Web業界はやめとけと聞いた方へ、真実とやめとけと言われる理由を解説!

Web業界はやめとけと聞いた方へ、真実とやめとけと言われる理由を解説!

Web業界への転職を考えて調べてみたら「やめとめ」などのネガティブな関連キーワードが表示されて、不安に感じた人もいるでしょう。

プライベートの時間が確保できないほど働かされると聞いて、転職を考えていたけど踏み出すことができません
いくらがんばっても、給料が上がらないという口コミを見かけました。Web制作やWebデザインがオワコンという話もよく聞くので、未経験の人は避けたほうがいいのでしょうか?

そこで今回は、Web業界はやめとけと言われる本当の理由を紹介します。

Web業界への転職を検討している人にとって必須の情報ばかりです。Web業界で無理なく稼ぐために知っておくべきことも紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

  • Web業界の低賃金・長時間労働の実態
  • Web業界の稼げる会社と稼げない会社の特徴
  • Web製作・Webデザインがオワコンと言われる理由
  • Web業界へ転職するのにおすすめの転職エージェント

最初に読みたい!おすすめIT転職エージェント・IT転職サイトランキング

初めてIT転職エージェントを利用する方・IT転職エージェント選びで失敗したくない方
こちらの記事がおすすめ。
IT転職関連記事

今回は総合的におすすめできる転職エージェントはもちろん、年代や業種ごとに活用していきたいIT転職エージェントについても細かく解説していきますので、転職を有利に進めたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

IT転職エージェントおすすめ17社を徹底比較!IT業界/Webエンジニア向けの転職エージェント・転職サイトを厳選

専門家の意見を交えておすすめ17社を徹底比較し、業種・業界・年齢・希望年収ごとのおすすめ転職エージェントもご紹介。

あなたに最適なIT転職エージェント・IT転職サイトがきっと見つかります。

Web業界はやめとけと言われる本当の理由

Web業界はやめとけと言われる本当の理由

Web業界がおすすめできない主な理由は、下記の3点です。

  • 人手不足で余裕がなく残業や休日出勤が多い
  • 下請け会社・孫請け会社だと給与が安い
  • クライアントの指示に振り回されやすい

人手不足で余裕がなく残業や休日出勤が多い

Web業界は人手が不足しているため仕事量が多く、残業や休日出勤が多いです。

技術者として働く人が足りていないため、一人当たりの業務量が多くなってしまっているのが現状。大切な時間を仕事に費やしてしまうのはもったいない、という意見からWeb業界は避けたほうがいいと考えている人は多いです。

また仕事の受注方法に問題があるという口コミもよく見かけます。

Web業界では、クライアントから依頼を受けて、適切な成果物を作成し納品することで利益を得ている会社が多いようです。

納期というのは、当然ながらあらかじめ決められたもの。クライアントと会社との約束事でもあります。

しかし現場の実態を把握できていない会社の営業者や、クライアントの知識不足などによって、納期の設定が適切でないことが多いです。

その結果、しわ寄せがくるのは作業に携わる技術者。無理な納期で請け負った案件でもやるしかないため、残業や休日出勤を強いられる場合が多いです。

常に時間に追われて疲弊することから、Web業界への転職は避けたほうがいいと言われています。

下請け会社・孫請け会社だと給与が安い

一般的に給与が高いと思われがちなWeb業界。ですが、下請けの子会社・孫会社などで働くと、作業量に見合った給与を受け取ることができない場合が多いです。

Web業界では、大手の会社から下請けの子会社へと下流工程の案件が依頼されることが一般的。

そして案件を依頼された下請けの子会社は、さらに下請けの孫会社へと一部の下流工程を依頼し、孫会社はさらに下請けへと一部の作業を依頼……という流れもWeb業界の特徴のひとつで、こういった構造のことを多重債負構造と言います。

多重債負構造によって、子会社や孫会社などの小さな下請け会社にも仕事が回ってくるというと聞こえはいいですが、下請けになればなるほど、スキルを問われる作業は少なくなります

当然、成果物を納品したときに得られる報酬も比例して少なくなるため、給与として自分に入ってくる金額も安くなってしまうのです。

また作業に高度なスキルが求められる場面が少ないことから、がんばりを評価してもらえる機会が少なく昇給につながりづらいです。

このような理由から、下請け会社・孫会社へ転職するくらいならWebはやめとけ、と言われています。

クライアントの指示に振り回されやすい

クライアントからの指示に振り回されてしまうことも、働くうえで大きなストレスとなり得ます。

Web業界の仕事は、クライアントから案件を受注することで成り立っていることがほとんど。クライアントが満足しなければ別の会社に案件が回ってしまうため、クライアント至上主義を掲げている会社も少なくありません。

作業者のことを考えることができるクライアントであれば、適切な納期を設定してくれたり、無理な要望を避けてくれたりするため特に問題はないでしょう。

ですがクライアントの中には、知識不足から無理な依頼内容で発注したり、複数回にわたって修正を求めてきたりすることもしばしば。

悪質なクライアントになると、長時間労働になるであろうことを知りつつ、依頼することもあるそうです。

厄介なのは転職先がクリーンな会社だったとしても起こりえる問題だということ。入社した後になって後悔するくらいなら、最初からWeb業界なんてやめておけ、という忠告も口コミには多かったです。

Web業界へ転職するなら押さえておきたい知識

Web業界へ転職するなら押さえておきたい知識

続いてWeb業界へ転職をするなら押さえておくべき知識を紹介します。

  • 転職を避けたほうが良い会社の特徴
  • 転職におすすめ!優良企業の特徴

転職を避けたほうが良い会社の特徴

Web業界への転職を考えているなら、転職を避けたほうが良い会社の特徴を把握することが重要です。

下記のような会社に転職すると、前項で記述したような、長時間労働・低賃金などの境遇で働くことになりかねません。Web業界への転職を成功させたいと思っているなら確認必須です。

 

  • 未経験OK/学歴不問の求人を出している
  • 2次請け・3次請けになっていて案件単価が安い

未経験OK/学歴不問の求人を出している

未経験でもOKや、学歴不問の求人は要注意です。

専門的なスキルを必要としない分、単純作業ばかりをやらされる可能性が高いでしょう。

給与が少ないのはもちろん、スキルの向上が見込めないため、昇給が期待できないことも避けるべき理由といえます。

応募要項に未経験OKや学歴不問といった文言が並んでいたら、すぐに応募はせず会社の情報をしっかりリサーチするのがいいでしょう。

2次請け・3次請けになっていて案件単価が安い

2次請け・3次請けの案件ばかりを受注している会社は単価が安く、その分給与も少ない傾向があるため避けるのが無難な選択です。

前項でも解説しましたが、元受けとなる大手の会社から案件を委託された子会社、子会社から作業を委託された孫会社と進むにつれ、報酬単価は安くなっていきます。

2次請け、3次請けと単価はどんどん安くなり、会社としての利益を上げづらくなります

少ない単価を数でカバーしようと無理な作業量を任され、時間に余裕がなくなったり、利益が出ない分低賃金で働くことになったりする可能性が高いでしょう。

転職におすすめ!優良企業の特徴

次に、転職がおすすめできる優良企業の特徴を紹介します。

  • 自分の技術成長に繋がる仕事を任せてくれる
  • 案件が直請けもしくは自社開発を行っている

自分の技術成長に繋がる仕事を任せてくれる

優良企業の特徴として、経験が浅いメンバーにも技術成長に繋がる仕事を、積極的に任せてくれることがあげられます。

自分の身につけたいスキルを学ぶ機会が多いため、やりがいのある仕事となるでしょう。

実績に対する正当な評価をしてくれる傾向もあるため、昇給も見込めます

案件が直請けもしくは自社開発を行っている

直請けの案件や自社開発を行なっている会社は、それなりに儲かっているため安定して働くことができます。

利益の多い会社は、当然社員一人ひとりの給与も高くなります。

直請けや自社開発ができるだけの高い技術力を保持している会社も多いため、日々の業務が自身のスキルアップに直結する点も、大きなメリットと言えるでしょう。

Web業界はオワコン説について

Web業界はオワコン説について

Web業界の中でも人気のWeb制作・Webデザイナーですが、近年オワコン説が浮上しています

オワコンという噂が本当なのか、解説していきましょう。

Web制作はオワコンなのか

Web制作がオワコンかそうでないかは定義の仕方によって変わってきます。

たとえばコードを打ちこんでプログラムを構築するコーディングの作業は、ツールが進歩したことで必要なくなってきているのが現状。素人でもWEB制作がしやすくなっているので、WEB制作専門の人材の需要は下がっていると言えます。

ただし、ツールの質の向上は収益に直結しません。むしろWeb業界で収益化を狙う人が増加したことで競争率が高まり、儲けが出づらくなったという一面もあります。

そのため、収益アップのためにWEB制作の専門家の助けを必要としている人は存在しているのです。

つまりWebで情報を発信する工程は素人でも手を出しやすくなったためオワコンといえるが、制作したWEB媒体で収益化をはかるという点に関しては、Web制作のスペシャリストが必要とされていると言えます。

Webデザイナーはオワコンなのか

WEB制作と同様、Webデザイナーもある意味ではオワコンですが、考え方によっては市場規模は大きいです。

近年では自動でWEBデザインをつくってくれるAIが登場しました。

機械による作業とはいえ、ある程度見栄えのいいデザインを作成してくれます。こだわりが強い人でなければ、プロに案件を発注することがなくなってきているため、WEBデザイナーの需要はなくなったという口コミが増えました。

またWebデザイナーの人工が増加したこともオワコンと言われる要因の一つ。ノーコードで作成できるWebサイトが増えたことで、Webデザインの業界参入者が増加しました。

案件を獲得するためには、どれだけ低単価で受注できるかが勝負となるため、儲かりづらいのです。

ただしすべての案件が儲からないかというとそういう訳でもありません。

専門的な知見が求められる案件も一定数存在します。そういった案件を受注するために必要なのは、実績やスキル。

つまりWebデザイナーとしての能力が高い人は稼げるが、売りとなるスキルがなかったり、実績が不足していたりする人にとっては、Webデザイナーの業界はオワコンと言えるかもしれません。

Web業界への転職を成功させる!おすすめの転職エージェント

Web業界への転職を成功させる!おすすめの転職エージェント
続いてWeb業界への転職を成功させるために、Web業界への転職に強いと評判の転職エージェントをいくつか紹介します。

  • マイナビITAGENT
  • リクルートエージェントIT
  • ワークポート

①マイナビITAGENT|マイナビだけの独占求人がある

マイナビITAGENT|マイナビだけの独占求人がある

マイナビITAGENTの特徴
  • Web関連の求人が充実
  • マイナビITAGENTだけの独占求人あり
  • キャリアアップを目指している人におすすめ

ある程度キャリアのある人は、マイナビITAGENTを利用すると希望の求人が見つかりやすいです。

大手の転職エージェントとあってWeb関連の求人も充実。どの転職エージェントを利用するか迷っているなら、ひとまず登録してみてもいいでしょう。

キャリアアドバイザーの多くがWeb業界に精通しているようで、自分のスキルにマッチした求人を紹介してもらえることが期待できる点もおすすめのポイント。

マイナビITAGENTだけの独占求人も存在します。ただし独占求人は実務経験者優遇など、初心者NGの会社もあることは理解しておきましょう。

裏を返すと、キャリアのある人は年収アップやスキルアップにつながる求人と出会いやすいと言えるサービスです。

▼マイナビITAGENTの総合評価

転職の実績 5.0
求人数の多さ 5.0
サポート体制 4.0
キャリアアドバイザーの質 4.0
総合評価 4.5

 

②リクルートエージェントIT|Web業界求人数No.1

リクルートエージェントIT|Web業界求人数No.1

リクルートエージェントITの特徴
  • Web業界の求人数がNo.1
  • キャリアアドバイザーが先方とスムーズにやりとりしてくれる
  • 転職活動を短期で済ませたい人におすすめ

リクルートエージェントITは、Web業界の求人数の数だけで言うとNo.1の転職エージェントです。

さまざまな分野の求人がみつかるため、自分の考えていなかった魅力的な仕事に出会える可能性があります。はっきりとやりたいことが決まっていない人は、登録しておいて損はありません

大手の転職エージェントとあって、キャリアアドバイザーはアドバイスが適切なのはもちろん、求人先との信頼関係を築くのも達者です。面接から採用までの段取りがスムーズに進む可能性が高いでしょう。

転職活動をダラダラとしたくない人にはうってつけの転職エージェントです。

▼リクルートエージェントITの総合評価

転職の実績 5.0
求人数の多さ 5.0
サポート体制 4.5
キャリアアドバイザーの質 4.0
総合評価 4.5

 

③ワークポート|Web業界未経験OK

ワークポート|Web業界未経験OK

ワークポートの特徴
  • 未経験からでも応募可能な求人がある
  • IT・ゲーム・デザイン業界などジャンルが豊富
  • 専用のアプリで転職活動をサポート

ワークポートは未経験からWeb業界に参入しようと考えている人が利用するべき転職エージェントのひとつ。

未経験者でも応募可能な求人を多数取り揃えているため、これからスキルを磨いていきたい人には推奨できるサービスです。

大手の転職エージェントを試して、応募できる求人がないからWeb業界以外の分野を推奨された場合にも、ワークポートに登録するのがいいでしょう。

Web関連の仕事の他、ITやゲーム業界など、さまざまな求人がある点もポイント

またワークポート独自の、「eコンシェル」というサービスも使いやすいと評判です。

転職活動の進捗を確認できるので、採用まであとどれくらいの工程を踏むのか把握しておきたいという几帳面な人には、ありがたいアプリと言えるでしょう。

▼ワークポートの総合評価

転職の実績 5.0
求人数の多さ 3.0
サポート体制 4.5
キャリアアドバイザーの質 4.0
総合評価 4.0

 

Web業界やめとけのまとめ

Web業界で働くのはやめとけと言われる理由は、低賃金・長時間労働を強いられる現場が存在するためです。

そういった劣悪な環境を避けて働くことで、Web業界でも充実した働き方を実現することは十分可能。

  • 転職を避けた方が良い会社の特徴を知る
  • 転職すべき優良企業の特徴を知る

とはいえ、自分がやりたいことに携われる会社に転職するのが、長続きするためには必要な条件です。

今回紹介した転職エージェントを中心に、いろいろなサービスを利用してみてください。

転職活動はトライ&エラーの繰り返し。自分にとって最適な求人サイトをみつけ最良の会社に入ることが、転職活動の成功ににつながるのです。