Webデザイナーになれなかった人の理由7選!諦めない方法も紹介

フレキシブルに働けて人気のあるWEBデザイナー。
近年さらにWEBデザイナーを目指す人が増えています。
しかし、WEBデザイナーを目指してもなれなかった人がいることも事実です。

WEBデザイナーになれなかった人の理由は?
WEBデザイナーになるための心構えはある?

WEBデザイナーになれなかった人には理由があります。

Webデザイナーになれなかった人の理由を事前に知っておくことで自分が挫折する確率を減らすことができます。
今回の記事ではWEBデザイナーになれなかった人の理由と目指す前の心構えについて解説。

現在、WEBデザイナーを目指していて、自分がやっていけるのか不安に思っているかたは参考にしてください。

  • WEBデザイナーになれなかった人の理由
  • WEBデザイナーになるための心構え
  • WEBデザイナーなるためのポイント

WEBデザイナーになれなかった理由7選を紹介

webデザイナーなれなかった理由

WEBデザイナーになれなかった人の理由7選を紹介します。

  • ①イメージと現実にギャップがあった
  • ②パソコン作業が苦手
  • ③年齢的な問題
  • ④フリーランスは営業力が勝負
  • ⑤人脈形成が出来なかった
  • ⑥学習時間の確保が困難
  • ⑦独学でWEBデザイン勉強した

それぞれWEBデザイナーになれなかった理由について詳しく解説します。

WEBデザイナーになれなかった理由①イメージと現実にギャップがあった

WEBデザイナーになれなかった理由の1つにイメージと現実にギャップがあったことが挙げられます。

WEBデザイナーはクリエイティブで華やかなイメージを持つ人が多い。
また、パソコン1台で優雅に作業をするイメージもあるかもしれません。

しかし、実際にWEBデザイナーは地味な作業も多く、デザインの納期があり、締め切り直前では寝ずに仕事をすることもあります。
また、クリエイティブなイメージでも実際には地味な作業も多く、デザインが思い浮かばない、デザインを出してもボツにされることもしばしば。

そのような状況にWEBデザイナーをあきらめてしまう人も多いです。
ただし、締め切りに追われるなどの状況は下積み時代が多いです。
2~3年ほど経験をすれば、大体の仕事の感覚はつかめてきますし、パソコン1台、場所も選ばずの状況も作ることもできるでしょう。

WEBデザイナーのイメージとのギャップは最初の下積み期間が特に強いです。

WEBデザイナーになれなかった理由②パソコン作業が苦手

WEBデザイナーになれなかった理由の1つにパソコン作業が苦手なことが挙げられます。
WEBデザイナーにとって、パソコンがないと仕事ができません。

実際にWEBデザイナーになろうとしてパソコン作業が苦痛になってしまった人も多い。

パソコンの作業が苦手だとWEBデザイナーにとっては致命的です。
しかし、パソコン作業が苦手なミスマッチも事前にWEBデザイナーの作業に触れることでわかることも多いでしょう。

今では無料で有料級の教材もたくさんあります。
まずはWEBデザイナーを目指す前に軽く、パソコンで作業をしてみて苦痛でないかの判断をするといいでしょう。

WEBデザイナーになれなかった理由③年齢的な問題

WEBデザイナーになれなかった理由に年齢的な問題があります。

WEB業界の年齢制限は男性は35歳、女性は30歳を超えると採用がされにくくなります。
どこの会社もそうですが、若い人材がほしいと思っています。

特にWEB業界は平均年齢も若い。
そのため、年齢が35歳を超えてからWEBデザイナーを目指すとなれる確率も低くなってしまいます。

事前に年齢に関してもどこまでがデッドラインなのかを把握しておけば、年齢であきらめることもないでしょう。
もし、副業でWEBデザイナーなどを目指すのであれば、30代後半でも全然問題はありません。
年齢を重ねてもやりかたはたくさんあります。

WEBデザイナーになれなかった理由として、年齢的な問題あります。

WEBデザイナーになれなかった理由④フリーランスは営業力が勝負

WEBデザイナーになれなかった理由の1つにフリーランスを目指したけど、営業力がなくて挫折したパターンがあります。

一時フリーランスを目指す人が多くなった時期がありました。
そのため、未経験からでもWEBデザイナーのフリーランスを目指すひとが急増しました。

しかし、フリーランスはWEBデザイナーの技術も大事ですが、営業力が非常に重要な要素。
継続的に仕事ももらえないとフリーランスとしては厳しいです。

WEBデザイナーの仕事もこなしつつ、次の仕事の営業もかけていかないと仕事がない時期が出てきます。
仕事がないとき食いつなぐために他でアルバイトを始めて結局WEBデザイナーになれずにあきらめてしまうことになります。

WEBデザイナーになるなら最初は企業で経験を積んで、フリーランスになるならしっかりとツテを作っておいたから転身をする方がいいでしょう。

WEBデザイナーになれなかった理由⑤人脈形成が出来なかった

WEBデザイナーになれなかった理由として人脈形成ができなかったことが挙げられます。

WEBデザイナーでは横のつながりが非常に重要です。
特にWEBデザイナーとして仕事を始めたころは辛いことも多く、理想と現実のギャップに戸惑うことも多いでしょう。

そんな時に連絡を取れる同じ仲間がいないと辛くなり、辞めてしまう方も多いです。
WEBデザインの人脈をつくっておけば仕事を紹介してもらえる、相談できる、情報交換ができるなどメリットが多いです。

このような横のつながりを作るタイミングはWEBデザインスクールなどに通っている時が一番作りやすいです。
もし、WEBデザイナーを目指すなら躊躇せずに人脈を作っておくことをおすすめします。

WEBデザイナーになれなかった理由⑥学習時間の確保が困難

WEBデザイナーになれなかった理由として学習時間を確保できなかったことが挙げられます。

WEBデザイナーはスキルがものをいう仕事。
未経験から目指すならまずは勉強からスタートすることになります。

毎日2~3時間を企業に就職をするなら半年~1年程度確保しなければいけません。
学習時間の確保ができずにWEBデザイナーを目指すことを挫折してしまう人が多いです。

まずは今の自分の生活のなかで時間を作れるのか、捨てる部分はあるのかを事前に把握しておく必要があります。
WEBデザインスクールを通う時に時間の制約が多いのなら、遅い時間まで対応しているオンライン型のスクールを選ぶことで自分の生活スタイルに合わせた勉強をすることもできます。

WEBデザイナーを目指す前にしっかりと学習時間を確保できるのかを知っておくことで挫折する確率も減らすことできるでしょう。

WEBデザイナーになれなかった理由⑦独学でWEBデザイン勉強した

WEBデザイナーになれなかった理由としてWEBデザインを独学で勉強をしたことが挙げられます。

WEB業界での独学の挫折率は非常に高いです。
理由として、わからない時に聞ける人がいないで前にすすめずにやめてしまうことが非常に多いです。
独学が向いている人もいますが、それはまれです。

金額面を考えると独学を選んでしまうのですが、その分挫折率も高いです。
金額はかかってしまうのですが、ちゃんとWEBデザインスクールに通った方が挫折することなく、WEBデザイナーになれるでしょう。

また、WEBデザインスクールに通うことで同じような仲間も作ることができますし、スクールから就職の支援を受けることができます。
本気でWEBデザイナーを目指すなら、WEBデザインスクールに通った方がいいでしょう。

WEBデザイナーになれなかった理由として、独学で学んで挫折をすることが多いです。

WEBデザイナーになるための心構え7つ

Webデザイナーなるための心構え7つ

WEBデザイナーになるための心構え7つを紹介します。

  • ①WEBデザイナーに華やかなイメージを持たない
  • ②パソコン作業に慣れておく
  • ③やりたいと思った時に行動する
  • ④スキルだけでなく案件をとるための勉強もする
  • ⑤WEBデザイナーの先輩を見つける
  • ⑥学習を継続することを意識する
  • ⑦WEBデザインスクールで講師から指導を受ける

それぞれ詳しく解説します。

心構え①WEBデザイナーに華やかなイメージを持たない

WEBデザイナーになるための心構えの1つが華やかなイメージは持たない事です。
WEBデザイナーで挫折することの多くが理想と現実のギャップです。

最初のイメージではクリエイティブで優雅に作業をすることが頭に浮かぶかもしれません。
しかし、WEBデザイナーの仕事の実際は地味な作業も多く、締め切りに追われると寝ずに仕事をすることもザラにあります。

そのため、WEBデザイナーになる前に華やかなイメージは持たない方がいいでしょう。
最初の2~3年は下積みと考えて、地味な作業をひたすら耐えて、その先に理想とする姿があると考えて続けていくといいですね。

心構え②パソコン作業に慣れておく

WEBデザイナーになるための心構えはパソコンの作業に慣れておくことです。

WEBデザイナーの仕事はパソコンが商売道具です。
パソコンが使えないと話になりません。

そのため、事前にパソコンの作業に慣れておいた方がいいでしょう。
パソコンに慣れておけば、実際にWEBデザイナーを目指した時も最初のパソコンの作業でつまずくことはないでしょう。

実際に行うパソコン作業はみようみまねでWEBデザインの作業をしてみるでもいいですし、タイピングソフトなどでパソコンを打つ作業でもいいでしょう。

とにかく、パソコンに触れていくことが大事です。
WEBデザイナーをなるための心構えとして、パソコン作業に慣れておくことです。

心構え③やりたいと思った時に行動する

WEBデザイナーになるための心構えとしてやりたい思った時に行動することです。
WEBデザイナーになるなら、若いうちにスキルを身に着けておくといいでしょう。
特にWEBデザイン業界は平均年齢も若いです。

年齢のアドバンテージは存在します。
年齢は若いほうが採用もされやすいです。
そのため、WEBデザイナーになろうと思ったら、まずは行動をしてみることをおすすめします。

現在のWEBデザインスクールは仕事に通いながらでも学びやすい環境が整っていますし、まずは自分で勉強をする教材も豊富にあります。
まずは行動をしてみて自分でいけると感じるなら、WEBデザイナーを目指してみるといいでしょう。

WEBデザイナーの心構えとしてやりたいと思ったらまずは行動をしてみることです。

心構え④スキルだけでなく案件をとるための勉強もする

WEBデザイナーになるための心構えとして、スキルだけでなく、案件を取るための勉強もしましょう。

WEBデザイナーをしているとゆくゆくはフリーランスになる道も見えてきます。
WEBデザイナーのフリーランスは自分で仕事を獲得しないといけません。

そのため、WEBデザインのスキルだけでなく、案件を取ってくる営業力も必要。
一定期間、会社でも下積みを積んで、スキルがついてきたら、徐々に案件を取るための営業を勉強するといいでしょう。

WEBデザイナーとしてのスキルが高ければ、案件が勝手に取れると思ったらそうではありません。
その方の人柄や営業力のほうが重要。

WEBデザイナーになるための心構えとして、スキルだけでなく、案件を取るための勉強もしておきましょう。

心構え⑤WEBデザイナーの先輩を見つける

WEBデザイナーになるための心構えとしてWEBデザイナーの先輩を見つけましょう。

WEBデザイナーの業界は人脈が重要。
人脈をつくっておけば仕事を紹介してもらえる、なにか困ったときに助けてもらうこともできます。

人脈を作っておくことでフリーランスになったときなどもお互いに助けられることも多いです。

WEBデザイナーになりたてはわからないことばかりです。
そんな時にアドバイスをもらえる先輩がいると非常に心強いです。

積極的に人脈は作っておくといいでしょう。

心構え⑥学習を継続することを意識する

WEBデザイナーになるための心構えとして継続的に学習することを意識することです。

WEBデザイナーを目指すときも継続して勉強しなければいけません。
また、WEB業界は移り変わりの激しい世界でWEBデザイナーになった後も最先端の知識を得る勉強は継続しないといけません。

そのため、常にWEBデザインの勉強をする学習時間は確保しておくことが大事。

WEBデザイナーを目指すときもなった後も継続して学習をする意識を持っておきましょう。

心構え⑦WEBデザインスクールで講師から指導を受ける

WEBデザイナーになるにはWEBデザインスクールで直接講師から指導を受けるといいでしょう。

WEBデザインを独学で学ぶと挫折する確率が高くなります。
また、独学で学ぶと最先端の技術を勉強することができません。

できるなら、WEBデザインスクールで教えるプロに学んだほうが最先端の技術も学べて、最短距離でWEBデザイナーになることができるでしょう。
WEBデザインスクールに通うと金銭的な負担などがありますが、せっかくWEBデザイナーになれるチャンスを独学を選んだことで棒に振ってしまうのはもったいないです。

WEBデザイナーになるための心構えとしてWEBデザインスクールで講師から指導を受けましょう。

【まとめ】WEBデザイナーになれなかった人の理由7選!諦めない心構えも紹介

Webデザイナーになれなかった人の理由まとめ

WEBデザイナーになれなかった人には必ず理由があります。
つまり、ちゃんとして手順を踏んで学んでいけば、WEBデザイナーになることは十分可能です。

WEBデザイナーになれなかった人はやり方や心構えが間違った方向にいっただけ。
WEBデザイナーになる前に心構えと手順をしっかりと踏めばWEBデザイナーになれます。

現在、WEBデザイナーを目指そうと思っている方はぜひ、この記事を参考に心構えと最短の手順で目指してみてください。