第二新卒におすすめのIT転職エージェントと転職サイトを口コミ・評判と併せてご紹介

【第二新卒専用】おすすめの転職エージェントと転職サイトを口コミ・評判と併せてご紹介

第二新卒のあなたは、転職活動の際に、下記のような悩みを抱えたことはありませんか?

第二新卒のうちに転職したい! 第二新卒におすすめのIT転職エージェント・転職サイトは?
第二新卒でもIT業界に転職できる?

転職活動では考えるべき要素が多く「考える順番がわからない」状態になりかねません。

第二新卒の転職活動を成功させる上で最もシンプルな方法は、適切な転職エージェント・転職サイトを抑えること。

この記事では、IT業界へ転職を考えている第二新卒者の悩みを解決するべく「転職エージェントの選び方」や「IT特化の転職エージェント」「第二新卒におすすめな転職エージェント」を紹介していきます。

ぜひ最後まで読んで頂き、気に入った転職エージェントに登録してみましょう。

転職エージェントに迷ったらコレ!実際に利用して分かった

\第二新卒の転職に強いIT転職エージェント3選!/

type転職エージェントIT
type転職エージェントIT
マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’s
ワークポート
ワークポート
・IT専門アドバイザー
・年収アップ率71%!
・未経験OKの求人多数
・20代専門で第二新卒に強い
・書類通過率が高い
・スタートアップが多い
ITの公開求人数約2万件
ITの公開求人数約650件
ITの公開求人数約1.9万件
  • 第二新卒はIT業界に転職しやすい
  • IT業界に必要なスキルは「ビジネスマナー」「コミュニケーション能力」「ITの知識」
  • type転職エージェントITIT転職に特化しているエージェント
  • マイナビジョブ20’s20代専門なので初めての転職でも安心
  • ワークポートなら未経験でもIT業界へ転職できる!
  • IT業界は人材不足のため未経験でも採用されやすい!
IT転職エージェント選び方 Type転職エージェントIT マイナビIT転職エージェント リクルートエージェントIT

最初に読みたい!おすすめIT転職エージェント・IT転職サイトランキング

初めてIT転職エージェントを利用する方・IT転職エージェント選びで失敗したくない方
こちらの記事がおすすめ。
IT転職関連記事

今回は総合的におすすめできる転職エージェントはもちろん、年代や業種ごとに活用していきたいIT転職エージェントについても細かく解説していきますので、転職を有利に進めたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

IT転職エージェントおすすめ23社を徹底比較!IT業界/Webエンジニア向けの転職エージェント・転職サイトを厳選

専門家の意見を交えておすすめ23社を徹底比較し、業種・業界・年齢・希望年収ごとのおすすめ転職エージェントもご紹介。

あなたに最適なIT転職エージェント・IT転職サイトがきっと見つかります。
目次

第二新卒がIT業界に転職しやすい理由

第二新卒がIT業界に転職しやすい理由

一般的に、学校を卒業してから3年以内の人材を第二新卒と言いますが、第二新卒のIT業界への転職はしやすいと言われています。 ここでは、なぜ第二新卒がIT業界へ転職しやすいのかを解説していきます。

  • ①人材不足であるから
  • ②一から教育する必要がないから
  • ③ポテンシャル採用の対象であるから

理由①人材不足であるから

IT業界の人材はIT業界の成長に伴って不足してきており、今後その人材不足は加速していくと言われています。 経済産業省が2019年に公開した「IT人材需給に関する調査」では、2030年には最大で79万人もの人材が不足すると言われています。 IT人材需給に関する調査

(出展:IT人材需給に関する調査|経済産業省)

そのため、IT業界未経験の第二新卒であっても、企業のニーズは高く、転職しやすいのです。

理由②一から教育する必要がないから

第二新卒の大きな特徴は、社会人経験があるという点にあります。

新卒の場合、社会人としてのマナーや常識を身につけておらず、一から社会人研修を行う必要があるため、企業にとっては大きな負担となります。

しかしながら、第二新卒の場合は前に勤めていた企業で新人研修をうけており、既に社会人としてのマナーや常識がある程度身についているため、研修を行う必要がありません。

そのため、企業としては研修にかかる人件費や時間などのコストを削減することができるため、第二新卒はニーズが高く転職がしやすいのです。

理由③ポテンシャル採用の対象であるから

IT企業のなかには通常の中途採用(=キャリア採用)だけではなく、ポテンシャル採用を設けている企業もあります。

ポテンシャル採用とは、人材のポテンシャル(=潜在能力)を重視した選考をすることで、業界未経験であっても今後成長が期待できる人材を採用する形式の採用方法です。

第二新卒は、まだファーストキャリアしか経験しておらず、キャリアの軌道修正がしやすい・研修を行う必要がない・今後の成長が見込めるという点からポテンシャル採用の対象として大きい需要があります。

以上のようなIT業界の人材不足や第二新卒の特徴を背景に、第二新卒はIT業界への転職がしやすい傾向にあるのです。

 

IT業界に転職するために必要とされるスキル

IT業界に転職するために必要とされるスキル

以上では、IT業界への転職がしやすい理由について解説しましたが、IT業界の企業はやみくもに人材を募集しているわけではありません。 IT業界の企業が人材に求める能力には以下のスキルが挙げられます。

  • ①人材不足であるから
  • ②一から教育する必要がないから
  • ③ポテンシャル採用の対象であるから

ビジネスマナー

第二新卒がIT業界に転職するために必要とされる能力一つ目は、ビジネスマナーです。

先ほども解説したように、企業が第二新卒を求める理由の一つにビジネスマナーなどのビジネス上の常識が身についていることが挙げられます。 ビジネスマナーが身についている第二新卒を採用することで、企業側は新人研修を行うコストを削減できるからです。

もちろん、新卒一年目で転職するような場合ではまだ完全にビジネスマナーが身に付いていないということも考えられますが、そういった場合は自信のビジネスマナーを見直して改善していくことで、転職の際のアピールポイントにすることができます。

転職の際のメッセージでのやり取りや電話でのやり取りを行う際は、ビジネスマナーが見られていることを意識して取り組むと良いでしょう。

コミュニケーション能力

第二新卒がIT業界に転職するために必要とされる能力二つ目は、コミュニケーション能力です。

IT業界は一見デスクワークが中心で、コミュニケーション能力はあまり必要ないと思われるかもしれませんが、クライアントや下請け業者との打ち合わせなど社外とのやりとりが必要な場合があります。

また、社内でプロジェクトを進める際にもコミュニケーション力は必要になります。

そのため、IT業界だからコミュニケーション能力が必要ないというのは誤りであり、一般的な職種と同じように一定のコミュニケーション能力が必要とされます。

ITの知識

第二新卒がIT業界に転職するために必要とされる能力三つ目は、ITの知識です。 これは、会社によりますが、ITの知識が必要とされる場合もあります。

IT業界は多種多様な職種からなるため必要な知識は職種によりますが、転職の際は自分が志望する業種について調べておくのがおすすめです。

事前にITの知識を調べておくと、面接の際に志望度が高いと判断され、採用されやすくなると言うメリットもあるため、なるべく事前にITの知識を把握しておきましょう。

第二新卒がITエンジニア転職を成功させるポイント

ITエンジニアは、2022年の段階で慢性的な人材不足のため多くの企業で優秀な人材確保にいそしんでいます。中でも第二新卒の需要は高く、未経験でもITエンジニアとして入社出来ることは珍しくありません。

第二新卒でITエンジニアに転職する場合は、次の4つのポイントに留意しましょう。

スキルや経験を明確にしておく

第二新卒で入社する場合は、社会経験やスキルが成熟していません。そのため、自分が学生時代に培ってきたスキルや新卒で入社した会社でどのような業務に携わって来たのかを明確にしましょう。

特に第二新卒は、新卒とは異なり基本的なビジネスマナーを身に着けた若手として見られます。社会人としての基本スキルについても自身を振り返りよく整理しましょう。

採用担当に不安を残さない

企業が第二新卒を採用する理由としては、現在のスキルや経験よりも将来的なポテンシャル採用やコンピテンシ採用をする企業がほとんどです。採用担当、離職率を下げて将来的に事業の中枢を担ってほしいと期待してます。

しかし期待に反して、退職理由が、「上司と合わないから退職しました、「朝起きるのが辛くてフレックスの御社を希望します」など社会人に適合できるのか疑問な転職理由では、採用に消極的になります。少しでも採用担当に不安を残さないようにしましょう。

ポテンシャルだけで勝負しない

企業が第二新卒を採用する理由としては、将来の事業を担ってくれるポテンシャルが高い人を採用したいという願望から面接をしてくれるケースがあります。

しかし、ポテンシャルだけで勝負をしない方が良いです。

理由としては、ポテンシャル以外にも社会人としての礼儀やマナーを大切することも重要です。経験を重視しがちですが、一般的な教養も見られていることに注意しましょう。

未経験でも勉強はしておく

未経験で入社する場合は、業界や業種の知識が不足しており右も左も分からない状況なのが普通です。

しかし、面接や実際に入社する際に業界のことを少しも理解せずに挑むのは、無謀です。入社してから本格的に実務を覚えることになります。

しかし、業界や職種に関する知識を認めポテンシャルをイメージしてもらうためにも積極的に勉強をするべきです。早く仕事を覚えてキャリアアップを目指すためにも役に立つことでしょう。

第二新卒はどんな転職エージェントを選べばいいの?

第二新卒はどんな転職エージェントを選べばいいの?

第二新卒なんだけど、転職エージェントってどう選べばいいの?
転職エージェントには”総合型”と”未経験者向けエージェント”があるわ。くわしくは、以下で話すわ。

総合型エージェントと未経験向けのエージェントがある

転職エージェントには以下の2つの型があります。

  •  総合型
  •  未経験者特化型
「総合型」は、業種と職種が網羅された転職エージェントよ。でも、総合型は、職歴やスキルが必要な求人がほとんどで、未経験者には、心苦しいわね…。
でも、「未経験者特化型」は「総合型」に比べると、求人数は少ないものの、短期間(2年以下)での離職した人や異業種・異職種への転職に適しているわ。

また、自分の職歴やスキルに自信ないの方も未経験者特化型エージェントを利用することで、キャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれるの。それが一番の強みだと言えるわね。

へえ~。そうなんだね!結構、奥深いね。僕なら未経験者特化型かな。

要点は以下でまとめておきます。

総合型エージェント

未経験者特化型エージェント

前の会社に2年以上在籍 前の会社に2年以下在籍
自分の職歴やスキルに自信がある 自分の職歴やスキルに自信がない
前の会社と同じ系統の職種に行きたい 前の会社と違う職種に行きたい
前の会社と同じ系統の業種に行きたい 前の会社と違う業種に行きたい

つぎに、第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介します。

IT転職エージェントを利用して転職するときの流れ

転職エージェントを利用して転職ときの流れについて紹介します。どこの転職エージェントでもだいたいの流れはおなじです。第二新卒や未経験者からの転職の場合は、面接対策や書類添削をしてくれるエージェントを選択するのをおすすめします。

登録・面談

転職エージェントのサイトにある登録フォームから氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなどの必要事項を登録します。エージェントによっては、アンケート形式の設問や希望の条件などを登録時に聞かれることもあります。

エージェントの担当者からの連絡が来て面談の日程を決めます。

その後、初回面談としてカウンセリングを1時間ほどおこないます。カウンセリングの内容としては、転職理由や希望する分野、キャリアプランなどを聞かれます。

求人紹介・選定

初回面談を実施した後に、希望に合う求人をいくつか選定してくれます。その求人の中で応募したい求人が見つかったら、エージェントの担当者に連絡をとり企業との面接セティングを依頼します。履歴書と職務経歴書の提出はエージェントが行い、企業側の書類選考を通過すれば面接に進みます。

書類の添削・面接対策

エージェントは企業に提出する履歴書や職務経歴書の添削や面接対策をしてくれます。もし、書類の添削や面接対策が不要であればスキップすることも出来ます。

しかし、第二新卒で未経験から入社する場合は、希望の業界の理解も浅いため添削と面接対策は受けることをおすすめします。

内定獲得・入社後フォロー

書類選考や面接の選考を通過して内定を獲得した場合は、エージェントの担当者に年収や入社日の交渉を依頼できます。

そのため、求職者は企業と面倒なやり取りをしなくて済みます。また、入社後も条件のギャップが生じていないかなどもヒアリングしフォローしてくれます。

第二新卒でIT転職したい方専用!IT特化の転職エージェント5選

第二新卒でIT転職したい方専用!IT特化の転職エージェント5選

ここでは、IT業界に特化した転職エージェントをご紹介します。

以下の転職エージェントはIT業界への転職実績が豊富で、IT業界へ転職を希望する人にはもってこいの転職エージェントです。

IT業界・エンジニアの転職特化|type転職エージェントIT

type転職エージェントIT

type転職エージェントITはIT業界に特化した転職エージェントです。エンジニアやクリエイターの転職実績があり、経験豊富なアドバイザーがIT業界への転職を支援してくれます。

また、求人数は20,000件以上を誇り、一般では募集されていない非公開求人も豊富に取り扱っているため、さまざまな企業の求人の紹介を受けることができます。

どうやって転職を進めたら良いのかわからない、自身の強みやキャリアを把握できていない、自分に合った仕事を見つけたいなど、一人で転職活動をされるのが不安な方におすすめです。

公式サイト:
https://type.career-agent.jp/

下記の記事ではtype転職エージェントの評判をまとめました。ワークポートマイナビジョブ20’sと比較する際の参考にしていただけますと幸いです。

関連記事

転職活動を始めようとしていて、type転職エージェントITを利用する際に こんな悩み抱えたことはありませんか? [word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="un[…]

【口コミ投稿付き】typeエージェントの評判を徹底解説!

IT業界への転職支援実績15年以上| ワークポート

ワークポート

ワークポートは転職決定人数No.1の実績を誇る転職エージェントです。数々の転職者を支援してきた経験から業界や職種に精通しており、ワークポートが開発したマッチングシステムと経験豊富なコンシェルジュの経験を合わせることで、未経験の第二新卒の方でも転職しやすいエージェントです。

転職相談サービスは無料でおこなっているため、IT未経験でIT業界への転職を希望している方は一度無料相談を受けてみることをおすすめします。

公式サイト:
https://www.workport.co.jp/

下記記事では、ワークポートはやばい?という噂を調査した結果を記載しています。第二新卒の方で、ワークポートを利用しようと考えている方は併せてご確認ください。

関連記事

ワークポートはIT未経験の方でも、IT業界への転職を狙える転職エージェントです。 IT業界に特化した転職エージェントで「IT業界・ゲーム業界」 あなたはワークポートを利用しようと思ったときに、以下のように感じたことはありませんか? [wor[…]

ワークポートの評判はやばい?悪い口コミ・おすすめな人など!その他のおすすめ転職エージェントも!

IT・Webエンジニアの転職なら| マイナビIT AGENT

IT・Webエンジニアの転職なら| マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTは株式会社マイナビが運営するIT・Webエンジニア向けの転職サービスです。IT・Web業界の転職に精通した転職アドバイザーが転職志望者にあった転職のプランを提案してくれます。

IT業界未経験の方や、第二新卒の方を受け入れしている企業の案件を多数抱えているため、第二新卒でIT業界志望の方にはピッタリの転職エージェントです。

総合型の転職サービスであるマイナビエージェントと共有している求人情報もあるため、IT職種の求人だけでなく、他業種の転職支援も受けることができます。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/it/

下記の記事では、マイナビITAGENTのリアルな評判を紹介しています。マイナビITAGENTを利用しようと思っているけど、口コミが気になるという方は併せてご覧ください。

関連記事

マイナビITAGENTは、IT業界未経験者でも利用できる転職エージェントです。 また運営元がマイナビエージェントということもあり求人の種類は、 「インターネット・広告・ゲーム業界から、大手メーカー・金融業界・監査法人」までと豊富にあ[…]

【口コミ投稿付き】マイナビIT AGENTの評判と特徴を徹底解説

IT業界への支援実績6,000件以上|Geekly

GEEKLY

GEEKLYは、転職支援実績6,000件以上を誇るIT企業の転職専門の転職エージェントです。

転職が初めてという方でも、Geeklyが転職の基礎からレクチャーしてくれるなど転職未経験者のサポート体制を整えています。

また、IT企業口コミサイト「Geekly Review」といった社員口コミサイトもサービスとして提供しており、IT企業の企業情報も豊富で自分に合った企業を見つけることができます。

IT企業への転職を考えているという方は、ぜひ一度無料相談を受けてみましょう。

公式サイト:
https://www.geekly.co.jp/

以下の記事では、ギークリーがやばい・最悪とネットで言われていることについて調査した結果をまとめています。ギークリーの評判が気になる!という第二新卒の方は、併せてご確認ください。

関連記事

質の高い求人が揃い、高いユーザー満足度を誇るギークリー。ところがインターネットでの評判を見ると「やばい」「最悪」といったワードが並びます。 [word_balloon id="1" size="M" position="L" name_p[…]

ITエンジニア・デザイナーの転職なら|レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職エージェントです。エンジニアの転職エージェントに特化して15年の実績があるため、エンジニアの技術と市場を知り尽くしたアドバイザーからの支援を受けることができます。

システムエンジニアやアプリエンジニアなど多種多様なエンジニアの求人を取り扱っているため、エンジニアの転職を希望する方におすすめです。

公式サイト:
https://career.levtech.jp/

以下の記事ではレバテックキャリアの評判や特徴を記載しています。未経験者・第二新卒でもレバテックキャリアは利用できるのか?についても併せて解説しています。

関連記事

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

第二新卒におすすめの総合転職エージェント3選

第二新卒におすすめの転職エージェント3選

上記で、転職エージェントには2つの型があると理解できたところで、この章では、「第二新卒におすすめな転職エージェント」を3つ紹介していきます。

  • 転職支援実績No.1|リクルートエージェント
  • 転職者満足度No.1|dodaエージェント
  • 転職未経験でもOK|マイナビエージェント

上記の3社を1つ1つくわしく見ていきましょう。

転職支援実績No.1|リクルートエージェント

転職支援実績No.1|リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援に手厚い転職エージェントです。

電話を通じて、あなたの話を聞きながら、あなたの強みや才能を見出し、強みにあった求人を紹介してくれます。

また、履歴書や職務経歴書の書き方対応、面接対策、面接日の調整、給与面・入社条件の交渉など、転職活動全般のことをサポートしてくれます。

サポートも夜遅くまで対応してくれるので、仕事帰りのひとにはもってこいの転職エージェントです。

少しでも気になった方は、以下のボタンから登録しましょう。

無料登録はコチラ!

転職者満足度No.1|dodaエージェント

転職者満足度No.1|dodaエージェント

dodaエージェントは、20代の第二新卒者の転職支援が手厚い転職エージェントです。

登録者の半分以上が24歳~29歳を占めています。未経験者向けの求人数が多く、異業種や異職種への転職や初めて転職する人にぴったりなエージェントです。

dodaエージェントは、スマートフォン用のアプリケーションがあるので、求人を探したり、気軽にチャット相談ができます。

なので、休日でもちょっとしたスキマ時間でも気軽に相談ができます。

少しでも気になった方は、以下のボタンから登録しましょう。

無料登録はコチラ!

転職未経験でもOK|マイナビエージェント

転職未経験でもOK|マイナビエージェント

マイナビエージェントは、第二新卒に向けた求人数が多い転職エージェントです。

2020年12月時点で、公開してある求人数が2,254件、非公開が1,696件と非公開求人が多いのも特徴的です。

転職支援に制限はなく、何回でもサポートを受けることができます。

また、履歴書・職務経歴書の書き方対応、面接対策、面接日の調整、給与面・入社条件の交渉など転職に関する支援は、たとえ相談だけでも全て無料で対応してくれます。

少しでも気になった方は、以下のボタンから登録しましょう。

無料登録はコチラ!

では以下の3社をくわしく見ていきましょう。

未経験でも大丈夫!第二新卒特化の転職エージェント3選

キャリアに自信がなくても大丈夫!第二新卒特化の転職エージェント

未経験の求人が多くあったり、第二新卒の採用を積極的に行っている会社等もあるため、前職のキャリアに自信がなくても大丈夫!

以下では、そんな第二新卒を支援するためにある転職エージェントを紹介します。

  • 既卒・フリーターに|第二新卒エージェントneo
  • サポート時間は他社の10倍|UZUZ
  • 最短2週間で就職先が見つかる|ハタラクティブ

では以下の3社をくわしく見ていきましょう。

既卒・フリーターに|第二新卒エージェントneo

既卒・フリーターに|第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは、20代の若者に特化した転職エージェントで、第二新卒や中卒、高卒、既卒、フリーター(就職未経験OK)を対象に転職支援を行っています。

今まで1万人を相手に支援をしていて、一人ひとりの平均サポート8時間と他の転職エージェントに比べて転職者に対する配慮がしっかり行き届いているのがわかるでしょう。

また、転職先を決めるために、就活イベントや研修があるということも第二新卒エージェントneoのメリットです。

少しでも気になった方は、以下のボタンから登録しましょう。

無料登録はコチラ!

サポート時間は他社の10倍|UZUZ

サポート時間は他社の10倍|UZUZ

UZUZは、一人ひとりに合った転職サポートを行っている転職エージェントです。個人個人に丁寧に転職サポートをしています。

実は、UZUZに在籍しているキャリアアドバイザーは、元第二新卒やフリーター、ニートの経験を持っており、過去の失敗談を糧に転職希望者に対して、熱く相談に乗ってくれます。

サポート料金は無料で、相談だけでも大丈夫な転職エージェントです。

少しでも気になった方は、以下のボタンから登録しましょう。

無料登録はコチラ!

最短2週間で就職先が見つかる|ハタラクティブ

最短2週間で就職先が見つかる|ハタラクティブ

ハタラクティブは、20代のフリーターや既卒、第二新卒を対象にした転職エージェントで、未経験からの正社員内定率が、80.4%あります。

転職支援としては、相談であなたの希望業種をお聞きし、その業種に就職できるよう、あなたに合った面接対策を考えてくれます。

また、履歴書や職務経歴書の書き方も丁寧に教えてくれるのもメリットです。転職活動を最初から教えてくれるので、自信がない人でも大丈夫です。

少しでも気になった方は、以下のボタンから登録しましょう。

無料登録はコチラ!

転職サイトも活用しよう

転職エージェントが合わない人は転職サイトを利用しよう

転職エージェントは、転職活動をサポートしてくれるので、応募書類の書き方や面接対策に自信がない方にとっては、活用してほしいサービスです。

ですが、キャリアアドバイザーとうまくいかない時や、サポートなしに自分で転職活動をしたい時は、ぜひ転職サイトを選びましょう。

転職サイトなら、転職活動を好きな時間に、自分ひとりで始めることができますし、転職エージェントにない求人も存在します。

ぜひ転職サイトも検討してみてはいかがでしょうか。

以下で転職サイトを2社紹介しますね。

  • 第二新卒特集がある|リクナビNEXT
  • ビズリーチ

第二新卒特集がある|リクナビNEXT

第二新卒特集がある|リクナビNEXT

リクナビNEXTには、第二新卒に向けての特集が多数あります。

たとえば、未経験者歓迎の求人が約8,000件あり、都道府県(エリア)ごとに第二新卒の求人を選ぶことができたりなど、絞り込み機能がたくさんあります。

また、営業系や事務系のお仕事をはじめ、企画・マーケティング、web系、ITエンジニア、金融系、教育系など合計で約14もの業種から希望したいものを選択できるのがメリットです。

少しでも気になった方は、以下のボタンから登録しましょう。

無料登録はコチラ!

ハイクラス転職に|ビズリーチ

ハイクラス転職に|ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス転職に適している転職サイトです。

ビズリーチを使うことで、希少価値の高い求人に逢うことができ、なかには、高収入の案件もあります。また、次から次へとスカウト案件がくるので、自分の市場価値を測ることができます。

また、ビズリーチは高収入の方だけ登録できると思われがちですが、実は年収が300万円でも年収を高めたい方にはおすすめです。

少しでも気になった方は、以下のボタンから登録しましょう。

無料登録はコチラ!

第二新卒が転職エージェントを使うメリットとデメリット

第二新卒が転職エージェントを使うメリットとデメリット

上記で、第二新卒におすすめな転職エージェントを紹介してきました。以下では、第二新卒が転職エージェントを使うにあたってのメリットやデメリットを紹介していきます。

どうぞ最後までお付き合い頂けると、幸いです。

  • メリット①専用コンサルタントが徹底サポートしてくれる
  • メリット②質の良い求人を最短で見つけることが出来る
  • メリット③入社の条件を代わりに交渉してくれる
  • メリット④自己分析が客観的に出来る
  • デメリット①返事が遅いと細目に見てもらえないことも
  • デメリット②アドバイザーによって当たりはずれがある

上記でメリットを4つ、デメリットを2つ紹介しました。以下で1つ1つくわしく見ていきましょう。

メリット①専用コンサルタントが徹底サポートしてくれる

メリット1つ目は、専用コンサルタントが徹底的にサポートをしてくれることです。

転職エージェントは、転職に関する悩みや相談に乗ってくれるだけではなく、履歴書・職務経歴書の書き方対応、面接対策、日程調整、給与面・入社条件の交渉など転職に関する支援を積極的に行っています。

また、転職支援は無料で受けることができるので、転職のことで困ったことがあった時には、利用するといいでしょう。

メリット②質の良い求人を最短で見つけることが出来る

メリット2つ目は、質の良い求人を最短で見つけることが出来ることです。

キャリアアドバイザーは、あなたと電話や対面でのやりとりを通じて、あなたの強みや才能を引き出し、あなたにあった求人を提示してくれます。

また、会社の内部の情報(社風や企業採用情報)を知っているため、あなたにその会社の雰囲気等を伝えることができ、まだ働いていなくても、応募先の環境を感じ取ることができるでしょう。

メリット③入社の条件を代わりに交渉してくれる

メリット3つ目は、入社の条件をあなたの代わりに交渉してくれることです。

転職希望者が個人で採用担当者に入社条件を交渉する時、場合によっては、悪い印象を与えてしまう可能性があります。

ですが、キャリアアドバイザーなら、会社との交渉に慣れているため、あなたの望む会社に対し、適切な交渉をしてくれるでしょう。

メリット④自己分析が客観的に出来る

メリット4つ目は、自己分析が客観的にできることです。

キャリアアドバイザーは、電話や対面でのやりとりを通して、あなたを分析します。

たとえば、あなたの話し方や、態度、取り組む姿勢、相談内容を踏まえて、あなたの長所や短所を伝えてくれます。

自分が今まで知らなかった強みもやりとりを通して、見つかるでしょう。その長所や強みを活かせば、より自信を持って歩むことができるでしょう。

つぎは、デメリットを紹介をします。

デメリット①返事が遅いと細目に見てもらえないことも

デメリット1つ目は、返事が遅いと細目に診てもらえないこともあるということです。

基本的、キャリアアドバイザーとのやりとりは即返答するのが良いでしょう。

なぜなら、すぐに返答せず、何日や何週間がたつと、キャリアアドバイザーから「この方は、やる気がない」「転職する気がない」と判断されてしまい、求人を紹介されなくなるからです。

なので、もし仕事で忙しくて対応ができない時は、一言でもいいので、速やかにメールで知らせましょう。

デメリット②アドバイザーによって当たりはずれがある

デメリット2つ目は、キャリアアドバイザーによって当たりはずれがあることです。

態度が悪かったり、話をうまくきいてくれなかったり、業界のことに詳しくなく、変な回答をしたりと色んなタイプのキャリアアドバイザーがいます。

もし、このキャリアアドバイザーと相性が合わないと感じるのなら、以下のことをしてみましょう。

  • 担当キャリアアドバイザーを変えてもらう
  • もう一度、自分の希望職種やスキルをアピールしよう
  • 転職エージェント自体を変えよう

上記の2つを実践してもダメなら、最終手段として、転職エージェントを変えてみるのも良いでしょう。

第二新卒者のタイプ別転職エージェント

第二新卒をする際、ご自身の置かれた状況に合った転職エージェントを選択するのが近道。

ここからは、次のようなタイプに分けておすすめの転職エージェントをご紹介します。

  • 大手志望の第二新卒におすすめの転職エージェント
  • 女性の第二新卒におすすめの転職エージェント
  • IT系志望の第二新卒におすすめの転職エージェント
  • 事務志望の第二新卒におすすめの転職エージェント

大手志望の第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒で大手企業への内定を勝ち取るには、とにかく幅広い優良企業とのコネクションを持った転職エージェントを選ぶ必要があります。

その上で自分の価値を証明し、他の希望者との競争を勝ち抜いて内定を手にするのです。

したがって、転職エージェントを選ぶ際は「転職実績・掲載求人数」「対応業界・業種の幅」「エージェントの質」を軸に検討するのがおすすめです。

大手志望の第二新卒におすすめの転職エージェント 

  • 【求人数No.1】リクルートエージェント
  • 【満足度No.1】doda
  • 【エージェントが高品質】ビズリーチ

女性の第二新卒におすすめの転職エージェント

女性の第二新卒転職においても、最重視するべきは「求人の豊富さ」です。

女性向け求人の掲載数から転職エージェントを選べばまず間違いありません。

また、女性のアドバイザーが担当する運用を取っている転職エージェントもあるため、男性とのやり取りに不安がある方は評価軸に入れてもいいかもしれません。

女性の第二新卒におすすめの転職エージェント

  • 【女性の求人数業界No.1】リクルートエージェント
  • 【女性アドバイザーが付く】マイナビエージェント
  • 【女性の正社員が得意】type女性の転職エージェント

IT系志望の第二新卒におすすめの転職エージェント

IT業界は業務体系・報酬体系・経験の重要性など面で一般的な転職市場からやや距離のある領域。

そのため、IT業界における転職ノウハウ、コネクションなどはIT業界特化型の転職サイトに集約される傾向があります。

創業当初からIT業界に特化しているレバテックキャリアや、IT特化のためブランドを切り分けたマイナビIT Agentがおすすめです。

IT系志望の第二新卒におすすめの転職エージェント

  • 【IT特化型のパイオニア】レバテックキャリア
  • 【大手と特化型の長所が共存】マイナビIT Agent
  • 【IT業界で15年以上】ワークポート

事務志望の第二新卒におすすめの転職エージェント

事務職に特化した転職エージェントは現時点で目立つものありません。

業務の中で営業力や専門性が養われづらい事務職の第二新卒においては、総合職が豊富でサポートが充実している転職エージェントが無難です。

事務志望の転職エージェント・転職サイトのまとめ

  • 【サポートが充実】type転職エージェント
  • 【PC作業系の求人が充実】ワークポート
  • 【上位総合職の求人が多数】パソナキャリア

第二新卒転職へのコロナの影響は?

新型コロナウィルスの蔓延は、第二新卒の転職市場にも大きな影響を与えています。

次に代表されるような変化が今この瞬間も起こっています。

  • 中途採用のオンライン化
  • リモート/在宅勤務前提の求人増加
  • 副業経験が中途採用での評価軸へ追加

特に、企業側の中途採用のプロセスがオンライン化したことで、従来より第二新卒のハードルが下がっていると考えられます。

また、リモート作業の増加により第二新卒で転職した後の交流機会が減少している点も大きな変化の一つです。

企業側は第二新卒で迎え入れた従業員の定着や、OJTの効率化などの課題に追われることになると予想できます。

副業に対しポジティブなスタンスの会社が増えていることで、自分のビジネスセンスをアピールしたり、第二新卒で転職した後に副業をスタートさせるハードルが下がったりといった可能性が広がっています。

こうした変化をチャンスと捉えて柔軟に対応できる人材こそ、Afterコロナの第二新卒転職を成功に導ける人材です。

Afterコロナ・Withコロナにおける転職市場の変化については、こちらの記事で詳しく解説しています。

第二新卒のIT転職に関連したよくある質問

第二新卒がIT転職をした際のよくある質問を4つ紹介します。

特に1つ目と4つ目は、他の業種でも聞かれることですので参考にしてください。

 

1.第二新卒の転職の面接でよく聞かれる質問とは?

・自己紹介
・今までの仕事で学んだこと
・転職して成し遂げたいこと
・なぜ転職を考えたのですか

上記質問で基本的な回答は必ず準備しておきましょう

 

2.第二新卒は何歳までを指すのか?

第二新卒は、年齢で決まっているものではありません。

例えば、4年生で大学を卒業して就職した場合、3年以内に退職すると25〜26歳になります。一般的に25歳くらいまでは第二新卒として扱われます。

 

3.第二新卒が面接に受かるコツとは何か?

面接官に「またすぐ辞めるんだろう」と思われないために、「なぜ転職するのか」を明確にし、転職理由を納得のいく形で説明する必要があります。 

また、現在の職務スキルが社会人3年目以上の社会人に劣る第二新卒は、ポテンシャルを示すことが何よりも大切です。

 

4.退職理由を何と答えればよいか?

退職理由と志望動機に一貫性を持たせることが重要になります。

前職の退職理由と志望動機がバラバラになっていると「うちの会社じゃなくてもいいんじゃない?」と思われる可能性があるので統一することが重要になります。

 

第二新卒の転職エージェント・転職サイトまとめ

第二新卒の転職エージェント・転職サイトのまとめ

  • 第二新卒はIT業界に転職しやすい
  • IT業界に必要なスキルは「ビジネスマナー」「コミュニケーション能力」「ITの知識」
  • おすすめの転職エージェントは「リクルートエージェント」「dodaエージェント」「マイナビエージェント
  • IT特化の転職エージェントは「ワークポート」「マイナビIT AGENT」「Geekly」「type転職エージェントIT」「レバテックキャリア」
  • 第二新卒特化転職エージェントは「neo」「UZUZ」「ハタラクティブ」