プログラマーから転職をする際に気を付けるべきポイントを徹底解説!おすすめの職業も紹介

プログラマー 転職

IT関連のプログラムを作成するプログラマー。

若い人たちからも人気のある職種ですが、転職をする人も多いです。

そこで気になるのが、プログラマーから転職する時にどこに気をつけたらいいのかではないでしょうか。

転職するときに気をつけるポイントを知りたい!
おすすめの転職先はある?

このような疑問にお答えします。

この記事ではプログラマーから転職する時に気をつけるポイントを分けながら説明をします。

プラスしておすすめの転職先も紹介しますので、気になる方は参考にしてください。

  • プログラマーから転職する時の気をつけるポイント
  • プログラマーから転職する時のリスク
  • 異業種へのおすすめの転職先

プログラマーからキャリアチェンジする人は多い

プログラマー キャリアチェンジ

意外かと思うかもしれませんが、プログラマーからキャリアチェンジする人は多いです。

プログラマーは実力の世界です。

トッププログラマーは働く時間や場所も選ぶことなく、高収入を得る人もいますが、ほんの一握りです。

高いレベルのプログラマーまでいけないひとは労働環境や待遇が悪いこともよくあります。

プログラマーでスキルがないと収入が少なく、厳しい状況から異業種へ転職をするのが理由です。

労働環境や待遇を改善するには異業種へ転職したほうが早い場合もよくあります。

プログラマーから異業種へ転職する際に気を付けたいポイント

プログラマー 異業種 転職

プログラマーから異業種へ転職するときの気を付けたいポイントを紹介します。

  • 自己分析を良く行う
  • 転職先の情報収集を行う
  • 転職先の将来性について情報を集める
  • 社会人としての基本スキルを整理する
  • 転職する場合はなるべく早い年齢で

それぞれのポイントについて詳しく解説をします。

ポイント①自己分析を良く行う

プログラマーから異業種に転職するときは自己分析をしっかりと行いましょう。

自己分析でも単に自分のスキルを振り返るだけでは足りません。

自分がプログラマーから異業種に転職する動機をいだいたのはなぜなのか、また、今後はどんなキャリアを歩んでいきたいのかを分析をしたほうがいいでしょう。

プログラマーから異業種に転職したときに動機をあいまいにしておくと、後悔する場合があります。

最悪の場合はやっぱりプログラマーのほうがよかったと思うことです。

また、自分の今後のキャリアも思い描けば、転職したときに道を見失いかけても、そのキャリアへ突き進んでいる実感があればくじけることもないでしょう。

プログラマーから異業種に転職する際は自己分析をしっかりと行いましょう。

ポイント②転職先の情報収集を行う

プログラマーから異業種に転職するときは転職先の情報収集を行いましょう。

プログラマーから異業種に転職するので、最初の会社が非常に重要。

転職した最初の会社でつまづくとその後のキャリアにも影響があります。

転職先の情報収集を行うのはサイトだけでなく、口コミサイトなども見ておくといいでしょう。

一番、転職先の情報がわかるのが転職エージェントを利用することです。

転職エージェントはアドバイザーがじかに企業とやり取りをしています。

そのため、どんな企業でどんな雰囲気なのかもわかっているので、求人者に合うのかも判断してくれるでしょう。

プログラマーから異業種に転職するときは転職先の情報収集をしっかりと行いましょう。

ポイント③転職先の将来性について情報を集める

プログラマーから異業種に転職するときは転職先の将来性についても情報を集めておきましょう。

市場は移り変わりが激しい世界。

転職先の業界の将来性が低いと、あなたが定年を迎えるまでになくなってしまう可能性があります。

市場予測は転職したい業界の予測で検索をかけるとでてきます。

できるだけ、長く業界で活躍するためにも市場予測は見ておきましょう。

ポイント④社会人としての基本スキルを整理する

プログラマーから異業種に転職するときは専門的なスキルだけでなく、社会人としてのスキルも整理しておきましょう。

理由として、どんな仕事も基本的にチームで仕事をしますのでコミュニケーションは重要。

その際に必要となるのが社会人としての基本的なスキルです。

あいさつをする、コミュニケーションをとる、協調性などが大事です。

そのため、プログラマーから異業種に転職するときにアピールができるように自分の社会人としてのスキルの棚卸しをしておくといいでしょう。

ポイント⑤転職する場合はなるべく早い年齢で

転職をする場合はなるべく早い年齢で始めることをおすすめします。

一般的な転職の限界の年齢は35歳と言われています。

業界によって平均年齢も変わるので、転職を考えるなら、早い年齢のほうがいいでしょう。

理由としては長く働いてもらいたいのと、年齢を重ねると若い人たちとコミュニケーションをとれるのかなどの不安要素が増えるためです。

プラスして、年齢を重ねていると頭が固くなり、仕事に影響があるので若い人が好まれています。

20代〜30代前半なら転職活動を早く始めるべきでしょう。

プログラマーからの転職を成功させるなら転職エージェントを使おう

プログラマー 転職 エージェント

プログラマーから異業種に転職するときは転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職活動は自分で行うと間違いに気付けないことも多いです。

特に履歴書や職務経歴書などは転職を成功させるうえで非常に重要ですが、自分で作成をすると間違いが多かったりします。

転職エージェントなら書類を添削してくれるので、履歴書などを作成して、書類通過率も格段に変わる。

面接の対策もしてくれるので、エージェントを利用すると自分の修正点を指摘してくれるので、効率的に転職活動を進めることができます。

プログラマーから異業種に転職をするときは転職エージェントを利用することをおすすめします。

プログラマーから転職する際のリスクについて

プログラマー 転職 リスク

プログラマーから転職する際のリスクについて解説をします。

  • プログラマーから異業種に転職をする際にリスク
  • 年収が大幅に下がる可能性がある
  • 未経験積極採用の職場はブラックの可能性も
  • キャリアについての一貫性がないと思われてしまう

それぞれのプログラマーから転職する際のリスクについて解説をします。

①年収が大幅に下がる可能性がある

プログラマーから異業種に転職すると年収が大幅に下がる可能性があります。

異業種への転職は未経験からはじまります。

WEB業界での経験があるとはいえ、業種としては未経験者と変わりありません。
そのため、プログラマーでの年収と同じ金額をもらうのは難しいでしょう。

大幅に下がるパターンが多いです。
自分が挑戦する業種の年収がどのくらいまで上がるのか、また、自分が生活をしていく上で最低の収入のラインを把握しておくといいでしょう。

プログラマーから異業種へ転職をしたときのスタートは年収が下がることは覚悟しましょう。

②未経験積極採用の職場はブラックの可能性も

プログラマーから異業種に転職する時に未経験採用で転職をした場合はブラック企業の可能性があります。
人手不足とはいえ、あくまでも経験者を求めています。

その中でWEB業界のブラック企業は未経験歓迎の求人を出していることが多い。
理由としては、いい人材は優良企業に就職してしまうため、ブラック企業が人を集めるには未経験者を採用しないといけないためです。

しかし、未経験者歓迎を出している求人のすべてがブラック企業ではありません。
隠れた優良企業のなかには知名度がなくて、やむを得なく未経験者歓迎を出している場合もあります。

求人に応募をするときは未経験者歓迎の企業はよくみておくことをおすすめします。

また、求人でも経験者のみの記載があっても、応募すると通過することもある。
そのため、気になった企業はどんどんと応募することをおすすめします。

プログラマーから異業種に転職をするときは未経験者積極採用のところはブラック企業の可能性があることを頭においておくといいでしょう。。

③キャリアについての一貫性がないと思われてしまう

プログラマーから異業種に転職するときにキャリアについて一貫性がないと思われてしまう場合があります。
プログラマーに限らず、業種を変えていると続かない人の印象を持たれる場合がある。

そのため、異業種に転職する場合にマイナスのイメージを持たれることは頭に入れておいた方がいいでしょう。
自分がなぜ、プログラマーから異業種に転職したいのか、説明できるといいです。

転職する理由を自己分析をしてきちんと説明できれば、大きなマイナスにはなりません。
プログラマーから異業種に転職する時は転職する理由を明確にしておきましょう。

プログラマーから異業種のおすすめ転職先5選

プログラマー 異業種 転職

プログラマーから異業種に転職する時のおすすめの転職先5選を紹介します。

  • Webエンジニアへ転職
  • IT業界以外の社内SEへ転職
  • データアナリストへ転職
  • IT関係の営業職へ転職
  • 公務員へ転職

プログラマーからの異業種のおすすめの転職先を詳しく紹介します。

①Webエンジニアへ転職

プログラマーから異業種に転職する際にWebエンジニアもおすすめできる業種の1つです。
Webエンジニアとプログラマーは似ている業種。

Webエンジニアとプログラマーの違いの定義はそれぞれですが、Webエンジニアは設計から保守まで携わりますが、プログラマーは開発のみ行うイメージです。
そのため、プログラマーの仕事内容も重なる部分もあり、経験をそのままいかせます。
むしろ、Webエンジニアのほうが携わる領域も大きくなるのでやりがいもより出てくるでしょう。

プログラマーから転職する先としてWebエンジニアもおすすめです。

②IT業界以外の社内SEへ転職

プログラマーから転職する先として、IT業界以外の社内SEへ転職することもおすすめです。
社内の課題を解決するためにITなどのシステムを導入して解決、その後も運用、保守をする仕事。

システムの設計から携わり、プログラムに触れる機会もあるため、プログラマーとしての経験もいかせるでしょう。
顧客先が社内なので、期限などある程度の余裕を持ってくれるため、精神的にも比較的楽に働けるでしょう。

また、SEはIT業界に限らないので、異業種の場所で働くこともできて、かつITの知識を活かせるので非常におすすめです。
プログラマーの知識が上乗せされた社内SEになるため、スキルポイントとしてはかなり高い人物になります。
そのため、会社でも重宝され、出世する可能性も高くなるでしょう。

プログラマーからの転職として社内SEもおすすめです。

③データアナリストへ転職

プログラマーからデータアナリストへ転職するパターンもあります。
データアナリストとは集めた情報を分析する仕事です。

分析して集めた情報で課題の仮説を立てて、顧客の課題を解決へ導きます。
そのため、高い分析能力やスキルが必要となります。

プログラマーもどこにプログラムの問題があるのか分析をする力が必要です。
その力をデータナリストの仕事でも活かすことができるでしょう。

今の世の中はデータが非常に重宝されています。
大企業でもデータを収集してその情報を元に施策を打つぐらいなので、将来的にも明るい職種と言えるでしょう。

データアナリストもプログラマーからの転職におすすめです。

④IT関係の営業職へ転職

プログラマーからの転職先として、IT関係の営業職への転職の道もあります。
理由として、プログラマーなので、ITの知識は豊富にあります。

その ITの知識を生かしながら営業をするので、顧客とのやり取りもスムーズに進むことができるでしょう。

また、自分の知識の豊富さからお客様の信頼を勝ち取れるため、契約を取れる確率も高くなります。
営業は歩合制なので、給料も高くなる可能性もあり。

営業で成績を出せばある程度自分で仕事をコントロールできるため、時間に余裕が生まれることあります。
プログラマーから転職先としてIT業界の営業もあります。

⑤公務員へ転職

意外かと思いますが、プログラマーから公務員へ転職するパターンもあります。

理由として、公務員と言っても昔のように全て手書きでやっているわけではありません。

公務員はパソコンも使うことも多く、IT スキルを活かして仕事することができるでしょう。
また、プログラマーの納期に追われる過酷な労働環境から逃れたいために公務員へ転職する人も多いです。

公務員であれば残業も少なく休みも取りやすいので、プログラマーの頃よりも余裕を持って生活ができるでしょう。
公務員は将来も安定してるので、プログラマーから転職することもありです。

【まとめ】プログラマーから転職をする際に気を付けるべきポイントを徹底解説!おすすめの職業も紹介

プログラマー 転職 まとめ

これまでプログラマーから転職する際に気をつけるべきポイントを紹介しました。

一番気をつけるべきポイントはプログラマーからなぜ自分が転職したいのかを分析することです。
理由としては、プログラマーから転職した時にやっぱりするべきではなかったと後悔をしてしまうこと。

なぜ自分がプログラマーが嫌なのか、また、キャリアを積んだ場合にどのような将来があるのかをしっかり考えるといいでしょう。
それを踏まえて転職活動を行っていけば、後悔しない転職ができます。

自分に最適な転職ができるように、この記事を参考にしてみてください。