30代でSlerから転職は出来る?Sler転職体験談も併せて紹介!

30代でSlerから転職は出来る?Sler転職体験談も併せて紹介!

設計から開発、運用から保守まで幅広く担当するSlerという職種。
そのSlerから30代で転職はできるのか気になるところではないでしょうか。

Slerから30代で転職だと遅い?
Slerからどんな職種に転職ができる?

30代のSlerから転職を考える時のこのような疑問にお答えします。

30代でSlerからの転職をすることはできます。
しかし、転職をするには求める条件や年齢などいくつかのハードルがある。

そこで、今回の記事では30代でSlerから転職を成功させるポイントを体験談を踏まえて紹介します。

現在、30代でSlerから転職を考えている方は参考になる内容のため、ぜひ本記事を読んでみて下さい。

転職エージェントに迷ったらコレ!実際に利用して分かった

\SlerにおすすめIT転職エージェント3選!/

レバテックキャリア
レバテックキャリア
マイナビIT AGENT
マイナビit転職エージェント
ウィルオブ・テック
ウィルオブ・テックキャリア
・エンジニア転職専門
・16,000以上のIT求人
・キャリアアップを狙える
・20代のIT転職に強い
・専属2名体制のサポート
・約7割が非公開求人
ITの公開求人数約1.6万件
ITの公開求人数多数有り
ITの公開求人数約1,170件
30代でSlerからの転職まとめ
    • 実現したいことを決める
    • 優先順位を明確にする
    • 条件を求めすぎない
    • IT転職エージェントは複数登録して比較すると良質な求人に出会いやすくなる!
    • 最短で転職するなら、最速1週間での内定実績があるレバテックキャリアへの登録が必須
    • 20代の方や初めてのIT転職マイナビITAGENTを利用しよう
    • 内定を確実に取りたい方は専属2名による手厚いサポートのウィルオブ・テックがおすすめ

【公式サイト】
https://willof.jp/techcareer/

IT転職エージェント選び方 レバテックキャリア マイナビIT転職エージェント ウィルオブテックキャリア
目次

【結論】30代でSlerから転職することは可能!

point

SIerから転職することは可能ですが、人によって難易度は様々です。自身が大手企業に勤めていたのか、転職先に何を求めるのかで異なります。

また、どの業界でも共通して言えることですが、30代前半と30代後半では転職のしやすさが変わります。転職を成功させるポイントは後ほど紹介しているので、このまま読み進めてくださいね。

年収が下がるケースも想定しておく

SIerから転職することは可能だと伝えましたが、年収が下がってしまうケースが多いといえます。

業務時間が長い・残業が多い・負担が大きいなどの理由でSIerからの転職を考えている人もいるかもしれません。その分、給与が高めに設定されていることも多く、ほかの職種に転職すれば一時的に年収が下がる可能性もあります。

労働環境か業務内容か給与か、どれを優先させるべきかは考えておく必要があります。

30代でSIerから転職を成功させるポイント3選

30代SIerから転職

30代でSlerに転職を成功させるポイントを紹介します。

Slerから転職を成功させるためには、年収や条件にこだわらないことです。
また、年齢も30代前半で早いうちのほうがいいでしょう。

Slerの転職の成功にはITに強い転職エージェントやサイトを使うことも重要。
自力で転職活動を進めるには限界があります。

それぞれ詳しく解説します。

ポイント①転職後の年収など条件にこだわらない

Slerからの転職を成功させるには転職後の年収や条件にこだわらないことが大事です。

理由として、大手のSlerは年収が高い傾向にある。
そのため、現状の年収と同条件を求めると選択肢が狭くなります。

今の年収よりもある程度は下がることを許容しないと難しい。
ITの業種は実力主義のため、スタートの年収が低くても経験を積むことで上げることは可能です。

転職直後の年収や条件はこだわらない方で活動するといいでしょう。

ポイント②30代前半までにSlerから転職する

Slerから転職をするには30代前半までがいいでしょう。
理由として、30代後半や40代になると即戦力を求められます。

そのため、Slerからの転職でも希望する職種の一定のスキルがないと厳しいでしょう。
IT業界は平均年齢も若く、ある程度の年齢の壁は存在します。
IT業界で転職をするなら、年齢は若ければ、若いほど有利。

ITの職種未経験で転職をしやすい年齢が30代前半までです。
Slerから転職をするなら、30代前半までを目指しましょう。

ポイント③IT転職エージェントやIT転職サイトを使う

Slerから転職をするときは転職エージェントや転職サイトを使いましょう。
転職エージェントや転職サイトを利用することでサポートを受けながら、転職活動を進めることができます。

転職エージェントを活用するとアドバイザーがついてくれて、書類添削や面接対策の練習をすることが可能。

また、年収など気になるポイントがあれば、交渉もしてくれます。
自分で転職活動をするとつまづくポイントもアドバイザーにアドバイスを受けることで効率よくすすめることができます。

自分で転職活動をすると間違いに気づけずにそのまま進めてしまい、チャンスを無駄にしてしまうことも。

転職エージェントがプロとしてアドバイスをしてくれるのは大きなメリットです。

Slerから転職をするときは転職エージェントや転職サイトを利用しましょう。

Slerの転職に強い

転職エージェント・転職サイト

30代で大手Slerから転職するのが難しい理由

difficult

30代で大手のSlerから転職するのが難しいといわれる理由を紹介します。

大手のSlerは仕事をこなしていけば、給料は上がり続けます。
そのため、大手のSlerと同じ年収の水準を求めると対応できる企業は多くはありません。

また、Slerの仕事は運用がメインです。
プログラミングなど技術的なことを身に着ける機会は少ないなどの理由があります。

それぞれ、詳しく解説します。

理由①給料が上がり続け年収が高いから

大手のSlerからの転職が難しい理由として、給料が上がり続け、年収が高いためです。

大手のSlerは問題なく、仕事をこなしていけば、ステップアップ方式で年収は上がっていきます。
大手のSlerの最終的な年収は1000万クラスもザラにあります。

そのため、大手のSlerの見込み年収と同じくらいを求めると難しいでしょう。
年収も下がることはある程度は許容しないと転職が難しくなります。

理由②プログラミングの実務経験がないから

大手のSlerの転職が難しい理由としてプログラミングなどの実務経験がないことが挙げられます。

Slerの仕事は設計から、開発、運用や保守がメインです。
そのため、プログラミングなどの技術的なことはほとんどしません。

SlerがITの他の職種に転職をしようとすると技術的な実務経験がないことがネックになります。

プログラミングなどの実務経験がないことがSlerの転職が難しい理由です。

Slerの転職に強い

転職エージェント・転職サイト

大手Slerから転職する際にやるべきこと

大手Slerから転職する際にやるべきこと

大手Slerから転職する際にやるべきこと
  • 自分の実現したことを決める
  • キャリアアップと年収のアップのどちらを優先するか
  • 働き方に柔軟性を持たせたいか

大手Slerから転職する際にやるべきことを紹介します。

大手Slerから転職をするときは自分の実現したいことをまずは決めます。
・年収を上げたいのか ・スキルアップしたいのか
・プログラミングなど技術を身に着けたいのか
・フレキシブルに働きたい まずは自分が一番優先する項目を考えます。

大手Slerから転職するために優先順位を決めたら、今度は職種を考えます。
・年収をアップする他の大手Sler
・プログラミングスが身につくWEB会社
・余裕を持って働く、社内SE
・経営に携わるためのITコンサルタント
・ガラッと変えてIT営業
など自分が優先順位を高く持ってきた項目に合った職種を選びます。

転職を目指す職種を決めたら、求人がある、転職エージェントや転職サイトを決めて、転職活動を進める。

大手Slerから転職する際にやるべきことはまずは自分がなぜ、転職を目指すのか明確にする。
そこから、自分の目的を実現するためにはどんな職種でどこの転職エージェントや転職サイトを使えばいいのかをはっきりさせることです。

そして、なるべく早く行動をすることです。
IT業界は移り変わりが早い業界。

若さがある程度有利に働く業界でもあるため、なるべく早いほうがいいでしょう。

30代でSlerから転職した人の体験談をご紹介

30代SIer体験談

30代でSIerから転職した人の体験談をご紹介します。
今回はSIerからWeb業界へ転職した人とSIerから大手の社内SEに転職をした人を紹介します。

30代SIerから転職をした人は何を考えて踏み切ったのか参考になるでしょう。

①SlerからWeb業界へ転職した30代女性

転職を決意したきっかけ
Slerという仕事は顧客の課題解決のためにシステムの構築から運用、保守を受け持つ仕事です。
いわゆる、受託開発や常駐の仕事となります。
Slerの仕事は顧客の要望に常に応え続けないといけないため、高いストレスがかかります。
このままSlerとして仕事をしていくことに限界を感じました。
WEB業界に転職するために行ったこと

ITの転職サイトとエージェントを利用しました。
利用したサイトは3つ
・Green
・レバテックキャリア
・Wantedly

転職活動をする上で大事なことは自分の才能はどこにあるのかを把握すること。
自分の才能を理解したら専門スキルを高めること、または専門性を理解することです。

最後に転職に対する覚悟です。
転職の熱意は相手の企業様にも伝わります。
覚悟しないとその熱意も伝わらないでしょう。

②Slerから大手メーカーの社内SEに転職した30代男性

Slerから社内SEを志望した理由

Slerの仕事の責任範囲がシステム開発でQCDを守ることを優先事項にしていることに疑問を感じたためです。
(QCDとは、Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)の略。)

「この仕事でビジネス上で競争優位にたつことができるのか」
「システムの導入後は計画時のROIをちゃんと達成できるのか」

などクライアントの課題などの本質的な部分に関わりを持つことができない事に疑問を持つようになりました。

社内SEであればクライアントの課題に対して、システムの立案から導入、納品から改善まで携わることができると思い、社内SEを志望しました。

転職までのスケジュールと利用したエージェント

転職活動開始から内定までは3週間ほどでした。

転職活動スケジュールは以下
1.転職のきっかけ、目指す職種などの明確化
2.転職エージェントに登録と面談
3.求人先のリストアップ
4.企業研究と面接対策
5.選考

結果大手のメーカーの社内SEの求人に対して、15社応募、最終的には5社から内定をもらうことができました。

利用したエージェントはリクルートエージェントを利用しました。

ITが様々な場面で必要不可欠になり、ITの実利用に乗り出す企業も増えてきました。
そのため、Slerでも企業の採用のニーズが増えてきています。

Slerがつまらないと感じる30代がとるべき対処法

way

SIerがつまらないと感じる方は、以下の項目を参考にしてください。

それぞれ解説します。

つまらないと感じる原因を分析する

SIerはプログラミングの機会が減るため、つまらないと感じる人もいるでしょう。また、顧客との商談や仕様書の作成に時間がとられるかもしれません。

SIerの仕事の中で、何をつまらないと感じているかを考えることは大切です。仮に転職できたとしても、同じ悩みに直面して早期離職をするかもしれません。

何に不満を抱いているのか、どうすれば解消できるのかを熟考することは重要です。

現在の会社に問題がある場合は別のSlerへ転職する

業務内容に不満を感じていない場合は、別の会社でSIerとして転職するのも一つの方法です。

人間関係や労働条件に悩みを感じている人も、なかにはいるでしょう。労働環境が合わなければ、長く働き続けることは難しくなります。

ほかの会社に挑戦することで、新たな刺激を受けられたりスキルアップできたりするかもしれません。ただし、漠然と転職したいという考えだけでは、次の会社でもうまくいかない可能性があります。

現在の会社の何が問題で、次の会社には何を求めるのか。希望する条件を整理しておきましょう。

自社開発を行う企業へ転職する

プログラミングをもっとやりたい、自社サービスの開発に携わりたいと思う方には、自社開発を行っている企業へ転職するのもおすすめです。

スキルを磨け、自身のシステムがどのように役立つか実感しやすいので、やりがいを感じられます。

技術も評価されやすいので、プログラミングをやりたくてSIerを続けるか悩んでいる人にとっては、転職を検討しても良いでしょう。

Slerから転職する前に考えておくべきこと

think

転職する前に、ぜひ考えておいてほしいことを紹介します。

転職して後悔しないためにも、必見です。ぜひご確認ください。

Slerを辞める理由と転職軸を明確にする

どうしてSIerを辞めたいのか、まずは理由を明確にしましょう。人により異なりますが、SIerを辞めたいと考える人の理由は以下のものが挙げられます。

辞めたいと感じる理由の一例
  • 労働環境や働き方に不満がある
  • スキルアップができない
  • 将来に漠然とした不安を感じる
  • 仕事内容がそもそも合わない

「やりがいを感じないけど特に不満もない」、「転職活動が面倒だからこのまま続ける」と考えてながら仕事を続けると、いつか会社に行くのがしんどくなるかもしれません。

辞める理由が明確であれば、不満を解消できる会社を選べます。

同様に、転職軸も明確にしておきましょう。次の会社では何を叶えたいのか、理想とするキャリアなど、これだけは譲れないという転職軸を持っておくことはおすすめです。

ミスマッチを防ぐだけでなく応募企業を絞りやすいので、転職活動がスムーズにいきます。転職する前に、ぜひ考えてみてください。

Slerで身に着けたスキルを軸に目指す職種を決める

SIerの経験を活かせる職種に転職するのも良いでしょう。

WebエンジニアはITの知識が必要なので、SIerの経験は役に立ちます。もしもプロジェクトを統括していたなら、候補の1つとしてWebディレクターも考えられます。

身に着けたスキルを軸に、職種を絞り込むのもおすすめです。これまでの経歴を振り返ってみましょう。

30代のSler転職におすすめのIT転職エージェントとIT転職サイト

SIer転職エージェント

30代のSlerの転職におすすめのIT転職エージェントと転職サイトを紹介します。

それぞれ転職エージェントとサイトの特徴などを詳しく解説します。

レバテックキャリア|IT業界経験者向け

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
  • ハイクラスの求人が豊富
  • 最初から内定率が高い
  • キャリアアドバイザーと個別に相談

レバテックキャリアはIT経験者向けの転職エージェントです。
そのため、ハイクラスの求人が多く、最初の転職活動から内定率が高いのが特徴です。

キャリアアドバイザーと個別に面談ができるため、自分の要望をくみ取り、希望の求人へ案内をしてくれます。

IT経験者でもっと自分のスキルや年収を高めたい方はレバテックキャリアはおすすめです。

転職の実績 4.5
求人数の多さ 4.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 5.0
総合評価 4.0

マイナビITAGENT|社内SEになるための相談会がある

マイナビITAGENT

マイナビITAGENTの特徴
  • ITに強いキャリアアドバイザーがサポート
  • サポートが手厚い
  • 運営会社がマイナビ

マイナビITAGENTは運営会社がマイナビでIT業界やエンジニア向けの転職エージェントです。
運営会社のマイナビと同様に手厚いサポートが評判です。

転職活動で難問な書類添削や面接対策を手厚くアドバイスをしてもらえます。

希望の条件や経歴をヒアリングをしてマッチする求人の提案。
職務経歴書の添削や事前に聞かれるであろう質問を考えながら模擬面接などの練習も可能です。

転職の実績 5.0
求人数の多さ 5.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 4.0
総合評価 4.5
あわせて読みたい
【全て暴露】マイナビIT AGENTの評判と特徴を徹底解説 マイナビITAGENTは、IT業界未経験者でも利用できる転職エージェントです。 また運営元がマイナビエージェントということもあり求人の種類は、 「インターネット・広告・...

リクルートエージェントIT|業界No.1の求人数

recruit-agent

リクルートエージェントIT特徴
  • IT関連の求人が豊富
  • 非公開求人がほとんど
  • 経験豊富なアドバイザーがサポート

リクルートエージェントITは業界最大手のリクルートエージェントが運営しており、IT関連に特化したエージェントです。
リクルートエージェントITは非公開求人が多く、他の求人サイトとかぶることも少ない。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、書類の添削から面接対策までサポートしてくれて、安心して転職活動を進めることができます。

転職の実績 5.0
求人数の多さ 5.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 3.0
総合評価 4.5
あわせて読みたい
リクルートエージェントITの評判を全て暴露!メリット、デメリットも併せて解説 転職エージェントの中でも最大手と位置付けされるリクルートエージェント。その評判のほとんどは良いものとされていますが、エンジニアやIT関連の転職でも同じなのでし...

Green|カジュアル面談で気軽に雰囲気を知れる

Green

Greenの特徴
  • 大手、ベンチャー企業まで幅広い求人
  • 精度の高いレコメンド機能
  • IT・WEB関連の求人が豊富

Greenは大手からベンチャー企業まで幅広いIT求人を取り揃えている転職サイトです。

ITの求人に特化しているため、IT求人の多さも業界随一です。
また、おすすめの求人として出てくるレコメンド機能の精度が高く、自分の条件にマッチした求人が送られてくることも多い。

そのため、自分が思ってもいなかった求人と巡り合い、とんとん拍子に進むことも珍しくありません。

また、転職サイトGreenはカジュアル面談があります。
カジュアル面談とは面接の前だんかで採用担当者から話を聞ける制度です。

入社してからのミスマッチを防ぐためにまずは話を聞く流れ。
カジュアル面談があるため、事前に自分の気になるポイントを解消してから面接に進めることも大きなメリットです。
自分に合う、合わないの判断ができることも大きいでしょう。

大手からベンチャー企業など幅広い求人から選びたい方はGreenはおすすめです。

転職の実績 4.5
求人数の多さ 4.0
サポート体制 3.0
キャリアアドバイザーの質 4.5
総合評価 4.0

Slerの転職に強い

転職エージェント・転職サイト

Slerから転職したい30代によくある質問

question 

30代でSIerから転職を考えている人が抱く疑問についてお答えします。

気になる方はぜひチェックしてください。

大手Slerからの転職でよくある理由は?

大手SIerから転職を考える理由として多いものは、以下のものが挙げられます。

大手Slerからの転職でよくある理由
  • 開発に携われない
  • クライアントに振り回される
  • スキルアップがしたい
  • 残業が多い

仕事内容自体に不満を持つ人もいますが、今よりスキルアップしたい、もっと開発に携わりたい人も多いでしょう。SIerの仕事にやりがいを感じないのであれば、転職を検討しても良いかもしれません。

30代でSlerから転職するのは遅い?

転職できないわけではありませんが、できるのであれば20代のうちに転職しておきたいです。大手SIerの業務に慣れてしまうと、ほかの会社の業務や環境に順応するのが大変になります。

自社開発を行う会社であればプログラミングの技術も求められるので、なるべく早く動きましょう。

Slerの転職タイミングはいつが良いですか?

なるべく早いほうが良いです。ある程度の知識が身に着き、この職場ではもう得られるものがないと感じたら動くのもおすすめです。

また、30代を超えると強みやスキルを求められる傾向にあるので、強みを活かせる企業と出会えたときも転職のタイミングだといえます。適切なタイミングを見つけて、理想の転職を叶えましょう。

ボーナスをもらってからというのも一つの指標ですが、繁忙期に退職をするのはなるべく避けたいですね。

Webエンジニアの30歳の平均年収はいくら?

大手転職サイトのデータをいくつか比較した結果、500万円前後が相場だといえます。経験の有無や会社の規模によって異なるので、参考程度にしてください。

平均500万円と言っても、300万円の人もいれば800万円を超える人もいるので、年収500万円の人が最も多いとは限りません。

平均年収のデータを参考に転職をするかどうか、どの企業に応募するか検討する判断材料にしてください。

30代でSlerから転職は出来る?まとめ

SIer転職まとめ

30代SIerから転職するために
  • できるなら、30代前半までに行動をすること。
  • 自分の目指す職種を明確にすること
  • 転職エージェントや転職サイトを活用すること

30代でSlerから転職することはできます。
転職をするためにはいくつかの条件がある。

Slerから転職するにはきちんと順序を踏んで転職活動をすることが大事。
IT業界はフレキシブルに働くことができ、自分のペースで仕事を進めることができます。
また、自分の実力次第で大きな年収を獲得することもできる、魅力のある業界です。

特にSlerの経験は未経験者に比べて大きなアドバンテージとなるでしょう。
動き出しが早いほうが転職が成功できる確率も上がります。
迷っている方はまずは受けてみるくらいの感覚ではじめてしまうのがいいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次