ITストラテジストへ転職するには?年収や資格取得の難易度まで徹底解説!

高度なITの知識をいかして、顧客の課題を解決するITストラテジストという職種。

ITストラテジストの数は多くないものの人気は高まっている職種です。
実際にITストラテジストに転職をするにはどうすればいいのか気になるところではないでしょうか。

ITストラテジストへの転職方法は知りたい!
年収や資格取得の難易度はどのくらい?

このような疑問にお答えします。

この記事を参考すればITストラテジストの転職する方法や資格取得の難易度がわかるでしょう。
ITストラテジストの転職を考えている方はぜひ、参考にしてください。

  • ITストラテジストは課題を解決する仕事
  • 保有資格で年収は変わる
  • 転職はエージェントを使うべき

ITストラテジストとは?基本情報をご紹介

ITストラテジストの情報

ITストラテジストとはシステムの上流の過程おける、会社の上位層と経営の計画や事業の戦略の立案の段階で参入する上位の職種の1つです。
そのため、高い知識でITに関連する戦略の策定と行動が求められます。
求められる能力は顧客様の問題などをITとからめて、解決を提案するのが仕事。

顧客様へ課題解決を提案して、開発の案件の受注をするのが流れとなります。
つまり、自社のITのサービスを顧客の課題を洗い出し、解決のために自社の開発案件を提案して受注できる人です。
その他には自社のITの戦略を考えて改善していくことも大事でしょう。

ITストラテジストの具体的な仕事内容

ITストラテジストの仕事内容

ITストラテジストの具体的な仕事内容を紹介します。

  • 業務の課題点抽出
  • 事業戦略やIT戦略の策定

ITストラテジストの仕事はITの知識を使って、仕事をするのが基本です。

それぞれ詳しく解説します。

業務の課題点抽出

ITストラテジストの仕事の1つとして業務の課題点抽出が挙げられます。
ITストラテジストの仕事は顧客様の課題点を洗い出して、自社のIT商品を提案して、解決することが仕事です。

そのため、課題解決の前段階として、業務の課題点の抽出が必要。
顧客様の課題点抽出のためにはヒアリングとなりたい未来のビジョンを洗い出すことが重要です。

そこから、自社商品で顧客様の課題点の解決と未来のビジョンの達成を目的とします。
その第一段階として業務の課題点の抽出が挙げられます。

事業戦略やIT戦略の策定

ITストラテジストの仕事として、事業戦略やIT戦略の策定が必要です。

ITストラテジストの仕事はITを駆使して、課題の解決すること。
そのため、課題解決のための事業戦略やIT戦略の策定をします。

事業がより、円滑に進むようにしながら、かつ、費用などをより抑えるように両輪で考えないといけません。
業務改善と効率と費用負担を減らすことのどちらも達成するように戦略を策定することが求められます。

そして、企業にとっての利益を最大限にすることが一番の目的となります。

ITストラテジストの年収を保有資格別に紹介!

ITストラテジストの資格と年収

ITストラテジストの年収を保有資格別に紹介します。
ITストラテジストの年収は保有資格によって、変わってくる。
IT関連の資格の難易度や持っていることで知識や技術の証明にもなります。

資格保有による知識の証明により、年収も変化してくるわけです。
それぞれ詳しく解説します。

資格①ITパスポート

ITパスポート保有による年収は380万~500万です。
ITパスポートは新たな技術ややり方などの知識、経営やマーケティングの力量を問う資格です。
その他にPMの知識など求められることは多岐に渡ります。

ただし、ポピュラーな資格のため、年収の上げ幅としてはそこまで大きくはなりません。
しかし、ITの基本的な資格のため、持っておいて損はないでしょう。

資格②情報セキュリティマネジメント

情報セキュリティマネジメントの年収は510万~600万です。
情報セキュリティマネジメントの内容としてはITなどにおける情報のセキュリティの安全を守ることが第一です。
そのために計画や運用、改善などを行いながら、情報を守るための知識を問う試験内容です。

近年はネットから情報が漏洩するなどセキュリティ面で問題視されることが増えてきました。
それに伴い、情報セキュリティマネジメントも需要も高い。

情報セキュリティマネジメント資格はこれからもより、求められることが多くなるでしょう。

資格③基本情報技術者

基本情報技術者資格保有者の年収は350万~600万です。
基本情報技術者の資格もポピュラーな資格のため、そこまで年収も大きくはない印象。

しかし、IT関連知識の基本的な資格と言えるため、まず初めに取得しておいても損はないでしょう。
ITの分野において実践的に使える資格でもあります。

基本情報技術者試験の内容はより高いレベルのIT人材を目指すための知識や技能を求める試験です。
企業などが抱える課題に情報技術の知識を持って、立案できる能力が求められます。
資格としての汎用性は高いと言えるでしょう。

資格④応用情報技術者

応用情報技術者の資格の年収は450万~650万円です。

基本情報技術者試験の上位版でさらなる知識などが求められます。

IPA(IT国家戦略を技術面と人材面で支える独立行政法人)
が運営している国家試験となります。

ITの技術だけではなく、経営の戦略やマネジメントの知識も必要。
そのため、ITのスキルを使いながら幅広く活用ができます。

IPAが定めている難易度としてはレベル3となっています。
高度なITのスキルを認定する資格であります。
そのため、試験内容とより幅広い内容。

出題範囲は基本情報技術者試験とかわりはありませんが、より知識を深堀りしないといけません。

ITの技術だけではなく、経営の戦略やマネジメントの知識も必要。
そのため、ITのスキルを使いながら幅広く活用ができます。

資格⑤ITストラテジスト

ITストラテジストの年収は670万程度です。
ITストラテジストは高い知識を持って、会社の経営計画をもとに会社を運営する過程の中でITを駆使しながら、業務を改善と効率化するための提案や策定を行える力を試す試験です。

ITストラテジストはより高いレベルで企業の課題解決の提案を行うため、年収も高くなる傾向にあります。

資格⑥システムアーキテクト

システムアーキテクトの年収は480万~700万円です。
システムアーキテクトとはITの開発で業務の分析、設計などから携わる仕事です。

アーキテクト自体が設計者などのことを指したりする言葉。
アーキテクトの言葉がITにおけるプログラマーやSEなどの上流工程に携わる人のことを表現します。
業務の設計などの上流から携わりたい方にはおすすめの資格です。

資格⑦プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーの年収は400万~900万です。
プロダクトマネージャーは業務改善の仕事において、課題解決の達成に向けて、責任をもってマネジメントを行う人。

システムの開発はお客様の要望をお伺いして、要望に応えるためのシステムの開発を計画するのが最初です。

プロダクトマネージャーは開発の規模によって、予算と日程、開発に携わるメンバーを決めて、チームをたてます。
立てたチームでプロジェクトをすすめていく。

プロジェクトの責任を負う立場のため、プレッシャーのある仕事も任されます。
その分プロダクトマネージャーは上のほうに行けば、年収も高い傾向にある。
組織をまとめるのが得意、あるいはチームをまとめて何かをすることが好きな人はおすすめです。

資格⑧ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストの年収は400万~800万円です。
ネットワークスペシャリストはネットワークを仕事とするエンジニアなどの中でも難易度は高い。
ITのネットワークのシステムの計画や運用、保守などを行う上で統括をするポジションです。

そのため、ネットワークに関する高度な知識を求められます。
ネットワークのシステムの立案や要件定義ができる能力があることを示すことができる資格です。
ネットワークスペシャリストは資格の難易度も高いため、年収も高い傾向にあります。

ITストラテジストに転職するなら利用したいIT転職エージェント

転職エージェント

ITストラテジストに転職をしたいならIT転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職活動を自力でやるのは非効率な部分も多いためです。

  • マイナビITAGENT
  • リクルートエージェントIT
  • レバテックキャリア

転職エージェントによって強みや得意とするところが違います。
転職エージェントの特徴などを理解しながら使い分けるのがいいでしょう。

それぞれの転職エージェントを詳しく解説します。

マイナビITAGENT|マイナビだけの独占求人アリ

mynavi-agent

マイナビITAGENTの特徴
  • 経験豊富なアドバイザー
  • 非公開求人多数
  • IT業界に強い

マイナビITAGENTはITに特化した転職エージェントです。
マイナビITAGENTはIT業界に精通したアドバイザーがサポートしてくれます。

その経験の豊富さをいかして、最適な求人を紹介してくれます。

非公開の求人も多いため、他の転職エージェントとかぶることも少ない。

マイナビITAGENTはITの転職を考えるなら、登録することをおすすめします。 

転職の実績 5.0
求人数の多さ 5.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 4.0
総合評価 4.5

リクルートエージェントIT|業界最大の求人数

recruit-agent-it

リクルートエージェントITの特徴
  • 幅広い職種に対応
  • サポート体制がいい
  • 求人数が多い

リクルートエージェントITは運営会社がリクルートです。
リクルートのなかでもITに特化して転職エージェント。
リクルートが運営しているだけあり、求人数の多さは業界でも随一でしょう。
リクルートITの求人は多いため、幅広い職種にも対応しています。 サポート体制も整っているため、安心して転職活動を進めることができます。

リクルートエージェントITもIT業界の転職を考えるなら登録するべきエージェントの1つでしょう。

転職の実績 5.0
求人数の多さ 5.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 3.0
総合評価 4.5

レバテックキャリア|経験者に強い</H3 >

levtech-career

レバテックキャリアの特徴
  • ITに特化している
  • 個別のサポート  
  • 希望に合った提案をする

レバテックキャリアはITに精通している転職エージェントです。
運営会社のレバレジーズもITに強い会社。 そのため、ITの求人数も多く、サポートも強いです。
他の転職エージェントにはない、求人もレバテックキャリアならあることも多い。

求職者の希望をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。
そのため、転職者の顧客満足度も高いのが特徴。 疑問点などがあってもアドバイザーに相談でき、解消して進めることができるでしょう。

レバテックキャリアも他のエージェントと合わせて登録しておくことをおすすめします。

転職の実績 4.5
求人数の多さ 4.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 5.0
総合評価 4.0

ITストラテジストへの転職後に描くキャリアパスとは

キャリアパス

ITストラテジストのキャリアパスとして、会社の課題をITを使いながら解決していくための戦略を考えるポジションや開発の管理職などを目指すといいでしょう。

ITストラテジストは高いITの知識を持って、課題解決していくことが主な仕事内容です。
そのため、会社や顧客からしても重要なポジションです。

また、ITストラテジストの職種自体がまだポピュラーでない職種。
ITストラテジストの市場価値はこらから高くなる傾向にあるでしょう。

ITストラテジストへの転職を考えるなら今がチャンスです。

ITストラテジストの資格や実務経験を活かして転職しよう

ITストラテジストまとめ

今後、ITの資格や実務経験がある、またはこれからつけていこうとするなら、ITストラテジストの仕事はおすすめです。
ITの知識やスキルを存分に生かせる仕事です。

自分のITスキルでお客様の課題を解決できた時は非常にやりがいも感じます。
ITのエンジニアなどはお客様の喜ぶ姿を見ることがなかなかありません。

しかし、ITストラテジストはお客様の喜ぶ姿をダイレクト感じることができます。

自分の仕事の結果がかえってくるため成長もしやすい職種です。
ITのスキルをより、活かして誰かの役に立ちたいと考えている方にITストラテジストはおすすめです。