【インフラエンジニアはきつい?】理由8選と働くメリット7つを徹底解説

【インフラエンジニアはきつい?】理由8選と働くメリット7つを徹底解説

世の中にある便利なITサービスの基盤に関わるインフラエンジニア。やりがいのある仕事ながら以下のような声も聞こえます。

インフラエンジニアがきついって本当?
きついとわかっていてインフラエンジニアで働くメリットは?
インフラエンジニアへ転職を目指している人にとって、このような疑問は他人事ではないですよね?

本記事ではインフラエンジニアがきついと言われる理由と、それを超えたところにある働くメリットについて解説しています。

インフラエンジニアが自分に合っているかも判断できますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

転職エージェントに迷ったらコレ!実際に利用して分かった

\2022年最新 IT転職エージェントおすすめ3選!/

レバテックキャリア
レバテックキャリア
マイナビIT AGENT
マイナビit転職エージェント
ウィルオブ・テック
ウィルオブ・テックキャリア
・エンジニア転職専門
・16,000以上のIT求人
・キャリアアップを狙える
・20代のIT転職に強い
・専属2名体制のサポート
・約7割が非公開求人
ITの公開求人数約1.6万件
ITの公開求人数多数有り
ITの公開求人数約1,170件

【公式サイト】
https://career.levtech.jp/

IT転職エージェント選び方 レバテックキャリア マイナビIT転職エージェント ウィルオブテックキャリア
目次

インフラエンジニアに関する基本情報

インフラエンジニアに関する基本情報

きついと言われるインフラエンジニアの仕事とはどのようなものでしょうか。仕事内容や年収などの基本情報を解説します。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事は、サーバーやネットワークに関する設計・構築・運用がメインです。インフラエンジニアは担当する領域により、サーバーエンジニア・ネットワークエンジニアと呼称されます。

外部からの攻撃や情報流出を防ぐセキュリティエンジニアも、インフラエンジニアに含まれる職種です。クラウドサービスの拡大により、インフラエンジニアの需要も高まっています。

インフラエンジニアの年収

次はインフラエンジニアの年収に注目してみましょう。インフラエンジニアの平均年収は約538万円というデータがあります。

日本人の平均年収が約433万円となっていますから、平均より高い傾向であることは間違いないです。年収幅は324~872万円、スキルや経験に左右される部分が多いこともわかります。

環境や実績により年収1,000万円を狙うことも可能です。(出典:求人ボックス令和2年分 民間給与実態調査統計

インフラエンジニアに必要な資格

インフラエンジニアになるのに、特定の資格は必要ありません。ですが転職の際には、持っている資格が有利に働くこともあります。資格によって、持っているスキルを客観的に示すことも可能です。

アメリカのCisco Systems社が認定する「CCIE」や、カナダのNPO法人が認定する「LPIC」は有用性の高い資格ですので狙ってみるのも良いでしょう。

インフラエンジニアの転職に強い
転職エージェント・転職サイト

インフラエンジニアの仕事できついポイント8選

 

インフラエンジニアの仕事がどういうものか理解したところで、きついと言われる理由について解説していきます。主な理由は次に示した8つです。

  • 休日出勤や残業の頻度が高い
  • 急なトラブル対応
  • トラブルが解決するまで帰れない
  • 夜勤で生活リズムが狂う
  • プライベートの時間も勉強しないといけない
  • 成果を実感しにくい
  • サーバールームが寒い
  • 単純作業が多くモチベーションが上がらない

重要度の高い業務であることやインフラエンジニア特有の環境によるものが要因となっています。それでは各項目について細かく見ていきましょう。

きつい理由①休日出勤や残業の頻度が高い

便利なITサービスの基盤を担うインフラエンジニアにとって、日常の保守・管理も欠かすことのできない業務です。たとえ国民の休日であっても、条件により出勤・残業の可能性があります。

急なトラブル対応も、休日出勤や残業が増加する要因です。業務の内容上、休日出勤や残業の頻度が高くなることについてきついと感じている人が多くいます。

きつい理由②急なトラブル対応がある

問題なくシステムが動いているときは良いですが、予期しない障害やトラブルが起きることもあります。多くの人に影響を与えるサービスの場合、なるべく早い復旧が望まれるでしょう。

トラブルを予想することはできないため、要請があった時点ですぐさま対応しなければなりません。休日なのに心が休まらず、仕事に拘束されている印象が強い点もきついと感じる要因となっています。

きつい理由③トラブルが解決するまで帰れない

多くの人に影響を与えるサービスの場合、なるべく早い復旧が望まれると解説しました。裏を返せばトラブルが解決するまで、対応に当たらなければならないということです。

急なトラブルへ対応することに加え、作業時間まで長くなると精神的・体力的にもつらくなります。

予期しないトラブルでプライベートの時間がどんどん削られていくことに対して、きついと感じるインフラエンジニアが多いようです。

きつい理由④夜勤で生活リズムが狂う

インフラエンジニアの仕事には、システムの監視業務も含まれます。24時間監視業務の場合は、必然的に夜勤での対応にならざるを得ません。

また利用頻度の高いシステムだと昼間にメンテナンスを行うことができず、夜間で対応するしかないパターンもあります。睡眠のサイクルを狂わせるうえ、体調管理も難しくなるのが夜勤業務です。

生活リズムを整えにくい点も、きついと感じる要因のひとつとなっています。

きつい理由⑤プライベートの時間も勉強しないといけない

インフラエンジニアに限らず最新技術の勉強は、エンジニアとしての価値を高めるための必須行為です。特に技術の移り変わりが激しいIT業界では、プライベートの時間を削った勉強も必要になります。

普段の仕事でも拘束されがちなのに、プライベートの時間まで影響を受けてしまってはインフラエンジニアを続けるモチベーションも下がりそうです。

必要な行為とは言え、勉強しないといけない点をきついと感じる人もいます。

きつい理由⑥成果を実感しにくい

インフラエンジニアの仕事ではトラブルが起きないことを当たり前とされるため、問題の起きない日々が通常です。運用や保守業務で成果を感じることは少なく、成長している実感も湧きにくいと言えます。

通常業務では、顧客の満足度が分かりづらいことも影響しているでしょう。短期間での成果を実感しにくい点も、きついと感じる人が多い項目です。

きつい理由⑦サーバールームが寒い

インフラエンジニアが主に作業する場所となるサーバールームは常に冷房が効いた状態です。

サーバーが熱を持って暴走しないように低温にする必要があるのですが、人によってはこの環境がきついと感じる要因になります。

サーバールームでの作業は、インフラエンジニアだと避けることのできないものです。冷房が苦手な人にとって、インフラエンジニアはあまりおすすめできない職種となります。

きつい理由⑧単純作業が多くモチベーションが上がらない

インフラエンジニアの仕事は問題が起きない限り、地味で単純な作業が大半を占めます。単純作業が多いとマンネリ化しやすく、仕事のモチベーションも上がりません。

成果が実感できないことも合わせて、インフラエンジニアのきつい部分を増長させてしまいます。通常業務にやりがいを見出せなければ、インフラエンジニアを続けることもつらいと感じるでしょう。

インフラエンジニアの転職に強い
転職エージェント・転職サイト

きついけど楽しい!インフラエンジニアのメリット6選

きついけど楽しい!インフラエンジニアのメリット6選

きついと感じる部分が多いインフラエンジニアですが、それを上回るメリットも存在します。主なメリットを6つ、まとめてみました。

  • 自分のペースで仕事を進められる
  • 汎用性の高いスキルや知識が身に付く
  • スキルやキャリアを積めば高収入も可能
  • 学歴や経歴が関係なく未経験でも挑戦できる
  • ITインフラの需要は高く、安定して働ける
  • 大手優良企業で働けるチャンスも

どれも魅力的なメリットであり、インフラエンジニアを目指す理由として十分なものばかりです。

メリット①自分のペースで仕事を進められる

インフラエンジニアの業務は、基本的にひとりで行うものです。周りを気にせず自分のペースで仕事を進められることが、人によっては大きなメリットとなります。

ひとりで作業することから、人間関係で悩むことも少なくなり集中して業務に取り組むことが可能です。

メリット②汎用性の高いスキルや知識が身に付く

インフラエンジニアの知識や経験は、どのエンジニア職でも活かすことができます。どんなITサービスでも土台となるインフラが必要です。

インフラエンジニアの専門性を持ったまま、ほかのエンジニアに転職すれば希少な人材として重宝されるでしょう。

汎用性の高いスキルや知識が身に付くことは大きなメリットであり、需要が高まっているフルスタックエンジニアへの道も開けます。

メリット③スキルやキャリアを積めば高収入も可能

通常業務で成果を得にくい分、資格や経験で年収を積み上げることが可能です。インフラスペシャリストやプロジェクトマネージャー、ITアーキテクトといったキャリアパスも選択できます。

インフラエンジニア自体で年収1,000万を狙えることはすでにお話ししました。単純作業が多くモチベーションが上がらなくても、スキルやキャリアを積めば高収入も可能なのです。

メリット④学歴や経歴が関係なく未経験でも挑戦できる

エンジニア職は実力本位の世界となります。インフラエンジニアも例外ではなく、学歴や経歴はあまり意味を成しません。

実際にインフラエンジニアの求人では学歴不問の文言が多く、企業側もこだわっていないことがわかります。

メリット⑤ITインフラの需要は高く、安定して働ける

人材不足が叫ばれる中、IT業界は拡大の一途をたどっています。そのような状況であれば、ITインフラの需要は高くインフラエンジニアが安定して働ける環境が整っていると言えそうです。

仮にIT業界の拡大が収まっても、生活に密着したITサービスがなくなることは考えられません。仕事がなくなるリスクは限りなく低いと判断できます。

メリット⑥大手優良企業で働けるチャンスも

認知度の高い大企業で働くには、学歴や経歴がものを言う場合もあります。大手であればあるほど、その傾向が強いイメージもあるでしょう。

インフラエンジニアに学歴や経歴は関係ないことを紹介しましたが、これは大手優良企業で働けるチャンスがあることを表しています。

インフラエンジニアであれば、大学出身でなくても大手企業に採用される可能性は十分あるのです。

インフラエンジニアの転職に強い
転職エージェント・転職サイト

インフラエンジニアに向いている人の特徴2選

インフラエンジニアに向いている人の特徴

つらい部分もありながら、働くメリットも多いインフラエンジニア。そんなインフラエンジニアに向いている人の特徴は次の2つです。

  • 機械に対して抵抗がない人
  • 勉強が苦にならない人

自分に当てはまっているかどうか、ぜひ確認してみてください。

特徴①機械に対して抵抗がない人

基本的にインフラエンジニアは、サーバーやネットワーク機器といった物理的な機械に向かって作業することになります。システム監視業務においても、トラブル発生時には機械を相手にすることになるでしょう。

機械に対して抵抗がない人でなければ、インフラエンジニアの業務は遂行できません。機械いじりが好きなだけでも、インフラエンジニアの適正があると言えます。

特徴②勉強が苦にならない人

インフラエンジニアがきついと感じる理由のひとつに、「プライベートの時間も勉強しないといけない」という項目がありました。

しかしながら技術変化の激しいIT業界では、勉強さえも仕事のひとつと言っても差し支えないでしょう。勉強が苦にならない人でないと、インフラエンジニアは務まりそうにないです。

インフラエンジニアへの就職・転職で失敗しない方法

インフラエンジニアへの就職・転職で失敗しない方法

最後にインフラエンジニアへの就職・転職で失敗しない方法を紹介しておきます。

方法①スクールで学ぶ

インフラエンジニアになるための学びは、スクールを利用することがおすすめです。インフラエンジニアになるためにカバーすべき勉強の範囲はとても広く、闇雲にやっても効果は少ないでしょう。

スクールを利用して、効率的にスキルを身に付けるべきです。スクールの中には、ポートフォリオ製作や資格取得のサポートをしてくれるサービスもあります。

独学に比べて費用はアップしますが、得られるメリットは大きいです。

方法②IT転職エージェントを利用する

インフラエンジニアへの転職が目的なら、エージェントの利用を検討しましょう。求人を紹介してもらえるうえに、知識と経験に裏打ちされた適格なアドバイスも受けられます。

インフラエンジニアならマイナビITAGENTがおすすめです。IT業界を専門としたキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの求人を紹介してくれます。

応募書類の添削や志望先に合わせた面接対策など、きめ細かいサポートが特徴です。マイナビITAGENT独自の非公開求人も魅力です。

転職エージェントに迷っているなら、とりあえずマイナビITAGENTに登録してみましょう。

インフラエンジニアの転職に強い
転職エージェント・転職サイト

【インフラエンジニアはきつい?】まとめ

【インフラエンジニアはきつい?】まとめ

インフラエンジニアがきついと言われる理由8つを紹介しました。きついと感じるポイントが多いと不安になりますが、インフラエンジニア独自のメリットもたくさんあります。

特に高収入を狙える点や今後のキャリアパスにつながる点は大いに注目すべきでしょう。安定して働き続けながら社会に貢献できる点も、インフラエンジニアの特徴です。

きついと感じる部分のみにとらわれなければ、インフラエンジニアが魅力ある仕事だとわかってもらえるはずです。ぜひインフラエンジニアを目指して、行動してみてください。