女性エンジニアはつらいだけ?職場の悩みやメリットなどリアルな情報を公開

女性エンジニアはつらいだけ?職場の悩みやメリットなどリアルな情報を公開

女性の活躍が当たり前となった今でも、女性エンジニアはつらいだけ?そんな疑問と不安を抱いてはいませんか?

女性エンジニアがつらいと言われる理由ってなんだろう?女性がエンジニアとして働くメリットは一切ないのかな?
この記事を読んでいる方の多くは、このように考えているのではないでしょうか? 本記事では女性エンジニアが抱く職場の悩みや、働くメリットなどに関するリアルな情報を公開しています。

女性エンジニアを目指している方に知っておいてほしい情報ばかりですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

転職エージェントに迷ったらコレ!実際に利用して分かった

\女性エンジニアにおすすめIT転職エージェント3選!/

レバテックキャリア
レバテックキャリア
マイナビIT AGENT
マイナビit転職エージェント
ウィルオブ・テック
ウィルオブ・テックキャリア
・エンジニア転職専門
・16,000以上のIT求人
・キャリアアップを狙える
・20代のIT転職に強い
・専属2名体制のサポート
・約7割が非公開求人
ITの公開求人数約1.6万件
ITの公開求人数多数有り
ITの公開求人数約1,170件
  • 女性エンジニアは本当につらいのか?を分析
  • 女性エンジニアがつらいと感じる状況をピックアップ
  • 女性エンジニアとして働くメリットを紹介
  • 最短で転職するなら、最速1週間での内定実績があるレバテックキャリアへの登録が必須
  • 20代の方や初めてのIT転職マイナビITAGENTを利用しよう
  • 内定を確実に取りたい方は専属2名による手厚いサポートのウィルオブ・テックがおすすめ

【公式サイト】
https://career.levtech.jp/

IT転職エージェント選び方 レバテックキャリア マイナビIT転職エージェント ウィルオブテックキャリア

女性エンジニアは本当につらいのか?

女性エンジニアは本当につらいのか?

女性の活躍が目覚ましい社会において、エンジニアの世界だけが取り残されている実態はあるのでしょうか?答えから言うと女性エンジニアがつらいと感じる部分は、まだまだ多く残されています

エンジニアという仕事の特性や、未だ男性エンジニアの割合が多いことが主な原因です。実際に女性エンジニアという立場から離れていく人も相当数います。

しかしながら、ほかの業種にはあまり見られない魅力的なメリットがあるのも事実です。女性エンジニアはつらいということに関して否定はできませんが、まったくメリットがないというわけでもありません。

女性エンジニアの年収相場はいくら?

女性エンジニアがつらいと感じる部分に収入的な要素はあるのでしょうか?まずは女性エンジニアの年収相場から紹介していきます。

女性エンジニアの年収に関する明確なデータは出ていませんが、ある程度推測することは可能です。ITエンジニアの平均年収である、497万円に近い金額になると考えられます。

後にくわしく解説しますが、エンジニアの給料には男女差がありません。スキルや立場によって差異はあるものの、日本人女性の平均年収である280万円よりはかなり上になるでしょう。

女性エンジニアを辞めてよかったと思う人もいる

女性エンジニアを辞めてよかったと思う人も当然います。辞めるときの理由でもっとも多いのが、残業や休日に対しての不満です。

次に続くのが「仕事へのやりがいが感じられない」で、ほかに人間関係や体力面できついといった理由も見られます。

辞めるときの理由を見る限り、女性エンジニアの感じるつらさが転職を決断する背景となっているようです。

エンジニアを辞めてよかったと思う人が一定数いる状況を鑑みても、女性エンジニア特有のつらさが本当に存在することも理解できます。

女性エンジニアの転職に強い
転職エージェント・転職サイト

女性エンジニアがつらいと感じる状況6選

女性エンジニアがつらいと感じる状況6選

ここからは女性エンジニアが実際につらいと感じる状況について解説していきます。多くの女性エンジニアが挙げている、つらいと感じる状況は以下の6つです。

  • 職場に女性が少ない
  • 手本となる女性上司がいない
  • 日々の勉強が欠かせない
  • 残業が多い
  • 雑用や事務作業をまかされる
  • 特別扱いされる

総じてIT業界特有の事情や男性側の理解度が、女性エンジニアの感じるつらさの原因となっています。それでは、それぞれの項目について解説していきましょう。

①職場に女性が少ない

女性の進出が進んでいる大企業を除くと、職場におけるエンジニアの男女比は8:2と言われています。自分の働いている環境に同性が少ないことに関して、つらいと感じる人が多いです。

気軽に会話ができる相手が少ないと、心細さを感じてしまいます。また男性が仲間同士で集まっているのを見て、うらやましく感じるケースもあるでしょう。

数少ない女性の同僚がいても、相性が合わなければ結果は一緒です。エンジニアの職場に女性が少ないことが、つらさを感じる要因のひとつとなっています。

②手本となる女性上司がいない

手本となる女性上司がいないことも、女性エンジニアがつらさを感じる要因です。具体的なキャリアプランが描けず、将来に対しての不安を誘発します。

女性上司がいない理由としては、エンジニアの職場に女性が少ないということ、女性を対象とした教育体制が整っていないということです。

せっかく女性エンジニアとして就職しても、キャリアアップできなければ仕事への熱意も失われます。手本となる女性上司がいない状況が将来への期待感をなくし、つらさを感じさせる要因となっているようです。

③日々の勉強が欠かせない

IT技術の発展スピードはすさまじく、エンジニアはつねに学習する意欲を持っていないとニーズを失ってしまいます。日々の勉強が欠かせない点も、女性エンジニアがつらさを抱える要因のひとつです。

子育てや家事をひとりで担っている女性が、通常業務に加えて学習を継続するのは至難の業でしょう。ただし日々の勉強が欠かせない点は男性も一緒で、ほかの職種でも同じことが言えます。

パートナーや家族の協力がないと、エンジニアとしてやっていくのは難しいと感じる女性は多いです。

④残業が多い

エンジニアはほかの職種と比較して残業が多いです。トラブル発生時には、休日を含めた連続出勤も珍しくありません。仮に育児をしながらとなると、予想される負担はかなり大きいものとなります。

普通に体力的な面で、男性よりもつらさを感じるのではないでしょうか。残業時間や休日出勤は、働く企業によってさまざまです。SIerであっても残業時間の少ない企業は数多く存在します。

すべての女性エンジニアに当てはまる事象とは言えませんが、つらさを感じる要因としては確かです。

⑤雑用や事務作業をまかされる

エンジニアとして採用されたのに、雑用や事務作業ばかりをまかされるという声も聞きます。これは男性側にある「女性なら事務作業の経験があるだろう」という勝手なイメージが原因です。

またエンジニアとしてどう仕事を振ってよいのか、男性上司が戸惑っているパターンからも起こりえます。

いずれにしても問題を解決するにはしっかりとしたコミュニケーションが必要になるのですが、その段階に至る前まではつらさを感じている状況に違いありません。

⑥特別扱いされる

これまで解説したとおり女性エンジニアは希少ですから、特別扱いされるという状況も多いです。実際にはその特別扱いが、女性エンジニアがつらいと感じる原因のひとつとなっています。

男性側や上司が考えている「厳しくあたって辞められたら困る」「機嫌を損ねないか不安」などの一歩引いた気持ちが特別扱いを引き起こす要因です。過度な特別扱いは仲間内での疎外感を感じさせます。

女性エンジニアがつらさを感じるのも仕方のないことなのでしょう。

女性エンジニアの転職に強い
転職エージェント・転職サイト

女性エンジニアとして働くメリット3選

女性エンジニアとして働くメリット3選

女性エンジニアがつらいと感じる状況は多いですが、踏みとどまることのできる大きなメリットが3つ存在します。以下のボックスにまとめてみました。

  • 評価に男女差がない
  • 自由な働き方が可能
  • 転職が有利

どのメリットもほかの職種では得難い魅力的なものばかりです。それぞれについて、くわしく解説していきます。

メリット①評価に男女差がない

エンジニアの世界は実力主義で、評価の基準もスキルによるところが大きいです。そこに男女差はなく、働いた成果に対して純粋な評価が下されます。

特に中小で多いベンチャーやスタートアップ企業になると、やる気があって成果を出せる人材に仕事をまかせていく傾向が強いです。

年功序列や男性優遇とは無縁の世界ですから、スキルさえあればさらに上の位置にキャリアップしていくことも夢ではありません。

評価に男女差がないことは女性エンジニアが働くうえで、大きなメリットになることは間違いないでしょう。

メリット②自由な働き方が可能

女性には出産・育児というイベントを経て、ライフスタイルがまったく変わる可能性があります。男性の育児や家事分担が叫ばれる中でも、ライフスタイル変更の比重は女性のほうに重くのしかかるのが現実です。

比較的自由な働き方が可能なエンジニアであれば、その負担を軽くすることができます。業務の内容がテレワークや在宅向きのため、時間や場所にとらわれない作業も可能です。

IT業界ではフレックスタイム制を導入している企業も多く、テレワークや在宅を除いてもワークバランスを取りやすい環境と言えます。

新人の頃からは難しいですが、いずれ自由な働き方が可能となる点は女性エンジニアの魅力的なメリットです。

メリット③転職が有利

女性男性に関わらずエンジニアになるには、専門的なスキルが必要です。専門的なスキルの所持が転職時は有利に働きます。さらにIT業界では人材不足が続いており、求人数は豊富です。

スキルの所持と求人数の多さから、転職時の選択肢がかなり広がります。条件さえ整えば年収アップやキャリアアップを目指して、転職を繰り返すことも可能です。

何らかの理由で一度現場を退いても戻ってくるチャンスがあるのは、IT業界に身を置く女性エンジニアならではのメリットでしょう。

女性エンジニアのつらさは減っていく?

女性エンジニアのつらさは減っていく?

これまで女性エンジニアがつらい感じる状況と、ほかの職種にはあまり見られないメリットについて解説してきました。実は女性エンジニアがつらいと感じる状況のほとんどは、これから減っていく可能性があります。

そのための条件は女性エンジニアのさらなる進出です。もっと具体的に言うと「女性エンジニアの数が増加し活躍していくこと」、「それに伴い男性側の理解が深くなること」この2つが要となります。

これにより女性エンジニアがつらいと感じる状況6つのうち、5つまでの解消が可能です。働き方改革がもっと進めば、残業時間の問題も解消されるかもしれません。

女性エンジニアのつらさが減っていく未来は、可能性のうえでは存在します。

女性エンジニアの転職に強い
転職エージェント・転職サイト

未経験から女性エンジニアに!おすすめの転職エージェント3選

未経験から女性エンジニアに!おすすめの転職エージェント3選

最後は未経験から女性エンジニアを目指す方におすすめの、転職エージェントについて紹介していきます。女性エンジニアの増加がつらいと感じる状況をなくす鍵です。

以下の転職エージェントをぜひチェックしてみてください。

  • リクルートエージェントIT【保有求人数は業界トップクラス】
  • ワークポート【未経験者の転職に強み】
  • doda【転職サイトとしても利用できる】

リクルートエージェントIT【保有求人数は業界トップクラス】

リクルートエージェントIT【保有求人数は業界トップクラス】

人材支援サービスの大手、リクルートエージェントがITエンジニア専用の窓口として用意しているのがリクルートエージェントITです。

リクルートエージェントが保有する膨大な案件へダイレクトにアプローチできます。業界トップクラスの求人数による選択肢の多さは、未経験の女性エンジニアにとっても価値のある魅力です。

ITエンジニアの支援経験豊富なキャリアアドバイザーが、求職者の強みを十分に活かした提案を可能とします。

ほかのエージェントを利用した際の取りこぼしを防ぐためにも、リクルートエージェントITの登録はおすすめです。

ワークポート【未経験者の転職に強み】

ワークポート【未経験者の転職に強み】

未経験者の転職と言えばワークポートがおすすめです。現在は総合型の転職エージェントですがIT業界専門だった時期が長く、IT・web業界の転職には大手よりも強みを持つとされます。

ワークポートが抱える求人のほとんどは完全非公開求人となり、ほかの転職エージェントでは閲覧できません。

IT専門だった転職コンシェルジュによる手厚いサポートは、未経験で女性エンジニアを目指す場合の強力な後押しとなります。

ワークポートでは完全未経験からエンジニアを目指す無料スクール「みんスク」を運営しています。プログラミングに対しても未経験ならチェックしてみても損はないです。

doda【転職サイトとしても利用できる】

doda【転職サイトとしても利用できる】

パーソナルキャリア株式会社が運営する転職サイトで、幅広い職種の求人と使い勝手の良い専用ツールが魅力となります。

女性エンジニアを目指す場合なら、ITエンジニア専門サイト「dodaエンジニアIT」への登録がおすすめです。

dodaではIT業界専任のキャリアアドバイザーから求人を紹介してもらえるエージェントサービスと、自分でじっくり求人を探せる転職サイトを併用できます。

専用ツールを使って転職活動を効率化、エージェントとのやり取りはLINEによるコミュニケーションでさらに効率アップです。

女性エンジニアの転職に強い
転職エージェント・転職サイト

女性エンジニアはつらいだけ?【まとめ】

女性エンジニアはつらいだけ?【まとめ】

未だ男性の割合が多いIT業界では、女性エンジニアがつらい思いをしている部分が確かにあります。

職場に女性が少ない、出世のモデルケースが見つかりにくい、といった状況から女性エンジニアとしての道をあきらめる人も多いです。

しかしながら女性エンジニアに価値のあるメリットも揃っており、近い将来にはつらいと感じる状況のほとんどが改善されている可能性もあります。

女性エンジニアが増えること自体が、環境をより良い方向へ向ける手段です。記事内で解説したメリットに魅力を感じる方は、ぜひ女性エンジニアを目指してみてください。