IT土方とは?仕事内容から末路について徹底解説!脱出方法も併せて紹介

IT土方とは

2022年になってもますます発展していくIT業界。高い人気とは裏腹に「IT土方」という負のイメージを持つ言葉も存在します。

そんなIT土方という言葉、ちょっとでも知ってしまうと次に頭をよぎるのはこんな考えではありませんか?

私はIT土方じゃないよね…

そしてもし自分がIT土方だとわかったなら、こうも考えるでしょう。

負のイメージであるIT土方から早く抜け出したい

今回の記事ではIT土方がどんなものなのか、脱出するためにはどうしたらよいのか、といった解説と具体的なアドバイスをまとめています。

IT土方について知りたい、IT土方から抜け出したいと悩んでいる方はぜひ読んでみてください。

IT土方を辞めたいならココ!実際に利用して分かった

\IT土方の脱出に強い IT転職エージェント3選!/

マイナビIT AGENT
マイナビit転職エージェント
リクルートエージェントIT
リクルートエージェントITエンジニア
DirectType
DirectType
・キャリアアップを狙える
・20代のIT転職に強い
・国内最大の求人数
・転職支援ツールが充実!
・エンジニア転職に強い
・スカウト式で登録したら待つだけ
ITの公開求人数多数有り
ITの公開求人数約4.5万件
ITの公開求人数非公開
IT転職エージェント選び方 レバテックキャリア マイナビIT転職エージェント ウィルオブテックキャリア

最初に読みたい!おすすめIT転職エージェント・IT転職サイトランキング

初めてIT転職エージェントを利用する方・IT転職エージェント選びで失敗したくない方
こちらの記事がおすすめ。
IT転職関連記事

今回は総合的におすすめできる転職エージェントはもちろん、年代や業種ごとに活用していきたいIT転職エージェントについても細かく解説していきますので、転職を有利に進めたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

IT転職エージェントおすすめ23社を徹底比較!IT業界/Webエンジニア向けの転職エージェント・転職サイトを厳選

専門家の意見を交えておすすめ23社を徹底比較し、業種・業界・年齢・希望年収ごとのおすすめ転職エージェントもご紹介。

あなたに最適なIT転職エージェント・IT転職サイトがきっと見つかります。
目次

IT土方とは?由来など基本情報を紹介します

IT土方とは?由来など基本情報を紹介

まずはIT土方という言葉について解説していきます。IT土方とはピラミッド構造の底辺に位置する情報技術産業労働者のことです。

IT土方の由来

IT土方とは、IT業界において単価の低い単純作業を長時間続ける人たちのことを指します。土方と比喩するのはIT業界の商流が、建築・土木業界と似ているからです。

どちらも多重請負構造で、元請けから二次請け、二次請けから三次請けと仕事が流れていきます。最終的に残る仕事は技術を必要としない簡単な作業となり、中間マージンも取られているため単価もかなり安いです。

このようにIT業界における多重請負構造の最下層で働き続ける人たちが、自虐的にIT土方と呼んだことが始まりとなります。

ITバブル時代の人材派遣会社を背景として生まれた言葉ですが、今でも一部のブラック企業にIT土方の実態が見られるようです。

IT土方の新3Kについて

IT土方には、その仕事内容を表した新3Kという用語があります。肉体労働を指す3K「きつい」「汚い」「危険」から派生した新たな言葉です。

中身は「きつい」「帰れない」「給料が安い」をはじめ、「厳しい」「結婚できない」「休日が少ない」などさまざまなパターンの組み合わせがあります。

これらの言葉はIT土方を体験した人たちが語るもので、当時の下請け業界を如実に表した言葉です。華やかで人気のあるIT業界ですが、こういったネガティブなイメージは現在でも根強く残っています。

当てはまったらIT土方かも?IT土方チェックリスト

当てはまったらIT土方かも?IT土方チェックリスト

IT土方には、一定の特徴があります。これから紹介する特徴に当てはまった人は、IT土方かもしれません。

IT土方チェックリスト
  • 年収が350万円以下である
  • 土日休みが少ない、もしくは休日出勤がある
  • 深夜出勤が多い
  • SESエンジニアとして働いている
  • 会社が孫請け案件を受注している
  • 決められた工程通りに入力するだけのタイピング業務
  • プログラマーでなくてもできるような簡単な作業
  • マニュアルさえあれば知識不要で構築ができる
  • 未経験歓迎の条件で入社した

IT土方の特徴として、就業環境が良くないことが上げられます。年収が低かったり休日が少なかったりと、ワークライフバランスが取れないことも。

SESエンジニアとして働いていたり、会社が孫請けをしていたりなどの場合は、案件として任されるプログラミングの幅が狭まる可能性があります。基本的な設計やプログラミングの構築は済んだ状態で、軽微な修正や簡単な入力だけが業務になることが多い傾向にあります。

また、未経験歓迎の会社はたくさんありますが、入社後に任される案件がプログラマーでなくてもできるようなものが多く、単純なルーティン作業ばかりになるケースも。

IT土方から抜け出すために登録必須の
IT転職エージェント

IT土方の仕事内容をご紹介

IT土方の仕事内容をご紹介

次にIT土方と呼ばれる人たちがどういった仕事をしているのか紹介していきます。IT土方のほとんどはプログラマーであることが多いです。

システム開発の中でも下請けに回ってきやすい下流工程(コーティングと各種テスト)を担うのはプログラマーで、設計書に従ってコードを打つ仕事がメインとなります。

ほかにもシステムの監視作業や運用保守(手順書に従った対応と記録)などもIT土方といわれる仕事のひとつです。これらはマニュアルに沿って作業する力があればよく、高レベルのスキルを必要としません。

そのためプログラマーよりもさらに低い単価での仕事になります。

IT土方はSESやSIer業界に多い

SIer(エスアイヤー)とは受託ソフトウェア開発を請け負う企業です。SIer業界も多重請負構造なので、下請けのSIerに所属するエンジニアは単価の低い仕事を請け負うことになります。

ただしSIerの中でもメーカー系(電気やパソコンメーカー)やユーザー系(大手企業)の企業エンジニアは、単価の高い上流工程(要件定義や各種設計)を受け持つことが多いためIT土方には当てはまりません。

次にSES(システムエンジニアリングサービス)についてですが、これはIT業界における契約形態のひとつ「準委任契約」を指します。

この準委任契約に基づいて自社のエンジニアを派遣する会社をSES企業と呼びますが、派遣先が下請けのSIerだとIT土方になってしまうので危険です。

IT土方の年収上限は350万?

IT土方の年収上限は350万?

気になるIT土方の年収ですが、高くても350万といわれています。ちなみにプログラマーの平均年収は430万円です。もちろんスキルによって差はあるでしょうが、100万近い差があります。

この差は単価の安い仕事しか回ってこないことが原因で、たとえ年齢が上がったとしても劇的な変化はありません。中には年収が200万円台の人もいます。

勤め先の処遇によってある程度の違いは出るでしょうが、IT土方のままでは年収にあまり期待できないようです。

IT土方の末路は「デスマーチ地獄」

IT土方の末路は「デスマーチ地獄」

スケジュールの遅延により深夜残業や休日出勤が続くことをデスマーチといいますが、この状況にもっとも遭遇しやすいのがIT土方です。

進行しているプロジェクトに遅れが出た場合、管理者は何らかの対策を取る必要があります。そこで選ばれやすいのが人海戦術で乗り切る方法です。

ですが使える予算は決まっているので、高額な人件費を払う余裕はありません。そこで下請け会社やSESに、安価で人員を派遣してくれるよう要請します。

結果的にIT土方はデスマーチという劣悪な労働条件のもとで働くことが多くなるのです。

IT土方から抜け出すために登録必須の
IT転職エージェント

IT土方にならないために!ブラック求人の見分け方

IT土方にならないために!ブラック求人の見分け方

IT土方は、ライフワークバランスが取りづらく、労働力に対し給与が見合わない場合もあるため、しっかりとブラック求人を見分けたいものです。

ここでは、ブラック求人を見分けるコツを紹介します。ブラック求人の特徴を把握して、自分に合った求人を見つけましょう。

ブラック求人の見分け方

  • 応募ハードルの低い求人が頻繁に出てないか確認
  • 記載されている給料が一般的な水準より高くないか確認
  • 固定残業代が給料の中に含まれていないか聞く

応募ハードルの低い求人が頻繁に出てないかチェック

「未経験歓迎」や「充実の研修」などの文言を謳っている求人には要注意です。SE職未経験者の中には、このような文言を見ると「安心して入社できる」と考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、結果的には任される業務の範囲が少なく、あらかじめ用意された設計書や、マニュアル通りの内容をただ入力するだけの単純作業になってしまうことがあります。プログラミングスキルを学ぶこともほとんどできないケースが多く、スキルアップにもつながらないため注意しましょう。

記載されている給料が一般的な水準より高くないか確認

求人に記載されている給与額が、一般水準に比べて高いものには注意が必要です。入社時の給与はもちろんですが、「入社2年目で月収50万円」「入社5年目 部長 月収90万円」といったように、将来的な月収例で示されている場合もあります。

すべての企業が偽りを記載しているわけではありませんが、異様に高い給与を提示している場合には注意が必要です。

また、初任給の額面の幅が広い場合にも注意をしましょう。いくら高い金額に設定されていても、さまざまな理由をつけられて、最低額まで引き下げられる可能性があります。

固定残業代が給料の中に含まれていないか聞く

求人をチェックするときは、給与に固定残業代が含まれていないかも注目したいポイントです。多くの転職サイトでは、固定残業代が支払われる場合は、給与と別に表記されています。

固定残業代は、事前に予測される残業代が、給与と合わせて支払われるものです。残業がほぼ発生しない企業で働く場合には、固定残業代は従業員にとって大きなメリットになります。

しかし、ブラック求人を掲載するような企業には、残業時間を正確に把握せず、固定残業分を大幅に超過して働かせているところもあります。その場合は、固定残業代が含まれることによって、ただ基本給が低くなるだけになってしまうでしょう。

底辺のIT土方から脱出する方法

底辺のIT土方から脱出する方法

IT土方から脱出したいと考えているのであれば、今すぐにでも行動を始めることが大切です。ここでは、IT土方を脱出する具体的な方法を解説します。

  • 自社開発のエンジニアとして転職する
  • IT転職エージェントを使い、優良企業に転職する
  • 派遣エンジニアを辞める
  • IT業界ではない企業に転職する
  • フリーランスとして独立する

それでは各項目について詳しく解説していきますので、自分に合いそうな方法を選んで参考にしてみてください。

脱出方法①自社開発のエンジニアとして転職する

ひとつめは自社サービスを持っている企業のエンジニアへ転職することです。大企業でなくとも自社サービスを持つ会社はたくさんあります。自社サービスは一度作って、終わりではありません。

ユーザーの意見を直に聞きながら、よりよいものへ改善していく必要があります。このようにシステム利用者の評価を直接受けられる機会があるのは、受諾開発と比べて大きなメリットです。

また新しいシステムを構築する際も企画から開発までいろんな工程に携われる可能性があり自身のモチベーションアップにもつながります。

脱出方法②IT転職エージェントを使い、優良企業に転職する

ふたつめは大手優良企業への転職を目指すことです。大手であれば給料も高く、労働条件も悪いものは少ないでしょう。IT業界は今でも人材不足が叫ばれている世界です。

転職エージェントには有名企業からの求人も多く掲載されています。非公開求人や独占求人を加味すれば、自分の希望にあった企業が見つかる可能性も高いです。

大手でなくても利益を社員に還元している会社であれば、IT土方を続けるよりもよい結果に期待できます。企業の情報を得るには転職エージェントを利用するのが一番です。

積極的に登録を行って優良企業への転職を目指しましょう。

脱出方法③派遣エンジニアを辞める

最後の脱出方法は派遣エンジニアを辞めることです。もっと具体的にいうとフリーランスでの活動を目指します。個人事業主ですので、請け負う仕事は自分の裁量次第です。

営業力も必要になりますが、高いスキルを持っていれば高単価の案件も獲得できます。フリーランスエンジニアの平均年収は700万円から1,000万円といわれていますが、これは客先常駐型の金額です。

在宅ワークとなると単価が少し低くなる傾向がありますので、できれば客先常駐型の長期案件を狙うのがおすすめです。

ただしフリーランスになると仕事の安定性、保険や年金の支払い、年度毎の確定申告などデメリットも生じますので十分考えて進路を選択しましょう。

脱出方法④IT業界ではない企業に転職する

IT業界ではない、まったく別の業界に転職することもひとつの手段です。実際、SEやIT職を募集する求人は多くありますが、それらはIT土方を集める目的にも見受けられます。

さまざまな魅力的な条件を提示して、IT土方を増やそうとするブラック求人が後を絶ちません。そのため、IT業界にこだわりがないのであれば、まったく別の業界を目指してみても良いでしょう。ただし、未経験での入社の場合は、年収が下がる可能性があることに注意しましょう。

脱出方法⑤フリーランスとして独立する

すでにある程度の知識やスキルを身に付けている人は、フリーランスへの転身を目指してみても良いでしょう。フリーランスは、時間や場所に縛られず、自由に働くことができます。そのため、今までワークライフバランスに悩んでいた人は、大幅に労働環境を改善できるかもしれません。

ただし、自ら営業をかけて案件を獲得しなければならないことや、収入面でやや不安定になることもあります。クラウドソーシングサイトや、フリーランスエージェントなどを活用し、安定的に案件を獲得できる環境作りが必要です。

IT土方から抜け出すために登録必須の
IT転職エージェント

IT土方脱出を成功させるために転職前にやっておくべきこと

IT土方脱出を成功させるために転職前にやっておくべきこと

IT土方を脱出するためには、すぐに行動することが重要です。ここでは、転職活動を始める前にやっておくべきことを紹介します。

しっかりと準備をしてIT土方を脱出しましょう。

プログラミングの基本スキルをきちんと習得する

IT土方は、誰にでもできる単純作業や、マニュアル通りの作業を任されることが多い傾向にあります。しかし、そのような状況下でも、プログラミングスキルの基本を学ぶことはできるはずです。少なからず、経験者として次の会社に転職できるように、最低限のスキルは習得するようにしましょう。

また、プログラミングのスキルがあることを、言葉だけで伝えることが難しい場合もあります。そのため、資格やポートフォリオを作成するなど、言葉以外で自分の実力を示せるようにしましょう。

業界や職種についての理解を深める

自分が転職したいと考えている業界や、職種についての理解を深めることも重要です。特に未経験の業界や職種に挑戦する場合は、しっかりと事前に調べておきましょう。

業界や職種についての知識がないと、自分が希望する条件とのミスマッチが発生する可能性があります。もし就職できたとしても、入社後のギャップによってさらに転職を重ねてしまうことも。また、面接においては、業界や職種への理解不足と認識されてしまい、なかなか合格につながらないケースもあります。

自分をアピールできるポートフォリオを作成する

自分が持つスキルを明確にアピールするために、ポートフォリオを用意しましょう。自分の長所をアピールする自己PRにもつながるため、面接をスムーズに進めることもできます。

ポートフォリオには、自分の実績や経験した案件内容などを記載すると良いでしょう。その際に、案件の詳細や所要時間、自分が携わった内容など、どれくらいの技術を持って取り組んだのかを書きましょう。ただし、内容によっては社外秘にあたる可能性もあるため、書ける範囲の内容で問題ありません。

また、ポートフォリオに記載する際は、新しいものから順に記載すると良いでしょう。企業はすぐにでも活躍できる人材を探しています。そのため、直近で取り組んだものが、求めている条件とマッチしていれば、採用へ近づけるかもしれません。

IT土方を続けていてもスキルが身につかないので転職がおすすめ

IT土方を続けていてもスキルが身につかないので転職がおすすめ

IT土方の仕事はマニュアルに従って、同じ工程を繰り返すものが多いです。そのため高いスキルも身に付かず、時間だけが過ぎていきます

仕事内容でのキャリアアップは見込めないので、IT土方という境遇にいるだけで損です。将来の展望が開けないIT土方を続けるのはマイナスでしかないので、なるべく早い転職がおすすめとなります。

IT土方脱出の助けになる転職エージェント5選

IT土方脱出の助けになる転職エージェント3選

ここからはIT土方を脱出するために使ってほしい、おすすめの転職エージェントを5つご紹介します。

  • マイナビITAGENT
  • ワークポート
  • ウズキャリIT
  • レバテックキャリア
  • TechClipsエージェント

どれもIT業界に特化した魅力ある転職支援サービスです。ですがどれでもいいという訳ではなく、自分の希望に沿ってくれる転職エージェントを選ぶのが肝要です。

各サービスの特徴を解説していきますので、しっかり理解して選んでみてください。

マイナビITAGENT|20代のIT転職に強い!徹底したサポート

マイナビITAGENT

マイナビITAGENTの特徴
  • 求人数は約12,000件!
  • 専任のキャリアアドバイザーによる細かいサポート
  • 転職活動の面倒な作業もすべておまかせ

マイナビIT AGENTは知名度の高い大手マイナビグループが運営する、IT業界向け転職支援サービスです。求人数も約12,000件とかなり多く、20代や第二新卒向けもしっかりカバーされています。

全体の約80%が非公開求人のため、サイトに掲載されているのはほんの一部でしかありません。IT業界に詳しい専任のキャリアアドバイザーが、持っているスキルを生かした最適の転職プランを提案してくれます。

応募書類の添削や面接対策などのサポートもしっかり対応。年収交渉や面接日程の調整まで、面倒でやりにくい作業もすべて代行してくれる点も魅力です。

関連記事

マイナビITAGENTは、IT業界未経験者でも利用できる転職エージェントです。 また運営元がマイナビエージェントということもあり求人の種類は、 「インターネット・広告・ゲーム業界から、大手メーカー・金融業界・監査法人」までと豊富にあ[…]

【口コミ投稿付き】マイナビIT AGENTの評判と特徴を徹底解説

ワークポート|IT・ゲーム業界に強く未経験OKな求人多数

ワークポート

ワークポートの特徴
  • IT業界との太いパイプから生まれる魅力的な求人
  • IT未経験でも応募できる求人が多数
  • 無料エンジニアスクールも運営

ワークポートはIT業界に強いといわれる総合型転職サービスです。今は総合型の転職エージェンですが11年間IT専門だったパイプを生かして、他社にない求人を持っています

IT業界に精通した担当者が、マンツーマンの転職コンシェルジュとして丁寧にサポートしてくれるのでスピード感のある転職が可能です。

ほかの転職エージェントと比べて未経験でも応募できる求人が多く「みんスク」という無料エンジニアスクールを運営している点も特徴となります。

IT・web系の転職といえば、必ずといっていいほど名前が挙がる転職サービスです。

関連記事

ワークポートはIT未経験の方でも、IT業界への転職を狙える転職エージェントです。 IT業界に特化した転職エージェントで「IT業界・ゲーム業界」 あなたはワークポートを利用しようと思ったときに、以下のように感じたことはありませんか? [wor[…]

ワークポートの評判はやばい?悪い口コミ・おすすめな人など!その他のおすすめ転職エージェントも!

ウズキャリIT|完全未経験からプログラミングを学べる

ウズキャリIT

ウズキャリITの特徴
  • IT学習とIT就職のダブルサポート
  • ブラック企業を徹底排除した求人
  • 定着率97%が示す高い満足度

ウズキャリITは、未経験からIT業界に転職を目指す人に、IT学習とIT就職の手厚いサポートを約束してくれるIT転職エージェントです。サービス開始からトータル2,000人以上のマッチングを成功させています。

求人紹介や面接対策のほか、エンジニアとしての基礎が学べる豊富な学習コンテンツが大きな魅力。深い知識を持つIT講師陣が、毎日の学習を強力に支援してくれます。

紹介する求人は厳格な自社基準を用いて徹底審査したもので、ブラック企業は論外です。内定者の定着率が97%を超えることからもわかる、満足度の高い転職支援サービスとなります。

レバテックキャリア|年に3,000以上企業を訪問!信頼性に長ける

レバテックキャリア|年に3,000以上企業を訪問!信頼性に長ける

レバテックキャリアは、IT業界に特化した転職エージェントです。エンジニアの求人のみを取り扱っているため、IT業界への転職を目指している人は、スムーズに求人情報を集められるでしょう。

また、転職をサポートするアドバイザーの評価が高く、ITに関する知識や技術を持つアドバイザーからコンサルティングを受けられます。レバテックキャリア自体が、もともとシステム受注を行っていた会社であるため、このように質の高いアドバイザーが多く所属しているようです。

公式サイト:
https://career.levtech.jp/

関連記事

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

TechClipsエージェント|高収入案件にこだわる人におすすめ

TechClipsエージェント|高収入案件にこだわる人におすすめ

TechClipsエージェントは、高年収・高待遇などのハイクラスエンジニアに向けた転職サイトです。すべての転職エージェントが、現役のエンジニアとして活躍しており、自分の持っているスキルや希望する条件などを正確に汲み取ってくれます。

大幅な年収アップや待遇改善を期待できますが、ほとんどの求人が経験者採用です。今までの経験をしっかりと活かしてきた人や、次の転職再起に大幅な待遇改善を期待する場合にはおすすめです。

公式サイト:
https://tech-clips.com/

IT転職エージェントは複数登録すべき?

IT転職エージェントは複数登録すべき?

IT向けの転職エージェントは複数ありますが、エージェントサービスは複数登録して良いものか、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、IT転職エージェントに複数登録することと、そのメリットについて解説します。

いくつかのIT転職エージェントに登録するのがおすすめ

転職エージェントは複数登録がおすすめです。ただし、自分に合わないエージェントを使い続けても、理想の転職先を探すことは難しくなってしまいます。そのために、複数の転職エージェントを利用したうえで、しっかりと比較検討をしていくことが重要です。

自分に合った転職エージェントを利用するために、最低でも2社、可能であれば4社程度登録しておくと良いでしょう。最終的には、1社の提案した企業へ転職すれば良いので、複数から企業を紹介してもらえるメリットもあります。

複数のIT転職エージェントに登録するメリット

複数の転職エージェントに登録するメリットのひとつは、紹介される案件が多くなることです。転職エージェントは、会社ごとに「非公開求人」を持っています。そのため、エージェントごとに異なった企業の紹介を受けられるでしょう。

また、エージェントごとに、違った視点でアドバイスを受けられます。1人のエージェントに頼りきりになると、視野が狭くなってしまうことも。さまざまなエージェントの意見を聞き入れ、転職のための糧とすると良いでしょう。

IT未経験者は知らぬうちにIT土方になってしまうことがあるので注意

IT未経験者は知らぬうちにIT土方になってしまうことがあるので注意

IT土方になってしまう原因のひとつに、ブラック企業への就職というパターンがあります。スキル未所持でも受け入れてくれる会社を見つけたからといって、安易に飛びつくのは危険です。

特にIT関連の仕事を格安で請け負う独立系SIerに就職してしまうと、知らぬ間にIT土方になってしまう確率が高くなります。

未経験のままIT土方として働いていても高レベルなスキルは会得できないので、転職を思い立ったとしても不利でしかありません。IT未経験での求人応募は企業選択を慎重に行いましょう。

IT土方とは?まとめ

IT土方とは?まとめ

ここまで見てきたIT土方の特徴をまとめると次のようなものになります。

  • 給料が安い、多重請負構造の一番下で働いている
  • マニュアルに沿った同じ作業を繰り返すので能力が上がらない
  • デスマーチ状態に陥りやすい
  • 早期に転職を決断すべき状態である

IT土方とは厳しい環境のわりに、低賃金で働くことを課せられる末端作業者のことでした。過去に比べて労働条件が改善されているとはいえ、一部の企業にIT土方と呼ばれる人たちが存在しているのは確かです。

記事を読んで自分の会社や労働環境に思い当たる節があるなら、今すぐ転職を考えるべきでしょう。もしあなたが未経験でIT業界に転職を希望しているなら、IT土方になる可能性がある企業は絶対に避けるべきです。

これからも市場規模が大きくなっていくことが予想されるIT業界ですので、よい転職のチャンスは必ずあります

本記事で紹介した転職エージェントを利用して、やりがいのある仕事や魅力的なキャリアアップを掴みましょう。

IT土方から抜け出すために登録必須の
IT転職エージェント