【2022年最新】未経験職種の転職におすすめのIT転職エージェントを徹底比較

【2021年最新版】未経験職種の転職におすすめの転職エージェントを徹底比較

「未経験の会社に転職したい」「でも未経験でも転職可能かな?」「未経験の求人があるおすすめの転職エージェントを教えてほしい」と悩んでいませんか?

この記事では、未経験職への転職に悩んでいる人に向けて、「未経験職でも転職は可能なのか」「未経験職への転職に特化した転職エージェント3選」「未経験職への転職を成功させる方法」を紹介します。

この記事を読むことで、未経験でも転職ができることや未経験で転職を成功する方法が理解でき、実際に転職エージェントに登録するあなたが見えます。最初の一歩から自信がつきますよ。

最初に読みたい!おすすめIT転職エージェント・IT転職サイトランキング

初めてIT転職エージェントを利用する方・IT転職エージェント選びで失敗したくない方
こちらの記事がおすすめ。
IT転職関連記事

今回は総合的におすすめできる転職エージェントはもちろん、年代や業種ごとに活用していきたいIT転職エージェントについても細かく解説していきますので、転職を有利に進めたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

IT転職エージェントおすすめ17社を徹底比較!IT業界/Webエンジニア向けの転職エージェント・転職サイトを厳選

専門家の意見を交えておすすめ17社を徹底比較し、業種・業界・年齢・希望年収ごとのおすすめ転職エージェントもご紹介。

あなたに最適なIT転職エージェント・IT転職サイトがきっと見つかります。
目次

未経験職でも転職は可能?結論:可能です

未経験職でも転職は可能?結論:可能です

実は未経験でも多くの会社では求人募集をたくさんしています。転職する場合、たいていは「即戦力」が求められます。

ですが、未経験者の場合、「即戦力」ではなく、「潜在能力」と「中長期のキャリアビジョン」に重点を置いています。

つまり、未経験者が会社に貢献してくれる可能性と、将来的な見通しにかけて、未経験者を採用しているわけです。

なので、あなたが転職したい業界の情報をネットや本で集め、自ら積極的に勉強し、応募先で成長したい旨をアピールすると良いでしょう。

未経験におすすめのIT転職エージェント10選

未経験におすすめのIT転職エージェント10選

未経験職への転職ができると理解できたのではないでしょうか?

この章では、未経験の業種や職種への転職に特化した転職エージェントを3つ紹介していきます。紹介するのは以下の3社です。

  • 未経験歓迎の求人が多数|リクルートエージェント
  • 転職決定人数No.1の転職エージェント| ワークポート
  • 登録はたったの30秒|ウズキャリ(UZUZ)
  • IT業界への支援実績6,000件以上| GEEKLY
  • 約4千件の未経験求人がある|dodaエージェント
  • 登録はたったの30秒|ウズキャリ(UZUZ)
  • IT業界への支援実績6,000件以上| GEEKLY
  • 全求人が20代対象|マイナビジョブ20’s
  • IT業界・エンジニアの転職特化| Type転職エージェントIT
  • ITエンジニア・デザイナーの転職なら| レバテックキャリア
  • 年収アップを狙うなら|パソナキャリア
  • 正社員経験がなくてもOK|ハタラクティブ

では上記の10社を1つ1つくわしく見ていきましょう。

未経験歓迎の求人が多数|リクルートエージェント

未経験歓迎の求人が多数|リクルートエージェント

リクルートエージェントは、就職shopと連携をしていて未経験者に特化したサービスを開始しました。未経験者歓迎の会社様が約10,000社を超えていて、利用者も10万人以上だと言われています。

場所は駅近で面談予約は無料。サポート料金も無料で転職サポートを丁寧にしてくれます。

1ミリでも興味を持った方は、以下のボタンより登録してみてください。

無料登録はコチラ!

転職決定人数No.1の転職エージェント| ワークポート

ワークポート

ワークポートは転職決定人数No.1の実績を誇る転職エージェントです。数々の転職者を支援してきた経験から業界や職種に精通しており、ワークポートが開発したマッチングシステムと経験豊富なコンシェルジュの経験を合わせることで、業界未経験の方でも支援を受けることのできるサービスとなっています。

転職相談サービスは無料でおこなっているため、IT未経験でIT業界への転職を希望している方は一度無料相談を受けてみることをおすすめします。

無料登録はコチラ!

登録はたったの30秒|ウズキャリ(UZUZ)

登録はたったの30秒|ウズキャリ(UZUZ)

ウズキャリ(UZUZ)は、30秒ですぐ登録できてしまう転職エージェントです。名前やe-mail、電話番号を入力すると、後で若手のキャリアアドバイザーより返信がきます。

転職に関する相談はもちろん、履歴書や職務経歴書の記入方法や面接対応、転職するための手続きも手厚く対応してくれます。

またウズキャリのキャリアアドバイザーは、既卒やフリーター、第二新卒経験があるため、あなたの悩みに対して適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

1ミリでも興味を持った方は、以下のボタンより登録してみてください。

無料登録はコチラ!

IT業界への支援実績6,000件以上|Geekly

GEEKLY

Geeklyは、転職支援実績6,000件以上を誇るIT企業の転職専門の転職エージェントです。

転職が初めてという方でも、Geeklyが転職の基礎からレクチャーしてくれるなど転職未経験者のサポート体制を整えています。

また、IT企業口コミサイト「Geekly Review」といった社員口コミサイトもサービスとして提供しており、IT企業の企業情報も豊富で自分に合った企業を見つけることができます。

IT企業への転職を考えているという方は、ぜひ一度無料相談を受けてみましょう。

無料登録はコチラ!

約4千件の未経験求人がある|dodaエージェント

約4千件の未経験求人がある|dodaエージェント

dodaエージェントは、未経験者向けの求人が約4,000件もある大手の転職エージェントです。

営業や企画、事務から始まり、販売/サービス、金融専門職、インターネット系、教育系、化学系、医療系まで幅広い職種の求人があります。

また、働き方は在宅勤務があったり、残業20時間未満、完全週休2日制、年間休日120日以上の制度があったりとメリットづくめの会社求人がある転職エージェントです。

少しでも興味を持った方は、以下のボタンより登録してみてください。

無料登録はコチラ!

全求人が20代対象|マイナビジョブ20’s

全求人が20代対象|マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sは、全求人2,100件)が20代を対象にしていて、未経験求人が約1,500件と大半が未経験求人の転職エージェントです。

担当アドバイザーがあなたに寄り添い、カウンセリングであなたの悩みや希望を聞いてくれます。また応募書類の記入方法、面接対応、予定調整など丁寧に教えてくれます。

少しでも興味を持った方は、以下のボタンより登録してみてください。

無料登録はコチラ!

IT業界・エンジニアの転職特化|Type転職エージェントIT

Type転職エージェントIT

Type転職エージェントITはIT業界に特化した転職エージェントです。エンジニアやクリエイターの転職実績があり、経験豊富なアドバイザーがIT業界への転職を支援してくれます。

また、求人数は20,000件以上を誇り、一般では募集されていない非公開求人も豊富に取り扱っているため、さまざまな企業の求人の紹介を受けることができます。

どうやって転職を進めたら良いのかわからない、自身の強みやキャリアを把握できていない、自分に合った仕事を見つけたいなど、一人で転職活動をされるのが不安な方におすすめです。

無料登録はコチラ!

ITエンジニア・デザイナーの転職なら|レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職エージェントです。エンジニアの転職エージェントに特化して15年の実績があるため、エンジニアの技術と市場を知り尽くしたアドバイザーからの支援を受けることができます。

システムエンジニアやアプリエンジニアなど多種多様なエンジニアの求人を取り扱っているため、エンジニアの転職を希望する方におすすめです。

無料登録はコチラ!

年収アップを狙うなら|パソナキャリア

年収アップを狙うなら|パソナキャリア

パソナキャリアには、以下のような行動指針があります。この行動指針を常に遵守できるよう、日々行動しています。

未経験への転職のことで右も左もわからない希望者に対して、カウンセリング、添削、案内、応募先との交渉など、全てを丁寧に教えてくれます。

また、パソナキャリアには、未公開の求人がたくさんあるため、あなたが転職相談をする時には、いい会社を提示されるかもしれませんよ。

『パソナの強みは私です』
自信と誇りをもって行動し、信頼感と安心感をもたれるプロとしてのサービスを提供する

『心が心を打つ、心が心を動かす』
常に相手の立場にたって真心をこめて接する

『シンクタンクではなくドゥタンク』
お客様のために何ができるか、頭で考えず、まず行動する

『足の裏が光る』
お客様のために労を惜しまず足を運び、真摯に取り組む

引用:https://www.pasonagroup.co.jp/company/action.html

1ミリでも興味を持った方は、以下のボタンより登録してみてください。

無料登録はコチラ!

正社員経験がなくてもOK|ハタラクティブ

正社員経験がなくてもOK|ハタラクティブ

ハタラクティブは、当エージェントを使用している方の3人に2人が正社員の未経験者枠で転職している実績があります。

バックグラウンドより人柄を重視していて、積極的に採用したい会社が多くあります。また、20代の若者を中長期に育てたい会社も多数募集しています。

1ミリでも興味を持った方は、以下のボタンより登録してみてください。

無料登録はコチラ!

未経験職を狙う際に転職エージェントを利用する理由

未経験職を狙う際に転職エージェントを利用する理由

上の章で、「総合型の転職エージェント」を3社紹介しましたが、お気に入りのは見つかりましたか?

この章では、「未経験職を狙う際になぜ転職エージェントを使うのか?」の理由を解説していきます。

解説する理由は、以下の3つです。ぜひ最後まで読んで頂けると幸いです。

  • 理由①書類の添削や面接の対策を受けることが出来る
  • 理由②非公開求人を多数紹介してもらえて推薦文も付く
  • 理由③未経験業種・業界の知識が付き、傾向が掴める

理由①書類の添削や面接の対策を受けることが出来る

未経験で転職エージェントを使う理由1つ目は、書類の添削や面接の対策を受けることが出来るからです。

転職エージェントは、カウンセリングや相談を始め、履歴書や職務経歴書の添削サポート、求人の案内、面接対応、入社をするための条件の交渉など転職全般のことをあなたと寄り添いながら、丁寧に教えてくれます。

またわからないことがあった時やプライベートで悩んでいる時には、すぐ手を差し伸べてくれます。

理由②非公開求人を多数紹介してもらえて推薦文も付く

未経験で転職エージェントを使う理由2つ目は、非公開求人を多数紹介してもらえて推薦文も付くからです。

未公開求人は、転職サイトになく、転職エージェント特有の制度です。未公開求人には、大企業や有名な企業も含まれており、安定性があります。

また未公開求人なので、より専門分野のスキルを活かしやすいでしょう。

もしスキルがマッチしているのに、なかなか第二次選考(面接)にたどり着かない人は、応募先にうまくアピールできていない可能性があります。

転職エージェントを使うことで、あなたのアピールポイントを提示し、履歴書への書き方まで丁寧に教えてくれるので、安心です。

理由③未経験業種・業界の知識が付き、傾向が掴める

未経験で転職エージェントを使う理由3つ目は、未経験業種・業界の知識が付き、傾向が掴めるからです。

キャリアアドバイザーは、応募先の概要や内部情報を把握しているため、転職する前に、会社のことがわかったり、社風をなんとなく感じることができたりとメリットは多数あります。

転職エージェントを活用するためのポイント

転職エージェントを活用するためのポイント

  • ポイント①スカウト機能を利用するときは定期的に連絡をする
  • ポイント②転職の日程はできるだけ早い日程を伝える
  • ポイント③自分に合わない場合は担当者を変更してもらう
  • ポイント④経歴やスキルを偽らない
  • ポイント⑤複数の転職エージェントから応募する場合は同じ案件に応募しない
  • ポイント⑥紹介された会社について自分で調べてみる

スカウト機能を利用するときは定期的に連絡をする

転職エージェントは、求人を募集している企業からの依頼があると、転職希望者のデータベースをもとに企業に紹介する人材を選びます。

この際、多くの転職エージェントのシステムで転職希望者の一覧が更新日順に表示されるため、更新日の古い希望者は転職希望度が低い・既に転職を決めていると判断されてしまい、案件の紹介の連絡が来なくなってしまいます。

そのため、転職エージェントからのスカウトの連絡が欲しいという場合は、定期的にエージェントと連絡を取るようにして、優先的にスカウトメールを受け取れるようにアピールしましょう。

転職の日程はできるだけ早い日程を伝える

多くの転職エージェントでは担当者のノルマが設定されていることが多く、担当者はその月のノルマを達成するために、転職の時期が早い希望者から優先的に案件を紹介することがあります。

担当者が希望者に転職の時期について訪ねる際に、まだ決まっていない・数ヶ月後に転職したいという曖昧な返事をすると、優先度が下がってしまい、対応が後回しにされてしまうことも考えられます。

そのため、優先的に企業からの依頼を受けたい場合はすぐに転職したいという意思表示をして優先的に担当してもらえるようにするのがおすすめです。

自分に合わない場合は担当者を変更してもらう

転職エージェントを利用する際は、転職希望者一人につき一人の担当者がつくことが一般的です。

しかし、担当者も一人間であるため、性格や自分の転職希望にあう知識を持ち合わせておらずスムーズに転職ができない場合があります。

こういった場合は、遠慮せずに担当者の変更の希望をして欲しい旨を伝えるようにしましょう

担当者は一人で多くの転職希望者を担当しているため、担当の変更はそれほど大きな問題ではないので、担当者に気を使いすぎる必要はありません。

経歴やスキルを偽らない

これは転職以外の際にも言えることですが、経歴やスキルを偽って記載するのは絶対にNGです。

経歴やスキルの詐称が発覚した場合は、その事実がデータベースに残り転職の支援を受けられなくなってしまいます。

よくあるのが、去年のデータと今年提出された内容が違うというケースです。

経歴やスキルを少しでも良く見せようとして、経歴やスキルを去年提出したデータと異なるものを提出してしまうと、エージェント側にはデータが残っているため一目で経歴やスキルを盛っているのがわかってしまいます。

そのため、「これくらいなら変えてもいいか」と記載する経歴やスキルを変更するのは、転職に支障をきたさないためにも控えるようにしましょう。

複数の転職エージェントから応募する場合は同じ案件に応募しない

複数の転職エージェントを利用する場合、同じ案件に応募しないように注意するようにしましょう。

たとえば、ある企業に複数のエージェント経由で応募すると、企業側に複数のエージェント経由で希望者の応募情報が伝わってしまいます。

そうすると、企業側にも転職エージェント側にも不信感をあたえてをあたえてしまい、最悪の場合交渉が決裂しまうなどのリスクが生じてしまったり、転職希望者としても連絡の経路が複雑になってしまい、企業との連絡が重複してしまうことに繋がりかねません。

そのため、希望する企業に応募する際はひとつのエージェントから応募するように心がけましょう。

紹介された会社について自分で調べてみる

転職エージェントから転職先の企業を紹介された際は、その企業の公式ホームページや口コミが書かれているサイトでその企業の情報を自分でも調べてみるのがおすすめです。

これは必ずしもそうとは限りませんが、転職希望者にどうにかして転職を決めてもらうために、紹介先の良い条件だけを伝えて紹介する場合があります。

このとき、担当者の言葉を鵜呑みにしてしまうと、転職をした際に「思っていたのと違う」ということにも繋がりかねません。

そのため、転職エージェントから企業を紹介された場合は自分でもその企業についての情報を調べて、自分の希望する企業であるかを一度確認するようにしましょう。

IT業界の転職に関する基本知識

IT業界の転職に関する基本知識

ここまで、おすすめのエージェントやエージェントの活用方法について解説してきまたが、そもそもIT業界にはどんな職種があるのかと思った方もいるかもしれません。

ここでは、IT業界の職種から業種などのIT業界の転職に関する基本知識について解説します。

IT業界とは

既にご存知かもしれませんが、IT業界はIT技術に関する複数の業界が集まって形成される業界の総称であり、主に以下の4つの業界のことを指します。

ソフトウェア業界

ソフトウェア業界は、スマートフォンやパソコンなどのハードウェア上でさまざまな処理を行うプログラムを作成する業界のことを言い、Microsoftなどがその代表例です。

主な職種には、コンピューターを動作させるプログラム言語を用いて、さまざまなシステムやソフトウェアを作る「プログラマー」、システムの要件の定義から詳細設計までの開発の上流工程を担う「システムエンジニア」、コンピューターネットワークの構築・運用・管理を行う「ネットワークエンジニア」などの職種があります。

ハードウェア業界

ハードウェア業界は、スマートフォンやパソコン、タブレットなどの機械本体を製造する業界のことを言い、Appleなどがその代表例です。

主な職種には、コンピューター中で用いられる電子機器や電子回路、その部品の設計を行う「ハードウェアエンジニア」、家電製品や電子機器など独立した機械の中に組み込まれたコンピューターを制御するためのシステムを開発する「組み込みシステムエンジニア」などの職種があります。

Web業界

Web業界は、WebサイトやWebサービスの制作事業、インターネット広告などインターネットに関する幅広い業務を行う業界のことを言い、GoogleやAmazonなどがその代表例です。

主な職種には、Webサイトのデザインやコーディングを行う「Webデザイナー」、Webサービスに関連するシステムの開発・運用・管理を担う「Webエンジニア」、WebサービスのPRや集客、ブランド認知のためのマーケティングを行う「Webマーケター」などの職種があります。

情報・サービス業界

情報・サービス業界は、顧客企業が求めるシステムの設計・開発・運用をITシステムで構築する魚介のことを言い、富士通やNTTなどがその代表例です。

主な職種には、顧客の要望を聞き、経営や業務上のプロセスの分析・IT戦略の立案を行う「ITコンサルタント」、技術的な専門知識を用いてクライアントへの営業やその他のサポートを行う「セールスエンジニア」などの職種があります。

未経験でも転職しやすいIT業界の職種

経験でも転職しやすいIT業界の職種には、ソフトウェア業界の「プログラマー」やWeb業界の「Webマーケター」、情報・サービス業界の「セールスエンジニア」などがあげられます。

それとは反対に、理系の大学卒業資格や専門的な技術が必要とされるIT系の職種は転職しづらいと言われています。

未経験の転職者を受け入れているかどうかは企業の状況によって異なるため、転職エージェントや企業のホームページで募集状況を確認するのがおすすめです。

ITに関する知識がないから転職できるか不安という方でも、入社後の研修を用意している企業などもあるので、そういった点も考慮して転職先の企業を見つけるようにすれば安心です。

IT業界へ向いている人の特徴

IT業界は先ほどご紹介したとおり、多種多様な職種に分かれており、一概にこういった人が向いているとは言えません。

しかしながら、IT業界に共通して言えるのは「パソコンなどの操作や機械の操作が求められること」、「常に新しい知識や技術が求められていること」などです。

職種ごとに見ると、「プログラマー」や「エンジニア」などは目の前の課題に粘り強く取り組んで、問題解決の糸口を見出す能力、「セールスエンジニア」や「Webディレクター」などは営業や渉外の業務がメインのため、クライアントと円滑にコミュニュケーションをとる能力やプロジェクトを管理する能力が求められます。

IT業界への転職をする際は、職種ごとの業務を適切に把握して、自分に合った職種を選ぶことで、面接や入社後の業務で力を発揮できるはずです。

未経験職種への転職を成功させる方法

未経験職種への転職を成功させる方法

未経験職種への転職は知らないことばかりで大変ですよね?でも転職活動をするからには、成功させたいですよね?

この章では、希望職種に就けるために、未経験への転職を成功される方法を解説していきます。ぜひメモのご用意を。

では転職で成功する方法を紹介します。

未経験でも自分の強みを活かせ、ライバルの少ない企業を選ぶ

では以下でくわしく解説します。

未経験でも自分の強みを活かせ、ライバルの少ない企業を選ぶ

まず「スキル」と「変化に対応する力」を身につけましょう。

ここ1年は、コロナによって生活環境や仕事での働き方が変わりました。社会はますますスキルのある社員を求めているため、転職する際に「コロナだから…。」と言い訳をしていては会社に採用されにくいでしょう。

なのでまずはスキルと変化に負けない対応力を養っていきましょう。

あと未経験の転職を成功させる方法2つ目は、ライバルの少ない企業を選ぶことです。

なぜなら、専門スキルを欲しがっている会社で、自分だけがそのスキルを保有している場合、採用される確率が上がるからです。

他の人が持っていないスキルを応募先で仕事に活かすことができれば、会社はますますあなたに期待するでしょう。

このように、自分のスキルを強め、ライバルの少ない応募先を選ぶことで、内定確率が上がりやすくなり、会社に好印象を与えられることができます。

未経験者歓迎って本当に未経験で大丈夫?

未経験者歓迎って本当に未経験で大丈夫?

上の章で、「未経験職種への転職を成功させる方法」を解説しました。つぎは、「未経験歓迎って本当に未経験で大丈夫なのか?」を紹介します。

転職エージェントを実際に使ってみると、「未経験歓迎OK」や「未経験可」の求人に目が止まりますよね。

まずは、以下で未経験のタイプを見ていきましょう。

  • 職種未経験者について
  • 業種未経験者について
  • 完全未経験者について

上記で3つの未経験のタイプを挙げました。以下で意味や会社が期待していることを3つの未経験タイプに分けて、1つ1つくわしく見ていきましょう。

職種未経験者について

職種未経験とは、職種の経験がないところへ転職することを意味します。

たとえば、web系で説明するならば、webデザイナーからwebディレクター、webライターまたはその逆の順番もあてはまります。

つまり、同じ業界内で異なる職種(仕事内容)に転職する場合、「職種未経験」を使います。

同じ業界内で異なる職種に転職をする人に対しての反応としては、2つのスキルが身について、さらに活躍の場が広がると太鼓判です。

業種未経験者について

業種未経験とは、業種(その業界)の経験がないところへ転職することを意味します。

たとえば、サービス業、製造業、物流業、小売業、不動産業などまったく異なる業界に転職をすることです。

これを「業種未経験」といいます。

異なる業界へ転職をする人に対しての反応としては、異なる業界で得た経験やスキルが源となって、新たなアイデアや発想が生まれるだろう。その経験が即戦力になる。と期待されています。

完全未経験者について

完全未経験者とは、業種や職種両方とも経験がないことを意味します。

たとえば、IT業界へ転職したいけれど、ITに携わったことがない」「webデザイナーへ転職したいけれど、デザイナーの仕事をしたことがない」などがあてはまります。

つまり、完全に経験のない業界や職種へ転職する時に「完全未経験者」を使います。

未経験職へ応募して自信のあるあなたへ

未経験職へ応募して自信のあるあなたへ

「未経験の会社に転職したい」「でも未経験でも転職可能かな?」「未経験の求人があるおすすめの転職エージェントを教えてほしい」と悩んでいる人に手を差し伸べられるよう、この記事を作成しました。

この記事では、「未経験職でも転職は可能なのか」「未経験職への転職に特化した転職エージェント3選」「未経験職への転職を成功させる方法」を紹介しました。

会社側は、未経験者に対して、「会社への貢献の可能性」や「将来のビジョン」を持った人材を欲しています。

転職したい業界について積極的に情報収集をし、応募先で成長したい旨を口頭でも履歴書や職務経歴書でもアピールしていきましょう。

そうすることで、会社はあなたに興味を抱き、採用する確率が上がりやすくなります。きっと、その先に微笑んでいるあなたが待っているでしょう。