クラウドワークスの評判を徹底解説!【副業初心者におすすめ?】

クラウドワークスの評判を徹底解説!【副業初心者におすすめ?】

クラウドソーシングサイトの代表格とも言えるクラウドワークス。サービス開始から現在まで、膨大な数の企業とワーカーを結び付けてきました。ですが、同時に「ひどい」「最悪」などの声も聞こえます。

これを読んでいるあなたも「クラウドワークスの評判って実際どうなの?」と考えているのではないですか?

クラウドワークスを利用しようと考えているけど、うまく使えるかな?
副業初心者におすすめっていうけど本当に大丈夫?
本記事ではこういった疑問にも答えます。クラウドワークスの評判を徹底解説しながら、利用するメリットに注意点、稼ぐコツなども掲載。知っておいてほしい情報が満載ですので、ぜひ最後まで読んでみてください!

  • 案件の数と種類の多さはトップクラス、未経験でも受注しやすい
  • システム利用料とブラック案件が懸念
  • 副業探しや隙間時間の有効利用に最適
  • フリーランスとして初めの一歩にも

クラウドワークスの基本情報

クラウドワークスの基本情報

運営元 株式会社クラウドワークス
サービス開始日 2012年
利用者数 480万人(公式サイトより)
利用企業数 78万社(公式サイトより)
案件の種類 200種類以上
手数料 報酬額の5~20%(受注形式によって変化)
公式サイト(受注者用) https://crowdworks.jp/for-employee?ref=topppage_1

クラウドワークスは株式会社クラウドワークスが運営する、国内最大級のクラウドソーシングサイトです。利用する企業78万社より依頼される仕事は200種類以上、案件自体の数も業界トップクラスとなります。

仕事の形態は「タスク形式」「コンペ形式」「プロジェクト形式」の3つ。正式な雇用と違い履歴書の提出や面接はなく、ほぼすべての手続きと仕事がオンラインで完結します。

利用者数は約480万人、全国で展開する大規模なサービスです。

クラウドワークスの評判をさっそくチェック

クラウドワークスの評判をさっそくチェック

基本情報の解説を終えたので、本題であるクラウドワークスの評判について見ていきましょう。当然ながら良い評判と悪い評判が存在します。

クラウドワークスの良い評判をピックアップ

クラウドワークスの良い評判は以下のようなものです。案件に関するものが多い印象です。

経験が少なくても受注できます
利用りく君
りく君

評価:3.5メディアでの執筆経験なしですが、ライターとして継続案件を取れました。勉強としてはライティングの本を2冊読み、自分のブログで記事を書いたのみです。クラウドワークス以外使ったことがないのでわかりませんが、案件は取りやすいイメージです。

自由な時間、自由な場所で働けることが魅力
利用まゆさん
まゆさん

評価:4.0育児をしていたころも、自分のペースで仕事を受けられていたので本当に助かりました。育児がひと段落した今でも自由な時間、自由な場所で働けることに魅力を感じています。前払いシステムがあるのも安心できる点です。

今までランサーズ派だったけどまじめにクラウドワークス使い始めてみた 案件はクラウドワークスのほうが多いな〜

出典:Twitter

クラウドワークスで良い条件の案件獲得できました😂シナリオ・動画・サムネイルの制作、アップ作業などやること盛りだくさんだけど、クリエイターとしてステップアップできそう

出典:Twitter

クラウドワークスの悪い評判をピックアップ

続いてクラウドワークスの悪い評判についてですが、以下のようなものが目に付きます。大部分が単価とシステム利用料についてです。

クラウドワークスを使って案件を取る人は、今すぐやめた方が良いです。クラウドワークスの力に頼ると低単価な案件しかとれません。

出典:Twitter

クラウドワークスとか、単価が安すぎる案件ゴロゴロしてるけど、こういうの発注する人って人間的にテイカーなんだろうな

出典:Twitter

クラウドワークスさん、ありがとう! ココナラさん、ありがとう! でも心の底では、どしても「手数料高ケェええ!」って思ってしまう

出典:Twitter

クラウドワークスがひどいとネットで言われる理由

クラウドワークスがひどいとネットで言われる理由

冒頭でもお伝えしたとおりクラウドワークスの口コミでは「ひどい」「最悪」といったものが見られます。その主な理由は下のTwitterでつぶやかれているような案件があるからです。

クラウドワークスでこんな案件を見つけました。 ・1文字2円 ・1万文字執筆 一見すると高単価案件ですが、初回だけ「500円」です。

出典:Twitter

1文字2円というのはライティング案件の中でも、専門的な記事でないかぎり比較的高い部類に入ります。「未経験可」なら、なおさら応募が殺到する案件です。注目してほしいのは初回のみ500円だということ。

文字単価に換算すると、なんと0.05円です。これだけでもひどいのですが、最初の記事で契約が終了した場合はさらに悲惨な状況となります。

クラウドワークスにはこういった案件が多いとネットで騒がれていたのですが、2022年現在では運営側も案件に対して強く目を光らせるようになりました。

したがって見てはっきりとわかるような搾取案件は少なくなっているようです。

クラウドワークスのメリット3選

クラウドワークスのメリット3選

クラウドワークスの悪い評判ばかり見ていてもしょうがありません。サービスをうまく使うにはクラウドワークスのメリットを理解することです。

  • 仕事内容の幅が広い
  • 実績が少なくても受注できる
  • 福利厚生が受けられる

仕事内容の幅が広い

クラウドワークス最大のメリットは企業から依頼される膨大な数の案件です。仕事の内容は多岐にわたり、200種類以上のジャンルで構成されます。

専門的なスキルを必要とするものから、気軽に応募できるものまで、仕事を受ける条件もさまざまです。

具体的には簡易な作業であるデータ入力やアンケートの回答、ある程度のスキルが必要なイラスト・動画作成、経験者を対象としたweb・アプリのシステム開発などになります。

実績が少なくても受注できる

クラウドワークスの案件には「未経験可」「カンタン」といった特記事項が表示されています。これらの案件は仕事を受けるにあたり、実績を示す必要のある高度なスキルは要しないという意味です。

仕事の種類で言うと、データ入力やアンケートの回答などがこれに該当します。ほかにマニュアルが完備されたライティング案件も、少ない実績で合格できる可能性があります。

福利厚生が受けられる

クラウドワークスではひとつの条件を満たすことで、さまざまな福利厚生サービスを受けられます。その条件とは毎月3000円以上の報酬を獲得していること。

最初の申し込みには3か月連続の規定報酬獲得が必要になります。もちろん報酬額にもよりますがクラウドワークスで継続して案件をこなしていれば、そう難しい条件ではないでしょう。

サービスの種類も育児介護やヘルスケア関連など、フリーランスが悩みがちな問題を解決してくれるものばかり。仕事関連やスキルアップ関連のサービスも充実しています。

クラウドワークスの注意点

クラウドワークスの注意点

次はクラウドワークスを利用するうえでの注意点についてです。悪い評判を生み出している元となる部分ですので、しっかり解説しておきます。

システム利用料が必要

報酬額(契約金額) システム利用料
20万円超 5%
10万円超20万円以下 10%
10万円以下 20%
タスク形式の仕事 20%

クラウドワークスは登録無料で使えるサービスですが、報酬獲得の際に上記の表のようなシステム利用料を払う必要があります。

システム利用料を払うのはクラウドソーシングサイトでは一般的で、クラウドワークスのみに存在するシステムではありません。支払う金額は仕事の形態や報酬額により、5~20%と定められています。

報酬の20%となるとかなり引かれている感覚になりますので、納得いかない人も多いのでしょう。

悪質な案件も

クラウドワークスがひどいとネットで言われる理由の項でも解説しましたが、案件の中には悪質なものもあります。

ここで言う「悪質」も犯罪的なものでなく、一般的な単価よりずっと低い報酬額で仕事を依頼するということです。時給換算すると、数十円にしかならない案件もあります。

悪質な案件と契約するのを防ぐには、まずクライアントの実績評価を確認。そのうえで自分のスキルと相談し時給換算してみましょう。

自分の実績作りのために安い案件をこなすという考えもありますが、時間の切り売りにならないよう注意してください。

クラウドワークスをおすすめしたい人

クラウドワークスをおすすめしたい人

メリットやデメリットが存在するのは当然として、一体どのような人がクラウドワークスを利用するのにおすすめなのか解説していきましょう。

  • 副業を探している
  • 隙間時間を有効利用したい
  • フリーランスを目指している

副業を探している人

まずおすすめしたいのは「副業を探している人」です。稼働時間や稼ぎたい額は人によって違いますが、クラウドワークスの膨大な案件数なら条件に合った仕事が見つかる可能性も高いでしょう。

スキルに自信のある人なら、高単価の案件をこなすことも可能です。継続依頼ありの案件を狙って、安定した副業収入を得ることも夢ではありません。

隙間時間を有効利用したい人

クラウドワークスの案件は隙間時間を有効に使うのにもおすすめです。アンケート回答のようなスマホひとつでできる案件は、通勤中や待ち合わせの時間にもこなせます。

仕事として時間を取るのではなく、隙間時間で稼げるのもクラウドワークスの案件ならではです。金額はともかく、時間を有効に使って稼ぎたいと考える人にクラウドワークスはぴったりのサービスです。

フリーランスを目指している人

クラウドワークスをおすすめするパターンとして最後に紹介するのは「フリーランスを目指している人」です。なぜならフリーランスになる前段階として、副業からスタートさせる人が多いからです。

先ほどクラウドワークスは、副業を探している人におすすめと解説しました。必然的にフリーランスを目指す人にもおすすめということになります。フリーランスで前に進むためには、ある程度の実績が必要です。

その実績を積む足掛かりとしてクラウドワークスを利用するのは、どうでしょうか?

クラウドワークスとランサーズ、どっちを使う?

クラウドワークスとランサーズ、どっちを使う?

クラウドワークスと同じように、認知度の高いクラウドソーシングサイトのランサーズ。クラウドワークスの評判を調べるサイトでは、比較対象としてよく名前が紹介されます。

果たして、どちらを使うのがよいのでしょうか?サイトで公開されている数字を見ると利用企業の数や案件のジャンル数に違いがありますが、どちらも大型のクラウドソーシングサイトです。

ひとつの答えとして、より幅広い範囲で仕事を探したいなら両サービスとも利用するのがおすすめです。強引に比較するなら、福利厚生サービスはクラウドワークスの方がより条件が優しく利用しやすいでしょう。

報酬面で比較するなら、消費税をクライアントが負担してくれるランサーズの方が若干お得です。

クラウドワークスで稼ぎたいならココに注目

クラウドワークスで稼ぎたいならココに注目

クラウドワークスのメリットに魅力を感じても、うまく使いこなせなければ意味がありません。クラウドワークスで稼ぐための注目ポイントは次の4つ。詳しく解説していきますので、じっくり読み進めてください。

  • プロフィール設定を充実させる
  • 実績を積み上げる
  • 社会人としてのマナーに注意する
  • 継続案件を視野に入れて応募する

プロフィール設定

クラウドソーシングサイトにおけるプロフィール設定は、最重要項目のひとつとなります。なぜなら仕事を依頼する企業が、最初に目をとおす部分だからです。

持っているスキルとこれまでの実績を確認してもらう部分であり、企業側からしたら有力な判断材料となります。アイコンとなる顔写真やイメージ画像も、企業を安心させる要素のひとつです。

スキルに自信があるからといってプロフィール設定をおろそかにしている人は、案件獲得にも時間がかかるでしょう。

実績の積み上げ

クラウドワークスにはスカウトシステムも存在します。スカウトとは企業側から直接仕事の依頼がくることがで、そのきっかけがクラウドワークスでの実績となります。

受注実績やクライアントからの評価を積み上げることが、多くの企業の目に止まる秘訣です。高単価の案件を受注したいなら、実績の積み上げは不可避でしょう。

社会人としてのマナー

3つ目のポイントは社会人としてのマナーに注意すること。ここでの社会人マナーとは立ち振る舞いのことではなく、相手の立場に立ってものを考えることです。特に返信の遅れには気を付ける必要があるでしょう。

返信が遅れることはクライアントの不安を高めるだけでなく、自らの信用も失います。また、わからないことは聞く、スケジュールどおりに進まないときは早めに連絡する、といったことも大切です。

継続案件を視野に

稼ぐための注目ポイント、最後は「継続案件を視野に入れる」です。クラウドワークスで紹介している案件はかなりの数で、検索するのにもそれなりの時間を要します。毎回新しい仕事を探していては、とても非効率です。

継続案件であれば定期的に仕事を依頼してもらえるので、新しく仕事を探す労力を省けます。また継続して仕事をこなすことは、信頼感の積み上げにもつながるでしょう。

そうして認めてもらうことが単価や待遇の改善にも影響します。

クラウドワークスの登録手順

クラウドワークスの登録手順

ここまで読んできてクラウドワークスの魅力を感じられた人のために、登録方法について解説しておきます。登録手順はわずか4ステップ。どんな人でも簡単に初期登録が可能です。

  • STEP1
    公式サイトで無料登録
    公式サイト右上の「会員登録(無料)」かサイト下部にある「会員登録して仕事を始める」をクリックして、メールアドレスを登録します。
  • STEP2
    メール内のURLに飛び入力フォームへ
    送信されてきたメール内にあるURLをクリックして、入力フォームに飛びます。サービスを利用するときに使う「ユーザー名」と「パスワード」を考えておきましょう。
  • STEP3
    基本情報を入力
    先ほど考えたユーザー名やパスワードと一緒に個人情報も入力していきます。主な利用方法は「仕事を受注する」に、個人/法人は「個人」を選択。本名は支払い調書に記載されます。
  • STEP4
    登録完了
    必須項目をすべて入力し、利用規約と個人情報保護方針に同意。入力内容を確認して間違いがなかったら「会員登録を実行する」をクリック。これで登録は完了です。

クラウドワークスの評判を徹底解説まとめ

クラウドワークスの評判を徹底解説まとめ

クラウドワークスの良い評判は案件の数と種類の多さ、未経験でも受注しやすいという点です。したがって副業初心者にもおすすめというのは間違いではありません。

次にクラウドワークスの悪い評判は、手数料と関連する単価の安さとブラック案件に端を発するものでした。

ブラック案件は少なくなりましたが、手数料を取らないクラウドソーシングサイトもあるので要検討の部分にはなります。

全体のメリットに注目すれば、自由な働き方やフリーランスの第一歩として非常に有用なサービスです。おすすめに合致する方は、ぜひクラウドワークスをチェックしてみてください。