SEから転職したい20代が気を付けたいポイントは?おすすめの転職先も合わせて紹介!

SEから転職したい20代が気を付けたいポイントは?おすすめの転職先合わせて紹介!

「SEから転職したいけど、まだ20代だしもう少し頑張ったほうがいいのかな…」このような悩みを抱えていませんか?

20代での転職は何に気を付けるべき?
20代だからこそ安易な選択で失敗したくない
SEから転職したいと思っている20代なら、上記のような疑問や悩みを抱えていてもおかしくはありません。

本記事ではSEから転職したい20代が気を付けたいポイントについて解説。合わせておすすめの転職先も紹介しています。

取り返しがつきそうな20代の転職でも慎重に行動したいと考える方、後悔のない選択をするためにもぜひ最後まで読んでみてください。

  • SEから転職したい20代が失敗する3パターンを解説
  • 20代でSEから転職する際に気を付けたいポイントとは
  • 動機別でSEからのおすすめ転職先を紹介(エンジニア以外も)
  • 20代SEにおすすめの転職エージェントはこれ
目次

SEから転職したい20代が失敗する3パターン

SEから転職したい20代が失敗する3パターン

一般に年齢が若ければ若いほど、成功確率が高くなる転職。SEから転職したい20代であれば、多少強引にいっても問題ないと思われるかもしれません。

もちろん成功する確率はゼロではないですが、明確な失敗例も存在します。まずはSEから転職したい20代が失敗する3パターンについて解説していきましょう。

  • スキル不足のまま転職
  • ひとりで転職を決断
  • 転職活動を開始した時期が遅い

失敗する明確なパターンを知ることで、20代の転職成功率をさらに引き上げることができます。

パターン①スキル不足のまま転職

最初に解説する失敗パターンは、スキル不足のまま転職活動を始めてしまうことです。

転職においてもっとも成功に関わるポイントは、企業が求めているスキルを備えているかどうかになります。

ポテンシャル採用にも期待できますが、SEから転職したい20代は別です。

SEを何年か経験したうえでのスキル不足は、向上心がなく努力できない人材と評価される危険性があります。一定のスキルを持たないまま転職するのは止めておきましょう。

パターン②ひとりで転職を決断

誰にも相談せずにひとりで転職を決断し行動するのも、失敗する確率の高い行為です。一時の感情で転職を決意してしまったケースが多く見られます。

さらに良くないのは先に仕事を辞めてしまうパターンです。働きながらの転職活動に抵抗があるのと、20代だからすぐに転職先が見つかるとの思惑からでしょう。

当然ながらその思惑に確実性はなく、結果的に転職活動が長引いてしまったという例もあります。

パターン③転職活動を開始した時期が遅い

転職活動を開始する時期が遅いと、遅らせた分だけ不利になっていきます。20代だからと油断してしまうのは危険です。

エンジニアとして活躍できるのは体力的に35歳までと言われており、その後はマネジメント業務に移るのが一般的なキャリアパスです。

ポテンシャル採用が期待できるとは言え、20代前半と後半では求めるスキルも変わってくるでしょう。

エンジニアの35歳定年説は崩れつつありますが、活動開始の遅れは転職の軸をもブレさせるリスクがあります。

20代でSEから転職する際に気を付けたいポイント3選

20代でSEから転職する際に気を付けたいポイント3選

ここからは20代でSEから転職する際に気を付けたいポイントについて解説いたします。失敗するパターンには触れましたが、20代が転職に有利なのは事実です。

となると自分のスキルに見合った転職先の選定が重要になってきます。また転職自体が始めてだというケースに備えて、情報収集にも力を入れる必要があるでしょう。

以上のことを踏まえて次から紹介するポイントを眺めてもらえば、内容も理解しやすいはずです。

  • 求人票で見るべき点を理解しておく
  • SEからの転職で成功した実例を知っておく
  • 転職エージェントを利用する

ポイント①求人票で見るべき点を理解しておく

間違った選択をしないためにも、あらかじめ求人票で見るべき点を理解しておきましょう。

まず除外したいのが、具体的な数字の情報がなく聞こえの良い文言だけが目に入る求人票です。胸を張って外に出せる数字がない求人票はブラック企業の可能性があります。

ほかに気にしておきたい情報として「離職率」と「採用実績」の2つが挙がるでしょう。2つを同時に調べる方法として最適なのが「就職四季報」です。

求める人材や平均年収などの情報が網羅された書籍で、企業を比較検討するのにも役立ちます。

ポイント②SEからの転職で成功した実例を知っておく

SEからの転職で成功した人が近くにいれば、なるべく話を聞いておくべきです。真似をする必要はありませんが、参考になる部分は積極的に取り入れていきましょう。

成功した実例を知ることで転職へのイメージも湧きやすく、活動もスムーズに進みます。

ポイント③転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することで、さまざまなサポートを受けることができます。

求人の紹介や応募書類の添削、応募先に合わせた面接対策など、転職者にとっての魅力的なサービスが満載です。

所属する企業のポジションにもよりますが、SEは基本的に忙しい職種で業務を遂行しながらの転職活動は困難が予想されます。

転職の成功率を上げつつ負担も軽減できるので利用価値が高いです。

seから転職したい女性が検討するべき選択肢

seから転職したい女性が検討するべき選択肢

エンジニアのスキルに性別は関係ないため、seから転職したい女性であっても検討するべき選択肢は変わりません。

のちにSEからの転職先としていくつかの候補を紹介していますが、女性としての働きやすさを求めるのなら大手SIerへの転職がおすすめです。

福利厚生が充実しており女性のキャリアバスもしっかりと示されています。女性ならではのライフイベントに対しても満足できる制度が整っている可能性が高いです。

女性のいる職場として安定的に働くことができ、精神的にも負担の少ない点が魅力と言えるでしょう。

エンジニアからキャリアチェンジすることは可能か?

エンジニアからキャリアチェンジすることは可能か?

エンジニアのキャリアチェンジはもちろん可能です。キャリアチェンジとは未経験の業界・職種に挑戦することを指します。

開発職以外へのキャリアチェンジを考えているエンジニアは全体の2割ほど。20代に限定すると割合はさらに高くなると推測できます。

キャリアチェンジによりさまざまなスキル・経験を取得することは、収入を高めることにつながるひとつの手段です。

記事内でも明確なキャリアチェンジとなるITコンサルタントや社内SEを紹介していますので、チェックしてみてください。

SEから転職する際の強みとは

SEから転職する際の強みとは

転職では自分の強みを理解することも大切です。SEから転職する際の強みとして挙げられるのは技術・マネジメント・業界知識の3つです。

始めにシステム開発の手法やプログラミング技術、パソコン全般に関する知識など、上流工程を担った経験から生まれる強みがあります。

プロジェクトのマネジメント経験やコミュニケーション能力も、転職で利用したいアピールポイントです。開発を担当していた業界の知識も、転職先によっては強みとなります。

特にクラウド・医療・家電・AI/ビッグデータなどの分野は需要も高いため、業界知識だけでも有効な武器となります。

20代でSEからの転職を決断した動機に注目

20代でSEからの転職を決断した動機に注目

転職を決意するに至った問題が解決されないと、環境が変わっただけで転職は失敗と言えます。

ゆえに転職経験の少ない20代では、SEからの転職を決断した動機に注目することが大切です。動機をはっきりさせることで転職先に求める条件も明確になります。

求める条件に合致した転職先なら、問題が解決されるという最低限の結果は得られるはずです。

この次からおすすめの転職先を紹介していきますが、SEと比較して得られるメリットや適性となる条件も見出しに含めて掲載しています。ぜひ参考にしてみてください。

【動機別】SEからのおすすめ転職先

【動機別】SEからのおすすめ転職先

SEからの転職で一般的なのは、職種と業種のどちらかを現在と同じにすることです。その考えに沿った形で転職先を紹介すると、以下のようになります。

  • Webエンジニア│細かい工程管理は不要(同職種で異業種)
  • 社内SE│下請け業務から離れたい方(同職種で異業種)
  • フリーランスSE│人付き合いが最低限に(同職種で異業種)
  • 大手SIer│市場価値を上げたい(同職種で同業種)
  • ITコンサルタント│コミュニケーションが得意な方(異職種で同業種)

Webエンジニア│細かい工程管理は不要

Webエンジニアは、Web関連のサイトやアプリケーションを開発するエンジニアです。

システムの場所がインターネット上に限定されること、設計だけでなく開発・テストまで行うところがSEとの違いになります。

Webエンジニアの主流はアジャイル開発で、小規模プロジェクトかつスピードを重視した現場のため細かい工程管理はありません。

反対にSEは大規模プロジェクトが多く、細かいルールで各工程を引き継いでいきます。「開発工程の細かさが嫌だ」という方にはWebエンジニアを検討してみてください。

社内SE│下請け業務から離れたい方

受諾ではなく自社のシステム開発を担うのが社内SEですが、ITに関連するヘルプデスクのような仕事も業務範囲となります。

顧客は自社なので、開発時も下請け業務のような厳しい条件がありません。文字どおり下請け業務から離れたい方にとって、うってつけの転職先です。

SEと違って特定の技術しか使用しないため、スキルアップがしやすい環境とは言えない点に注意しましょう。残業は少ない傾向で、年収は企業規模によって変わります。

フリーランスSE│人付き合いが最低限に

人間関係の負担を減らす面でおすすめなのがフリーランスSEです。フルリモートの案件なら出勤の必要もなく、人付き合いも最低限で済みます。

マッチングサイトやフリーランスエージェントなどを利用すれば、契約手続きまでネット上で完結できる点もおすすめの理由です。

フリーランスのネックとなる案件獲得の手段も増加してきており、挑戦しやすい環境が整ってきていると言えます。

正社員に比べて仕事が不安定で保証が弱い点をカバーできれば、より上の年収を狙うことも可能です。

大手SIer│市場価値を上げたい

大手SIerの魅力は、SEとしてのキャリアを積み上げられることです。大規模プロジェクトを経験することで市場価値も上がり、その後の転職も有利になります。

大手SIerの担当は上流工程が多いため、SEのまま年収を上げることも可能です。もちろんマネジメント職へのキャリアアップという選択肢も選べます。

注意点としては、大手SIerであっても客先常駐がゼロではないこと。SEとしての働き方は変わらないので、転職を決意した原因をよく精査する必要があります。

ITコンサルタント│コミュニケーションが得意な方

最後に紹介するのはITコンサルタント、クライアントの経営課題をITの力で解決するのが仕事です。

顧客との打ち合わせが重要となるため、コミュニケーション能力がマストとなります。もっと稼ぎたいけど開発は苦手という方にもおすすめの職種です。

SEよりも平均年収が100万円ほど高く、IT業界でも人気の高い仕事になります。SEの知識があれば差別化もできるため、異職種でも挑戦する価値はあるでしょう。

【エンジニア以外】SEからのおすすめ転職先

【エンジニア以外】SEからのおすすめ転職先

次はエンジニアとは関連性のない異職種・異業種で、おすすめの転職先を紹介いたします。選択のポイントはSEのスキルが活かせることです。

営業職│コミュニケーション能力を活かす

クライアントとの打ち合わせ経験や、チームのやり取りを円滑にしたコミュニケーション能力を活かすのなら営業職が良いでしょう。

エンジニアの知識を活かしたいのならセールスエンジニアもおすすめです。SEと比べて成果が実感しやすく、やりがいのある仕事と言えます。

事務職│パソコンスキルを活かす

SEとしてパソコンを扱ってきたスキルは事務職でも活かせます。残業や休日出勤が少なく仕事はルーティンワークが多いため、転職において人気の職種です。

SEの経験から自社のホームページ管理やIT支援を任せられることもあり、業務の幅を超えた活躍にも期待できます。

実際に転職するとなると競争率も高いため難易度は高くなりますが、SEのスキルがプラスになることは間違いないです。

講師職│スキルを活かす

エンジニアのスキルで人材育成の道へと進む選択もあります。専門学校やプログラミングスクールなど講師として活躍できる場は多いです。

高スキルであるほど期待できる年収も高くなりますが、受け取れる金額には幅があります。

基本的なパソコン操作だけを教える仕事だとアルバイトやパートとして働く可能性があり、SEの頃より年収は下がってしまうでしょう。

20代SEにおすすめの転職エージェント

20代SEにおすすめの転職エージェント

最後に20代SEにおすすめの転職エージェントを紹介しておきます。転職エージェントの利用は推奨事項なので、ぜひ検討してほしいです。

リクルートエージェントIT|転職支援実績NO.1

リクルートエージェントIT|転職支援実績NO.1

転職業界の大手リクルートエージェントが、ITエンジニア専用としてサポートを提供しているサービスです。

業界トップとも言える豊富な求人数を背景に、利用者の幅広い希望にも対応した魅力的な提案を可能とします。

IT業界の転職支援に強みを持つキャリアアドバイザーのサポートにより、総合的な満足度を高水準で維持している点も強みです。

的確なアドバイスに加えて信頼度の高い書類添削や面接対策など、転職経験の少ない20代にはぴったりの選択と言えるでしょう。

レバテックキャリア│エンジニアの転職なら

レバテックキャリア│エンジニアの転職なら

エンジニアの転職ならレバテックキャリアは外せません。エンジニアを15年以上支援してきた実績がおすすめの理由です。

利用者の隠れた強みをIT技術に精通したアドバイザーが見つけ、スキルに見合った求人紹介を行います。

年収アップを実現した利用者は全体の8割。自分の正確な市場価値を見出すこともできるエンジニア必見の転職エージェントです。

市場価値が不確かなままだと、中途半端な転職で終わってしまう可能性があります。レバテックキャリアを利用して後悔のない転職を目指してください。

20代でSEからの転職はエンジニア職がおすすめ

20代でSEからの転職はエンジニア職がおすすめ

20代でSEからの転職は年齢的にはおすすめなものの、スキル不足や判断ミスなどの懸念があります。

その点を補うためにもできる限り転職エージェントを利用するべきです。そのうえで転職を決断するに至った原因を冷静に分析して、問題解決につながる転職先を選びましょう。

20代でSEからの転職に推奨するのは、SEを含む同職種で異業種の分野です。SEの知識・経験をしっかりと活かせる転職先候補が揃っています。

転職に有利な20代だからこそ慎重に行動することが大切です。勢いのまま進んで時間を無駄にしないようにしましょう。