エンジニアを辞めたい女性の理由5選!解決手段とおすすめの企業像を紹介

エンジニアを辞めたい女性の理由5選!解決手段とおすすめの企業像を紹介

エンジニアを辞めたいと考える女性には、それ相応のさまざまな理由が存在します。

自分が辞めたいと思っている理由はよくあることなのか、辞めずに解決できないのか、そんな風に悩んでしまいますよね?

女性エンジニアが辞めたくなる理由は?解決方法はある?
上記のような疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

本記事では女性エンジニアが辞めたいと考えてしまう理由を紹介しつつ、悩みを解決する手段やおすすめの企業像について解説しています。

エンジニアを辞めたいと考えている女性の方にとって、今後を良くするためのヒントにつながる内容です。ぜひ最後まで読んでみてください。

  • エンジニアを辞めたい女性に多い理由5選を解説
  • 女性のエンジニアが少ない理由はなぜ?
  • エンジニアを辞めたい女性におすすめの悩み解決手段を紹介
  • エンジニアを辞めたい女性におすすめの企業像について

IT業界は実力主義だが女性にとっては例外も

IT業界は実力主義だが女性にとっては例外も

IT業界は実力主義で男女差も存在しないと言われていますが、残念ながら一部には例外もあるようです。

能力があるのに評価されないといった事例は少ないですが、経験が積める機会になかなか巡り合えないケースは存在します。

「結婚して退職する可能性があるから」「出産で一時仕事を離れることがあるから」このような理由から、長期に働ける男性を優遇してしまうパターンです。

イメージによる決めつけでしかないのですが、女性に対して理解が進んでいない一面と言えます。

エンジニアを辞めたい女性に多い理由5選

エンジニアを辞めたい女性に多い理由5選

特別な例を除いてIT業界は男女平等、能力次第で女性も活躍できる場所です。それなのにエンジニアを辞めたいと思う女性が多いのはなせでしょうか?

ここではエンジニアを辞めたいと思ってしまう理由で、女性に多いものをピックアップして解説していきましょう。具体的な内容としては次の6つとなります。

  • 残業や休日出勤が多い
  • 出産や育児との両立
  • キャリアアップの遅れ
  • 人間関係
  • スキルアップできない
  • そもそもSEが合わない

辞めたい理由①残業や休日出勤が多い

女性に関わらずエンジニアを辞めたい理由として多く挙がるのが、残業や休日出勤が多いことです。

エンジニアの仕事は納期に左右され、急な対応が必要になる場面も多い傾向です。残業や休日出勤もありがちで、プライベートを犠牲にしてしまうこともあります。

体力的な面で限界を感じてエンジニアを辞めていく人は多いです。

辞めたい理由②出産や育児との両立

出産や育児と仕事の両立が難しく、エンジニアを辞めてしまうケースです。

本来は夫婦で協力して対応するものですが、どうしても女性側に負担がかかってしまう現状が関係しています。

育児をしながらの仕事は柔軟に働ける環境が必要ですが、それが整っていない職場では辞めるという選択肢も取らざるを得ません。

辞めたい理由③キャリアアップの遅れ

女性のライフイベントに対して柔軟に対応してくれる環境が整っていても、仕事から離れている時間は戻ってきません。

同僚の男性が経験を積んで先に出世していく状況は、けっして稀なケースではないです。

復職してから遅れを取り戻すのは、並大抵のことではないでしょう。特に出産によるキャリアアップの遅れは女性特有の悩みと言えます。

辞めたい理由④人間関係

職場の人間関係を理由にエンジニアを辞めていく人も多いです。エンジニアの職場には女性も少なく、気を許せる相手がいないことも起因します。

女性だからと意に反する特別扱いを受けたり、事務作業をやらされたりと、理解されていない接し方が原因となる場合も。

相談できる相手もいない状況で、最後は辞めるという選択肢を取る人も一定数います。

辞めたい理由⑤スキルアップできない

スキルアップできない環境は、男性・女性に関わらずエンジニアを辞めたい理由のひとつとなります。

実績が少ない場合、フリーランスという選択も取りにくいでしょう。こういった環境だと特定スキルの経験は積めますが、仕事の幅は広がりません。

単調でやり手を選ばない仕事は、モチベーションを維持するのも難しいです。スキルアップできない環境は辞めたい理由と言うよりも、早めの転職をおすすめするパターンです。

辞めたい理由⑥そもそもエンジニアが合わない

よいイメージや固定観念で仕事を始めた人が、エンジニアに合っていないことに気付いて辞めていくケースです。

ITに興味がない・向上心がない・短い時間で効率よく稼ぎたい、こういった人はエンジニアには向きません。

エンジニアを続けたとしても、いずれは必要とされなくなってしまう可能性が高いです。スキルアップできない環境と同様に、こちらも転職をおすすめするパターンとなります。

女性のエンジニアが少ない理由はなぜ?

女性のエンジニアが少ない理由はなぜ?

辞めたい理由のひとつとなる人間関係について解説するときに、エンジニアの職場には女性が少ないと述べました。なぜ女性のエンジニアは少ないのでしょうか?

考えられる理由は複数ありますが、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 女性エンジニアのイメージが湧きにくいこと
  • 家庭との両立が難しいと思われること
  • プログラミング自体に触れる機会が少ないこと

これらの問題は企業の考え方や制度の改正により、ほとんどは解決されつつある状況です。実際に女性エンジニアの数は増え続けています。

女性エンジニアが増えていけばイメージも湧きやすくなり、さらに増加を後押しすることになるでしょう。

女性エンジニアを辞めたあとは?

女性エンジニアを辞めた後は?

実際にエンジニアを辞めた女性の感想はどういったものが多いのでしょうか?ここでは女性エンジニアを辞めたあとの状況について解説していきます。

希望どおりの仕事ができるように

エンジニアを辞めて転職を決意したなら、次は失敗しないようにしっかりと自分を分析することになります。

その結果、自分の強みを活かした職種に就き、希望どおりの仕事ができるようになったということです。

エンジニアに合っていないことに気付いて、転職活動を始めた人に多い感想となります。

人間関係が良くなった

転職すると新たな職場で働くことになります。人間関係を再構築するチャンスでもあるため、良くなったと感じる人も多いです。

すべての人がそう感じるわけではないでしょうが、エンジニアとして特に女性の少ない場所で働いていた環境と比べると、転職先の人間関係にも満足できるのでしょう。

残業や休日出勤も少なくなった

エンジニアと比べると、残業や休日出勤も少なくなったという意見が見られます。

残業や休日出勤は業種や職種、企業の方針によるところが大きいです。残業が少ないことを転職先の希望として伝えておけば問題はないでしょう。

毎日の疲労感から解放されて、プライベートも充実した日々を過ごせます。

エンジニアを辞めたい女性におすすめの悩み解決手段

エンジニアを辞めたい女性におすすめの悩み解決手段

エンジニアを辞めたいと考えてしまう理由もはっきりすれば、おのずと解決方法も見えてくるでしょう。

ここではエンジニアを辞めたい女性に、おすすめの悩み解決手段をお伝えしていきます。紹介するのは次にまとめた3つの方法です。

  • 論理的に希望を伝える
  • キャリアプランの再構築
  • 働きやすい会社へ転職

手段①論理的に希望を伝える

最初に紹介する手段は、会社へ直接悩みがあると伝えることです。成功させるポイントは論理的な理由を用意しておくこと。ただ単に「残業せずに帰りたい」ではダメです。

残業せずに帰った場合のスケジュールを提示して、納期に間に合うことを納得してもらえれば希望は通るでしょう。残業を例に話しましたが、早退や休日に関しても同様です。

悩みの元となっている理由をはっきりと伝える必要があるため、話しにくい内容を含む場合は使いにくくなるという欠点があります。

手段②キャリアプランの再構築

エンジニアは諦めて他部署への異動を願い出る方法です。エンジニア以外の部署なら女性が多い可能性もあり、心身的な負担を軽減できる期待が持てます。

システム開発からは離れる可能性もあるため、キャリアプランの再構築と言えるでしょう。選択する部署によっては、残業が減少することもあります。

異動を願い出たときに上司の心象が悪くなれば、出世に影響する場合もあるのでしっかりと考えて行動することが大切です。

手段③働きやすい会社へ転職

最後の手段は、より働きやすい会社へ転職することです。仕事と家庭の両立を助けるシステムが整備されていて、復職もしやすい企業は確実に存在します。

女性の上司が多く、キャリアが想像しやすい会社もおすすめです。女性エンジニアが辞めたいと思う理由を、できるかぎり解消している企業が理想となります。

エンジニアに向いている女性の特徴とは?

エンジニアに向いている女性の特徴とは?

エンジニアに向いている女性の特徴とはなんでしょうか?エンジニアの仕事は、性別によって得意不得意が分かれるものではありません。

ITに興味を持ち、学習が苦にならない向上心のある人がエンジニアに向いています。地道な作業を好む人・論理的思考ができる人もエンジニアの適正があると言えるでしょう。

ちなみにエンジニアは理系というイメージがありますが、文系出身でも目指すことは十分可能です。

エンジニアを辞めたい女性におすすめの企業像

エンジニアを辞めたい女性におすすめの企業像

働く場所を変えることで悩みが解消され、エンジニアを辞めなくて済むパターンもあります。

ここからはエンジニアを辞めたい女性におすすめの企業像について解説していきましょう。次に示した3つの特徴を備えている企業がおすすめです。

  • 女性エンジニアが多い企業
  • 女性視点を必要としている企業
  • 男女平等がはっきりしている企業

女性エンジニアが多い企業

女性エンジニアが多い企業をおすすめする理由は、単に女性が多いからというだけでなく、女性のキャリアが示されているケースも多いからです。

出世するイメージがわかりやすいと、仕事に対するモチベーションもアップします。

実際に活躍している女性上司がいるのなら、男女の区別がない教育体制が整っていることを示唆していると言えるでしょう。

こういった企業なら女性のエンジニアも長く働くことができます。

女性視点を必要としている企業

顧客を女性に限定したサービスを開発している企業は、より多くの女性視点を必要としています。

サービスの企画から設計・開発まで一貫して携われる女性エンジニアは、人材としてかなり魅力的に映るはずです。

チームをまとめるリーダーも女性であることが望ましいため、より出世できる可能性もあります。

男女平等がはっきりしている企業

IT業界はもともと能力主義の世界ですが、より男女平等がはっきりしている外資系企業も狙い目です。

実力があれば活躍でき評価が良ければ、さらなる出世も可能となります。福利厚生も充実していて、女性に対するサポートも手厚い傾向です。

転職エージェントの利用がおすすめ

転職エージェントの利用がおすすめ

転職活動を効率よく進めるためにエージェントの利用をおすすめします。女性の場合、子育て中であれば転職活動もままなりません。

転職エージェントは無料で利用できるうえ以下のようなメリットもあるので、ぜひ登録してみてください。

相談しながら自己分析ができる

辞めたい理由を見てわかるように、女性エンジニアには特有の悩みがあります。その悩みに寄り添って最適な求人を紹介してくれるのが、転職エージェントです。

転職する際に重要となる自己分析も、転職のプロがサポートしてくれます。悩みが深ければ深いほど、相談しながら自己分析のできる転職エージェントがおすすめです。

詳細な情報で転職先を選べる

エージェントサービスの魅力は、利用者のスキルに見合った転職先の紹介です。求人票には書かれていない企業の内部事情や、市場の動向も加味して提案をしてくれます。

紹介される求人の選択肢に、非公開求人や独占求人が入る点も大きなメリットです。

自分ひとりの転職活動では入手できない詳細な情報で求人を選べることも、転職エージェントをおすすめする理由となります。

エンジニアを辞めたい女性の理由5選!まとめ

エンジニアを辞めたい女性の理由5選!まとめ

エンジニアを辞めたいと考える女性には、男性にはない特有の悩みが存在します。その悩みの根源が、辞めたい理由の中にはっきりと見えているのが実情です。

悩みを解決する方法としては、「会社に直接相談」「キャリアプランの見直し」「働きやすい環境へ転職」と3つの手段から選べます。

エンジニアを辞めたいと思う理由をしっかりと分析して、悩みに合った解決方法を選ぶことが大切です。

転職する道を選んだのなら、エージェントサービスに登録しましょう。不安を解消しつつ、あなたにマッチした転職先を提案してくれます。ぜひ利用してみてください。