インフラエンジニアからの転職におすすめな職種とタイミングについて徹底解説

インフラエンジニアから転職
インフラエンジニアから転職したい!
転職先としておすすめな職種は?

エンジニアの中でも、サーバーやネットワークなどIT基盤を扱うインフラエンジニア。

すでにインフラエンジニアとして働いているが、ほかの職種の方が自分に合っているんじゃないかと転職を考えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、インフラエンジニアで転職を考えている方のために、おすすめの職種や転職する際のポイントをまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

  • インフラエンジニアからの転職におすすめな職種5選
  • インフラエンジニアが転職する際のポイント
  • インフラエンジニアから転職する際に使いたいITエージェント

インフラエンジニアの転職先は多数ある!

インフラエンジニアの転職先は多数ある!

インフラエンジニアからの転職を検討している方のなかには、「自分は転職できるのだろうか」と不安な方も多いのではないでしょうか?

インフラエンジニアでも転職できるの?

結論からいうと、転職先は多数あるので安心してください。

すでに持っているスキルを活かすなら社内SE、SES、大手SIがありますし、職種としてはサーバーエンジニアやネットワークエンジニアなど、転職先の選択肢は数多くあります。

システム開発自体にそこまで興味がないのであれば、マネジメントがメインの仕事もあるので、「エンジニアはちょっと違うかも」と思った方も前向きに検討してみましょう。

インフラエンジニアからの転職におすすめな職種5選

インフラエンジニアからの転職におすすめな職種5選

インフラエンジニアからの転職を検討している方のなかには、「転職できる職種にはどんなものがあるのだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

転職におすすめな職種を見てみましょう。
  • サーバーエンジニア|サーバーの構築から保守を行う
  • ネットワークエンジニア|システムネットワークの構築
  • データベースエンジニア|DBの設計・開発・運用
  • クラウドエンジニア|クラウドを使ったインフラ運用
  • インフラ保守エンジニア|インフラの整備・セキュリティ管理

それぞれ、詳しく解説します。

サーバーエンジニア|サーバーの構築から保守を行う

転職先としておすすめな職種の1つに、サーバーエンジニアがあります。

サーバーエンジニアの仕事内容は、サーバーをイチから構築・設計し、管理保守することです。

構築業務ではサーバーのスペックや必要台数の検討をし、保守業務ではサーバーの監視やセキュリティチェック、バックアップなどを行います。

サーバーエンジニアはOSのインストールも行うので、すでにOSに詳しい方は転職に有利です。

ネットワークエンジニア|システムネットワークの構築

転職先としておすすめな職種の1つに、ネットワークエンジニアがあります。

ネットワークエンジニアの仕事内容は、ネットワークの設計から要件定義、構築、保守・監視、運用です。

設計業務ではクライアントにヒアリングをして必要機器の数や種類などを決め、構築業務では実際にネットワーク機器を設置していきます。

ちなみに、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアは混同されがちなので注意しましょう。

業務は似ていますが、サーバーエンジニアはあくまでサーバー専門であり、ネットワークエンジニアとは仕事のフィールドが異なります。

データベースエンジニア|DBの設計・開発・運用

転職先としておすすめな職種の1つに、データベースエンジニアがあります。

データベースエンジニアの仕事内容は、データベースの設計・開発・管理・運用です。

データベースには企業機密や個人情報などのデータが詰まっており、責任重大なので、慎重なタイプの人に向いています。

「SQL(エスキューエル)」というデータベース操作言語が必須スキルなので、すでにそのスキルを持っている人は転職に有利です。

クラウドエンジニア|クラウドを使ったインフラ運用

転職先としておすすめな職種の1つに、クラウドエンジニアがあります。

クラウドエンジニアの仕事内容は、クラウドを使ったネットワークを構築し、それらを保守・運用していくことです。

サーバーエンジニアやネットワークエンジニアがハードウェアを設置するのに対し、クラウドエンジニアはソフトウェアの設定がメインになります。

他のエンジニアと比べて大掛かりな作業が少ないのが特徴です。

インフラ保守エンジニア|インフラの整備・セキュリティ管理

転職先としておすすめな職種の1つに、インフラ保守エンジニアがあります。

インフラ保守エンジニアの仕事内容は、インフラ全般の定期的な整備やセキュリティのバージョン管理です。

バージョン変更時は開発チームや検証チームに連絡をする必要があるので、メンバーとのコミュニケーションも求められます。

インフラエンジニアが転職する際のポイント

インフラエンジニアが転職する際のポイント

インフラエンジニアからの転職を検討している方のなかには、「転職時は何に注意したらいいの?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

転職する際のポイントを見てみましょう。
  • ポイント①希望する業務に長く携われるか事前に確認
  • ポイント②転職先企業で活躍している年代を確認する
  • ポイント③IT転職エージェントを活用する

それぞれ、詳しく解説します。

ポイント①希望する業務に長く携われるか事前に確認

インフラエンジニアが転職する際のポイントの1つに、希望業務に長く携われるかの確認があります。

転職できたとしても、希望する業務に携わることができなければ、やりたい仕事ができません。

クラウド領域に携わりたいのに、オンプレミスにこだわる企業に転職してしまうのはわかりやすい失敗例です。

あとで後悔しないためにも、希望業務に長く携われるかはチェックしておきましょう。

具体的には、面接時に携わりたい業務についてのすり合わせをしたり、エージェントのサポーターに希望業務をしっかりと伝えておくことで対策できます。

やりたい仕事ができるかどうかが大切!

ポイント②転職先企業で活躍している年代を確認する

インフラエンジニアが転職する際のポイントの1つに、活躍している年代の確認があります。

たとえば、30代が活躍している組織と20代が活躍している組織を比較した場合、後者の方が成長に期待が持てます。

一概には言えないかもしれませんが、若手が活躍している方が思考が柔軟なので、最新のものに携われる可能性は高いでしょう。

柔軟で最新なものに触れたいなら若手が多い会社を選ぼう!

ポイント③IT転職エージェントを活用する

インフラエンジニアが転職する際のポイントの1つに、IT転職エージェントの活用があります。

IT転職エージェントで受けられるサポートが以下です。

  • キャリア面談
  • 企業の紹介
  • 書類や面接のアドバイス
  • 面接日程の調整
  • 給与交渉
  • 入社準備のサポート

非公開求人を紹介してもらえたり、応募書類を添削してもらえたりと、転職活動を有利に進められます。

困った時はいつでも相談できるので、転職を考えている方はぜひ転職エージェントを活用してみてください。

転職活動に慣れていない方は転職エージェントがおすすめ!!

インフラエンジニアを続けたい人向け!おすすめの転職先

インフラエンジニアを続けたい人向け!おすすめの転職先

インフラエンジニアからの転職を検討している方のなかには、「インフラエンジニアをまだまだ続けたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

おすすめの転職先を見てみましょう。
  • 社内SE|将来マネジメント職に就きたい人におすすめ
  • SES|スキルアップをしたい人におすすめ
  • 大手SI|インフラエンジニアのスキルをそのまま活かせる

社内SE|将来マネジメント職に就きたい人におすすめ

インフラエンジニア系のおすすめ転職先の1つに、社内SEがあります。

社内SEはインフラ整備やヘルプデスクを担うことが多いため、インフラエンジニアとしてのスキルをそのまま活かすことが可能です。

開発メインというよりマネジメントメインで、外注SEとの連携や部署間での意思疎通をして問題解決していく柔軟なスタンスが求められます。

上の立場からコミュニケーションを取りつつ仕事を遂行していきたい方におすすめです。

SES|スキルアップをしたい人におすすめ

インフラエンジニア系のおすすめ転職先の1つに、SESがあります。

SESとは雇用形態の1つで、『クライアント先にエンジニアを派遣して労働を提供するもの』です。
さまざまな環境で働けるのがメリットで、1つの場所にこだわらず働きたい方に向いています。

また、勤務時間が明確に決められているので、エンジニアにありがちな納期に追われて残業まみれになる心配がありません。

報酬は低いのがデメリットですが、労働時間をコントロールしやすいので、時間的な自由を求める方におすすめです。

大手SI|インフラエンジニアのスキルをそのまま活かせる

インフラエンジニア系のおすすめ転職先の1つに、大手SIがあります。

大手SIは上流工程から携われるのが大きな特徴で、マネジメント業務が主な仕事です。

マネジメントメインなので、プログラミングに集中したい方には不向きですが、経営が安定した会社で安心して働けるというメリットがあります。

収入が高く、福利厚生も充実しているので、労働環境のクオリティを重視したい方におすすめです。

インフラエンジニアから転職する際に使いたい!IT転職エージェント

インフラエンジニアから転職する際に使いたい!IT転職エージェント

インフラエンジニアからの転職を検討している方のなかには、「どの転職エージェントを利用すればいいんだろうか?」と迷っている方も多いのではないでしょうか?

おすすめのIT転職エージェントを見てみましょう。
  • マイナビITAGENT|20代のIT転職に強い
  • リクルートエージェントIT|最大手のエージェント

それぞれ、ご紹介します。

マイナビITAGENT|20代のIT転職に強い

マイナビITAGENT|20代のIT転職に強い

公開求人数 15,000以上
非公開求人数 9,000以上
取り扱い職種 SE・システムエンジニア(IT・通信・インターネット)/機械・電気・電子・素材/医療系専門職/コンサルタント・監査法人・士業関連/金融専門職/クリエイティブ/経営・企画・管理・事務/販売・サービス/建築設計・土木・プラント・設備/営業職/不動産専門職
取り扱いエリア 全国
取り扱い雇用形態 正社員/契約社員

マイナビITAGENTは大手紹介の株式会社マイナビが運営しているIT専門の転職エージェントです。

求人量とサービスクオリティのバランスが良く、大手としての安心感があるので、多くの人におすすめできます。

20代や第二新卒向けの求人が多数あるので、若手の方で興味がある方は利用してみてください。

非公開求人を紹介してもらえたり、履歴書を添削してもらえたりと、手厚いサポートが受けられます。

リクルートエージェントIT|最大手のエージェント

リクルートエージェントIT|最大手のエージェント

公開求人数 45,000以上
非公開求人数 63,000以上
取り扱い職種 営業・販売/経営・企画・マーケティング/事務系(経理・総務・人事)/IT・エンジニア/医療・医薬品・化粧品/コンサルタント/建築・土木技術/電気・機械・科学エンジニア
取り扱いエリア 全国
取り扱い雇用形態 正社員/他

リクルートエージェントITは圧倒的な求人数を誇るマンモス級の転職エージェントです。

マイナビは若手向けなのに対し、リクルートエージェントITは20代〜40代以降と幅広い年齢に向けてサポートしています。

地方の求人が充実しているので、他社で良い求人に出会えなかった方は是非利用してみてください。

最大級のエージェントを選ぶなら、まちがいなくリクルートエージェントITです。

インフラエンジニアから転職まとめ

インフラエンジニアから転職まとめ

いかがでしたか?

今回はインフラエンジニアからの転職におすすめな職種や転職する際のポイントについて解説しました。

結論、インフラエンジニアのスキルの需要は大きいので、転職先に困りません。

社内SEやSES、大手SIなどあなたのスキルを求める先は数多くありますし、職種としてはサーバーエンジニアやクラウドエンジニアなど、他の系統でも転職可能です。

ポイントを押さえて転職先を選定すれば、後悔しない職に就けるはずので、ぜひ前向きに転職活動をしてみてください。