挫折する主婦が多数?Webデザイナーの勉強と対策を徹底解説!

Webデザイナーで主婦が挫折する原因は?挫折しない対策を徹底解説!

在宅で仕事ができるWebデザイナーは、主婦のかたにも大変人気のある仕事です。一方で、さまざまな理由から挫折してしまう人も多いと聞きます。

こういった情報を見てしまうと、主婦でWebデザイナーを目指そうと思っても学習を続けられるかどうか不安になってしまいますよね?

主婦がWebデザイナーを目指して挫折する原因ってなんだろう?
本記事では主婦がWebデザイナーを目指して挫折してしまう原因と、その回避方法について解説しています。この記事を読めば上のような疑問もすっきりと解決できますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ITの資格を持っている方におすすめ!

\おすすめwebデザインスクール3選!/

KENスクール
KENスクール
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
INTERNET ACADEMY
インターネット・アカデミー
・レベルに合わせた個別指導
・最大20%バックの給付金制度
・実践スキルが身に付く
・LIGの仕事にチャレンジできる
・複数のコースから選択できる
・マンツーマン授業で疑問解決
  • 主婦が挫折してしまう原因は6つある
  • 主な原因は、「時間が足りない」「勉強方法が間違っている」「理解不足」「アウトプット不足」「イメージと違った」「苦手意識がある」
  • 主な対策は、「完璧を目指さない」「他にお金を稼ぐ方法を見つける」「Webデザインスクールに通う」
  • 学習でつまずいている人は、Webデザインスクールがオススメ
  • KENスクールならペースに合わせた個別指導を行ってくれる

最初に読みたい!webデザインスクールおすすめ10選を徹底比較【2022年最新】

初めてwebデザインスクールを利用する方・webデザインスクール選びで失敗したくない方
こちらの記事がおすすめ。
webデザイン関連記事

今回は総合的におすすめできるwebデザインスクールはもちろん、社会人から学生、主婦までそれぞれに合ったwebデザインスクールについても細かく解説していきますので、webデザインスキルを身に着けたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

webデザインスクールおすすめ10選を徹底比較【2022年最新】

webデザインスクールを選ぶポイントとおすすめ10校を徹底比較し、転職・就職・副業・主婦・大学生別におすすめスクールもご紹介。

あなたに最適なwebデザインスクールがきっと見つかります。

主婦がWebデザイナーを目指して挫折してしまう原因6選

主婦がWebデザイナーを目指して挫折してしまう原因6選

さっそく主婦がWebデザイナーを目指して挫折してしまう原因について解説いたします。おもな原因は次の6つです。

  • 時間が足りない
  • 勉強方法に問題がある
  • 内容が理解できていない
  • アウトプットが足りていない
  • Webデザイナーのイメージが違った
  • 強い苦手意識を持っている

挫折の原因①時間が足りない

主婦がWebデザイナーを目指して挫折してしまう原因の中で、もっとも多く当てはまるのが「時間が足りない」ということでしょう。子育てと家事の合間で勉強すること自体、並大抵の努力では不可能です。

隙間時間でなるべく学習を進めようとしても、なかなか時間を作れない。そんな焦りが積み重なって挫折してしまうパターンです。

スクールでWebデザインを学ぶにしても、稼ぎ続けるためには継続した勉強が必要になります。ですが主婦の隙間時間は、会社員や学生と比べて圧倒的に少ないのが現実です。

学習が思うように進まず、やむなく諦めてしまう人がたくさんいます。

Webデザイナーになるために必要な時間は?

時間が足りないというのが挫折する原因のひとつとお伝えしました。ですが、Webデザイナーになるために必要な学習時間がどのくらいかご存じですか?一般的な答えは、独学で半年から1年と言われています。

つまり2~3か月勉強したとして、時間が足りないと感じるのは当たり前のことなのです。くわえて半年から1年というデータは、1日の学習時間を十分確保したうえでのものになります。

自由時間の少ない主婦であれば、さらに長い期間の学習が必要になることは明白です。

すぐにWebデザイナーになろうとは思わない

主婦がスクールを利用してWebデザインを学んだとしても、最低半年から1年は必要です。短期スクールであっても、同様の時間を見込んでおくべきでしょう。

最初からじっくりと学習することを意識しておけば、時間が足りないという感覚にも陥りにくくなるはずです。早く稼ぎたいという気持ちを糧に、ゆっくり丁寧に学習することをおすすめします。

挫折の原因②勉強方法に問題がある

Webデザイナーとしてのスキルはひとつではなく、学習範囲もかなり広いものです。勉強方法は独学をはじめWebデザインスクールの利用、買い切り型のオンラインコンテンツなどがあります。

選択した勉強方法に問題があると、学習の成果を実感できずに挫折してしまうことが多いです。また選んだ勉強方法によって、モチベーション維持のしやすさも変わってきます。

継続が苦手な性格なら、それに見合った勉強方法を選択するべきでしょう。

書籍による独学

書籍による独学でWebデザイナーを目指す場合、多くの壁を想定しなければなりません。理解度の壁、スケジュール管理の難しさ、時間の問題などです。特に時間の面で、主婦のかたには合わない選択でしょう。

時間はかかってもいいから、どうしても費用を抑えたい場合のみおすすめの勉強方法です。

買い切り型の動画教材

買い切り型や定額学び放題などの動画教材で勉強する方法は、スケジュール管理に注意です。毎日の時間割を自分で組むのはもちろん、それを忠実に実行しなければなりません。

目標達成までの期限もなくモチベーションのみで学習を進めなければならない点に難しさがあります。講師となるメンターや学習補助をしてくれるチューターが利用できる場合は、最大限利用するようにしましょう。

スクールによる学習

主婦がWebデザイナーになるのにもっともおすすめの方法です。スキル習得まで最短距離で歩めるカリキュラムが、最初から組み立てられています。

プロに質問できる環境をはじめ、各スクール独自のフォロー体制も魅力です。挫折させないシステムが整っているので、Webデザイナーになるための勉強方法としてはベストな選択となります。

挫折しそうな主婦におすすめのWebデザインスクール

  • マンツーマンの個別授業で分からない点をその場で解決。演習のアウトプットの講義でも講師から直接ヒントを貰うことでスキルアップの向上が図れます。

    【公式サイト】
    https://www.kenschool.jp/

  • 制作会社ならではのカリキュラムで実践的なスキルを身に着け、未経験から6ヵ月間でWebサイトの構築ができるWebデザイナーをめざします。

    【公式サイト】
    https://liginc.co.jp/

  • Webデザイナー総合コースでは、作品制作講座とJavaScript講座をプラスで学習することで、「クオリティ」と「スピード」を即戦力レベルまで引き上げます。マンツーマン授業で疑問点を潰せるもの魅力です。年収アップ率は60%以上

    【公式サイト】
    https://www.internetacademy.jp/

挫折の原因③内容が理解できていない

Webデザインのスキルは多岐に渡り、学習の量もかなり多いです。スピードを重視するあまり、内容を理解せずに次に進むことを繰り返すと挫折の原因になります。

Webデザインの勉強にとって重要なのはアウトプットですが、アウトプットの土台となるのはインプットの時間です。

インプットした内容を正しく理解していないと意味のあるアウトプットができずに、気付いたときには勉強してきたことがわからないという事態になりかねません。

内容が理解できていない場合の多くは、反復が足りていないパターンです。時間がない中でも「わかるまで繰り返す」ことがスキル習得の近道になります。

独学で内容が理解できない事態に陥ったら

質問できる環境がない独学の場合、内容が理解できない事態に陥りやすいです。コストを抑えられることが独学のメリットですが、学習が滞るぐらいなら一時的な有料サービスの利用も考えてみましょう。

ココナラのようなスキルマーケットでは「デザイン添削」のサービスも販売されています。スクールを利用せずに、成果物の添削やアドバイスを受けられる点でおすすめです。

挫折の原因④アウトプットが足りていない

Webデザイナーの仕事にはセンスが必要と思われがちですが、それは間違った認識です。学習した内容をしっかりと実践できる力があれば、まったく問題はありません。

その実践できる力を養うのが、アウトプットの時間です。アウトプットの時間が足らないとWebデザインのスキルが定着せず、結果的に挫折へとつながります。

Webデザインの勉強はアウトプットの時間が重要であり、Webデザインスクールのカリキュラムにも手を動かす時間が必ず組み込まれるほどです。

インプットはほどほどにまずは何かを作ってみる、次にできた成果物を見ながらまたインプットを繰り返すというサイクルが適しています。

アウトプットが大切な理由

インプットは情報を取り入れることで、書籍や動画教材を使って知識の吸収にあたります。さまざまなWebサイトでデザインをチェックする行為も大事なインプットです。

アウトプットではインプットした情報をもとに、自分の頭で考えて手を動かし何かしらの形にします。取り入れた知識を自分の頭で使うことが重要で、この過程がスキルの早い定着に必要なものなのです。

挫折の原因⑤Webデザイナーのイメージが違った

「思っていたWebデザイナーのイメージと違う」「意外と地味な作業が多い」など、学習を始めてWebデザイナーの内実を知ってから挫折するパターンもあります。

特に心配なのは、Webデザイナーの仕事が自分のセンスで自由にできると思っている人です。Webデザイナーはクライアントの依頼に沿ってデザインを形にします。当然、意にそぐわない形なら修正依頼も入るでしょう。

Webデザイナーは自由に仕事ができると思っている人だと、修正依頼に抵抗を感じてしまい挫折する原因となってしまいます。

クライアントの意向だけでなく、サイトを利用するユーザーの見やすさ・使いやすさも意識しなければなりません。

Webデザイナーがどういう仕事なのかしっかり理解したうえで学習を始めれば、イメージが違ったと言う理由で挫折することは少ないでしょう。

挫折の原因⑥強い苦手意識を持っている

Webデザインのスキルを学習しているうちに、特定の分野に強い苦手意識を持ってしまう人もいます。そういった強い苦手意識が原因となって、挫折する人が一定数いるのも事実です。

Webデザインにおける苦手意識を持ちやすい分野は、「コーディング」と「デザイン」の2つに大別されます。

どちらともWebデザイナーには必要なスキルなので必ず勉強する必要がありますが、完璧にできなくても問題ありません。なぜなら仕事の選択次第で、ある程度は得意不得意を補えるからです。

コーディングが苦手ならコーディングが少ない業務を、デザインが苦手ならデザインが少ない業務を選ぶことができます。

特定の分野に強い苦手意識があっても重要な基礎の部分さえ理解できていれば、Webデザイナーの仕事は可能なのです。

挫折しそうな主婦におすすめのWebデザインスクール

  • マンツーマンの個別授業で分からない点をその場で解決。演習のアウトプットの講義でも講師から直接ヒントを貰うことでスキルアップの向上が図れます。

    【公式サイト】
    https://www.kenschool.jp/

  • 制作会社ならではのカリキュラムで実践的なスキルを身に着け、未経験から6ヵ月間でWebサイトの構築ができるWebデザイナーをめざします。

    【公式サイト】
    https://liginc.co.jp/

  • Webデザイナー総合コースでは、作品制作講座とJavaScript講座をプラスで学習することで、「クオリティ」と「スピード」を即戦力レベルまで引き上げます。マンツーマン授業で疑問点を潰せるもの魅力です。年収アップ率は60%以上

    【公式サイト】
    https://www.internetacademy.jp/

Webデザインを挫折しかけた時に取りたい対策3選

Webデザインを挫折しかけた時に取りたい対策3選

これまで挫折の原因となりやすい6つのパターンについて解説してきました。対策となる考えについても個別に紹介してきましたが、ここでは挫折しかけた時に取りたい対策の大枠について解説していきます。

紹介するおもな対策は次の3つです。

  • 完璧を目指さない
  • ほかにも稼ぐ方法はある!
  • Webデザインスクールに通う

挫折しかけた時に取りたい対策①完璧を目指さない

最初の対策は完璧を目指さないことです。Webデザイナーに関連するスキルはさまざまで、ひとつに限っても一朝一夕で習得できるものではありません。

稼げるにWebデザイナーになるために完璧を目指すのは理解できますが、時間もかかってしまうし挫折の可能性を増やしてしまうことにもなるでしょう。

実際にWebデザイナーの仕事は分業化されていることが多く、すべてが完璧である必要もないのです。まずは一通りの基礎習得を目指して学習を進めてみましょう。

Webデザイナーとして仕事の幅を広げたいのなら別

挫折の原因でも解説したとおり、基礎さえできていればWebデザイナーの仕事は可能です。学習段階で完璧を求めるよりも、現場での経験が成長を促進します。

実際にコーディングができないというWebデザイナーも珍しくなく、いち早くデビューするほうが自身にとってプラスに働くのは事実です。

ただし企業側からしたら、デザインとコーディングの両方できるWebデザイナーを好みます。

「採用確率を高めたい」「最初からガンガン稼ぎたい」「できる仕事の幅を広げたい」こういった気持ちがあるなら、完璧まではいかなくても少し上のレベルを目指すほうが得策でしょう。

挫折しかけた時に取りたい対策②ほかにも稼ぐ方法はある!

ふたつ目の対策はWebデザイナー以外のデザイン職を視野に入れることです。Webデザイナーの勉強がつらい場合の選択肢として、別の道を意識しておくと心の負担も減ります。

おすすめはバナーやSNS画像の制作です。この2つはコーディング技術が必要ないので、体系的に学ぶのと比べて負担を減らす選択につながります。

IllustratorやPhotoshopの操作スキルだけでも稼ぐこと自体は十分可能なのです。

挫折しかけた時に取りたい対策③Webデザインスクールに通う

この方法は独学で勉強している人限定ですが、Webデザインスクールの利用を検討してみましょう。独学でWebデザイナーになるのは簡単ではなく、主婦であればなおさら挫折の可能性も高くなります。

挫折の可能性を減らすさまざまなサポートがWebデザインスクールのメリットですから、これを利用しない手はないでしょう。

時間を効率に使うことが優先される主婦だからこそ、Webデザインスクールがおすすめです。

就職・転職サポートにも注目

Webデザインスクールのメリットとしてスキル習得後の就職・転職サポートにも注目です。挫折しにくい環境で学習できるうえに、カウンセリング・求人紹介・面接対策などのサービスが受けられます。

就職・転職サポートもスクールごとに特色があるので、Webデザインスクールに通う理由として検討してみるのも良いでしょう。

挫折しそうな主婦におすすめのWebデザインスクール

  • マンツーマンの個別授業で分からない点をその場で解決。演習のアウトプットの講義でも講師から直接ヒントを貰うことでスキルアップの向上が図れます。

    【公式サイト】
    https://www.kenschool.jp/

  • 制作会社ならではのカリキュラムで実践的なスキルを身に着け、未経験から6ヵ月間でWebサイトの構築ができるWebデザイナーをめざします。

    【公式サイト】
    https://liginc.co.jp/

  • Webデザイナー総合コースでは、作品制作講座とJavaScript講座をプラスで学習することで、「クオリティ」と「スピード」を即戦力レベルまで引き上げます。マンツーマン授業で疑問点を潰せるもの魅力です。年収アップ率は60%以上

    【公式サイト】
    https://www.internetacademy.jp/

【まとめ】挫折する主婦が多数?Webデザイナーの勉強と対策を徹底解説!

【まとめ】挫折する主婦が多数?Webデザイナーの勉強と対策を徹底解説!

Webデザイナーの勉強はけっして簡単なものではありません。自由に使える時間が少ない主婦にとって、ハードルはさらに上がることになります。

つまり「挫折する主婦が多数」というのは仕方のないことで、できない自分を悲観することはないのです。大切なのは一度挫折しても諦めないこと、時間をおいてでも学習を継続することが成功につながります。

この記事で紹介した「挫折してしまう原因6選」と「取りたい対策3選」を理解しておけば、Webデザイナーを目指す道のりも少しは近くに感じられることでしょう。