フリーランスエージェントの在宅案件について解説!おすすめのサービスも紹介

フリーランスエージェントの在宅案件について解説!おすすめのサービスも紹介

フリーランスエージェントで在宅・フルリモート案件が探せるのかと疑問に思っていませんか?

在宅案件に強みのあるサービスってあるの?
フリーランスエージェントで効率良く在宅案件を探す方法を知りたい
本記事ではフリーランスエージェントの在宅案件について解説、おすすめのエージェントサービスを紹介しています。

案件を獲得するためのポイントや注意すべき点にも触れていますので、フリーランスエージェントでの在宅案件を希望している方には必見です。ぜひ最後まで読んでみてください。

  • フリーランスエージェントの在宅案件について解説
  • 在宅案件に期待できるエージェントサービス5選
  • フリーランスエージェントで在宅案件を獲得するためのポイントを解説
  • フリーランスエージェントで在宅案件をこなすときの注意点4つを紹介
  • フリーランスエージェント以外で在宅案件を探す方法とは?

良案件獲得のために読みたい!フリーランスエージェントおすすめランキング

フリーランスエンジニアへの転身を考えている方・高単価の案件を獲得したい方
こちらの記事がおすすめ。
フリーランスエージェント関連記事

フリーランスエンジニアがエージェントを利用すべき理由から、おすすめのフリーランスエージェントまで紹介しています。案件獲得を考えているフリーランスエンジニアはぜひ、ご覧ください。

フリーランスエージェントおすすめ19社を徹底比較!【2022年最新】

おすすめ15社を案件数・案件の単価・案件の質で徹底比較しています。またフリーランスエージェントの失敗しない選び方もご紹介。あなたに最適なフリーランスエージェントがきっと見つかります。
目次

フリーランスエージェントで在宅案件は存在する?

フリーランスエージェントで在宅案件は存在する?

エンジニアの常駐案件が多数を占めるイメージのフリーランスエージェントですが、在宅やフルリモートの案件も確かに存在します。一部リモートの案件を含めれば、その数はさらに増大するでしょう。

フリーランスエージェントの中にも在宅案件に強みを持つサービスがあり、利用者も年々増加しています。

働き方改革やコロナ禍の影響により今まで常駐メインだったサービスでも、在宅やフルリモート案件を扱うように変化しているのが現状です。

フリーランスエージェントでの在宅案件受注も今では当たり前のこととなっています。

フリーランスエージェントの在宅案件について解説

フリーランスエージェントの在宅案件について解説

フリーランスエージェントが扱う在宅案件にはどういった特徴があるのでしょうか?気になる単価や、選択肢の広さにつながる案件数について解説していきます。

在宅案件の単価について

在宅案件の単価ですが、常駐案件と比べても極端に劣るということはありません。ですが単価の幅に関しては上下に広がっており、条件によっては報酬が低めの案件も存在します。

エンジニアやデザイナーという大枠や、もっと細分化された職種の変化でも単価の違いが見られるので注意が必要です。

もちろん個人のスキルによっても報酬は変化するので、すべてのフリーランスが常駐と同等の報酬を受けられるわけではありません。

在宅の案件数について

在宅・リモート案件が増加傾向なのは間違いないですが、常駐案件と比較すると全体の数は劣ってしまいます。フルリモート案件を希望するのなら、選択肢はさらに狭まってしまうでしょう。

勘違いしないでほしいのは、あくまで常駐案件と比較しての結果だということです。在宅の案件に強いサービスを選べば、全体の数を気にすることなく多くの案件の中から自分に合った仕事に応募できます。

在宅案件に期待できるエージェントサービス5選

在宅案件に期待できるエージェントサービス5選

在宅案件を効率良く探すには、在宅案件に強みを持つサービスを選ぶことが大切です。ここからは在宅案件に期待できるサービスを5つ紹介していきます。

  • レバテックフリーランス│案件数が最大クラス
  • Midworks│週2、週3の案件多数
  • ITプロパートナーズ│リモート案件に強み
  • フォスターフリーランス│フルリモートで検索可能
  • Geechs job│リモート案件が80%以上

在宅案件に期待ができると共に、それぞれ固有の強みを持ったサービスです。

レバテックフリーランス│案件数が最大クラス

レバテックフリーランス│案件数が最大クラス

累計の契約社数が5,000件以上、常時提案可能数が4,000件というフリーランスエージェント大手、レバテックフリーランスの紹介です。

常駐案件のイメージが強いですが、2022年10月の時点で公開案件数41,874件の内、14,749件がリモート案件となります。業界最大級の案件数を保有し、その30%がリモート案件と考えると利用しない手はないでしょう。

業界認知度No.1で企業からの信頼も厚く、高単価の案件が揃います。

Midworks│週2、週3の案件多数

Midworks│週2、週3の案件多数

Midworks(ミッドワークス)はITエンジニアやデザイナー向けの案件を扱うフリーランスエージェントで、Branding Engineerという企業が運営しています。

リモート案件や週2、週3の案件を多く扱っているのが特徴です。公式サイトで検索できる案件数は約8,000件ですが非公開案件が全体の80%を占めるため、保有する数は業界最大級となります。

正社員に近い充実した福利厚生サービスも魅力のひとつです。

ITプロパートナーズ│リモート案件に強み

ITプロパートナーズ│リモート案件に強み

ITプロパートナーズは週2からの案件に強みを持つサービスで、リモート案件も多数保有しています。クライアントと直接契約するため高単価となる、「エンド直」の案件が魅力です。

スタートアップやベンチャーなどの企業と取引実績が多いので、業界のトレンドや新技術に挑戦したい方にはうってつけでしょう。福利厚生面のサポートもしっかりしている安心のフリーランスエージェントです。

フォスターフリーランス│フルリモートで検索可能

フォスターフリーランス│フルリモートで検索可能

20年以上の実績を持ち22,000人以上の利用者がいる、信頼性の高いサービスがフォスターフリーランスです。案件数常時5,000件以上で平均単価が74.5万円と報酬にも期待できます。

コロナ禍を経て、案件の80%以上がリモートワーク中心の内容へと変化しているのが現状です。直請けによる高単価な案件が多く、100万円オーバーの報酬も散見されます。

Geechs job│リモート案件が80%以上

Geechs job│リモート案件が80%以上

Geechs job(ギークスジョブ)は週3から週4稼働の条件も含めて、リモート可能な案件が80%を占めるフリーランスエージェントです。エンド直の案件を中心に高単価な案件を提案してくれます。

フリーランスひとりに対して、3名の担当者による手厚いサポートも大きな特徴のひとつです。フリーランスに不利益が生じないよう、案件の一つひとつを精査して紹介してくれる点もおすすめの理由となります。

フリーランスエージェントで在宅案件をこなす利点は3つ

フリーランスエージェントで在宅案件をこなす利点は3つ

フリーランスエージェントで在宅案件をこなす利点はどういったものがあるのか、次にまとめてみました。

  • 時間調整しやすい
  • 通勤時間が必要ない
  • 人間関係の悩みが減少する

利点①時間調整しやすい

在宅案件の利点その①は時間調整しやすいことです。いつ・どのくらい働くかはフリーランス自身の裁量次第となります。きちんとスケジュール管理できれば、プライベートとうまく折り合いをつけて働くことも可能です。

出勤して働くよりも不測の出来事に対応しやすい点が、在宅案件をこなすメリットと言えます。

利点②通勤時間が必要ない

在宅は自宅がそのまま仕事場となるため、通勤時間が必要ありません。通勤を考慮した早起きや混雑によるストレスとも無縁です。

会社勤めから在宅フリーランスになった場合、通勤に要していた時間をプライベートやスキルアップのために使うこともできます。1日の内で自由な時間が増えることも大きな利点です。

利点③人間関係の悩みが減少する

常駐の場合は周りに人がいますが、在宅だと関わる人は最小限です。そのため人間関係の悩みが減少する可能性もあります。

仕事のやり取りがあるため、まったく外部の人間と関わらないのは不可能ですが、人と合う機会や時間が必要以上に増えることはありません

人間関係が苦手だと感じている方にとって、在宅案件を選ぶメリットは大きいものとなるでしょう。

フリーランスエージェントで在宅案件を獲得するためのポイント3つ

フリーランスエージェントで在宅案件を獲得するためのポイント3つ

フリーランスエージェントで在宅案件を獲得するためには、押さえておくべき手順がいくつか存在します。ポイントは以下に示した3つです。

  • ポートフォリオを準備する
  • 在宅・リモート案件が豊富なサービスに複数登録
  • 実績作りも並行する

3つとも大切な内容ですので、しっかりと理解しておきましょう。

ポイント①ポートフォリオを準備する

案件元となる相手にわかりやすく自分のスキルを伝えるため、ポートフォリオを準備しましょう。経験や実績を明確にしておけば、受諾後のミスマッチも防げます。

数字で表せる要素は、もれなくポートフォリオに記載してください。スキルを判断しやすいポートフォリオであるほど、商談の流れもスムーズになります。

自分の価値をわかってもらうことが、効率良い案件獲得のコツです。

ポイント②在宅・リモート案件が豊富なサービスに複数登録

フリーランスエージェントには得意不得意の分野があります。まずは在宅・リモート案件が豊富なサービスを選ぶことが重要です。さらにエージェント利用時は、メリットの多い複数登録をおすすめします。

複数登録することで案件の相場がわかり、仕事が途切れるリスクも減少できるからです。エージェント同士を比較して、自分と相性の良いサービスを選ぶ目を養うこともできます。

ポイント③実績作りも並行する

フリーランスとしての実績が足りない場合、思うように案件が獲得できないこともあります。そういったときには在宅案件にこだわらず実績を積むことを優先しましょう。

条件にこだわらなければ選択肢が広がり、実績が少なくても受注できる案件が見つかる可能性も出てきます。経験が少ないときは実績を積みつつ、チャンスがあれば在宅案件に応募するという戦略がおすすめです。

フリーランスエージェントで在宅案件をこなすときの注意点は4つ

フリーランスエージェントで在宅案件をこなすときの注意点は4つ

フリーランスエージェントで在宅案件をこなすときの注意点は以下の4つとなります。常駐型の働き方とは違う在宅案件ならではの内容です。

  • コミュニケーションをおろそかにしない
  • 常駐案件と比べて単価が低いことも
  • 求められるスキルは高い
  • 自己管理を徹底する

注意点①コミュニケーションをおろそかにしない

在宅案件になるとコミュニケーションの機会も最小限となります。チャットやメールを使った文字だけで、自分の意志を伝えなければならないことも多いです。

それゆえコミュニケーションをおろそかにしてしまうと、意思の疎通ができない状態になってしまいます。連絡がうまくいかない状況は、不信感を生み出してしまうことにつながります。

在宅案件ではコミュニケーションの取り方が重要ポイントです。

注意点②常駐案件と比べて単価が低いことも

在宅案件の報酬には幅があるため、中には単価の低い案件もあります。注意したいのは仕事内容や職種によるところが大きいだけで、常駐と在宅にほとんど差はないということです。

案件の単価は求められる技術によって決まるので、ベースとなる単価では常駐・在宅の違いはないのです。単価の低い案件もあるということだけ気にしておきましょう。

注意点③求められるスキルは高い

フリーランス自体に求められるのは即戦力ですので、在宅案件に必要なスキルも高くなります。特に未経験者の案件獲得は壁が高いと言わざるを得ません。

在宅に限らず高単価の案件を扱うフリーランスエージェントほど、未経験者の利用は不向きとなります。

案件獲得のポイントでも解説しましたが、ある程度の実績がないと在宅案件をこなすのは難しいという現状です。

注意点④自己管理を徹底する

在宅のフリーランスにとって自己管理が、この先も働き続けられるかの生命線です。常駐と違って周りの目を気にする必要がない在宅は、働き方もすべて自由。だからこそ自己管理を徹底することが大切です。

スケジュール管理に力を入れて、しっかりとした計画のもと案件に向かい合わなければ成功しません。自己管理を徹底することが在宅案件をこなすキーポイントとなります。

フリーランスエージェント以外で在宅案件を探す方法4つを紹介

フリーランスエージェント以外で在宅案件を探す方法4つを紹介

最後はフリーランスエージェント以外で在宅案件を探す方法の紹介です。以下にまとめている4つが主な手段となります。

  • 知人・友人に紹介してもらう
  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • SNSで発信する
  • 直接問い合わせをしてみる

1.知人・友人に紹介してもらう

フリーランス同士のつながりや、知人・友人に紹介してもらうパターンです。フリーランスの実情を知っている知人・友人であれば、良い案件に出会える確率も高めとなります。

まれに親しい関係を利用してスキルに見合わない報酬を提示される可能性もあるので注意は必要です。

2.クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトにも在宅案件が多く見られます。経験の浅いフリーランスでもチャレンジしやすい案件が多いので、実績がない内はクラウドソーシングサイトもおすすめです。

自分で仕事を検索・応募する必要があるので手間はかかりますが、案件数がかなり多いため選択肢の広い方法と言えます。

3.SNSで発信する

SNSから不特定多数のクライアントに向けて発信する方法もあります。返信を待つ方法のため積極的には動けませんが、同じ悩みを抱えるフリーランスとつながることも可能です。

SNSで発信している企業もたくさんあるので、案件獲得につながる可能性は十分あります。ほかの方法とも並行しつつ簡単にできるため、SNSでの発信はおすすめです。

4.直接問い合わせをしてみる

多くの企業が持っている公式ホームページから、直接問い合わせをする方法です。自分のスキルを把握して企業研究がしっかりできていれば、ミスマッチも起きにくく案件獲得にも期待できます。

さまざまな情報から企業のニーズを読み取る力が必要ですが、当たったときの確実性は高いです。

フリーランスエージェントの在宅案件について解説!まとめ

フリーランスエージェントの在宅案件について解説!まとめ

フリーランスエージェントで在宅案件を探すことは可能です。政府の指導や社会情勢も影響して、今後も在宅案件が途切れることはないと推測されます。

常駐だった仕事がそのまま在宅に変わるだけなので、単価もそれほど変わることはありません。いくつかの注意点に気をつけつつ効率良く案件を獲得できれば、在宅案件のメリットだけを享受することも可能です。

この記事を参考に、フリーランスエージェントを使った在宅案件探しにぜひ挑戦してみてください。