エンジニア実務経験1年でも転職できる!成功するためのポイントとは?

実務経験が重要とされるエンジニアの転職。
実務経験1年でもエンジニアの転職は有利になるのか気になるところではないでしょうか。

派遣やアルバイトでもエンジニアの実務経験に入る?
実務経験1年の市場価値はどのくらい?

今回の記事ではこのような疑問にお答えします。
エンジニアの転職において、実務経験1年でも十分転職することは可能。

転職を成功させるためのポイントをわかりやすく解説します。
実務経験1年程度でエンジニアへの転職を考えている方は参考にしてください。

  • 経験は派遣やアルバイトも入るのか
  • エンジニア1年の市場価値
  • 実務経験1年で転職に成功させるポイント

エンジニアの実務経験の疑問について

実務経験疑問

エンジニアの実務経験の疑問について紹介します。
エンジニアの雇用形態は正社員から派遣、アルバイトと様々です。

  • エンジニアの実務経験はアルバイトや派遣も含まれるの?
  • 実務経験と資格はどちらが有利なの?
  • エンジニアの実務経験は3年以上あると有利とされる理由は?

エンジニアの実務経験はどこまで入るのか気になるところです。
派遣やアルバイトもエンジニアの実務経験に入るなら、これからの転職活動も変わってくるでしょう。

それぞれ詳しく解説します。

エンジニアの実務経験はアルバイトや派遣も含まれるの?

エンジニアの実務経験にはアルバイトや派遣も含まれます。

アルバイトや派遣社員でも、一通りの業務を行います。

中には派遣社員でも社員と全く変わらない仕事をする場合もある。
派遣社員でも正社員より優秀な仕事をする人もいます。

アルバイトや派遣社員でも経験としては正社員と仕事内容は大きな差はありません。
請け負う責任の部分で大きな違いはあります。

そのため、アルバイトや派遣社員も実務経験に入るため、面接でもアピールすることはできます。
転職活動をする際は、アルバイトや派遣社員の経験も入れておきましょう。

実務経験と資格はどちらが有利なの?

実務経験と資格はどちらが有利なのか。
有利になる条件は状況によります。

新卒なら実務経験が積めないため、資格があることで有利になるでしょう。

新卒はアピールできるポイントが限られています。

アピールできるポイントは学生生活での経験や資格だけ。
新卒採用はポテンシャルを見られているため、資格保有がよりプラスになるでしょう。

一方で経験者なら資格よりも実務経験が求められます。
経験者を採用する理由として、教育コストがかからないことが挙げられる。

企業が採用で一番気にするポイントが教育コストです。

経験者は即戦力を求められていて、資格よりもすぐ現場で活躍できるかを見られています。
そのため、資格よりも実務経験が求められます。

実務経験と資格、どちらが有利かは状況によって変わるでしょう。

エンジニアの実務経験は3年以上あると有利とされる理由は?

エンジニアの実務経験が3年以上あると有利とされてる理由を解説します。
実務経験3年以上とする理由として、企業は極力無駄な時間を省きたいと思っています。

そのため、実務経験3年以上と書けば全くの未経験は来ないという考えのもと設定することが多いです。

実際には経験1年程度でも選考までいけることはよくあること。

その他の理由は3年経験すれば、一通りの業務は覚えてるはずです。

経験年数3年なら会社に利益を与えられる人材にもなっている可能性が高い。
以上のような理由から実務経験3年以上あると有利になる理由です。

エンジニア実務経験1年の市場価値

エンジニア市場価値

エンジニアの実務経験1年の市場価値を解説します。 

エンジニアの1年の市場価値はどのくらいあるのかわかりにくいですよね

  • 実務経験1年でも市場価値は上がる
  • 更に市場価値を上げるためのするべき事
  • 年収だけで転職を考えるのはNG

エンジニア歴1年でも十分価値はあります。

しかし、現状のキャリアに満足せずにさらに市場価値を上げる必要があります。

それぞれ詳しく解説します。

実務経験1年でも市場価値は上がる

実務経験1年でも市場価値はかなり上がります。
全くの未経験よりも1年経験があるだけで状況も変化します。

未経験では50社受けて、1社感触があればいいほう。
しかし、実務経験があるだけで1日に1社はスカウトが来るような状況です。

1年とはいえ、現場を経験しているのと経験していないのではかなりの差があります。
採用する側としては最初の教育コストがかからないだけでも大きいことが理由。

実務経験1年でも十分市場価値はあります。

更に市場価値を上げるためのするべき事

さらにエンジニアとしての価値を上げるためには日々のアウトプットが重要です。

個人でサービスを作ったり、副業で自分がさらに身につけたい技術を身につけることができる。

自分で学んだ経験をTwitter などSNSを使って日々アウトプットすることです。
エンジニア転職においてTwitter やqiitaなどに投稿すると採用者側も見てくれます。

採用者側は転職者の日々のアウトプットを思ってるよりも重要視しています。
勉強する、新しい技術を学ぶ姿勢はあるのか、判断する材料になるためです。

また、面接だけではわからない人柄などの情報を得るためです。 実際にアウトプットしている姿勢を評価してくれるところは非常に多いです。

さらに市場価値を上げるには日々のアウトプットも大事にしていきましょう。

年収だけで転職を考えるのはNG

年収だけでエンジニア転職を考えるのは NG です。
理由としてエンジニアは技術があれば今後年収をいくらでもあげることは可能だからです。

そのため、最初はエンジニアとしての市場価値を高めることに注力していきましょう。

また、実際に年収だけで選んで過酷な労働状況や全くコードを書かせてもらえない状況になる例がたくさんあります。

エンジニアの初期のキャリアとしては年収よりもいい環境で、なおかつ、自分の技術を高めることができる職場を選びましょう。

エンジニア実務経験1年で転職を成功させるポイントとは

転職成功

エンジニア実務経験1年で転職を成功させるポイントを紹介します。

  • 持っているスキルや経験を明確にしておく
  • 目標とするエンジニア像に近づける環境を探す
  • 面接で質問されることを想定し対策をしっかり行う

実務経験が1年が価値はあるとは言え、まだ経験が浅いのは事実。

エンジニアの実務経験1年で転職を成功させるにはポイントをおさえることが重要です。

エンジニア1年で転職を成功させるためのポイントをそれぞれ詳しく解説します。

持っているスキルや経験を明確にしておく

エンジニア実務経験1年で転職を成功させるポイントは持っているスキルや経験を明確にしていくことです。

実務経験1年ではまだスキルや経験は積み上がったばかりです。

実務経験において、まだ語れることが少ない段階では、しっかりと自分のスキルや経験を明確に伝えられることが重要。
今の自分の技術でどのようなことができるのか、また、どのように貢献しているのかを明確にする必要がある。

そのために、自分のスキルや経験を明確にしておく必要があります。

目標とするエンジニア像に近づける環境を探す

 目標とするエンジニア像に近づける環境を探すことです。
そのために、自分がどのようなキャリアを歩みたいのかを明確にする必要があります。

将来はずっとエンジニアの技術者として働くのか、それとも技術者としても働きながらマネジメントにも携わりたいのかを明確にする必要があります。

一般的に企業が大きくなればなるほど仕事の範囲は細分化されます。

つまり、任された仕事以外はやらないことが多い。

一方でベンチャー企業など小さめの会社は仕事の垣根をなくし、いろんなことをやるチャンスがあります。

以上のことを踏まえて、自分が将来どのようなキャリアを歩みたいのかで環境を選ぶのが重要。

自分が目標とするエンジニア像に近づける環境を選びましょう。

面接で質問されることを想定し対策をしっかり行う

エンジニア実務経験1年で転職を成功させるためには、面接で質問されることを想定してしっかり対策を行うことです。

エンジニアの面接で質問されることは、ある程度決まっています。 

・なぜエンジニアを目指したのか
・どんなエンジニアになりたいか
・今後磨きたい技術
・どんなサービスを作ってみたいのか
・今までの成果

など、面接で聞かれることはある程度決まっています。
実務経験が浅い場合はまずはなぜ、エンジニアになりたいのかを聞かれることが多い。

なぜ、エンジニアになりたいのか聞かれる理由は今後もエンジニアをやめずに続けることができるのかと見られています。

今後もやめずに続けることができる動機を確認する意味もあるでしょう。
そして、今後どんなエンジニアになりたいのかも聞かれます。

将来のビジョンを明確に持っているのかを知るため。
会社の理念とマッチしているのかを確認する意味もあります。

その他には携わったことのあるプロジェクトについても聞かれることが多いです。
まずはエンジニアとしてどんなことができるのかを知るためですね。

以上のように、エンジニアの面接で聞かれることは決まっているのでしっかりと答えることができるようするといいでしょう。

実務経験1年のエンジニアにおすすめのIT転職エージェント3選

実務経験1年の転職エージェント

実務経験1年のエンジニアにおすすめのIT転職エージェントを紹介します。

  • マイナビITAGENT
  • リクルートエージェントIT
  • レバテックキャリア

転職エージェントと言っても、それぞれの強みや特徴があります。
それぞれ転職エージェントのよさを理解しながら、利用するべきです。

それぞれの転職エージェントの特徴などを詳しく解説します。

マイナビITAGENT|手厚いサポートに定評あり

mynavi-agent

マイナビITAGENTの特徴
  • 手厚いサポート    
  • 経験値が高いアドバイザー 
  • IT業界の特化している

マイナビITAGENTは手厚いサポートが特徴です。
ITに特化している転職エージェント。

また、マイナビITAGENTのアドバイザーも経験値が高いため、希望の条件に合う求人を選んで提案をしてくれます。

アドバイザーの経験値が高いため、転職活動をあまりしたことのない人でも安心して活用することができます。

転職の実績 5.0
求人数の多さ 5.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 4.0
総合評価 4.5

リクルートエージェントIT|大手・人気企業の求人も豊富

recruit-agent-it

リクルートエージェントITの特徴
  • 様々な職種に対応した求人
  • サポート体制が強い
  • 業界NO1の求人

リクルートエージェントITの最大の特徴は求人数の多さです。
求人数が多いことで様々職種に対応した提案ができます。

また、リクルートエージェントITはサポート体制が充実。
そのため、履歴書、職務経歴書から面接対策までしっかりとサポートしてくれます。

サポート体制がしっかりとしているため、安心して転職活動を進めることができます。
リクルートエージェントITは登録しておくべきエージェントです。

転職の実績 5.0
求人数の多さ 5.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 3.0
総合評価 4.5

レバテックキャリア|口コミ高評価な特化エージェント

levtech-career

レバテックキャリアの特徴
  • ITに特化している
  • 個別のサポート
  • 希望に合った提案をする

レバテックキャリアITに特化した転職エージェントです。
他の転職エージェントが持っているITの求人はいろいろな職種の求人を持っている中の1つがITです。

しかし、レバテックキャリアが持っている求人のほとんどがIT関連。
そのため、本当にITに特化した転職エージェントです。

ITに特化してアドバイザーがサポートしてくれるため、求職者に合った求人を提案してくれます。
利用者の満足度も高い。

IT業界で分からないこともしっかりと疑問を解決しながら進めることができるでしょう。 
レバテックキャリアも他の転職エージェントと合わせて登録することをおすすめします。

転職の実績 4.5
求人数の多さ 4.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 5.0
総合評価 4.0

エンジニア実務経験1年でも転職できる!まとめ

実務経験1年まとめ

エンジニア実務経験1年でも転職はできます。
しかし、それには常日頃からアピールできる材料を作ること、または自分の経験を棚卸しして、ポイントを作ることです。

エンジニア業界は人手不足です。 実務経験1年でも市場価値はあります。
実務経験が1年だからと思わずに、自分の目指すべき将来に近づけることやスキルアップできる職場をどんどん目指すべきです。

まずは、自分のやってきたこと、これから目指したいことを洗い出していくといいでしょう。
もっとチャレンジしたいけど、実務経験が浅くて迷っている方はまずは行動してみることをおすすめします。