなかったとしても、エージェントからのサポートを受けることができるので、落ち込まずに次の転職先の紹介を受けましょう。 晴れて内定を受けることができた場合は、担当者が入社までのサポートをしてくれるので、入社の準備を進めましょう。

IT転職エージェントがおすすめな人の特徴

コロナをきっかけに、近年益々転職ニーズは増加しています。

MyReferによる企業の従業員1000名を対象とした「コロナ禍の転職意向調査」では、全体の77%に転職意向があったと報告がされています。

また、エン・ジャパンの調査では、36%もの人がコロナ禍が転職のきっかけになったと回答しました。

このように、コロナの影響でジョブチェンジを検討する人が増加しているのが現状です。

最近では転職エージェントのテレビCMやインターネット広告を目にする機会が多いですが、実際に利用が向いている人はどのような人なのでしょうか。

エージェント利用が向いている人のポイント3点について説明していきます。

細かい情報も吟味して決めたい

エージェント会社では、求人を掲載している企業ごとに担当者を専任していることがほとんどです。その担当者から担当キャリアアドバイザーなどを通じて求人に記載のない情報を入手できることは、エージェントサービスならではの良さです。

特に、未経験業界への転職の場合、業界の雰囲気や常識などは、ネットや知人を通して知るしかありません。中でもIT業界へ未経験で挑む場合、企業の見方や業務内容、業界の常識などわからないことがたくさんあります。

ネットでの調査は、一般的な意見しか書かれておらず、希望する企業にフォーカスした情報を得られるとは限りません。また、その業界に精通した知人が、必ずしも周りにいるとは限りません。

その点、エージェントの担当者は業界や企業を熟知しており、求人票の掲載情報以上の情報を持っていることがあります。

具体的には、採用活動で企業が重視するポイントや転職者の傾向、企業の現状などです。こうした情報を個人で入手するには、相当な人脈と時間が必要です。情報不足は求職期間の長期化に繋がりかねません。

業界に精通した人の意見を聞きたい、多くの視点で企業選定を行いたいという方は、エージェント利用が向いています。

時間をかけてでも確実に転職したい

転職のメインは面接ではありません。書類選考や面接において転職理由は採用担当者が最も重視するポイントであり、転職理由を固めるためには自己分析を重点的に行う必要があります。

企業への応募時にエントリーシートを求められることも多く、転職活動では事前準備の時間が多くを占めるのです。

一般的な転職活動の流れは以下の通り。

  • 転職理由の整理、優先順位の確認
  • 自己分析
  • 書類作成
  • 企業選び、応募
  • 面接
  • 内定

面接以外の準備や作業が多いことが一目瞭然です。

エージェントを活用する場合、書類添削や企業選び、面接対策などの事前準備からサポートが受けられます。転職理由が定かでない場合も、自己分析からサポートしてくれるので安心です。

転職は、今後の人生を左右する重大な決断です。失敗したくない、絶対実現したい強い思いがある方は特に、企業選びから内定までに時間を要します。これは、時間をかけることで質の高い転職を行うことができる、とも捉えられます。

念入りな事前準備や企業選定を行い、時間をかけてでも確実に転職したいという方は、エージェントの利用がおすすめです。

企業と交渉してより良い条件にしたい

転職エージェントを利用するメリットとして、交渉のプロに協力してもらえることが挙げられます。

年収や入社日を直接交渉するのは、なかなか勇気が要りますよね?

転職エージェントを利用することで、担当者に希望年収や入社日の交渉を代行してもらうことができます。また、普通の人が経験するよりもはるかに多くの転職をサポートしている彼らは、交渉にも慣れています。

企業の採用担当者とも普段からコミュニケーションが取れている場合が多く、うまく給与・待遇交渉を行ってもらえます。自分ではなかなか交渉しづらい、自信がないという方は、転職エージェントの活用が向いています。

IT転職は30代がおすすめな理由

IT転職は30代がおすすめな理由

①自分のライフワークバランスにあった転職先を探せる

30代での転職がおすすめな理由一つ目は、「自分のライフワークバランスにあった転職先を探せる」です。

20代までは、独り身でプライベートを気にせずに仕事に打ち込めたり、体力が持つかぎり働けていたという場合でも、30代になると結婚や出産、体力の低下などプライベートが確立されてきたり、心身に変化が起こることもあるかと思います。

30代の労働力の需要は高く求人を募集している企業も多いため、自分のワークライフバランスに合った働き方をするための転職先を探すのに有利なのです。

②培ったスキルや経験を活かすことができる

30代での転職がおすすめな理由二つ目は、「培ったスキルや経験を活かすことができる」です。

新卒の場合、入社時までの職歴がないため、業務とは直接関係のないガクチカや履歴書などで入社の可否が判断されますが、30代の場合はそれまでの社会人経験で培ったスキルや経験を活かして、転職活動に臨むことができます。

そのため、新卒時では入社が難しかった企業でも、スキルや経験を評価して採用を行ってくれるため、より良い条件での転職が実現する可能性が高いのです。

③未経験職への転職が比較的しやすい

30代での転職がおすすめな理由三つ目は、「未経験職への転職が比較的しやすい」です。

一般的に未経験職への転職は年を重ねるにつれて難しくなると言われています。

そんななか、30代は未経験職への転職が40代や50代に比べて未経験職への転職が成功する可能性が高いため、自分がやってみたかった仕事や気になる仕事に転職するチャンスとも言えます。

30代の女性の転職でおすすめな職種をご紹介

30代でも転職できる?未経験でも大丈夫?となかなか転職に踏み切れない人もいると思います。ここまでお話ししてきた通り、30代でも転職は可能です。

ここからは、未経験でも転職できる30代女性におすすめの職種を4職種ご紹介します。

①販売・飲食

販売・飲食業は、特に資格を必要としないため、未経験者からでも正社員を目指せます。

衣服・雑貨の販売やスーパーのレジ打ち・品出し、飲食店のホールスタッフなど、全国各地に多くの求人が存在します。働く場所を選べるところもポイントです。

販売・飲食では接客機会が多く基本的には立ち仕事です。そのため、人と関わることや体を動かすことが好きな方におすすめの職業です。

ドラックストアや薬局を希望する場合、販売登録者の資格を活かすことができます。独学での取得も可能なので、比較的チャレンジしやすい資格です。

②工場・配送

工場での仕事と聞くと、男性のイメージが強い方もいるのではないでしょうか。

ジョブコンプラスのアンケート調査では、「女性が活躍しやすい」との声が多くありました。真面目さや手先の器用さ、気配りができるなど、女性に多い特徴を活かせる職種といえます。

また、Amazonや楽天をはじめとする通信販売をの利用者が増えており、需要が増えている配送業も挑戦しやすい職種です。配送といっても、大型トラックでの長距離輸送からバイク・自転車での配達まで様々な配送業者が存在します。

最近では、通販のお届けに女性が来ることも珍しくありません。

運転や体力に自信がある方、1人で黙々と仕事をこなしたい方におすすめの仕事です。

③営業

エンジャパンの調査では、企業が実感している人材不足職種の1位として営業職が挙げられています。

そんな営業職は、顧客対応や同僚・上司とのやりとりが多く発生するため、コミュニケーションに抵抗がない方におすすめの職種です。求人も多く、転職に幅広い選択肢を持てるのが魅力です。

営業には、法人営業や新規開拓営業、企画営業など様々な営業形態があります。業界によっては平日休み(土日祝出勤)の場合もあります。

自分にあった商材や働き方を考慮して、職種を検討しましょう。

④事務

こちらも特別な資格を必要とせず、求人が多く存在する職種です。

資格なしでも職を変えることは可能ですが、保有資格を評価する企業もあるので、有用な資格のどれかは保持していると有利です。

事務系で役立つ資格といえば、簿記(3級以上)MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)、秘書検定、TOEIC、医療事務認定資格などがあります。

特に、医療事務は長く安定して働けるので人気の資格です。独学でも十分取得は可能な資格です。一度書店で参考書を見てみると、仕事のイメージや難易度を知ることができます。

一言で事務といっても様々な種類があるため、それぞれの仕事内容や自分の興味、資格に合わせた種類を選びましょう。

30代で転職活動を成功させるために覚えておきたいこと

alt="成功_転職"

キャリアコンサルタント藤田有貴子
キャリアコンサルタント
藤田さん
30代になると、社会人経験も長くなり、ご自分で意識する能力とは別に知らず知らずに能力が身についていることが多いです。それが転職先には最大の魅力になることもあります。複数エージェントを活用することで、複数のアドバイザーから客観的な視点を得られ、ご自分の知らなかったお強み、 また業界についてもより多面的に理解ができます。そのうえで、広い視点で転職の可能性を探して、ベストな転職先が見つかることを願っております。

30代の転職者に求められているものを把握する

30代で転職活動を成功させるためには、以下の要素が必要です。

  • 即戦力
  • 業務経験
  • 自己投資

面接時には、その人が自分磨きに頑張っているかが雰囲気にでてしまうため、日々本を読んだり、参考書で勉強したりして、日々新しい情報を収集するとともに、自分の業務に真剣に向き合うことが大切です。

また、入社したら、すぐ周りと同じように仕事をこなすなど転職先において自分がどう貢献できるかを示す必要があります。

自身のスキルや経験を確認する

30代で転職をする際には、自身のスキルや経験を確認することが重要となります。 転職先の仕事内容が現職の仕事内容とほぼ同じような場合は別ですが、業務の内容が異なる場合、今まで培ったスキルや経験がどのように活かせるかを企業にアピールすることで、転職が成功しやすくなります。 そのため、転職の際は今一度自分のキャリアを振り返って、スキルや経験を確認することが重要です。

条件を絞りすぎないようにする

転職先の条件を絞りすぎてしまうと、転職先の候補となる企業が限定されてしまいます。 転職先の候補が限定されてしまうと、転職先がなかなか決まらず、候補が見つかったとしても他の転職希望者と希望が重なってしまうなど、転職活動が長引いてしまう可能性が高くなります。 そのため、30代で転職をする際は、条件を絞りすぎないようにして、条件を絞り過ぎてしまっている場合は条件を見直すようにしましょう。

複数の転職エージェントを利用する

転職の際に転職エージェントを利用する場合は、複数の転職エージェントを利用することをお勧めします。 一つの転職エージェントだけを利用すると、担当者と相性が合わなかったり、希望の条件に当てはまる転職先が見つからずに、スムーズに転職を行うことができなくなってしまいます。 そのため、転職の際に転職エージェントを利用する場合は、複数の転職エージェントを利用して、転職先の選択肢を広げることが重要です。

転職先が決まってから退職する

転職活動を行う際は転職先が見つかってから退職するようにしましょう。 先に退職をした方が転職活動に専念できると考えるひともいるかもしれませんが、転職先が決まる前に現在の職場を辞めて転職活動をすると、転職先がなかなか決まらないときに焦ってしまったり、収入が入ってこないために、生活が回らなくなってしまう可能性があります。 職場でパワハラを受けていたり、過重労働によって心身が疲弊していてすぐに会社を辞める必要がある場合は別ですが、特段そういった理由がない場合は、転職先が決まってから退職をするようにしましょう。

IT転職エージェントを利用する際によくある質問

 

なぜ、IT転職エージェントは無料で使えるのですか?
IT転職エージェントは1人を採用すると、報酬が入るような仕組みになっているからですね。つまり、IT転職エージェントを通じて、とある会社に人が採用されると、「ありがとう」という意味で会社から「手数料」がもらえるってことです。金額はその人の年収の30~40%ですね。
 
担当アドバイザーはどういう基準で選べばいいのですか?
まずはIT転職エージェントに登録をして、やりとりをしてみましょう。そうすれば、自分に合うかどうかを探ることができます。あとは、担当アドバイザーの実績を直接聞いてみましょう。実績が1年以上あれば、それなりに色んな方々と信頼を構築してきたという証なので、そこは信頼して良いでしょう。
 
IT転職エージェントのサポートを中断するにはどうしたらいいですか?
中断する際は、担当アドバイザーかIT転職エージェントの事務局あてに電話やメールで問い合わせをしましょう。また、中断理由を述べる際は、嘘ではなく、本音を話しましょう。本音を話すことで、今後のサービス向上につながりますので、どうぞ気楽に話しましょう。
 
転職する気がないけど、登録していいのでしょうか?
大丈夫です。IT転職エージェントは求人を紹介してくれますが、転職に関する相談だけでもOKです。実際のところ、転職相談という形でIT転職エージェントを利用している方々がたくさんいらっしゃいます。転職に関するお悩みを解決するのが、IT転職エージェント担当アドバイザーの仕事です。
 
内定を辞退するにはどうしたらいいですか?
書類選考や2次選考である面接で辞退する時は、担当アドバイザーにメール送信すれば大丈夫です。最終選考の場合は、担当アドバイザーに電話をし、企業側に伝えてもらいましょう。また、伝えるときには、「大変悩んだ結果、他の会社に転職することを決意しました。」と話すといいですね。そうすれば、「あ、そこまで気にしてくれたんだな」と感心するでしょう。

30代のIT転職でよくある疑問と回答

 

30代フリーターなのですが、おすすめの転職エージェントはありますか?

30代のIT業界への転職の場合、マイナビIT AGENT`、リクルートエージェントIT、レバテックキャリアがおすすめです。

転職エージェントは、それぞれ特徴があるため、複数サイトを利用することをおすすめします。

マイナビIT AGENTは転職サポートが手厚く、リクルートエージェントITは国内の転職支援実績No.1を誇ります。レバテックキャリアはITに特化した転職エージェントで、エンジニア経験者に強いサービスです。

 
30代前半と30代後半で求められる能力は変わりますか?

doda調査では、30代前半と後半で転職後の職種に違いが出ています。30代前半では「営業系」が中心であるのに対し、30代後半では「営業系」とともに「企画・管理系」の割合が高くなるという結果が出ました。

この結果からもわかるように、30代前半には基礎的な社会人経験とスキルが、30代後半には高い技術力やマネジメント能力が求められます。

また、20代〜30代前半までは新しい環境に比較的順応しやすく、30代後半以降はこれまでの仕事の進め方や考え方に固執し、新たな環境に順応しにくい傾向があります。そのため、30代後半の転職では、技術力やマネジメント力に加え、「順応力」が求められることも多いです。

 
30代での転職を逃すとどうなりますか?

30代での転職を逃してもそれ以降の転職は可能ですが、遅い転職ほど求められる能力やスキルは高くなります。

40代以降の転職成功者も多く存在します。40代では、個人のスキルや経験が豊富なことを前提として、重視されるのはマネジメント力です。

数値的に表せるマネジメントの実例を転職前に経験しておくことで、30代以降の転職も十分に可能です。反対に、具体的な実績を元にマネジメント力をアピールできない場合は、転職のハードルはかなり高くなります。

30代のIT・エンジニア転職エージェントを徹底比較|監修者の感想

キャリアコンサルタント藤田有貴子
キャリアコンサルタント
藤田さん
この記事には30代の転職についてよくまとめられていて、必要なポイントが全て書かれていました。しかし実際転職活動を進めていくと、転職前のお仕事のことや進路で悩むなど個々人でいろいろなことが起きてくると思います。 そのような時に、IT転職エージェントやアドバイザーが味方になってくれます。VUCAの時代という不透明な時代、まず動いてみるしかありません。</spanぜひ一歩、この記事に書かれていることを進めてみてください。