AWSへの転職の実情とは?難易度や成功する方法について解説

近年、人気の高まりを見せているAWSの転職について紹介します。

AWSはクラウドサービスのインフラのシェアが世界でも一番の多さです。
そのため、エンジニアの転職市場でもAWSの人気は上昇傾向。

そこで気になるのがAWSへの転職の難易度や実情ではないでしょうか。

AWSの転職は難易度が高い?
転職を成功させるのに必要なことは?

今回の記事ではこのような疑問について解説します。
AWSへの転職の難易度は決して低くはありません。

しかし、AWSへの転職に必要なことを実践していけば決して不可能ではないでしょう。
AWSへの転職を考えている方は参考にしてみてくださいね。

AWSの企業情報

AWS企業情報

社名 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
本社所在地 東京都品川区上大崎3丁目1-1 目黒セントラルスクエア
従業員数 法人全体 : 341,400名(グループ総数)
設立 2009年8月

AWSはクラウドサービスで世界NO1のシェアを誇っています。
その数は32%までのぼります。

アマゾンはネットサービスが注目されていますが、実は利益の多くはAWSなどのクラウドサービスです。
アマゾンの中で今後も間違いなく、伸びてくるサービスの1つでしょう。

AWSへの転職は難しい?難易度をご紹介

AWS転職難易度

AWSへの転職の難易度を紹介します。
AWSへの入社を目指すには2通りのパターンがあります。

  • 中途採用の難易度
  • 新卒採用を目指す場合の難易度

通常の転職の難易度と新卒で AWSを目指す場合に分けて紹介します。

転職の難易度

AWSの通常の転職の難易度は高いです。
理由としてインフラエンジニアは全体を客観してみられる力と経験、プラスしてコミュニケーション力が求められます。

単純にAWSのスキルだけは足りないからです。
しかし、AWSの知識や経験が全て揃っている必要はない。

AWSへの転職時は入社時から3ヶ月期間で、AWS のカリキュラムを受講したりして、スキルをつけていくことになるでしょう。
実際にAWS自体からもセミナーなども開催されているので、学びやすい状況であります。

以下のような研修を受けて配属になる場合があるので最初から完璧を求められることは少ないでしょう。

しかし、AWSへの転職の難易度が高いことには変わりはありません。

しっかりと準備をする必要があります。

新卒採用を目指す場合の難易度

AWSへ新卒採用を目指す場合の難易度も高いです。
AWSはIT業界就職人気ランキングでも15位前後。

AWSの知名度はまだ高いとは言えませんが、人気ランキングの位置は難易度の高さが伺えます。
また、AWSへの転職の試験では筆記試験があります。

筆記試験は一般常識や適性を試す試験が多い。

職種別の AWS の試験では技術や適正を試すテストがオンラインであります。
AWSが求めるのはあくまで技術力の高い人です 学歴や熱意だけではなく、なぜ数ある中でAWSを求めたのか、また、希望職種でしっかり成果を上げれるのかを見ています。

AWSが求めるスキルの高さを考えると難易度は高いと言えるでしょう。

AWSへの転職難易度が高い理由をご紹介

AWSの転職難易度

AWSへの転職の難易度が高い理由を紹介します。

  • 報酬や待遇などが良いから
  • 将来性があるから
  • 学歴不問の職種があるから

AWSの転職難易度が高い理由をそれぞれ詳しく解説します。

理由①報酬や待遇などが良いから

AWSへの転職、難易度が高い理由として年収が高いことがあげられます。
AWSの年収は600万から1000万と言われています。 20代の後半ぐらいになると平均年収は700万、30代後半になると1000万円に到達します。

年収は世間一般的に見ても高い水準です。
AWSのこの待遇の良さから転職をしたいと考える人も多いです。

また、AWS最先端の技術を使うためスキルを求めて転職してくるエンジニアもいます。
転職の希望者が増えればその分ライバルも増えます。
AWS の転職の難易度が高い理由は年収の高さがあげられます。

理由②将来性があるから

AWSの転職、難易度が高い理由として将来性があることがあげられます。
AWSのようなインフラは一度地盤を築いてしまえばなかなかなくなることはありません。

また、これからテレワークの普及がさらに加速していくことが考えられます。
そうなると、今後クラウドサービスがさらに増えていくでしょう。

クラウドサービスが増えていくに従って、AWSのサービスの普及も増えていく可能性がある。
以上のような理由から、今後 AWSが増えていくのは間違いありません。

つまり、将来性も高いことが言えます。
AWS の将来性の高さから転職希望者が増えて難易度が上がることが考えられます。

理由③学歴不問の職種があるから

AWSの転職の難易度が高い理由として学歴不問の職種があるためです。
AWSが求めている人材は高いスキルを持った人です。

そのため、学歴が大きなアドバンテージになることは少ない場合がある。

そうなると多くの人に平等にチャンスがあります。
その分、ライバルが増えるということです。
先程説明した通り、ライバルが多いとその分転職への難易度も高くなります。

AWSの転職の難易度が高い理由として学歴不問の職種があるためです。

AWSへの転職で成功できる人に見られる4つの特徴

AWS転職特徴

AWSへの転職が成功できる人に見られる4つの特徴について解説します。

  • チャレンジ精神を持つ人
  • 常に変化できる頭の柔らかい人
  • 様々な提案ができる人
  • リスク回避できる人

AWSへの転職に成功できる人の特徴をそれぞれ詳しく解説します。

チャレンジ精神を持つ人

AWS への転職が成功する人の特徴として、チャレンジ精神を持つ人があげられます。
AWSは常に新しいことにチャレンジしています。

そして、企業として新しいことにチャレンジする人を応援する文化があります。
移り変わりが激しい今の時代は常にチャレンジしていかないと生き残ることは難しいでしょう。

今のAmazonやAWSがここまで発展できているのは、常に変化をしてチャレンジしているからです。
常に積極的な姿勢を見せている人は、AWS に転職できる人の特徴として挙げられます。

常に変化できる頭の柔らかい人

AWSへの転職が成功できる人の特徴として常に変化できて、頭に柔らかい人があげられます。
AWSを企業文化として、常に新しいことにチャレンジしていくことを上げられます。

その理由として、常に変化に対応していくためにはチャレンジする必要があるからです。
つまり、常に変化できて、頭の柔らかい人の方がチャレンジ精神を持ってできるためです。

AWSも常に新しいことを試みています。
AWS の企業文化に馴染める人も常に柔らかく行動をしている人です。

AWSへの転職を成功できる人は常に変化していて、頭の柔らかい人があげられます。

様々な提案ができる人

AWSの転職ができる人の特徴として様々な提案ができる人が挙げられます。
AWS の企業文化として積極的な姿勢を大事にしています。

そのため、常に自分から様々な提案ができる積極的な人が重要視されます。
新しい発想はいろんな人からの意見から生まれます。
誰か1人でも自分はいいやと思ってしまえば、その分新しいことが生まれるチャンスがなくなってしまいます。

さらにAWSは社員のチャレンジを後押しする文化があります。
そのため、常にいろんな提案をしてくれる人を大事にしてくれるでしょう。

AWS の転職を成功する人の特徴として様々な提案ができる人があげられます。

リスク回避ができる人

AWSの転職が成功する人の特徴として、リスク回避ができる人があげられます。
AWSのインフラの使用率も年々高まっています。

インフラはネットワークの根幹となる部分。
万が一、何か事故があった場合は影響も計り知れないものとなるでしょう。

そのため、インフラの仕事は慎重に取り組まなければいけません。
リスク回避をしっかりできる人でなければ、甚大な事故を起こす可能性があります。

そのような理由から、 AWS で求める人はしっかりとリスク回避ができて慎重に物事を進める人です。

AWSの転職を成功させるコツ

AWS転職のコツ

AWSの転職を成功させるコツを紹介します。

  • AWSの企業文化や体質を知る
  • AWSで求められるスキルを身に付けておく
  • エンジニアや営業など募集職種について学ぶ
  • 転職エージェントを利用する

AWSへの転職を成功させる方法をそれぞれ詳しく解説します。

AWSの企業文化や体質を知る

AWS の転職を成功させるためには、企業文化や体質を知ることが重要です。
AWSへの転職を成功させるためにはAWSが欲しいと思ってもらえる人材になることです。

そのためには、AWSの企業文化や体質に自分を合わせていくことが必要。
AWSの企業文化として誰もがリーダーであり、なおかつチャレンジをしていく文化があります。

つまり、自分が積極的に物事を動かしていく姿勢が大切です。

AWSへの転職を考えているなら、積極的な姿勢を見せていきましょう。

AWSで求められるスキルを身に付けておく

AWS への転職を成功させるためには、求められるスキルを身につけておくことです。
AWSの転職で求められる主なスキルは以下

  • エンタープライズ営業
  • スペシャリスト
  • 制御エンジニア

エンタープライズ営業としてはAWSの通信事業のマネージャーとして、顧客様とのつながりを強くして、課題解決を実行することが求められます。

エンタープライズ営業に活かせる高いITの知識があるといいでしょう。 スペシャリストはデータベースなどの高いスキルが求められます。

AWSのスペシャリストとして顧客様のプラットフォームの設計などを任されます。

その際に膨大な量のデーターを扱うためのRDBやSQL、JavaScriptなどの高度なスキルがあるとAWSが求める人材により近づくことができるでしょう

制御エンジニアはAWSのデータの自動化などのシステムを扱います。
システムの根本的な原因を調べたり、スケジューリングなども担当します。

そのために技術文書、電気回路などの知識やスキルが求められることがあります。
以上がAWSの転職で持っておくといいスキルの概要です。

エンジニアや営業など募集職種について学ぶ

AWSの転職に成功させるためにはエンジニアや営業などの募集している職種について学ぶことが大事です。

営業であれば、顧客様の課題解決のため、ITの高度な知識、中でもAWSがサーバーをベースとしているため、サーバーに関する知識などが特段必要となるでしょう。

エンジニアであれば、AWSの知識はもちろんのこと、サーバーの構築から運用から保守など、サーバー関連の知識が求められます。

AWSはどんな募集職種があるのか、また、募集されている職種にはどんなスキルが求められているのかについて学ぶといいでしょう。

IT転職エージェントを利用する

AWSの転職を成功させるためにはIT転職エージェントを利用することです。
AWSの転職を成功させるためにはスキルだけあっても意味がありません。

スキルを企業に向けてしっかりとアピールすることです。 そのため、書類選考や面接などを作り込むことや練習が必要です。 転職活動を自分1人でやると労力がかなりかかります。

また、転職難易度が高いAWSならなおさらかかるでしょう。
IT転職エージェントを利用して、転職活動を進めたほうが成功の確率は上がります。

転職エージェントでは書類の添削や面接の練習までを行ってくれます。
転職を成功させるためには書類と面接が非常に重要。

AWSの転職を目指すなら、転職エージェントを利用するべきでしょう。

AWSへの転職を有利に進める際に利用したい転職エージェント

AWS転職エージェント

AWSに転職をしたいならIT転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職活動を自力でやるのは非効率な部分も多いためです。

  • マイナビITAGENT
  • リクルートエージェントIT
  • レバテックキャリア

それぞれの転職エージェントの特徴などを解説します。

マイナビITAGENT|20代のIT転職に強い

mynavi-agent

マイナビITAGENTの特徴
  • ITに強いアドバイザー
  • 20代の転職に強い
  • 非公開求人あり

マイナビITAGENTは運営会社はマイナビです。
マイナビでもITに特化したエージェントがマイナビITAGENTです。

特徴として、20代の転職に強いです。
マイナビの転職サポートのノウハウも豊富で特に若い人の向けた支援が強い。

また、非公開の求人も多いのが特徴。
マイナビITAGENTはITの転職を考えるなら、登録することをおすすめします。 

転職の実績 5.0
求人数の多さ 5.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 4.0
総合評価 4.5

レバテックキャリア|エンジニア経験者の転職に強い

levtech-career

レバテックキャリアの特徴
  • ITに特化している
  • 個別のサポート
  • 希望に合った提案をする

レバテックキャリアはITに特化したエージェントです。
運営会社もITに強いレバレジーズのため、まさにITだけに絞った転職エージェント。

ITの経験が豊富なエージェントのため、求人も幅広い。

幅広い求人があるため、ITの経験者の転職にも強いのが特徴。

IT経験者の要望にもしっかりと応えてくれます。 顧客満足度も高いです。
ITの経験が豊富なエージェントのため、レバテックキャリアも合わせて登録することをおすすめします。

転職の実績 4.5
求人数の多さ 4.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 5.0
総合評価 4.0

AWSへの転職を望むなら万全な準備をしよう

AWS転職準備

AWSはITの中でも難易度が高い求人。

転職を成功させるためには万全な準備が必要です。 まずはAWSが求めている人材を知ること、そこから自分のスキルが活かせる部分をすり合わせていくことです。

AWSは転職難易度が高いですが、その分待遇や安定性、年収なども高いので目指す価値は十分あるでしょう。

これから、エンジニアなどでさらなるスキルアップをしたい方はAWSを目指すべきです。
AWSへの転職は万全な準備をすれば、十分可能性はあるでしょう。