レバテックの単価は安い?口コミ調査から真実を公開!回避方法も解説

レバテックの単価は安い?口コミ調査から真実を公開!回避方法も解説

レバテックの提示する単価は安いという口コミを聞いたことがありませんか?利用者の平均年収が876万円というデータもあるのに、どうしてそういった口コミが出るのでしょうか?

大手が提示する単価だからって安心するのは危険?
手数料も不明だし本当のところはどうなんだろう?
このような疑問を抱えたままだと安心してサービスを利用できませんよね?本記事ではレバテックの単価が安いと言われる口コミを調査その理由を解明すると共に、レバテックフリーランスの魅力をお伝えしています。

単価の安い案件を回避する方法も紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

  • レバテックの単価は安い?に対する答えを提示
  • レバテックの単価が安いと言われる口コミを調査
  • レバテックフリーランスの魅力やメリット・デメリットを紹介
  • レバテックの単価が安い案件を回避する方法について解説

【結論】レバテックの単価は安くない!

【結論】レバテックの単価は安くない!

結論から言うとすべての人に対して、レバテックの単価が安いというわけではありません。その理由は単価がフリーランス個人のスキルに影響されるからです。

高スキルであればより高単価の案件を紹介してもらえますが、逆のパターンも当然あります。要求スキルの低い案件をこなして、レバテックの単価が低いと評価するのは間違いでしょう。

では経験の少ないフリーランスばかりが「レバテックの単価は安い」と言っているのかというと、けっしてそうではありません。

高スキルのフリーランスがレバテックの単価に対して安いと感じるのにも、ちゃんとした理由が存在します。

レバテックの単価は安い?口コミを調査

レバテックの単価は安い?口コミを調査

レバテックの単価が安いと言われる理由を紹介する前に、単価に関するSNS上の口コミを見てみましょう。

え、この単価感でレバテックどのくらいマージン抜いてんだろ……笑
出典:Twitter

レバテックの手数料は非公開のため、単価から受注金額を予想すると不安になってしまいます。

レバテックの単価はガバ過ぎ。
あと待遇が適正かどうかは単価と給与の乖離だけでは計れない。

そして、そんなんでフリーランス化したら来年の今日あたりに後悔する。
出典:Twitter

レバテックでは職種やプログラム言語ごとの単価相場を公開しています。この口コミでは単価の高低について言及していませんが、あまりあてにしないほうが良いと感じているようです。

論点違ったら恥ずかしいけれど
レバテックに限らずエージェント使うなら複数のところに声かけて金額見てみるのが良いのでは、かと思った

まあ言われてみればレバテックって単価低かったな~
出典:Twitter

エージェントを複数利用していると、同じような業務の案件で単価の比較ができます。この方はレバテックの単価に対して安かったイメージを抱いています。

この内容でこの単価で!?#レバテック ってまともな技術持ったフリーランスいるのかよ・・・溜息しかでねーよ
出典:Twitter

この口コミからは、レバテックの単価が安いとも高いとも取れそうです。いずれにしてもレバテックの案件が自分の知っている相場から乖離している様子が伺えます。

商談後に単価下げられたけど、てっきり取引先企業が下げたのかと思ったらレバテックの判断で下げられただけだった。
もちろん取引先への請求額は据え置き。
エグいね。
出典:Twitter

どうやって確認を取ったのかが気になりますが、事実ならレバテックの単価は信じられなくなりますね。

レバテックの単価が安いと言われる4つの理由

レバテックの単価が安いと言われる4つの理由

紹介した口コミにあるように、レバテックの単価が安いと言われているのは事実です。ここでは次に示した、レバテックの単価が安いと言われる4つの理由について解説していきます。

  • マージンが不明
  • 表示してある報酬額は最高値
  • 報酬が税込表示
  • 過去の単価と比較

見てもらえればわかるとおり、口コミにはない事情にも触れています。それでは各項目を深堀していきましょう。

理由①マージンが不明

レバテックはマージンを公開していません。案件に表示された報酬額は手数料が引かれたあとの金額なので、レバテックに払う正確な手数料は不明です。

手数料を公開しているエージェントも利用していて受注金額が推測できる場合、レバテックの単価が安いという感覚を覚えてもおかしくはありません。

ただしレバテック側の正確な受注金額がわからない以上、安いと断言できないことは確かです。

理由②表示してある報酬額は最高値

レバテックが公開している案件の報酬は、貰える範囲での最高額を示しています。案件ごとに設定してある精算基準時間を満たすことで、表示された報酬が払われるシステムです。

基準に満たない時間だと決められた計算式で出された金額分控除されます。実際に支払われた金額を見て、単価が安いと勘違いしてしまうケースもあるようです。

理由③報酬が税込表示

レバテックが公開している案件の報酬はすべて税込み金額とされています。元の受注金額が不明である以上、本当に税込みなのか確認することはできません

税込み前の報酬額で案件を紹介しているエージェントと比較して、安いという印象を持つのも不自然ではないでしょう。報酬を税込表示としていることから、その分単価も安いと言われています。

理由④過去の単価と比較

IT技術は移り変わりが激しく、その時々でトレンドも生まれます。社会的なニーズが変わるごとに単価が変化していくのは当たり前です。以前と比べて単価が安くなったと感じる業務もあるでしょう。

これに関しては業界全体の流れからくるもので、レバテックだけの単価が安いというわけではないです。ですが単純に自分の見てきた過去の単価と比較すると、レバテックの単価が安いと感じてしまう場合もあります。

高単価が多いという口コミも多数ある

高単価が多いという口コミも多数ある

レバテックの単価が安いという口コミは確かにありますが、高単価が多いという口コミもたくさん存在します。インターネット上でも単価が安いという意見はあまり見られません

ここでは「レバテックには高単価が多い」という口コミを紹介していきます。

レバテックの単価診断で低めに見積もっても今の1.5倍くらいなんだけど……
出典:Twitter

レバテックフリーランスの公式サイトでプログラマー・システムエンジニア向けの単価・単金診断テストが利用できます。

スキルと経験年数をレバテックの蓄積データに照らし合わせて、紹介できる単価を診断するものです。この方の結果はレバテックに高単価が多いことを示唆していますね。

色んなWebエンジニア系のエージェント登録してるけど、高単価を狙いやすいのは…

✅ レバテック(週4〜5)
✅ ITプロパートナーズ(週2〜3)
出典:Twitter

週4~5の案件に限定していますが、レバテックは高単価が狙いやすいという意見です。エージェントを複数登録したうえでの実感ですので信憑性は高いでしょう。

やっぱりレバテックは単価が高いのが魅力だと思ってます😊
出典:Twitter

こちらもレバテックを利用している方の意見です。高単価が魅力だと発言しています。

やっぱりクラウドテックより、ギークス、レバテックの方が単価が高いな。
出典:Twitter

この口コミだけでは実際にレバテックを利用してからの意見なのかわかりませんが、この方はレバテックに対して比較的高単価だと感じているようです。

単価だけじゃないレバテックフリーランスの魅力3選

単価だけじゃないレバテックフリーランスの魅力3選

レバテックの単価が安いと感じてしまう要因はあるけど、高単価の案件も実際に多いことがわかってもらえたのではないでしょうか。レバテックには高単価の案件が多いこと以外にも、次のような魅力があります。

  • 豊富な実績
  • 手厚いフォロー体制
  • 充実した福利厚生

レバテックフリーランスが業界最大手と評されるのは、単価の高さだけではないということです。

魅力①豊富な実績

レバテックフリーランスには豊富な実績が数多く存在します。フリーランスエージェント登録者数No.1、業界認知度No.1、利用者の平均年収876万円などです。

累計契約社数は5,000社以上、常時提案可能案件数は4,000件もあります。これだけの実績があれば、フリーランスも安心してサービスを利用することが可能です。豊富な実績は信頼の証とも言い換えることができます。

魅力②手厚いフォロー体制

案件の紹介は丁寧なヒアリングの元に行われます。キャリアプランに沿った案件紹介で不安なく働くことが可能です。日程調整や単価交渉もおまかせできるし、参画までのスケジュールも綿密に組み立ててもらえます。

フォロワーと呼ばれる専属の担当者が定期的に面談の場をセッティング、メンタル面でのサポートも欠かしません。ちなみに面談の場ではランチを伴うこともあり、お代はレバテックが負担してくれます。

魅力③充実した福利厚生

「レバテックケア」という福利厚生パッケージも魅力のひとつです。サポート内容はフリーランスが悩みやすい、安定収入・税務関連・ヘルスケアの3つ。

それぞれの項目に沿って、さらに細かいサポートや優待サービスが展開されています。スキルアップや勉強会に関するサポートもあり、人脈形成にも期待できる内容です。

レバテックフリーランスのデメリット3選

レバテックフリーランスのデメリット3選

エージェントには不得意の分野もあります。レバテックフリーランスのデメリット3選として次にまとめてみました。

  • 地方案件は苦手
  • スキルがないと案件が紹介されない
  • 在宅案件の取り扱いが少ない

デメリット1.地方案件は苦手

レバテックフリーランスの運営会社「レバテック株式会社」は東京・大阪・福岡・名古屋に拠点を持ち、案件紹介の地域は全国12か所に対応しています。ですが地方案件は苦手としているのが実情です。

2022年10月現在、公開案件数での内訳は東京だけで全体の80%。非公開案件も同じような割合だと推測されるので、レバテックフリーランスに地方案件を希望するのは難しいことがわかります。

デメリット2.スキルがないと案件が紹介されない

レバテックフリーランスの検索条件で「実務経験が浅い方OK」を選択すると742件がヒットします。(2022年10月での情報)

条件にある求めるスキルを見ると「実務経験2年以上」「開発経験3年以上」という言葉も多いです。高単価になるほど、その傾向も強くなります。スキルがないと案件の紹介されない可能性は高いです。

デメリット3.在宅案件の取り扱いが少ない

在宅となるリモート・フルリモートでの公開案件数は2022年10月現在で15,359件、これは全体の35%に当たる数字です。フルリモート案件だけとなると8,509件、19%まで減少します。

コロナ禍を経てレバテックフリーランスでも在宅案件は増えてきていますが、リモート案件に強みを持つエージェントサービスと比べると見劣りしてしまう印象です。

レバテックの単価が安い案件を回避する3つの方法

レバテックの単価が安い案件を回避する3つの方法

レバテックの単価が安いという意見を否定する形で進んできましたが、スキルに見合わない安い単価の案件が絶対にないと言い切ることはできません。

そこでレバテックの単価が安い案件を回避する方法についてまとめてみました。

  • 自分の市場価値を理解する
  • 発注金額を気にする
  • 複数のエージェントに登録する

方法1.自分の市場価値を理解する

スキルに見合った単価を判断するには、自分の市場価値を正しく理解する必要があります。まずは認知度の高いエージェントサービスや転職サイトにある、市場価値を知るためのサービスを利用してみましょう。

インターネットで調べることのできる平均年収と、自分の年収を比べてみるのも良いです。年収は職種や地域の違いおよび経験年数で変わってきますので、その点にだけご注意ください。

方法2.発注金額を気にする

クライアントが発注した金額を気にするようにしましょう。発注金額どころかエージェントの受注金額もわからないのに、気にする必要あるの?と思われるかもしれません。

ですが発注金額を意識することで、エージェント側から手数料や相場も気にしている相手と認識されるでしょう。

こうなると相場から極端に外れた報酬を提示することが難しくなり、単価が安い案件を回避する効果にも期待できます。

方法3.複数のエージェントに登録する

単価を正しく判断するのに必要なのは相場を知ることです。相場を知るために複数のエージェントを利用して、似たような業務内容の案件を比較しましょう。

エンジニアの場合、使う言語が同じであれば発注金額もそう変わりません。手数料が不明だと正確な比較は不可能ですが、数を重ねれば大体の金額は見えてきます。

手数料を公開しているエージェントの案件と比較できると、ワンランク上の相場感を養うこともできるでしょう。

レバテックフリーランス利用の流れ

レバテックフリーランス利用の流れ

ここまで記事を読み進めてレバテックフリーランスを利用してみたいと思った方のために、利用の流れについて紹介しておきます。

ステップ1.登録

レバテックフリーランスの公式サイトより無料登録します。登録フォームの指示にしたがって、必要な情報を入力していくだけです。

所要時間はわずか60秒、これまでの経験やスキルをくわしく入力すると、面談の場で案件を紹介してもらえることもあります。

ステップ2.面談

面談は経験・スキル・キャリアプランをヒアリングする時間です。知識豊富なカウンセラーの質問に答える形で面談は進みます。形式は対面式や電話、オンラインなどさまざまです。

利用者に最適な案件を紹介するために必要な手順ですので、こちらの要望も正しく伝えましょう。面談の後半では、キャリアパスやフリーランスの働き方についても相談できます。

ステップ3.商談

参画したい案件が決まったらレバテックを通して商談の時間をセッティングしてもらいます。当日はレバテックの担当者も同行して、商談がスムーズに進むようサポートしてくれるので安心です。

ステップ4.参画

参画の条件交渉もレバテックが代行してくれます。遠慮なく希望条件を担当者に伝えましょう。案件元と条件面で合意すれば、契約を経て仕事が始まります。

契約の締結もレバテックが行い、書類上のサポートも万全です。わからないことがあっても、丁寧に解説してくれます。

レバテックの単価は安い?まとめ

レバテックの単価は安い?まとめ

レバテックの単価は安い?という意見に関して口コミを調査、結果はそう思われる理由があるだけで、実際に単価が安いとは断言できませんでした。

マイナス意見として単価を上げている人は少数で、逆に単価が高いという口コミのほうが多いです。サポート内容まで含めるとレバテックフリーランスのおすすめ度はかなり上がります。

記事内にある単価が安い案件を回避する方法を実践しつつ、レバテックフリーランスで実績とスキルの積み重ねにチャレンジしましょう。