レバテックキャリアは40代でも使える?上手くいく人の特徴も紹介!

レバテックキャリア 40代

IT業界の転職サイトで人気も高いレバテックキャリア。
レバテックキャリアは40代でも利用可能か気になるかと思います。

レバテックキャリアは40代でも使える?
レバテックキャリアはどんな求人がある?

このような疑問にお答えします。
結論から言うと40代でも十分使えます。

レバテックキャリアは40代の方でも納得のいく条件の求人も多数。
40代の方でレバテックキャリアを詳しく知りたい人は参考にしてください。

  • レバテックキャリアに紹介されている求人
  • おすすめの理由
  • 転職がうまくいく人の特徴

【結論】レバテックキャリアは40代におすすめ!

レバテックキャリア 40代 おすすめ

レバテックキャリアは40代を対象としたハイクラス求人が多数募集されています。
ハイクラスの求人を求めているのは、社会経験も豊富な40代が中心。

一般的な求人サイトだとより多くの転職者を対象としているのでハイクラスな求人が少なく、求めるレベルも高いため求人数も少ないです。

その中でレバテックキャリアはハイクラスな人材を対象としていて、好条件の求人数も多くほかの転職サイトよりも選びやすいかたちになっています。

以上のような理由から、レバテックキャリアは40代におすすめの求人サイトです。

40代に実際に紹介されている求人について

レバテックキャリアで40代に実際に公開されている求人の例を紹介します。

プロジェクトを管理するプロジェクトマネージャーの求人数は140件近く、Webプロデューサーなどは20件近くあります。

プロジェクトマネージャーのような求人はチームを束ねる存在のため、若い人に向けたものではなく、30代~40代に向けている求人といえます。

WebプロデューサーとはWebサイトの企画立案から、その後の運営をまとめる責任者の立場です。
そのため、こちらも30代~40代のある程度の経験値のある人材に向けた求人となっています。

レバテックキャリアは40代に向けた条件の求人を多数取り揃っています。

40代未経験からエンジニアへの転職は難しい?

40代 転職 難しい

40代未経験からのエンジニアへの転職は難易度が高くなるといえるでしょう。
40代になると年齢の壁と求める条件も変わってきます。

20代のような年収の条件などで問題ないのであれば、可能性もありますがなかなかそうもいきません。

年収も若い人よりも高い傾向になり、かつ、覚える速度も遅くなります。
企業側も将来性を考えて、若い人材をほしい思いもある。

以上のような理由を考えると、40代未経験での転職の難易度は高いといえます。

40代で未経験の職種にチャレンジするなら、年収にこだわらないことと、若い人ともやっていける柔軟性をみせるといいでしょう。

IT業界で言われる「35歳限界説」について

IT業界で言われる「35歳限界説」はよく言われることです。

35歳限界説が出る理由として、IT業界の激務で35歳で身体的や体力的にきつくなってくることや、最先端の知識を吸収しにくいことが挙げられます。

また、35歳の年齢になると1つの仕事以外にも求められる役職も変わってくるため、エンジニアとして、ずっと続けることができないこともあるでしょう。

しかし、実際には35歳で急にやめてしまうことは多くありません。
実際にエンジニアとして長く続けている人もいます。

35歳でも会社に自分の今後のキャリアの希望を伝えることと常に学ぶ姿勢や身体も気を付けて入れば、体力がガクッと落ちることもない。

以上のような理由から、35歳限界説は気にする必要はないかと思います。

レバテックキャリアが40代におすすめの理由を解説!

レバテックキャリア 40代 おすすめ理由

レバテックキャリアが40代におすすめの理由を紹介します。

  • ①上流工程などハイクラス案件が豊富
  • ②フォロー体制が充実している
  • ③IT業界に精通したコンサルタントが在籍

それぞれの理由について詳しく解説をします。

40代におすすめの理由①上流工程などハイクラス案件が豊富

先ほども説明しましたが、レバテックキャリアはハイクラスの求人が多いです。
そのため、40代が求める条件に合った求人も多数取り揃えています。

例を挙げると求人の条件に年収600万以上で検索をすると1000件以上の求人がヒット。

この求人数はレバテックキャリアの半分以上を占めます。
つまり、ほとんどの求人がハイクラスです。

レバテックキャリアほどの求人であれば、ある程度の地位である40代の方でも満足がいくでしょう。レバテックキャリアは40代が求める条件に合致した求人があるのでおすすめです。

40代におすすめの理由②フォロー体制が充実している

レバテックキャリアはフォロー体制が充実しています。転職活動をサポートするアドバイザーがついていて、履歴書の書き方や面接の仕方などをレクチャーしてくれます。

転職活動が初めてだと、進め方も不安がありますよね。
レバテックキャリアなら、求人者の悩みなども親身なって相談に乗ってくれます。

また、40代などの年齢になると聞きづらいこともあると思います。
年収のことや実際の会社の雰囲気など。

そのようなこともアドバイザーが聞きやすい雰囲気をつくってくれるので安心して相談することも可能です。

40代におすすめの理由③IT業界に精通したコンサルタントが在籍

レバテックキャリアはIT業界に詳しいアドバイザーが多数在籍しています。レバテックキャリアはIT業界に特化して求人サイトのため、アドバイザーもITに精通しています。

もともとIT業界で働いていた人なども在籍。
IT業界に転職をするなら、ITに精通した人相談するほうが話も早いでしょう。

レバテックキャリアがIT業界に強いので、転職の成功率も高いです。

40代の転職は時間が勝負です。
IT業界の転職を考えるなら、レバテックキャリアがおすすめです。

転職が上手くいく40代の特徴について

40代 転職 うまくいく 特徴

転職が上手くいく40代の特徴について詳しく解説をします。

  • ①即戦力となるスキルを持っている
  • ②新しい環境で謙虚に学ぶ姿勢を持っている
  • ③キャリアプランの軸が定まっている

それぞれの特徴について詳しく解説をします。

①即戦力となるスキルを持っている

転職が上手くいく40代の人は即戦力となるスキルを持っています。
40代まで仕事をしている人は何かしらの経験やスキルを習得しているはずです。

IT業界でいうと、プログラミングスキルやマネジメントスキルなど。これらのスキルはすぐに実践でも活用ができます。そのため、現場でも即戦力となる可能性が高い。

企業としても早く現場で実績を上げてほしいので即戦力で使えるスキルを持っている人は採用されやすい傾向です。

自分のスキルは現場で通用するのか棚卸ししてみるといいでしょう。

②新しい環境で謙虚に学ぶ姿勢を持っている

新しい環境では年下の人が先輩になることもあります。
40代でも常に学ぶ姿勢を忘れずにいる人は企業から採用されやすいです。

プライドが高い40代の人は現場でも扱いがしにくい。
そのような人は周りの影響を考えると採用ができないです。

入社した当初は年下の人から教わる場面も多いです。
そのため、教わる謙虚な姿勢がないと会社としても取りたいと思わないでしょう。

逆に自分が年上でも謙虚な人は転職が上手くいく確率も高い。
新しい環境でも謙虚に学ぶ姿勢は持ちましょう。

③キャリアプランの軸が定まっている

キャリアのプランの軸が定まっている人は転職が上手くいきやすいでしょう。
40代でもしっかりとビジョンを描いている人は企業からも信頼ができる印象。

現場でも計画を立ててしっかりと業務を実行してくれると期待が持てます。
逆に、キャリアプランが定まっていない人は会社でなにをやりたいのかわからない印象を与えます。

そのような人は企業側も仕事でどんな実績を残せるのか想像できないので、採用はしにくい。
キャリアプランの軸は決めておきましょう。

40代がレバテックキャリアを利用する際に必要な能力

レバテックキャリア 40代 能力

  • ①組織リーダーとしてのマネジメント能力
  • ②新しい環境で謙虚に学ぶ姿勢を持っている
  • ③開発者としての適性・柔軟性

それぞれの必要な能力について詳しく解説をします。

①組織リーダーとしてのマネジメント能力

40代で必要とされる能力はリーダーとしてのマネジメント能力です。

40代はプロジェクトのリーダーを任せれる経験の1つはしていることが多い。
多くの会社が40代に求めるのは組織をまとめる力。

マネジメント能力で会社を引っ張ていってほしいと考えています。
そのため、リーダーとしてのマネジメント能力があると、転職活動でも非常に有利です。

今は中堅の人材が不足しているので、リーダーシップが取れる人材は重宝されます。
レバテックキャリアとしても能力がある人は企業に推薦もしやすいでしょう。

②新しい環境で謙虚に学ぶ姿勢を持っている

レバテックキャリアを利用する際に必要な能力として、新しい環境で学ぶ姿勢を持っているのかです。40代で転職となると最初は教えてもらう立場になります。

その際にプライドが高いと、教える立場としてもやりづらい。
企業も年齢関係なく、学ぶ姿勢、教えてもらう姿勢がある人がいいです。

紹介する側としても謙虚な人のほうが紹介がしやすい。
また、低姿勢で年齢が下の人に対しても教わる姿勢ができる人はレバテックキャリアも紹介できます。

レバテックキャリアを利用する際は新しい環境でも学ぶ姿勢を持っておきましょう。

③開発者としての適性・柔軟性

IT業界では柔軟性や適性が大事です。ITの世界は移り変わりが激しい。
柔軟性をもって、学ばないとすぐに取り残されてしまいます。

また、開発者としても適正も非常に重要です。
開発は向き不向きがはっきりしている仕事。

物事に没頭できる特性があるといいですが、1つの物事に集中できないと厳しい面があります。
適性がないと辛くなって、最悪やめてしまう場合もある。

レバテックキャリアを利用する際は適性があるのかの確認と柔軟性を持っておきましょう。

レバテックキャリアで40代におすすめの求人

レバテックキャリア おすすめ 求人

  • ①SE
  • ②ITコンサルタント

それぞれの職業について詳しく解説をします。

40代におすすめのレバテックキャリアの求人①SE

レバテックキャリアのおすすめの求人はSEです。
SEの仕事は顧客の課題をITの力で解決するのが仕事。

顧客の課題をヒアリングと要望に対して、情報システムの開発の仕様書を作成します。
仕様書をもとに実際に設計や実装を手配。

プロジェクトが実際に動くのかテストまでを責任をもって、実行します。プロジェクトが完了した後もアフターフォローを行い、システム開発がしっかりと稼働しているのかを最後まで確認をします。

SEの仕事は顧客とかかわり続けるので安定して、長く続けることができるでしょう。
長くIT業界に携わりたい方はSEはぴったりです。

40代におすすめのレバテックキャリアの求人②ITコンサルタント

レバテックキャリアの求人でITコンサルタントもおすすめの職業です。

ITコンサルタントはIT分野に問題を抱えている顧客の課題をITの力で解決まで導く仕事。
問題の分析や解消するための提案、実行までの舵取りをします。

顧客をヒアリングし、問題の定義から解決までを一貫して行うのがITコンサルタントです。
顧客も悩みを解決するサポートをするので、やりがいも感じやすい仕事でもあるでしょう。

需要も多く、平均年収も高く、将来も安定して働くことができるため、ITコンサルタントの求人も人気が高い。

レバテックキャリアでの求人でITコンサルタントもおすすめです。

【まとめ】レバテックキャリアは40代でも使える?上手くいく人の特徴も紹介!

レバテックキャリア 40代 まとめ

これまでレバテックキャリアが40代でも使えるのか紹介しました。
結論として、40代でも十分使えるといえるでしょう。

しかし、転職を成功させるためには自分の実績を洗い出し、準備することとこの先のビジョンを描いていることが大事です。

また、40代は入社すると年齢がしたの人と接する機会も多くなります。
謙虚な姿勢を持っていないと採用する側としても扱いがしにくいです。

以上のような理由から、なんとなく、レバテックキャリアを利用しても成功させることは難しい出よう。

この記事を参考にして、ぜひ、レバテックキャリアで希望通りの職場への転職を成功させてください。