インフラエンジニアはやめとけ?理由や体験談を交えて徹底解説

インフラエンジニアはやめとけ?理由や体験談を交えて徹底解説

この記事にはプロモーションが含まれます。

なぜインフラエンジニアはやめとけって言われているのだろう

エンジニアの転職について調べているなかで、上記のような疑問を抱いたことはありませんか?

本記事ではインフラエンジニアがやめとけと言われる理由を解説するとともに、働くメリットや目指す方法などについて解説しています。

現役インフラエンジニアのリアルな声も紹介しているので、エンジニア転職を検討している方はぜひ最後まで読んでみてください。

本記事の概要【インフラエンジニアについて】
  • ネット上では「インフラエンジニアはやめとけ」と言う意見が見られる
  • 急なトラブルに対応する必要があり、夜間や休日出勤もあるから
  • しかしながらインフラエンジニアとして働く魅力的なメリットも多々ある
  • やめとけと言われる理由のいくつかは会社選びで回避でき、努力次第では業界で長く活躍できる
目次

インフラエンジアはやめとけと言われる理由

インフラエンジアはやめとけと言われる理由

インフラエンジニアの主な業務内容は、システムを運用するために必要なサーバーやネットワークを構築することです。

未経験からも挑戦しやすいと言われているエンジニア職ですが、なぜ「インフラエンジニアはやめとけ」といった声があるのでしょうか?その理由を以下にまとめました。

それぞれの項目について詳しく解説していきます。

夜間・休日を問わずトラブル対応に追われる

インフラエンジニアがやめとけと言われる理由のひとつめは、夜間や休日を問わずトラブル対応に追われる点です。

運営・保守に携わっているシステムに異常が発生し、そのトラブルが長引いてしまうと顧客の不利益はどんどん大きくなっていきます。

問題が発生した場合はできるだけ早急に解決する必要があり、状況によってはプライベートの時間が削られてしまうのも事実です。

システムトラブル自体は予期できないものであるため、常に対応できる態勢を作っておくことも求められます。

24h365日稼働のシステムも多く夜勤や休日出勤がある

インフラエンジニアが監視するシステムには24時間365日稼働するものもあるため、その場合シフト制による夜勤業務が発生します。

常時稼働しているシステムでなくてもメンテナンスは顧客の業務時間外に行う必要があり、夜間や休日に作業が設定される可能性も高いです。

ほかのエンジニア職でも夜勤対応するケースはありますが、常時夜勤に備える必要があるのはインフラエンジニアのつらい点だと言えます。

業務に必要な資格や最新技術への対応など仕事外での勉強も必要

インフラエンジニアに限った話ではありませんが、技術の移り変わりが激しいIT業界にとって業務時間外の学習は必要不可欠となります。

最新技術やトレンドと言われる分野に興味がないエンジニアは、徐々に淘汰されていく恐れがあるからです。

ほかのエンジニアと差別化してもらうために、既存のスキルで満足せずに一歩ずつでも成長していくことが求められます。

研修制度が整っていない中小企業が多い

システムの監視業務から設計・構築の業務に移っていくのがインフラエンジニアの基本的なステップアップ路線になります。

しかしながら研修制度が整っていない中小企業も多く、思うように成長できないケースを指してインフラエンジニアはやめとけと言われている傾向です。

同じような業務が続いて成長が実感できない場合、やりがいもなくなり仕事がつまらなく感じてしまいます。

単純作業が多く華やかな仕事ではない

経験の浅いインフラエンジニアはマニュアルに沿った業務も多いのが実情です。

単純作業が多く華やかな仕事ではないと感じる人もいるため、「やめとけ」と言う声が出ています。

トラブルが発生しない限りは変わり映えしない時間が続くので、仕事の成果を感じることが難しい業務内容です。

設計・構築の業務に携われるようになれば仕事の感じ方も変化してきますが、そこに至るまでの段階で不満を抱えてしまうことがあります。

インフラエンジニアとして働くメリット

インフラエンジニアとして働くメリット

インフラエンジニアに対して「やめとけ」と言う意見がある一方、おすすめのエンジニア職として紹介されるケースが多々あるのも事実です。

ここではインフラエンジニアとして働くメリットについて解説していきましょう。具体的な内容は以下のとおりです。

シフト制・交代制の職場が多く基本的に残業は少ない

インフラエンジニアはシフト制・交代制の職場が多く、基本的な残業の少なさが大きなメリットだと言えます。

毎日の業務については仕事を引き継いでくれる人員がいるため、残業してまで業務を遂行することはありません。

納期に影響されるエンジニアと違って大幅な残業時間の変化がないことは、インフラエンジニアの特筆すべき魅力です。

現代社会に必要不可欠な責任感ある仕事である

インフラエンジニアの業務は、現代社会に必要不可欠な責任のある仕事です。

多くの人が恩恵を受けている便利なシステムの数々も、インフラエンジニアが存在しなければ成立しません。社会への貢献度がかなり高い職種だと言えます。

トラブルが発生しても迅速に解決しシステムを利用する人に迷惑をかけない、縁の下の力持ち的な業務内容は周りに誇れる仕事です。

インフラエンジニアの需要は高く転職がしやすい

さまざまな業界でITシステムが使われるようになったため、インフラエンジニアの需要が尽きる兆候は見られません。

IT業界に限らず選択肢がある状況なので、インフラエンジニアの転職は比較的しやすい傾向です。

良い環境を求めて積極的に転職を検討できる点も、インフラエンジニアの大きなメリットだと言えます。

業務を行う中で幅広い知識を身に付けることができる

インフラエンジニアに必要なスキルは多岐に渡ります。サーバー・ネットワーク・セキュリティ、近年ではクラウドの知識も求められる傾向です。

そのため業務に携わる中で幅広い知識を身に付けることができます。各分野を突き詰めることで、その道のスペシャリストになることも可能です。

また設計・構築の業務には顧客へのヒアリングも含まれるため、高レベルのエンジニアに必要なコミュニケーション能力を養うこともできます。

インフラエンジニアの基本情報【仕事内容・年収】

インフラエンジニアの基本情報【仕事内容・年収】

インフラエンジニアのプラスマイナスを知ったところで、業務内容・年収についてまとめておきます。

インフラエンジニアはシステムやインターネットを利用するための基盤を作り上げる業務です。

システムの稼働に必要なサーバー・ネットワークの要件を考え提案し、設計・構築・テスト・運用・保守まで担当します。

年収に関しては以下のようなデータが出ていますが、担当分野やスキルレベルで大きく変動する点に注意が必要です。

職種名 平均年収と参考サイト
インフラエンジニア 525万円(求人ボックス 給料ナビ
サーバーエンジニア 454万円(doda平均年収ランキング
ネットワークエンジニア 446万円(doda平均年収ランキング
セキュリティエンジニア 487万円(doda平均年収ランキング

未経験からインフラエンジニアを目指す方法

未経験からインフラエンジニアを目指す方法

インフラエンジニアは未経験からでも挑戦しやすいエンジニア職と言われています。ここからは未経験からインフラエンジニアを目指す方法について解説していきましょう。

押さえるべき具体的なポイントは、以下の2点となります。

サーバーやネットワークに関する基本的な知識を身に付ける

インフラエンジニアとしてどんな働き方をするにしても、サーバーやネットワークに関する基本的な知識は必要です。

合わせてセキュリティやクラウドの知識も習得しておくと、求人を選ぶ際に選択肢の増加が期待できます。

知識を身に付ける方法としては、書籍・学習サイト・スクール・資格取得などです。学習に費やせる時間や費用、自身の性格などを勘案して最適な方法を選びましょう。

IT業界に特化したエージェントに登録し転職サポートを活用する

未経験からインフラエンジニアを目指す場合、自身がしっかりと成長できる企業に入社することが大切です。

働く環境や研修制度の有無などを知るためにも、IT業界に特化したエージェントを利用しましょう。

その上で自身の強みに合った候補を提案してもらえれば、働きだして後悔する確率を抑えられます。さまざまなサポートも活用して、よりスムーズに転職活動を進めましょう。

現役インフラエンジニアのリアルな声を紹介

現役インフラエンジニアのリアルな声を紹介

記事の最後に現役インフラエンジニアのリアルな声をいくつかピックアップして紹介しておきます。

やりがいや苦労する点、重要視していることについて言及した内容です。ぜひ参考にしてみてください。

インフラエンジニアのやりがい
利用とおる君
インフラエンジニア3年目

優れた製品や魅力的なデザイン、最新技術のデータサイエンスを応用した機能でも、それらが社会に届くのはインフラあってこそです。

優れた企画を発案する人やそれを具現化するエンジニア、そういったすべての努力を背負い社会に届けて価値を生み出すのがインフラエンジニアの役割になります。

責任は非常に大きいですが、それと同じくらい重要な仕事です。技術的にも非常に広く深い分野で、探求心をくすぐる仕事であり、そこにやりがいや楽しさがあります。

苦労する点
利用こうたろう君
インフラエンジニア2年目

注意深く対策を講じていても、サービスの障害を100%避けられないのがインフラエンジニアの現場です。障害は業務時間内に限らず、深夜や休日に発生することもあります。

もちろん障害が発生しないように事前に対策を講じることが最善ですが、完全に防ぐことは難しく、いかにして障害の影響を最小限に抑えるかが業務のポイントです。

障害発生時は顧客の業務に与える影響も大きいため、誤ったアプローチをとると状況が悪化する可能性もあります。

非常に精神的なプレッシャーがかかり、冷静かつ正確な判断が求められる状況です。しかも、それを最速で行う必要があります。大変な時間が続く業務です。

重要視していること
利用りく君
インフラエンジニア3年目

常に初心者の心構えを持つことが非常に重要だと考えます。IT業界では専門用語が多く使われることが一般的です。

初めてその言葉に触れると、どんな意味かを理解しようとする疑問が生まれます。この疑問は、お客様も同様に感じるものです。

大切なのは、相手が分かりやすい言葉でコミュニケーションをとることです。初めての経験者と同じように、お客様も分かりやすい言葉で話すことが求められます。

専門用語をわかりやすく説明し、お客様との対話において知識を共有することが重要です。

自身の中に知識を取り込むためには、理解した用語や概念を自分の言葉で再現することが役立ちます。

相手の知識の前提を確認し、適切な言葉で対話を進めることが大切だと考えます。

【まとめ】インフラエンジニアはやめとけ?

【まとめ】インフラエンジニアはやめとけ?

インターネットで聞こえる声として、「インフラエンジニアはやめとけ」と言う内容があるのは確かです。

時間に関係なくトラブル対応に追われる可能性や夜勤の存在マニュアルに沿った業務内容が面白く感じられないといった点が理由となっています。

一方で未経験からでも挑戦しやすく、業界における需要が尽きない職種であることも揺るがない事実です。

インフラエンジニアが携わる業務への適正もありますが、重要視したいのは働く環境や研修制度の有無になります。

転職エージェントを活用してしっかりと検討していけば、やめとけと言われるインフラエンジニアへの転職も成功に近づくでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次