楽天モバイルに転職すると後悔する?理由から向いている人の特徴まで紹介

楽天モバイル後悔

大手携帯キャリアの1つである楽天モバイル。

楽天モバイルへ転職した場合にどんな働きになるのか気になるのではないでしょうか。

楽天モバイルへの転職は後悔する?
楽天モバイルへの転職がおすすめな人は?

このような疑問にお答えします。

楽天モバイルへ転職して、後悔するかはその人によるといえます。
今回の記事では楽天モバイルへ転職をしたときに後悔した人の口コミや向いている人の特徴を紹介します。
現在、楽天モバイルへの転職を考えている方は参考にしてください。

  • 楽天モバイルへ転職して後悔する理由
  • 楽天モバイルが向いている人
  • 楽天モバイルへの転職を後悔しない方法

楽天モバイルへの転職で後悔する理由を口コミ・評判から紐解く

楽天モバイル転職の口コミ

楽天モバイルへの転職を後悔する理由を、口コミや評判から調査。
楽天モバイルの口コミを調べた結果以下のようなことがわかりました。

  • ①競合他社より残業時間が多い
  • ②激務で精神的・肉体的にきつい
  • ④契約社員から正社員になるのは難しい
  • ⑤転職難易度が高い

楽天モバイルの口コミや評判からどのような働き方をするのか、また、入社してから後悔する人の特徴が見えてきます。
楽天モバイルは知名度もありますが、その分結果を出すために相当な努力を求められることがあります。
それぞれの口コミや評判を紹介します。

後悔する理由①競合他社より残業時間が多い

競合他社より残業時間が多い

利用ひでみち君
ひでみち君

評価: 2.0部署によるが、自分のところは取引きやり取りの関係で深夜帯の勤務もある。
フレックス制度はなく、残業時間が多いのでワークバランスの面ではいいとは言えない。
また、楽天モバイルは新規参入でほかの競合他社よりも顧客を作らないといけないがきつい。

そのため、ほかの会社よりも残業時間がかなり多い。
夜の時間、休みの日関係なく連絡がきて残業時間がかさむのでプライベートの時間も取りづらい。

後悔する理由②激務で精神的・肉体的にきつい

激務で精神的・肉体的にきつい

利用りく君
りく君

評価:1.5楽天にはワークライフバランスはありません。
週明けから8時にミーティングのため、朝5時に起きる人も普通にいます。

残業も多く、減らそうとしても改善の兆しはみえない。
また、連絡ツールで情報がとびかい、休み関係なく、連絡がくるので、精神的に休まる感じがない。

残業も多いので肉体的にきついのにプラスして、精神的にもきついダブルパンチである。

後悔する理由③英語が出来ないと減給される

英語が出来ないと減給される

利用まりさん
まりさん

評価:2.0評価シートに英語力がある。
TOEICのスコアなどではかられるが英語ができないと減給がある。

基準は800点以上取らないといけない。
入社して2年以内に取らないと減給される課題もあってきつい。

時には10%の減給もある。
ただし、TOEIC800点は簡単に取れるものでないので、かなり厳しい課題である。

社会人になってからの勉強はかなりきついものがある

後悔する理由④契約社員から正社員になるのは難しい

契約社員から正社員になるのは難しい

利用あゆむ君
あゆむ君

評価:1.5楽天モバイルは契約社員から正社員になるのは難しい。
事前にTOEIC800点以上取らないといけないし、マネージャー以上からの推薦も受ける必要あり。

楽天は激務の部署も多いので、その中でTOEIC800点以上取るのはかなりきつい。
それなら、転職で楽天モバイルに入社するほうが楽です。

楽天モバイルへ転職をする前にある程度TOEICの勉強をすることをおすすめします。

後悔する理由⑤転職難易度が高い

転職難易度が高い

利用ひでみち君
ひでみち君

評価:2.0楽天への転職の難易度は高いです。
英語は必須ですし、知名度もあるので求人者はわりと殺到します。

また、楽天は即戦力を求めているのでそれなりのスキルがないと面接までいくことも難しい。
楽天自体絶対業務を全うできる人を欲しいのでこれまでの実績もちゃんとないと転職は難しい。

自分で転職活動をすることは限界があることと求人数も少ないので、転職エージェントを利用するなどして、対策をしてからのほうがいいです。

楽天モバイルへの転職が向いている人の特徴3選

楽天モバイル特徴3選

次に楽天モバイルへの転職が向いている人の特徴を紹介します。

  • ①新規事業に携わりたい人
  • ②業務完遂能力が高い人
  • ③給与とプライベートのバランスを取りたい人

楽天モバイルはチャレンジングな会社でどんどんと新規の事業に取り組んでいきます。

楽天モバイルの携帯事業への参入も資本力がないとできないこと。
つまり、楽天のような大きな会社だからこそできることです。

その分、結果も求められますが、業務完遂能力がある人にとってはやりがいのある仕事でもあります。
それぞれ楽天モバイルへの転職が向いている人について、詳しく解説をします。

特徴①新規事業に携わりたい人

楽天モバイルへの転職が向いている人は新規の事業に携わりたい人です。
楽天グループ自体が挑戦をして、変化を続けているためです。

挑戦の姿勢は携帯電話事業参入にもあらわれています。
すでに出来上がっている携帯市場に参入するのはチャレンジングなことです。
社長の三木谷さんが積極的にいろんな事業をしていく人のため、その姿勢が会社にもあらわれています。

そのため、楽天モバイルの社内でもどんどんと新しいことに挑戦をする社風が根付いています。
どんな社員でも新規事業に挑戦できる環境もある。

楽天モバイルへの転職がおすすめな人は新規事業に携わりたい人です。

特徴②業務完遂能力が高い人

楽天モバイルへの転職がおすすめな人は業務完遂能力が高い人です。
楽天モバイルは新規事業をどんどんと立ち上げて、挑戦をする人をサポートしています。

しかし、新規事業を軌道に乗せないといけませんので、担当するひとへの結果も求められます。
そのため、与えられたプロジェクトの担当の人は必ずやり遂げなければいけない。
なにごとも最後までやり遂げる精神がないと楽天モバイルでは厳しいかもしれません。

与えられた業務を完遂できる能力が高い人は楽天モバイルでも結果を出す確率は高いでしょう。
楽天モバイルへの転職がおすすめな人は業務完遂能力が高い人です。

特徴③給与とプライベートのバランスを取りたい人

楽天モバイルへの転職がおすすめな人は給与とプライベートのバランスを取りたい人です。
楽天モバイルは部署にもよりますが、ワークバランスが取れている会社です。

楽天は会社として、社員のこともしっかりと考えています。
楽天の社員が健康的に働けるように配慮もしています。

また、大手の企業だけあり、給料もよく、社員をしっかりと休ませるだけの余裕もある。
資本がある会社でないとワークライフバランスを取って働くことは難しいでしょう。
給料もそこそこにもらえて、プライベートもほしい人は楽天モバイルへの転職がおすすです。

楽天モバイルの転職難易度について

楽天モバイル転職難易度

楽天モバイルへの転職難易度は職種によって変わります。

専門的なスキルが必要な職種など難易度は高い。

また、即戦力の力を求められる転職は難易度が高くなる傾向です。
例えば、エンジニアやデザイナー、経営戦略などの専門的なスキルが必要な職種は難しい。

一方で、営業やカスタマーサポートなどの職種は上記の職種よりは難易度が低くなります。
しかし、営業などが他の職種と比べて難易度が下がるからといって、決して簡単ではありません。

楽天モバイルの営業もしっかりと準備をしないと転職することは難しいでしょう。

楽天モバイルへの転職の難易度は職種によって変化します。

楽天モバイルの募集職種について

楽天募集職種

楽天モバイルの募集職種について解説をします。

  • エンジニア
  • カスタマーサポート
  • UXデザイナー
  • コーポレート

募集職種については他社と大きな違いはありません。

楽天モバイルへの申し込みは基本的にネットです。
そのため、お客様が利用しやすい申し込みサイトにするためにエンジニアやWebデザイナーは必要です。

また、楽天モバイルは携帯の使い方や不具合に対応しないといけません。そのための人員が必要なため、カスタマーサポートの職種もあります。

さらに楽天モバイルは新規参入のため、多くの顧客が必要な段階です。

楽天モバイルを使用してもらえるように個人や会社にも営業をかける人員がいます。
楽天モバイルは様々な職種が必要な業態です。

この中で自分の経験や興味のある職種に応募していくことになるでしょう。

楽天モバイルの平均年収について

楽天モバイル平均年収

楽天モバイルの年収について解説をします。

  • 営業:538万円
  • 企画:714万円
  • エンジニア:767万円

専門的なスキルが必要な職種は年収が高い傾向です。

しかし、楽天モバイルの営業でも年収538万なので、日本人の平均年収が433万円なので平均よりは大きく上回っているかたちです。
楽天は大手企業で資本力もあることから年収も高い。

楽天モバイルなら、専門職でなくても目指す価値は十分あるでしょう。

楽天モバイルへの転職で後悔しない方法

楽天モバイルの転職後悔しない

楽天モバイルへの転職で後悔しない方法を解説をします。

  • 自己分析を徹底的に行う
  • 企業の内情を把握しておく
  • 転職エージェントを活用する

楽天モバイルへの転職で後悔しない方法をそれぞれ詳しく解説をします。

自己分析を徹底的に行う

楽天モバイルへの転職で後悔しないためには自己分析を行うことです。
自己分析をすることにより、自分は本当に楽天モバイルが合っているのか、転職するときも的確に自分をアピールできる判断材料になります。

楽天モバイルへの転職にチャレンジできるのは1回限り。
一度失敗をすると期間を空けないと再度応募することできません。

また、楽天モバイルへの転職の難易度は高い。
しっかりと準備をしないと書類選考さえも通らないこともよくあることです。

楽天モバイルへの転職を考えるなら、自己分析をして自分をうまくアピールしないといけません。
自己分析ができれば、書類選考や面接でもプラスに働くことでしょう。

しっかりと自己分析をしてチャンスをものにできるようにしましょう。

企業の内情も把握しておく

楽天モバイルへの転職を後悔しないようにするためには企業の内情も把握しておきましょう。

楽天モバイルはどんな会社なのかイメージだけでわからない部分があります。
企業の内情を把握することで自分に合っているか、また、自己PRや面接のときの材料にもなります。

企業の情報は会社HPや口コミサイトで得ることができます。
口コミサイトには元社員の方の口コミも多数掲載されているので、表向きではわからない会社の内情も知ることできます。

楽天モバイルへの転職を後悔しないためには企業の内情も把握しておきましょう。

転職エージェントを活用する

楽天モバイルへの転職を後悔しないためには転職エージェントを活用することをおすすめします。。

転職活動は自分だけで進めると限界があります。
自分が希望する企業へ何回も応募できるわけではありません。

少ないチャンスをものにするためには転職エージェントを活用するほうがいいです。
転職エージェントでは専門でアドバイザーがついてくれて、アドバイスをもらえます。

客観的に見てくれるので、自分の気づかない部分や修正点を指摘しながら、進めていきます。
転職活動は履歴書、職務経歴書、面接の3つが非常に重要。

特に選考書類は自分だけだと、うまくアピールできないことも多いです。
なぜなら、自分が作成する書類は主観的に作成をするため、客観的な視点が持ちづらい。
人に添削を依頼するとたくさんの指摘事項が出てくることもよくあること。

転職エージェントのアドバイザーであれば、自分で気づかない修正点を指摘してくれて、クオリティの高いものに仕上げてくれます。
そのため、自分で転職活動を進めるよりも転職エージェントを活用したほうが転職できる確率は高くなるでしょう。

楽天モバイルへの転職を後悔しないためには転職エージェントを活用することです。

【まとめ】楽天モバイルに転職すると後悔する理由は?向いている人の特徴も紹介

楽天モバイルまとめ

楽天モバイルへの転職を後悔しないことについて解説をしてきました。
楽天モバイルへの転職は難易度は決して低くはありません。

しかし、楽天モバイルは知名度もあり、給料もよく、休みもとれる会社。
挑戦する価値は十分ある会社です。

楽天モバイルへの転職を成功させるためには自己分析や転職エージェントを活用するなど戦略を考えて、転職活動をしていかなければいけません。
何も考えずに転職活動をしても転職をするのは難しいでしょう。

楽天モバイルへの転職はポイントを押さえておこなえば、十分チャンスはあります。

気になる方はチャレンジしてみることをおすすめします。