システムエンジニアは転職が当たり前?その理由と転職成功のポイントを解説

システムエンジニアは転職が当たり前?その理由と転職成功のポイントを解説

システムエンジニアの転職を当たり前だとする声があります。普通なら転職経験の多さがマイナスに働くことも十分あるはずです。

転職回数が多いと採用時に不利となるのでは?
スキルアップが目的の転職なのに、あとあとマイナスイメージを与えそうで決断できない
システムエンジニアとしてこういった悩みを抱えていませんか?今回の記事ではシステムエンジニアの転職が当たり前と言われる理由と、転職成功のポイントについて解説しています。

転職回数の多さをネックとしない転職活動の方法を公開していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

転職エージェントに迷ったらコレ!実際に利用して分かった

\2022年最新 IT転職エージェントおすすめ3選!/

レバテックキャリア
レバテックキャリア
マイナビIT AGENT
マイナビit転職エージェント
ウィルオブ・テック
ウィルオブ・テックキャリア
・エンジニア転職専門
・16,000以上のIT求人
・キャリアアップを狙える
・20代のIT転職に強い
・専属2名体制のサポート
・約7割が非公開求人
ITの公開求人数約1.6万件
ITの公開求人数多数有り
ITの公開求人数約1,170件
  • システムエンジニアの転職が当たり前になってしまう5つの理由を紹介
  • 転職回数の多い人が転職を成功させるためのポイント2つについて解説
  • システムエンジニアにおすすめの転職エージェントも紹介
  • 最短で転職するなら、最速1週間での内定実績があるレバテックキャリアへの登録が必須
  • 20代の方や初めてのIT転職マイナビITAGENTを利用しよう
  • 内定を確実に取りたい方は専属2名による手厚いサポートのウィルオブ・テックがおすすめ

システムエンジニアの転職は当たり前って本当?

システムエンジニアの転職は当たり前って本当?

答えを先に述べるのなら、システムエンジニアの転職が当たり前ということはありません。ただし転職という選択肢を、前向きに考えているシステムエンジニアが多いことは事実でしょう。

労働環境の改善やキャリアアップの手段として転職を繰り返すのは、IT業界において珍しくもない行為だからです。またIT業界特有の事情が、システムエンジニアの転職をさらに後押ししています。

くわしい解説はこのあとになりますが、人材不足やエンジニアの雇用形態といったポイントが主な原因です。

エンジニア自身の考え方やIT業界の特殊事情により、システムエンジニアの転職が当たり前とまで言われる状況になっています。

システムエンジニアの転職が当たり前になってしまう5つの理由

システムエンジニアの転職が当たり前になってしまう5つの理由

それではシステムエンジニアの転職が当たり前になってしまう理由について解説していきます。主な項目として挙がるのは次の5つです。

  • 即戦力として働ける
  • 常に求人が多い
  • 情報を集めやすい
  • ほかの会社を知るチャンスが多い
  • さらなる成長を求めて

システムエンジニアだけでなく、すべてのITエンジニアに当てはまる要因です。それぞれの項目について、くわしく解説していきます。

理由①即戦力として働ける

開発のベースとなるプログラム言語が自分の習得したものと同じであれば、場所に関係なく活躍できるのがエンジニアです。教育コストもかからず即戦力として働けるシステムエンジニアは、企業のニーズにも合致します。

システムエンジニアの求人要項には求められるプログラム言語も記載してあるため、自分の知識を活かせない応募先を選ぶ可能性は低いでしょう。

最初からバリバリ働ける環境は、稼ぎたいエンジニアにとっても好条件です。転職後、すぐに即戦力として働ける可能性が高い。こういった環境がシステムエンジニアの転職を当たり前とする状況に寄与しています。

理由②常に求人が多い

IT業界の人材不足が叫ばれているのは今に始まったことではないですが、2022年になってもこの認識は変わりません。常に求人が多いということは、求職者にとって常に選択肢が多いことを意味します。

選択肢が多ければ多いほど、自分の希望にあった応募先を見つける可能性も高まるでしょう。システムエンジニアとしての経験が十分にあれば、選択肢はさらに広がります。

年収や働く環境をステップアップできるチャンスが多い、このこともシステムエンジニアの転職を後押しする要件のひとつです。ITエンジニアは2030年の時点で79万人が不足すると予測されています。

システムエンジニアの転職が当たり前になってしまう状況も、しばらくは続くのでしょう。

理由③情報を集めやすい

エンジニア同士のコミュニティや企業が行うセミナーにより情報が集めやすい点も、システムエンジニアの転職を当たり前としてしまう環境です。

自分以外のエンジニアはどういう環境で働いているのか?現在のIT業界ではどういったエンジニアが求められているのか?このような情報が入ってくることで、自然と転職への意識が生まれます。

入手した情報から自分の市場価値を把握できることも、転職へのきっかけとなるでしょう。また横のつながりが直接オファーにつながることもあります。

転職を考えていない人でも今より好待遇の誘いを受けると、比較・検討ぐらいはしてしまうでしょう。情報が入手しやすい環境は、意図せず転職の考えを生んでしまう環境でもあるのです。

理由④ほかの会社を知るチャンスが多い

大型の開発プロジェクトになると、業務を細分化して複数の会社が関わることになります。プロジェクト内で相互の連絡や打ち合わせが発生するため、必然的に他社を知る機会が生まれます。

情報を集めようとしてなくても、業務の上でほかの会社を知ってしまうのがシステムエンジニアなのです。特に中小SIerで働くシステムエンジニアは、業界の下請け構造により多くの会社と関わりを持ちます。

上流工程を担う大手SIerを知るチャンスも多いでしょう。SIerでなくとも客先常駐で働いていれば、さまざまな会社との接点が増えていきます。

ほかの会社を知るチャンスが多いことも、システムエンジニアの転職を当たり前としてしまう要因と言って間違いないです。

理由⑤さらなる成長を求めて

システムエンジニアの転職が当たり前となってしまう理由の最後は、転職自体がさらに成長するための手段となりえるからです。

システムエンジニアのキャリアパスはさまざまですが、転職を繰り返して必要なスキルを習得する方法もあります。

またフルスタックエンジニアのようなスペシャリストの需要が高まっている今、スキルを磨くひとつの方法としても転職が用いられる傾向です。ひと昔前なら一度の転職経験でもマイナスのイメージでした。

さまざまなスキルを習得する方法としての転職は多くの人に認知されており、IT業界に限ってはその傾向が顕著に出ています。システムエンジニアが転職に対して前向きなのは、こういった背景も含んでいるからです。

度を超えない限り転職回数がマイナスに働くことは少ない

度を超えない限り転職回数がマイナスに働くことは少ない

システムエンジニアが転職を前向きに考えていても、企業のイメージがマイナスだと転職が当たり前となるような状況は生まれません。

このことからも、度を超えない限り転職回数がマイナスに働くことは少ないと考えられます。人材不足を背景とした即戦力という企業ニーズがある限り、転職回数が不利に働くことはありません。

転職経験があっても現場レベルのスキルをアピールできれば、ほかの求職者にも引けを取らないでしょう。ここで注意したいのは、あくまでも度を超えない限りであって、意味もなく繰り返す転職はおすすめできないということです。

短い期間での転職は、定着性のなさをイメージします。20代で3~4回の転職経験があると、さすがに悪いイメージを持たれる可能性があるでしょう。1~2回の転職回数なら企業に貢献できるポイントをしっかりと伝えることで、問題となる場面も少なくなります。

転職回数の多い人が転職を成功させるためのポイント2つ

転職回数の多い人が転職を成功させるためのポイント2つ

いくらシステムエンジニアの転職が当たり前と言われても、多少のリスクは存在します。1~2回の転職回数でも、人事担当者によっては良くないイメージを持つ場合もあるでしょう。

そういった場面を回避するために、転職回数の多い人が転職を成功させるためのポイント2つを以下に紹介します。

  • 納得の転職理由を用意
  • 転職エージェントの利用を検討

転職回数が多い場合のポイントは、やはり企業との面接にあるでしょう。くわしく解説していきますので、しっかりと理解しておいてください。

ポイント①納得の転職理由を用意

システムエンジニアの転職が当たり前となりつつある状況は、人事担当者も理解しています。転職回数が多くても、今回の転職に関して問題ないことをアピールできれば大丈夫です。

今回どういった理由で転職を決めたのか、企業側が納得できる理由を示しましょう。「年収アップが期待できるから」「働く環境が良いから」といった自分本位の理由はNGです。

「自分の持っているスキルで、こういった貢献がしたいから」のような形で、自分が利益を生み出せる可能性を述べてください。ポテンシャル採用を除けば、システムエンジニアの世界は実力主義です。

企業にとっても実利がある理由であれば、転職回数が多くても不利になることはないでしょう。

ポイント②転職エージェントの利用を検討

次に紹介するポイントは、転職エージェントの利用を検討することです。転職エージェントのメリットは、業界にくわしい転職のプロにサポートしてもらえること。

転職回数の多い求職者にとって、ミスマッチ回避と面接対策が受けられることの効果は大きいです。転職が成功したあとのキャリアパスも加味すると選択肢は無数にあります。

カウンセリングによってミスマッチの可能性も最大限減らせるでしょう。面接対策を受けることで、応募先の要望にマッチした転職理由を述べることもできます。

また転職活動の効率も上がるので、自分ひとりの活動では出会えなかった求人に応募することも可能です。それぞれの転職エージェントが保有している非公開求人や独占求人に応募できるメリットも見逃せないでしょう。

システムエンジニアにおすすめの転職エージェント4選

システムエンジニアにおすすめの転職エージェント3選

システムエンジニアの転職が当たり前だとしても、成功が約束されているわけではありません。満足のいく転職を行うには転職エージェントの利用が欠かせないでしょう。

システムエンジニアの転職におすすめとなる転職エージェント3つを下にピックアップしてみました。

  • レバテックキャリア│年収アップ狙いに
  • マイナビIT AGENT│20代におすすめ
  • ウィルオブテック|専属2名による徹底サポート
  • ワークポート│経験に不安があるなら

紹介する転職エージェントそれぞれにおすすめの理由がありますので、じっくり読んでみてください。

レバテックキャリア│年収アップ狙いに

レバテックキャリア│年収アップ狙いに

レバテックキャリアはエンジニアに特化した転職エージェントです。積み上げた実績は15年に及び、技術と市場を知り尽くした熟練のアドバイザーが在籍します。

特に年収アップを狙うシステムエンジニアにおすすめの転職エージェントです。2020年6月から2021年8月のデータでは年収アップ率80%という数値を実現しており、それ以前のデータでも60%の利用者が年収アップしたと答えています。

初回内定率が90%と、高精度なマッチング力も強みと言える転職エージェントです。もうひとつの強みとなる手厚いマンツーマンサポートも利用者の満足度が高く、レバテックキャリアの信頼感を上げる一因となっています。

地方の求人に弱いという一面はありますが、システムエンジニアの転職なら必ずチェックすべきサービスのひとつです。

公式サイト:
https://career.levtech.jp/

関連記事

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="tru[…]

マイナビIT AGENT│20代におすすめ

マイナビIT AGENT│20代におすすめ

マイナビIT AGENTはIT業界専門の転職エージェントとなります。運営元は株式会社マイナビで、業界知識の豊富なアドバイザーが転職活動をサポートしてくれることで有名です。

母体となるマイナビエージェントは20代におすすめの転職エージェントとして、2019年から3年連続ランキング1位に輝いています。

IT・web業界に特化したキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれる点や、経験と応募先に合わせた面接対策が好評です。

幅広いエンジニア職種に対応した求人を扱っており、マイナビIT AGENTだけで応募できる独占求人も魅力です。20代の転職事例を多く抱えているので、条件に当てはまるのなら迷わず登録すべき転職エージェントでしょう。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/it/

ウィルオブテック|専属2名による徹底サポート

ウィルオブテック|専属2名による徹底サポート

ウィルオブ・テックはIT専門の転職エージェントです。専属2名のアドバイザーによる徹底したサポートに定評があります。

キャリアアドバイザーによる市場価値の分析では、強みやスキルについて再認識することが出来、自分では気づくことが出来なかった可能性について考える機会になります。

企業の選考への対策はもちろん、最適な求人を紹介してもらえるため高い内定率を維持しています。

非公開求人数が7割あり、常時数千件以上の求人を取り扱っています。年収が150万円以上アップしたケースもあり、エンジニアの方にはおすすめのエージェントです。

公式サイト:
https://willof.jp/techcareer/

ワークポート│経験に不安があるなら

ワークポート│経験に不安があるなら

最後に紹介するのは未経験に強いワークポート。現在は総合型の転職エージェントですがIT専門として運営していた時期が長く、IT・web業界の求人は大手よりも強いと評されるほどのサービスです。

未経験対応の転職サポートが充実しているのが特徴で、転職決定人数No.1の実績も持っています。ワークポートのキャリアアドバイザーは「転職コンシェルジュ」と呼ばれており、質の高いサービスを一貫して提供してくれる点が魅力です。

履歴書や職務経歴書が簡単に作れるツールや、転職活動用の無料アプリが利用できる点もワークポートの利用価値を押し上げています。

完全未経験でなくてもワークポートの使い勝手は変わらないので、経験に不安があるシステムエンジニアの転職におすすめです。

システムエンジニアは転職が当たり前なの?まとめ

システムエンジニアは転職が当たり前なの?まとめ

システムエンジニアの転職は当たり前とはいかないまでも、それに近い状況だと言えます。理由としては転職に前向きなシステムエンジニアが多く、業界特有の事情も転職を後押ししているからです。

ただし無意味に転職を繰り返す行為はおすすめできません。あまりに転職回数が多いと、転職自体が持つマイナスイメージを払拭できないからです。

そういった事態を回避するためには自己分析をしっかりと行い、企業が納得できる転職理由を用意しておきましょう。自分ひとりで悩むようなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

システムエンジニアの転職が当たり前となりつつある状況に流されず、押さえるべきところは押さえて転職活動に取り組みましょう。