大手SIerの仕事はつまらない?原因と対応策・転職に関するポイントも解説

大手SIerの仕事はつまらない?原因と対応策、転職に関するポイントも解説

SIerの仕事がつまらなく感じるのはなぜだろう?
つまらなく感じる状況を改善したい

SIerのエンジニアとして働いているなかで、上記のような疑問・悩みを抱いたことはありませんか?

大手SIerで得られるスキル・経験はエンジニアの市場価値を高めるものですが、日々の業務に対してつまらないという感情を抱いてしまう方がいるのも現実です。

そこで今回は大手SIerの仕事がつまらなく感じてしまう理由や、状況を改善するための対応策について解説しています。

転職して後悔してしまう理由や、転職成功のポイントにも触れているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

大手SIerの仕事がつまらなく感じてしまう理由は?
  • つまらないと感じてしまう理由は「開発業務が少ない」「資料作成の時間が多い」など5つ
  • つまらないと感じたときの対応策も3つあり
  • 転職を希望しているなら大手SIerから転職して後悔してしまうパターンと、転職成功のポイントを押さえておくことが重要
  • 大手SIerの仕事がつまらないと感じたら転職エージェントへ相談すべし
目次

大手SIerの仕事がつまらないと感じてしまう原因5選

大手SIerの仕事がつまらないと感じてしまう原因5選

大手SIerでしか得られないスキル・経験もあるのに、業務がつまらないと感じてしまうのは以下のような原因からです。

エンジニアとして、自分が望む働き方ができていない点に由来する内容がほとんどです。

開発業務が少ない

大手SIerの業務で中心となるのは、開発の上流工程に当たる要求分析・要求定義などです。

顧客に向き合う時間と仕様書を書く時間が割合的に多く、開発と言えるプログラミングの時間が少ないエンジニアも多数います。

開発スキルを磨きたいエンジニアにとって、大手SIerの業務は不満に感じられるものであり、つまらなく感じる原因となっています。

資料作成の時間が多い

先の解説で仕様書を書く時間が多いと述べました。大手SIerのエンジニアは、仕様書以外の資料作成にも時間を追われる傾向です。

議事録・報告書・課題管理表などの作成が該当しますが、社内用とは別に社外向けとして用意しなければならないケースも存在します。

資料が完成したあとに複数の上司からチェックを受け、さらに疲弊するというケースも珍しくありません。

技術スキルよりもマネジメント能力が重視される

大手SIerの中心となる業務が上流工程であることから、プログラミングなどのエンジニアスキルよりもマネジメント能力が評価されやすい傾向にあります。

レベルの高い開発スキルを所持しているのに評価につながらない風潮が、一定のエンジニアが抱える不満の原因となっているようです。

マネジメントスキルと開発スキル、どちらであっても高ければ評価されるべきなのに、そうならない状況がつまらなさを誘発しています。

受諾開発ゆえの不自由さ

SIerの業務は受諾開発です。顧客から依頼を受けて、要望どおりのシステムやソフトウェアを開発します。

ヒアリングを経て要望をまとめた後に開発に取りかかりますが、途中で要望が変化したり追加されたりするのも受諾開発の現場では日常茶飯事です。

顧客の要望に対処し続けるのが当たり前で自由に開発できない、そんな環境にもつまらなさを感じてるエンジニアがいます。

既存の技術運用が多い

受諾開発で携わる案件の特徴としてひとつ挙げられるのが、古い技術によるシステム開発や既存システムの運用・保守が多いという点です。

安定稼働を求めるがゆえの傾向ですが、新しい技術を取り扱う機会は少ないと言えます。

トレンドと言われる技術に触れていきたいエンジニアは、大手SIerの環境がつまらないと感じてしまうケースが多いです。

大手SIerの仕事がつまらなく感じたときの対応策3選

大手SIerの仕事がつまらなく感じたときの対応策3選

次に大手SIerの仕事がつまらなく感じたときの対応策について解説していきましょう。

以下にまとめた対策を実行してみると、業務に対しての不満を解消できる可能性があります。

部署異動や別のSIer企業へ転職を試みる

大手SIerの業務に対してつまらなさを感じていても、働く環境を変えることで気持ちをリセットする効果に期待できます。

部署異動を申請して違う環境に身を置いてみる、別のSIer企業へ転職を試みる、といった方法を検討してみましょう。

部署が変われば、携わる業務もまったく違うものになる可能性があります。別のSIer企業へ転職すれば、人間関係もリセットが可能です。

資格取得や副業に挑戦してみる

資格取得や副業に挑戦して、日々の業務とは違う活動に取り組んでみる手もあります。

内容は自分の意志で選択できるため、職場ではできないことにも挑戦が可能です。ある程度の時間は必要になりますが、つまらなさの解消につながります。

また活動に取り組む中で、スキルアップや収入の増加につながる点も大きな魅力です。

会社に資格手当があれば給料アップの恩恵も得られますし、転職を模索した際にも有効な武器となります。

web系や自社開発へ転職する

開発業務に携わりたくてつまらなさを感じているエンジニアには、web系や自社開発企業へ転職する方法もおすすめです。

個人の裁量が大きく、企画から携わることも可能と、大手SIerにはないメリットも存在します。

自社開発企業は難易度が高いと言われていますが、大手SIerで得られたスキル・経験をアピールすれば転職は十分可能です。

SIerからWeb系企業への転職も、成功事例は豊富に存在するので、自信を持って臨んでみましょう。

大手SIerで働くメリット

大手SIerで働くメリット

業務に対してつまらなさを感じていても、大手SIerで働くメリットは複数あります。

特に転職を検討している場合は、以下にまとめた内容をしっかりと理解した上で判断を下しましょう。

マネジメントスキルが得られる

大手SIerの業務は上流工程が中心となるため、経験を積むことでマネジメントスキルが得られます。

リーダーシップを発揮してプロジェクトを成功に導く能力は、別の業種・職種においても高く評価されるものです。

一般的なIT企業でもマネジメントスキルが得られる機会はありますが、大手SIerで培ったという名目は付加価値があるものと言えます。

大規模プロジェクトの経験が得られる

大規模プロジェクトの経験は大手SIerならではのものと言えます。

プロジェクト成功のノウハウや高品質な成果物を生み出すプロセス、納期やコストを守るための管理スキルなど、経験の内容も豊富です。

大規模システムに使われる技術・設計方法・セキュリティに関する知見など、より広範囲な知識の習得にも役立ちます。

上流工程の経験が豊富に得られる

大手SIerの業務は上流工程が中心です。したがって長く勤務しているほど、上流工程の経験が蓄積されていきます。

顧客へヒアリングする機会も、上流工程を手掛けないと得られない経験です。別業界・別業種でも流用できるもので、転職を目指す際にも有力な武器となります。

キャリアの選択肢が増える

大手SIerで働くメリットとして、キャリアの選択肢が増えるというものがあります。

豊富なプロジェクト経験を得て管理職を目指すこともできるし、ヒアリング能力や課題解決能力を活かしてコンサルタントへの道を進むことも可能です。

SIerではさまざまな業界・業種のシステム開発に携わるため、その際に得た特定の業界知識を活かして異業界に挑戦することもできます。

エンジニアのスペシャリストを目指して転職するにしても、大手SIerの経験がマイナスに働くことはないです。

大手SIerから転職して後悔してしまう理由

大手SIerから転職して後悔してしまう理由

仕事がつまらないからと開発ができる企業に転職した場合でも、さまざまな理由により後悔してしまうことがあります。

転職して後悔しないためにも、以下にまとめた内容について理解しておきましょう。

前職よりも年収が下がってしまった

SIer企業とWeb系企業の平均年収を比べると、SIer企業のほうが若干高い傾向にあります。

SIerと比べてWeb系の平均年収が低い傾向となるのは、事業の収益性や従業員の平均年齢、評価されるポイントの違いからです。

平均年収と基準としたランキングでSIer上位とWeb系上位の合計を比較すると、約100万円の違いがあります。

このデータだけで前職よりも年収が下がると断言できるものではありませんが、少なくとも転職直後は年収の低下を覚悟しておきましょう。

環境が違いすぎるためより疲弊することになった

SIerとWeb系企業ではさまざまな点で違いがあります。開発スピード・開発手法・所属しているエンジニアのレベルなどです。

環境が違いすぎるため疲弊することになってしまい、転職して後悔したという意見が聞かれます。

最新技術に触れる機会が多い分、毎日の学習も怠ることはできません。上下関係を気にせず身軽に動ける雰囲気が、逆に合わなかったというケースも見られます。

転職して後悔しないためにも、現環境と応募先の違いを理解しておくことが必要です。

プロジェクト担当者が少数になり責任が増した

Web系企業の開発現場では、ひとつのプロジェクトを少数で担当する傾向にあります。

そのため作業が属人化してしまう事例も多く、プロジェクトのメンバーそれぞれが担う責任も大きくなる傾向です。

携わっている部分の詳細について知っているのは自分だけのため、仕事においてフォローを受ける・するといったことは難しくなります。

休めない、遅らせられない、などのプレッシャーが押し寄せてくることに、後悔の念を抱いてしまうケースがあることを知っておきましょう。

大手SIerからの転職を成功させるポイント

大手SIerからの転職を成功させるポイント

転職して後悔するケースも含めて、大手SIerからの転職を成功させるには、以下のポイントを押さえておく必要があります。

それぞれの項目についても解説しています。

転職で解決したい問題を明確にする

転職の成功確率を上げ後悔するケースを避けるには、転職で解決したい問題を明確にしておくことが大切です。

転職が成功したのに問題が解決できていないのでは意味がありません。

また単に「開発をしたいから転職を目指している」では、SIerでも開発はできるのではと面接で突っ込まれてしまいます。

環境のみの変化を希望している場合でも転職で解決したい問題を明確して、転職の成功基準を設定しておきましょう。

自身のスキルをしっかりと把握しておく

SIerから自社開発企業への転職を希望している場合、転職活動がスムーズにいかない原因として挙げられるのが自身のスキル不足です。

すでに解説したとおり、転職が成功したとしても周りのスキルレベルが高くて後悔してしまうケースもあります。

自身のスキルをしっかりと把握しておくことも、転職を成功に導く大切なポイントです。

IT特化の転職エージェントを利用する

求人先の情報収集やマッチ率も転職成功に関わる重要なポイントです。その部分を補うためにIT特化の転職エージェントを利用しましょう。

企業情報の収集だけでなく、非公開求人の紹介や応募書類の添削、面接サポートなど、たくさんのメリットも存在します。

悩み事や疑問点があるおかげで転職活動の進みが鈍ってしまう現象も、転職エージェントのサポートで回避が可能です。

大手SIerからの転職におすすめのエージェントサービス

大手SIerからの転職におすすめのエージェントサービス

転職エージェントの利用がおすすめと言われても、どのサービスを使ったらいいか分からないという方もいるのではないでしょうか?

記事の最後に、大手SIerからの転職におすすめのエージェントサービスを紹介します。今回ピックアップしたのは、以下にまとめた3つのサービスです。

マイナビIT AGENT│サポートの質が高い

マイナビIT AGENT│サポートの質が高い

運営元 株式会社マイナビ
対応可能エリア 全国
公開求人数(2024年3月) 56,134件
非公開求人数(2024年3月) 14,626件
公式サイト https://mynavi-agent.jp/it/

IT業界に関する豊富な知識を備えたキャリアアドバイザーが在籍し、質の高いサポートを提供してくれるのがマイナビIT AGENTです。

特に応募書類の添削と志望企業に合わせた面接対策が、利用者の満足度を高める要因となっています。

転職先としてSIerや自社開発企業にこだわらない場合は、幅広い選択肢から選べるマイナビIT AGENTがおすすめです。

レバテックキャリア│職種別専門アドバイザーが在籍

レバテックキャリア│職種別専門アドバイザーが在籍

運営元 レバテック株式会社
対応可能エリア 全国(拠点がある首都圏・関西圏・福岡に集中)
公開求人数(2024年3月) 22,087件(エンジニア求人)
非公開求人数(2024年3月) 不明
公式サイト https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとデザイナーの転職に特化した転職エージェントです。

業界知識の豊富さ・求人の満足度・情報の質、これらすべての面において、サービスを利用したエンジニアから高評価を得ています。

年7,000回に及ぶ企業ヒアリングを実施しているため、応募先の内部情報を知るのに最適なエージェントサービスです。

ウィルオブテック│年収にもこだわりたいなら

ウィルオブテック│年収にもこだわりたいなら

運営元 株式会社ウィルオブ・ワーク
対応可能エリア 全国
公開求人数(2024年3月) 3,805件
非公開求人数(2024年3月) 不明
公式サイト https://willof.jp/techcareer/

年収アップはデフォルトとして求人を紹介してくれるのがウィルオブテックです。

企業側の採用担当者とつながっているリクルーティングアドバイザーが存在し、通常のキャリアアドバイザーと合わせて2名体制でサポートしてくれます。

これまで積み重ねてきたデータをもとに、希望年収にもこだわって転職の条件を設定することが可能です。年収アップを重視する方におすすめと言えます。

大手SIerの仕事はつまらない?まとめ

大手SIerの仕事はつまらない?まとめ

大手SIerの仕事がつまらなく感じてしまうのは、自分が希望するエンジニアとしての働き方と差異があるからです。

ゆえに問題を解決するには、自分がエンジニアとして満足できる環境を構築する必要があります。

転職もひとつの解決方法となりますが、大手SIerで働くメリットをしっかりと把握してから検討すべきでしょう。

自分ひとりでは判断をミスをする恐れもあります。現環境・解決したい問題・転職の条件などをまとめて、転職エージェントに相談してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次