エンジニア2年目で転職は可能?成功させるためのポイントを徹底解説

エンジニア2年目で転職は可能?成功させるためのポイントを徹底解説

エンジニアになったものの、想定していたキャリアプランと異なったため、2年目にも関わらず転職をしたいと考える人は少なくありません。

2年目で転職をするのは早すぎると世間一般では思われがち。仕事を辞めたとしても、受け入れ先が見つからないと心配する人も多いようです。

業務にやりがいを感じることができません。とはいえ転職をするにしても大した実績がないから、安月給だけど今は我慢して仕事を続けるしかないと思っています
毎日残業ばかりで辛いです。でもまだ仕事を始めて2年未満なので、転職活動をしても面接のときに根性がないと思われそうで、一歩踏み出すことができません

2年目で転職は難しい。それはエンジニアという職種にも言えることなのでしょうか。

後ほど詳しく説明しますが、エンジニアの場合、2年目でも転職は可能です

今回の記事では、エンジニア2年目が転職できる理由や、転職する場合に注意すべきポイントなどを紹介していきます。

転職エージェントに迷ったらコレ!実際に利用して分かった

\2022年最新 IT転職エージェントおすすめ3選!/

レバテックキャリア
レバテックキャリア
マイナビIT AGENT
マイナビit転職エージェント
ウィルオブ・テック
ウィルオブ・テックキャリア
・エンジニア転職専門
・16,000以上のIT求人
・キャリアアップを狙える
・20代のIT転職に強い
・専属2名体制のサポート
・約7割が非公開求人
ITの公開求人数約1.6万件
ITの公開求人数多数有り
ITの公開求人数約1,170件
  • エンジニア2年目で転職が可能な理由
  • 2年目のエンジニアが転職をすべき理由
  • 転職を成功させるためのポイント
  • 転職を成功させるために利用すべき転職エージェント
  • 最短で転職するなら、最速1週間での内定実績があるレバテックキャリアへの登録が必須
  • 20代の方や初めてのIT転職マイナビITAGENTを利用しよう
  • 内定を確実に取りたい方は専属2名による手厚いサポートのウィルオブ・テックがおすすめ

エンジニア2年目の転職を成功させるために、必見の内容となっています。

ぜひ最後までご覧ください。

IT転職エージェント選び方 レバテックキャリア マイナビIT転職エージェント ウィルオブテックキャリア

結論:ITエンジニア2年目で転職は出来る

ITエンジニア2年目で転職は出来る

最初に結論から言ってしまうと、ITエンジニア2年目で転職することは難しくありません

なぜならIT業界では、良くも悪くも転職することが当たり前、という風潮があるからです。

新卒で入社した人の2~3割が、1年以内に離職すると言われることもあるエンジニア業界。

ただ転職を何度もすることで、多くの現場を知ることができ、応用力が高くなることもあります

さまざまな分野の知識を身に付けたい、という前向きな視線を企業にアピールすることができれば、2年目の転職でもネガティブな印象は持たれにくいです。

ちなみに企業によっては、転職経験が少ない人のほうが評価が低くなることもあります。

以上のことからエンジニア2年目で転職を考えている人は、多くの経験を積みたいなどのポジティブなアピールさえできれば転職は十分可能です。

エンジニア2年目が転職しやすいワケ

エンジニア2年目が転職しやすいワケ

入社後すぐに転職を考えるような人は、世間的には『継続力がない』と評価されることが多いかもしれません。

ですがエンジニア業界では、前述したように2年目の転職でも、就職先が比較的見つかりやすいです

そこで、エンジニア業界2年目の転職希望者が、転職しやすい具体的な理由について、3点紹介します。

  • 2年目は「第二新卒枠」となる
  • 第二新卒は即戦力として期待される
  • 第二新卒では人柄を重視される傾向がある

それぞれ詳しく解説していきます。

2年目は「第二新卒枠」となる

エンジニア2年目で転職をする人は『第二新卒枠』として扱われることが、転職で有利になる理由の1つです。

第二新卒とは、一般的には新卒で企業に入社したあと、3年未満でふたたび求職(転職)する人のことを指します。

そんな第二新卒の枠が有利に働く理由として、企業は第二新卒者を雇用することで奨励金が貰えることがあげられます。

この奨励金は『特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)』と呼ばれ、最大で70万円の奨励金が貰えることもあるそうです。

この制度によって、第二新卒者として扱われるエンジニア2年目の転職は成功しやすいと言われています。

第二新卒は即戦力として期待される

第二新卒者はすぐに実務に携わることができるため、即戦力として採用する企業が多いです。

新卒者と第二新卒者の大きな違いは、働くことができる時期

新卒者は採用しても、卒業後の4月になるまでは働かせることができません。

対して第二新卒者は、準備が整い次第すぐに働いてもらうことが可能。

慢性的な人手不足という問題を抱えているIT業界では、フレッシュな新卒者よりも、すぐに働ける第二新卒者のほうが重宝されることも珍しくないのです。

第二新卒では人柄を重視される傾向がある

第二新卒者は経験よりも人柄を重視される傾向があります。そのためスキルに自身がない人でも転職がしやすいです。

現職で大きな実績をつくることができていなくても問題なし。たとえばコミュニケーション能力やビジネスマナーが備わっていたり、今後の目標に対する熱意が強かったりすると、魅力的な人材だと思われやすいです。

人材に余裕がある大手の企業ほど、人柄を重視する傾向は強いと言われています。

ですので武器となるような実績がない人でも、エンジニア業界では転職が決まりやすいでしょう。

エンジニア2年目で転職したほうが良い理由

エンジニア2年目で転職したほうが良い理由

エンジニア業界では、転職はむしろ早いほうがいいと言われることがあります。

下記の項目が、その理由となっているようです。

  • 未経験スタートの1社目はブラックな環境であることが多い
  • 技術力の高いエンジニアがいる企業に行くことが大切

それぞれ詳しく解説していきます。

未経験スタートの1社目はブラックな環境であることが多い

業界未経験からエンジニアになった場合、最初に就職した企業はブラックな環境というケースが多いです。

未経験からでもエンジニア業界への参入は可能。しかしそれは人手が足りていないことが理由となっているためです。

未経験でもいいから採用したい、という企業に入社した場合、人手が不足している分、あなたに割り当てられる作業量が多くなり、結果長時間労働を余儀なくされるかもしれません。

またエンジニア業界では『みなし残業制度』を取り入れている企業が多いことも、問題の1つ。

みなし残業は残業になることを前提とした金額が、給与として支払われます。しかし実際の残業時間のほうが長くなることがほとんど。

そのため実質サービス残業として働く時間が長くなりがちです。

作業量に見合わない年収で働くくらいなら、身体をこわす前に転職するのは利口な判断でしょう。

技術力の高いエンジニアがいる企業に行くことが大切

エンジニア業界で活躍できる人材になるためには、技術力の高いエンジニアが多く在籍している企業に勤める必要性があります。

人は、身を置く環境を変えることで、行動にも変化が現れます。

技術力の高い企業に勤めることで、自然と高度なスキルが身につきます。ですので自身を成長させるのに、手っ取り早い方法と言えるでしょう。

ちなみにGAFAと呼ばれる業界の大御所、Googleやアマゾンなどは、上記の方法で人材育成を成功させてきたモデルケースとも言われています。

以上のことから、早い段階で技術力の高い企業に勤めることこそが、IT業界で成功するための鍵なのです。

エンジニア2年目での転職を成功させるためのポイント

エンジニア2年目での転職を成功させるためのポイント

エンジニア2年目の転職は珍しいことではありませんが、転職先を素早く決めるためにはコツがいります

そこでエンジニア2年目で転職を成功させるためのポイントを紹介します。

  • 自己分析をして自分の強みやスキルを明確にする
  • 自分の希望や目標を明確にしアピールする
  • 自分の力だけで転職活動しようとしない

では具体的に解説していきましょう。

自己分析をして自分の強みやスキルを明確にする

エンジニア2年目で転職を成功させるためには、自己分析をしっかり行い、自分の強みやスキルを明確にすることが重要となってきます。

自己分析したデータは面接で活かせるのはもちろん、求人の選び方にも役に立ちます。

自己分析の具体的なやり方としては、転職を決意した理由を深堀りするのがおすすめです。

残業が多い、給料が安い、スキルアップが見込めない、など理由は人それぞれ。それらは自分自身が仕事に求めている根本的なことです。

根本的な欲求を理解すると、どんな企業に入れば自分が満足できるかも見えてきます。

つまり失敗しない転職には、自己分析を追求することが重要なのです。

自分の希望や目標を明確にしアピールする

面接に臨む際は、自分の希望や目標を明確にアピールすることで良い印象を与えることができます。

あいまいな動機だと、第二新卒者の転職に必要な熱意を伝えることができません

前述した自己分析と合わせて、希望や目標を明確にしておきましょう。たとえ言葉が拙くても熱意はしっかり伝わります。

熱意を伝えることさえできれば、人柄を重視する企業であれば将来性を見込んで採用する可能性が高まります。

ですのでまずは自分の希望や目標を明確にし、面接でアピールできるよう準備しておきましょう。

自分の力だけで転職活動しようとしない

転職活動をすることを決めたら、独力で進めるのではなくサポートしてくれるサービスを積極的に利用してください。

IT業界の詳しい情報は、ネットを探してもなかなか見つからないもの。

情報不足のままでは現在と同じような企業に転職する可能性が高く、失敗を繰り返すことになりかねません

そこで転職エージェントの利用をおすすめします。特にIT分野に特化した転職エージェントであれば、IT業界の最新情報を聞くことができ、自分の希望とマッチした求人を見つけやすいです。

また企業側が求めている人材のことも共有してもらえ、面接の対策などに関しても明確なアドバイスがもらえます

結果的にスムーズな転職につながるため、自分の力だけで転職活動をするよりもおすすめです。

エンジニア2年目の転職で有利になるスキルは何?

エンジニア2年目の転職で有利になるスキルは何?

エンジニア経験2年目の人が持つべきスキルの1つとして、「JavaScript」があげられます。

多くの企業がJavaScriptを利用しており、汎用性の高さが高評価のスキルです。

転職活動で求人を探すとき、選択肢を広げることに間違いなく役立ってくれるスキルでしょう。

他にはWebのシステム開発で需要がある「PHP」や、AI分野、機械学習のための「Python」なども、注目が集まっているスキルです。

特にスキルを持っていない人は、これらいずれかに注力して武器となるスキルを身に付けましょう。

エンジニア2年目の転職におすすめなIT転職エージェント

エンジニア2年目の転職におすすめなIT転職エージェント

ここまでの解説から、エンジニア2年目の転職が気になった人に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

  • レバテックキャリア|IT特化でエンジニア出身のコンサルト多数在籍
  • マイナビITAGENT|非公開求人が多くライバルが少ない
  • ウィルオブ・テック|専属2名のアドバイザー
  • リクルートエージェントIT|エンジニアの求人数はトップクラス

それぞれの特徴について説明します。

レバテックキャリア|IT特化でエンジニア出身のコンサルト多数在籍

上記の転職エージェントに比べ若干知名度が低い『レバテックキャリア』ですが、ITに特化した求人を扱っており、エンジニア出身のコンサルトも多いことから人気があります。

専門的なエンジニア技術の知識がある人が担当についてくれるため、スキルを活かせる仕事を見つけやすく、結果として年収アップにつながりやすくなるでしょう。

連携をとっている企業が多く、企業側が求める人材像についても情報が豊富。ですので求人を紹介さえしてもらえたら、あとはとんとん拍子で内定まで決まることも少なくありません。

以上のことからレバテックキャリアも、エンジニア2年目の転職に利用すべき転職エージェントです。

公式サイト:
https://career.levtech.jp/

関連記事

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

マイナビITAGENT|非公開求人が多くライバルが少ない

『マイナビITAGENT』は非公開求人の多い転職エージェントです。そのためライバルと争うことが少なく、自分の転職活動に集中できるでしょう。

非公開求人は基本的にキャリアアドバイザーからの紹介によって応募できる求人です。ですので自分以外の他人が多数応募してくるということはありません。

大手転職エージェントの1つとあって、求人の質も高いのがポイント。

ライバルを意識する必要なく自分のペースで転職活動を進めるのであれば、マイナビITAGENTは非常におすすめな転職エージェントです。

マイナビITAGENT公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/it/

関連記事

マイナビITAGENTは、IT業界未経験者でも利用できる転職エージェントです。 また運営元がマイナビエージェントということもあり求人の種類は、 「インターネット・広告・ゲーム業界から、大手メーカー・金融業界・監査法人」までと豊富にあ[…]

【口コミ投稿付き】マイナビIT AGENTの評判と特徴を徹底解説

ウィルオブ・テック|専属2名のアドバイザー

ウィルオブ・テックは非公開求人が多いIT専門の転職エージェントです。そのためエンジニアの希望に合った条件で転職活動を行うことができるでしょう。

専属で2名のアドバイザーが付き、企業の選考対策に加えて市場分析まで徹底的なサポートを受ける事が出来るのが特徴です。

キャリアアドバイザーが提案する求人は精度が高く、高い内定率と年収アップ率を維持しています。

アドバイザーによる支援のもと、年収アップを狙いたい方にはおすすめのエージェントです。

ウィルオブ・テック公式サイト:
https://willof.jp/techcareer/

関連記事

ウィルオブテックキャリアはIT業界を専門とした転職エージェントです。IT業界での転職を検討し、ウィルオブテックキャリアの利用を検討している方の中には以下の様な疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか? [word_balloon […]

ウィルオブ・テックの評判は悪い?特徴やサービスを徹底解説!

リクルートエージェントIT|エンジニアの求人数はトップクラス

求人数の数で転職エージェントを選ぶなら、『リクルートエージェントIT』は外すことは出来ません。

10万件を超える非公開求人があるため、自分にあったエンジニア職が見つかりやすいでしょう

厳選された求人ばかりなので、ブラック企業を紹介される心配が極めて少ないのも高評価。

その他キャリアアドバイザーが代行してくれる年収などの条件交渉にも定評があります。

転職を考えたときは、まずリクルートエージェントITに登録しておくのがおすすめです。

公式サイト:
https://www.r-agent.com/it_engineer/

関連記事

転職エージェントの中でも最大手と位置付けされるリクルートエージェント。その評判のほとんどは良いものとされていますが、エンジニアやIT関連の転職でも同じなのでしょうか? [word_balloon id="1" size="M" posit[…]

リクルートエージェントITの評判を全て暴露!メリット、デメリットも併せて解説

エンジニア2年目の転職でよくある質問

エンジニア2年目の転職でよくある質問

エンジニア2年目で転職を考えている人の多くが疑問に感じていることについて、解答します。

今現在、転職しようか迷っている人はぜひご確認ください

インフラエンジニア2年目の転職事情は?

実際に2年目で転職をする人は多いのですか?
現状としては、2年目で転職に踏み切る人は多くはないようです。
まず下記の文章をご覧ください。

20代は転職0回のエンジニアが多い一方、30代を超えた途端に回数が上昇しています。

30代以降のエンジニアの半数以上が転職の経験があり、多い人では3社以上の経験があるなど様々です。

全職種において転職回数が3回以上の割合は30代で8%、40代で11%となっていることからエンジニアはミドル層以降の転職が一般的となっています。

引用元:ネクジョブホームページ

 

エンジニア業界では転職をすることは珍しいことではありません。

しかし、やはり何かしらのスキルを身に付けてからでないと転職に不利、という考えを持つ人が大半。

そのため30代になってから転職をする人が多いというのが実情となっています

ただしこの状況が今後も続くかどうかは分かりません。エンジニアに必要なスキルをネットで学ぶことができるスクールなどが増えたことで、若いうちからスキルを身に付ける人が増えると予想されます。

煩わしい人間関係や過酷な職場環境の中でスキルを身に付ける必要性が薄くなることで、20代から転職を意識する人はどんどん増えていくでしょう

エンジニア2年目で転職は可能?まとめ

あらためて断言しておくと、エンジニア2年目で転職をすることは十分可能です。

2年目で転職をする求職者は第二新卒として扱われ、企業側にとっても採用するメリットがあることから需要があります。

現在の仕事にやりがいを感じない、給与が上がらない、長時間労働で身体がもたない、など悩みがあるのであれば、転職という選択肢を選ぶのもいいでしょう。

ただし、なぜ転職を決めたのかを自分の中でしっかり洗い出す作業は必要です。でなければ、転職をした企業でまた同様の悩みを抱えてしまう可能性があります。

今回紹介したような、エンジニア2年目の転職におすすめな転職エージェントを利用し、キャリアアドバイザーと相談してより条件のいい求人を見つけてください。