webデザインスクールおすすめ15選を徹底比較【2022年最新】

Webデザインスクールおすすめ

さまざまなビジネススクールの中で、一二を争う人気なのがwebデザインスクールです。在宅やリモートといった、自由な働き方ができるwebデザイナーを目指して利用する人が増えています。

数多くのwebデザインスクールがひしめく近年では、各スクールの比較もしづらく迷ってしまうかたも多いでしょう。

せっかくお金を使うから絶対に失敗したくない
スクールか独学かで迷っている
このサイトを見ているあなたも、上記のような不安や悩みを抱えているのではないでしょうか?

本記事ではおすすめのwebデザインスクール10選を紹介、自分の目で探したい人のためにwebデザインスクールに関する基礎知識や選択のポイントを解説します。

自分に合ったwebデザインスクールを見つけるヒントになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

Webデザインスクール選びに迷ったらコレ!実際に利用して分かった

\2022年最新 Webデザインスクールおすすめ3選!/

Famm
Famm
デジハリオンラインスクール
デジハリオンラインスクール
デジタルハリウッドSTUDIObyLIG
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
・ベビーシッター無料
・完全オンライン
・Adobe製品が格安で購入可
・15年以上の実績あり
・Web制作会社監修
・実務経験が積める
Webデザイナー扇田美紀監修者
Webデザイナー
扇田美紀さん
株式会社Ririan&Co.

株式会社Ririan&Co.を運営するクリエイティブデザイナー。
ECショップにて勤務後、2013年にデザインオフィスRirianを立ち上げ、フリーランスWebデザイナーとして活動を開始。幅広いデザインを手がけるが、特に大人の女性が素敵と思える可愛いデザインを得意としており、3000件以上の実績がある。YouTubeチャンネル「mikimiki web school」オンラインスクール「RirianSchool」の運営も行い、Webデザインについての発信も精力的に行っている。
福嶋直樹監修者
Webデザイナー

福嶋直樹さん

株式会社mokke.

株式会社mokkeを運営するウェブデザイナー。服飾業界にて販売員として勤務後、ウェブデザイナーへ転身。率直にクライアントと向き合い、クライアントが訴求したいサービスがエンドユーザーに直観的に訴求できるシンプルなデザインを手がける。Webデザイナーとして、クライアントの本来の目的を見失わないWebサイト制作を心がけている。
目次

おすすめWebデザインスクール比較表

Webデザイナーの需要増加に伴い、近年では多くのWebデザインスクール誕生しています。オンラインレッスン専門のスクールから対面のみのスクール、身につくスキルの違いまで幅広いスクールが存在します。スクール毎に強みも異なるため、それぞれの特徴を理解し自分にあったスクールを選ぶことが重要です。

ここでは各スクールの比較表を作成し一覧にまとめています。是非スクール選びの参考にしてください。

社会人向けWebデザインスクール
デジハリオンラインスクールWebデザイナー講座デジハリオンラインスクールWebデザイナー講座

総合評価
5.0

Webデザイナーになるための自分独自のロードマップを作ってもらえる
Webデザインに必須のAdobe製品が格安で購入できる
15年以上の実績があり、卒業生は9万人以上
CodeCamp(コードキャンプ)CodeCamp(コードキャンプ)

総合評価
5.0

リモートで働く現役デザイナーのレッスンが受講できる
現役デザイナーの講師陣は通過率17%の選考を経たトップクラスの人材
レッスンの満足度は97.1%、ライフスタイルに合わせやすいオンライン形式
侍エンジニア侍エンジニア

総合評価
5.0

オリジナルポートフォリオ(webサイト)を作成
現役エンジニアのインストラクターから専属で学べる
学習コーチとQAサイトを合わしたトリプルサポート
TechAcademy(テックアカデミー)TechAcademy(テックアカデミー)

総合評価
4.5

パーソナルメンターサポートで挫折を回避
短期間で成果を上げる学習サイクル
副業サポートも受けられる
DMM WEBCAMPDMM WEBCAMP

総合評価
4.5

週2回のマンツーマンメンタリングで疑問点の解消
現役エンジニアにいつでも質問が可能
ITスキル習得の3ステップで目標達成をサポート
INTERNET ACADEMYINTERNET ACADEMY

総合評価
4.0

日本初のWeb専門スクール。ノウハウが豊富
2つのコースから選択可能
卒業生も多く、クライアントからの信頼も厚い
WinスクールWinスクール

総合評価
4.5

複数のコースから選択可能
少人数制で質の高い授業
就職・転職サポートも充実している
デジタルハリウッドSTUDIO by LIGデジタルハリウッドSTUDIO by LIG

総合評価
4.0

輩出したクリエイターは9万人以上
現役クリエイターによるLIVE授業でスキル習得
ポートフォリオ添削と転職相談も
Humanヒューマンアカデミー

総合評価
4.0

現役プロによる授業で実践的スキルを習得
就職率90.9%をほこる手厚いサポート
さまざまな割引制度も魅力
KENスクールKENスクール

総合評価
4.0

個別指導で理解力上昇
現場さながらの機材を使って学習
資格取得講座が魅力
nestsnests

総合評価
3.5

オンラインとスクーリングが選択可能
現場クリエイター講師による担任制度
2つのコースから選択が可能

主婦向け
Famm(ファム)Famm(ファム)

総合評価
5.0

講座受講時には無料でベビーシッターを手配
1か月でスキル取得、もちろん完全オンライン
未経験でも安心
SHElikes(シーライクス)SHElikes(シーライクス)

総合評価
5.0

月1回のコーチングと進捗のシェア、特別イベントでモチベーションアップ
オンラインでの質問は毎日対応
受講状況に応じて案件を紹介

副業・フリーランス向け
RaiseTech(レイズテック)RaiseTech(レイズテック)

総合評価
5.0

受講期間にとらわれない半永久的サポート
就職・転職支援も充実
学割制度があるので大学生にも
SKILLHUB(スキルハブ)SKILLHUB(スキルハブ)

総合評価
4.5

初心者にもやさしい動画教材
独自カリキュラムで副業・フリーランスも可能
無料講座が多数

【失敗しない!】webデザインスクールの選び方

【失敗しない!】webデザインスクールの選び方

webデザインスクールの有用性を理解したとしても、実際利用することになるスクール選びを間違ってしまっては意味がありません

ここでは失敗しないwebデザインスクールの選び方について解説いたします。選び方のポイントは次の4つです。

  • スクール卒業後の目的に合わせる
  • 習得できるスキル内容を確認
  • 継続できる授業スタイルに
  • ポートフォリオの制作ができるか

選び方①スクール卒業後の目的に合わせる

卒業後の目的とは文字どおり、何のためにwebデザインのスキル習得を目指したのかということです。各スクールにはそれぞれに独自の強みがあります。

就職や転職目的なら、キャリア相談や転職支援サービスのあるwebデザインスクールが良いでしょう。副業目的やフリーランスを目指す場合は、案件獲得スキルが学べるサービスを選びたいです。

高レベルのwebデザイナーになるなら、時間をかけて幅広い知識を習得する必要があります。モチベーションをしっかり維持するために、手厚いサポートに期待できるwebデザインスクールもおすすめです。

選び方②習得できるスキル内容を確認

ひとくちにwebデザインコースと言っても、習得できるスキルはスクールによって違います。カリキュラムをしっかり確認して、習得したいスキルが確実に学べるスクールを選びましょう。

HTML・CSSといったwebサイト製作の基本知識以外に、・JavaScriptやレスポンシブデザインのようなスキルも大切です。

Photoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)などのツール操作がしっかり学べるかもチェックしておきましょう。

選び方③継続できる授業スタイルに

webデザインスクールの主な学習スタイルは3つあります。通学型とオンライン型、もしくはその両方を都合によって選択できる複合型です。

通学型はある程度時間が固定されるほか、同じ仲間と学ぶ時間を共有できるのが特徴です。サボり防止やモチベーション維持に有効でしょう。

オンライン型だと学ぶ時間を自由に調整できるため、忙しい人はこちらがおすすめです。複合型は通学型とオンライン型、両方のメリットを含みます。条件が合うなら選んでみても損はありません。

選び方④ポートフォリオの制作ができるか

最後はポートフォリオの制作サポートが含まれているかどうかです。特に就職や転職が目的なら、ポートフォリオの制作フォローは必須項目となります。

採用する側は、ポートフォリオの内容でスキルを判断するしかないです。ここをおろそかにしてしまうと就職や転職の結果が悪いものになる可能性もあります。

最高のポートフォリオが制作できるかどうかも、スクールを選ぶ重要条件です。

キャリア形成専門家
Webデザイナー
扇田さん
スクールを選ぶ際に「どんなことを学べるか」をしっかりと調べましょう。教えてくれる先生はどんな人か。サポート体制はどうか。卒業生がどんな進路を進んでいるかも参考にするといいでしょう。
福嶋直樹
Webデザイナー
福嶋さん
デザイナーやコーダーなど、自分がどの分野のスキルを習得したいのかをイメージしてスクールを選んだほうが良いと思います。また、ECサイトやLPサイトなどサイトの種類によっても使用するスキルが変わりますので、どういったサイトを作成できるようになりたいのかを明確にするとスクールを選びやすくなると思います。

webデザインスクールがおすすめな人の特徴

webデザインスクールがおすすめな人の特徴

独学での学習も可能と聞くと、webデザインスクールを利用するかどうかさらに迷ってしまうかもしれません。ここではwebデザインスクールがおすすめな人の特徴について解説いたします。

自分に当てはまっているかどうか、よく考えてみてください。

特徴①デザインを独学で勉強していたが挫折した

すでにwebデザインを独学で勉強したことがあって挫折経験がある人は、webデザインスクールをおすすめします。挫折の主な原因は「質問できる人がいない」「うまく学習を進められない」といったところです。

webデザインスクールではこの2つの要因を確実に解消できます。また独学で勉強したことがなくても、学習の仕方がイメージできない人はスクールを利用した方が良いでしょう。

さまざまなサポートを受けながら、集中して学習を進められるのがwebデザインスクールの良いところです。

特徴②実践を交えてデザインスキルを身に付けたい

書籍や動画などの資料が簡単に手に入る中、スキルのインプットは比較的やりやすいです。反対に効果的なアウトプットをするには、少し困難が生じます。特に現場に即した実践的スキルとなると、独学ではほぼ無理です。

実践を交えてデザインスキルを身に付けたいというかたは、進んでwebデザインスクールを利用しましょう。現場で使われている最新のスキルやノウハウを学べるのが、webデザインスクールの特徴です。

キャリア形成専門家
Webデザイナー
扇田さん
独学だとなかなか継続が難しいので、継続して勉強を続けたい人はスクールがオススメ!スクールに通うメリットとして分からないところをすぐに先生に聞くことができるので、分からない点をクリアにして次に進めることが出来ます。
福嶋直樹
Webデザイナー
福嶋さん
独学には「分からないところ」に対する高い自己完結能力が求められます。問題の解決フローがイメージしにくい方やデザイン業界での勤務経験のない方は、基礎知識やノウハウ、コミュニケーション方法などをスクールで学び、実践的スキルを身につけることをおすすめします。

【目的別】Webデザインスクールのおすすめ受講方法3選

【目的別】Webデザインスクールの おすすめ受講方法3選

Webデザインスクールは、「仕事が休みの日に学習を進めたい」「転職・就職支援もしてほしい」など、希望や目的によって最適な受講方法やスクールが違ってきます。
あなたの希望に合うスクールが分かるよう、詳しく紹介します。

受講方法①社会人はオンラインがおすすめ!

社会人でWebデザインスクールに通われる方には、オンライン型のスクールをおすすめします。

通学の場合、職場や自宅付近にスクールがないと仕事終わりに通う事は難しくなってしまいますが、オンラインであれば仕事終わりの時間を有効に活用できます。

地方やスクールへのアクセスが難しい場合にもオンラインであれば受講が可能です。
仕事終わりや休日を使って無理なくWebデザインの勉強に取り組みましょう。

受講方法②30~40代は就職支援付きのスクールがおすすめ!

30代、40代の方には就職支援付きのスクールがおすすめです。

Webデザイナーを目指す上で年齢制限や特別な資格が必要な訳ではありませんが、デザインの基礎やソフトの仕様方法など欠かす事のできない知識やスキルも一定数必要です。

独学で身に着けることも可能ですが、プロのWebデザイナーから学べるスクールに通った場合と比較すると、かなりの遠回りになってしまいます。

就職支援付きのスクールであれば必要なスキルを身に着けた上で、転職・就職の支援もしてくれるため、仕事や家庭が忙しい30~40代の方には特におすすめです。

受講方法③まとまった時間がある場合には通学型がおすすめ!

通学型の場合は他の受講生と一緒に学習を進めることができます。同じ目標に向かう仲間が居ることはモチベーションのアップになります。

学習内容で分からない点があった場合にも、直接講師に質問することができます。
オンライン以上に分かりやすい説明を受けることが出来る点も通学型のメリットです。

カリキュラムの時間に合わせて通学できる場合には、通学型のスクールを選ぶことをおすすめします。

Webデザインスクールの通学型とオンライン型の違い一覧

Webデザインスクールには通学型とオンライン型がありますが、主にどういった違いがあるのでしょうか。
まずは違いを確認し、自分に合ったスクールを検討しましょう。

特徴 オンライン型 通学型
通学時間 あり なし
受講料金 やや高め 比較的低め
モチベーション 維持がしやすい 維持が難しい
質問への回答 その場で得られる メールやチャット
学習をする時間 通学した際 自由な場合が多い
他の受講生や講師とのコミュニケーション 交流をとりやすい 疎かになりがち

webデザインスクールの基礎知識

webデザインスクールの基礎知識

まずはwebデザインスクールの基礎知識から解説です。必要となる費用や時間についても解説していきます。

webデザインスクールの費用

webデザインスクールの費用は15万~40万円といったところが相場です。もちろん各スクールの特色によって用意すべき金額は変動します。学習期間も費用を左右する重要ポイントです。

またソフトウェアをはじめとしたツール関係の準備に、費用をかけなければならないパターンもあります。授業料とは別に入会金が必要となるケースもあるので、料金表は注意してチェックしましょう。

以下の記事では受講料の安いWebデザインスクールについてまとめました。費用を抑えてスクールを選びたい方は併せてご覧ください。

関連記事

現在、Webデザインスクールは増えてきており、中には授業料が安いスクールもあります。 しかし、Webデザインスクールの授業料が安いと中身は大丈夫なのか不安になるのではないでしょうか。 結論として、Webデザインスクールは安いからといって[…]

安いWEBデザインスクール無駄

webデザインスクール卒業までの目安期間

webデザインスクール卒業までの期間で多いのは、2~3か月です。基本的なスキルを押さえるだけなら短い期間で済みますが、転職ともなるとそれ相応の時間を使ってみっちりと勉強する必要があるでしょう。

スクールによっては、6か月を超えるコースも存在します。卒業後の目的や取得したいスキルによって、学習時間が変化するのは当たり前です。

2~3か月という期間は、あくまで目安でしかないことを意識しておいてください。

webデザインスクールが無駄と言われる理由

webデザインスクールが無駄と言われる理由

現役で働いているwebデザイナーの中には、スクールに通わず独学でスキルを習得したという人もいます。そのためwebデザインスクールを利用するのは、無駄だという声も聞いたことがあるでしょう。

webデザインスクールは必要ないと言われる具体的な理由について解説します。

理由①webデザインは独学で学べるから

webデザインはスクールを利用せずとも独学で学べます。webデザインに関するさまざまな書籍や動画を利用すれば、知識のインプットは可能です。

オンラインの学習ツールもあるので、実際に手を動かすこともできます。ここまで聞いたらwebデザインスクールの必要性も薄く感じられますよね?

独学での学習時間は一般的なスクールより長く、半年から1年と言われています。問題に直面したときも自分ひとりで解決しなければならないし、モチベーションを保つのが難しい点もネックです。

これら挫折の要因を乗り越えられるなら、独学で学習するという選択も否定できません。

以下の記事ではWebデザインを独学で勉強する場合、何から始めるべきかをまとめました。独学での勉強を考えている方は併せてご覧ください。

関連記事

WebデザイナーになるにはWebデザインスクールに通うか独学で勉強をする2通りの方法があります。 Webデザイナーを独学で目指すときに何を勉強すればいいのか迷うことも多いのではないでしょうか。 [word_balloon id="1" […]

WEBデザイン独学

理由②スクールの費用が高額だから

webデザインスクールの一般的な費用は、15万~40万円と解説しました。国の教育訓練給付金制度やスクール独自の割引制度を利用しても、高額であることは間違いありません。

独学での学習ならば、本やツールの購入費用だけで済むでしょう。費用が高額だからという理由でスクールを否定する考えも理解できます。

ただ注意してほしいのは、スクールの費用に時間的コストが含まれている点です。webデザイナーになるまでのスピードを考慮しても高額だと判断するなら、独学での学習が良いと言えるのかもしれません。

【社会人】オンライン型webデザインスクールおすすめ7選

【社会人】オンライン型webデザインスクールおすすめ4選

ここまでwebデザインスクール全般の知識や選び方について解説してきました。最後は具体的なスクール名を挙げて、おすすめを紹介していきます。

まずは社会人におすすめのオンライン型webデザインスクール3校の紹介です。(料金をはじめとするスクールの情報はすべて2022年7月のものです)

  • デジハリオンラインWebデザイナー講座
  • CodeCamp(コードキャンプ)
  • 侍エンジニア
  • TechAcademy(テックアカデミー)
  • DMM WEBCAMP
  • INTERNET ACADEMY
  • Winスクール

デジハリオンラインスクールWebデザイナー講座|無期限のキャリアサポート付

デジハリオンラインスクールWebデザイナー講座|無期限のキャリアサポート付

デジハリオンラインスクールWebデザイナー講座の特徴
  • マンツーマンの定期面談で、Webデザイナーになるための自分独自のロードマップを作ってもらえる
  • Webデザインに必須のAdobe製品が格安で購入できる
  • 15年以上の実績があり、卒業生は9万人以上

デジハリオンラインスクールはデジタルハリウッド株式会社が運営する総合型オンラインスクールです。

提供するサービス内容は、「Webデザイン講座・3DCG映像口座・グラフィックデザイン講座・Webマーケティング講座・プログラミング講座」を始めとする全8講座です。

Webデザイン講座においては、フリーランスになりたい人向け・副業でWebデザインを始めたい人向け・Webデザイナーとして就職転職したい人向け・短期集中でWebデザイナーになりたい人向けの4つのコースに分かれていて、あなたの目的に併せて最適なプランを選ぶことが出来ます。

最安のコースは、短期集中プランで203,500円です。また講師陣は現役のWebデザイナーのため、実務に直結するスキルを身に付けることが出来ます。

次の記事では、デジハリオンラインスクールWebデザイナー講座の評判や特徴について
詳しく解説しています。

料金や受講スタイル、講師陣の特徴で他のWebデザインスクールと比較しておりますので
併せてご覧ください。

関連記事

完全オンライン型のスクールで人気も高いデジハリオンラインスクール。 スクール選びで気になるのがスクールの評判ではないでしょうか。 [word_balloon id="1" size="M" position="L" name_posit[…]

デジハリオンラインwebデザイナー

CodeCamp(コードキャンプ)|現役webデザイナーの直接指導

CodeCamp(コードキャンプ)|現役webデザイナーの直接指導

CodeCampの特徴
  • リモートで働く現役デザイナーのレッスンが受講できる
  • 現役デザイナーの講師陣は通過率17%の選考を経たトップクラスの人材
  • レッスンの満足度は97.1%、ライフスタイルに合わせやすいオンライン形式

CodeCampはコードキャンプ株式会社が運営するプログラミング学習サービスです。

プログラミングとwebデザインを学べる「オーダーメイドコース」のほかに、webデザインスキルを1から身に付けられる「webデザイン副業コース」もおすすめとなります。

現役webデザイナーからのオンラインレッスンとともに、作品へのフィードバックも受けられるサービス内容です。受注から納品まで、現場に即した演習でしっかり学べるカリキュラムも人気の秘密でしょう。

6か月かけて転職や副業が可能なレベルまで到達する「webデザイン副業コース」の料金は税込み528,000円、デザイン基礎のほかバナー製作やUIデザインスキルが取得可能です。

侍エンジニア|webサイトの制作ができる

侍エンジニア|webサイトの制作ができる

侍エンジニアの特徴
  • オリジナルポートフォリオ(webサイト)を作成
  • 現役エンジニアのインストラクターから専属で学べる
  • 学習コーチとQAサイトを合わしたトリプルサポート

侍エンジニアの「Webデザイン 教養コース」ではオリジナルのポートフォリオ作成が可能です。設計から構築までの実践的なスキルを身に付けながら、自分だけのwebサイト製作を目指します。

現役エンジニアによるマンツーマンレッスンもサービスの特徴です。

専属のインストラクター以外に、学習の進捗サポートが目的の「学習コーチ」、問題解決のサポートとなる「QAサイト」の3種類によるトリプルサポートも侍エンジニア独自の魅力となります。

Webデザイン教養コースの中で、おすすめとなっている24週間プランの料金は税込み396,000円。webデザインの実践的スキルをしっかり学びたい場合はこちらが良いでしょう。

TechAcademy(テックアカデミー)|最短4週間でwebデザイナーになれる

TechAcademy(テックアカデミー)|最短4週間でwebデザイナーになれる

TechAcademyの特徴
  • パーソナルメンターサポートで挫折を回避
  • 短期間で成果を上げる学習サイクル
  • 副業サポートも受けられる

TechAcademyも現役エンジニアから学べるオンライン型のビジネススクールです。webエンジニア向けのコースと一緒にwebサイト製作関連コースも設定されており、その中にwebデザインコースが存在します。

週2回のマンツーマンメンタリングに、講師が待機してくれているチャットサポート(毎日15~23時)など挫折を回避するための手厚いサポートが最大の魅力です。

テキストを読む・デザインする・質問する、の3つを繰り返して学習効率を最大化します。料金は4週間プランで174,900円(税込)、学習時間の目安は1週間で40~50時間です。

ほかにも8・12・16週間プランがあります。受講が完了したらTechAcademy独自の副業紹介サービスが利用できるようになるのも魅力です。

以下の記事ではWEBデザインオンラインスクールのおすすめ11選をまとめました。オンライン型のスクールを考えている方は併せてご覧ください。

関連記事

Webデザインスクールは多数あり、どこを選べばいいのか迷うこともあるのではないでしょうか。 Webデザインスクールはそれぞれ特徴があり、選び方を間違えると目指すべきキャリアから遠回りになることもあります。 [word_balloon i[…]

オンラインWebデザインスクール

DMM WEBCAMP|返金保証制度あり

DMM WEBCAMP|返金保証制度あり

DMM WEBCAMPの特徴
  • 週2回のメンツーマンメンタリングで疑問点の解消
  • 現役エンジニアにいつでも質問が可能
  • ITスキル習得の3ステップで目標達成をサポート

DMM WEBCAMPではメンターの現役エンジニア講師によって「速戦力」までの道のりを支援してくれる充実のサポート体制が整っています。

コースではデザインの原理原則を理解し、ユーザーファーストになりサイト構造の設計やデザインのスキル習得を目指します。

カフェや雑貨屋など架空のクライアントを想定し、実際にWebサイト(LP)の制作を行います。

料金プランは学習する期間によって異なり、最短の4週間プランで169,800円(税込み)。最長の16週間プランでは334,800円(税込み)となっています。

自身の予算に合わせてコースを選択できるのも魅力の一つです。

INTERNET ACADEMY|Web制作会社監修

INTERNET ACADEMY|Web制作会社監修

INTERNET ACADEMYの特徴
  • 日本初のWeb専門スクール。ノウハウが豊富
  • 2つのコースから選択可能
  • 卒業生も多く、クライアントからの信頼も厚い

INTERNET ACADEMYではWebデザイナー入門コースとWebデザイナー総合コースの二つのコースから選択が可能です。

Webデザイナー総合コースでは作品制作講座に加え、JavaScript講座を学習することで、スキルを即戦力レベルまで引き上げます。

マンツーマン授業や質問対応サービスがあり、分からない点は素早く解決することが出来ます。

日本初のWeb専門スクールということもあり、卒業生も多数輩出しているため豊富なノウハウと企業からの信頼も高いのがポイントです。

確かなスキルと自信を得たい人におすすめのスクールです。

Winスクール|デザインコンペ開催

Winスクール|デザインコンペ開催

INTERNET ACADEMYの特徴
  • 複数のコースから選択可能
  • 少人数制で質の高い授業
  • 就職・転職サポートも充実している

Winスクールの特徴は、豊富な講座から自分に合ったプランを選択出来る点です。

講座選びに迷った場合には専任のカウンセラーに相談することもでき、最適な講座を提案してくれます。

年間1,500社の企業研修を行っているため、業界の求めるスキルを熟知しており必要なスキルを習得することが出来ます。

スクーリングとオンラインの選択が可能であり、オンラインでも対面同様のレッスンを受けることが出来るため、通学が困難な場合でも問題ありません。

クリエイター能力認定試験の一発合格率が93%であり、資格獲得にも力を入れているスクールです。

【就職/転職支援】webデザインスクールおすすめ4選

【就職/転職支援】webデザインスクールおすすめ3選

次は就職・転職支援が充実しているおすすめのwebデザインスクール3校を紹介します。

  • デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
  • ヒューマンアカデミー
  • KENスクール
  • nests

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG|制作会社独自の授業

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG|制作会社独自の授業

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの特徴
  • 輩出したクリエイターは9万人以上
  • 現役クリエイターによるLIVE授業でスキル習得
  • ポートフォリオ添削と転職相談も

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGとは、web製作や運営を行う「株式会社LIG」とデジタルクリエイティブ関連の教育を手がける「デジタルハリウッド」が提携運営するwebクリエイタースクールとなります。

現役クリエイターによる特別講義や、LIGが運営するオウンドメディアでの実務経験など濃密なカリキュラムが特徴です。

転職活動の鍵となるポートフォリオ製作も、専任スタッフが指導してくれるので不安はありません。

メンターとの転職相談も含めて、トータルで転職支援をサポートしてくれます。Webデザイナー専攻コースの料金は税込み495,000円、期間は6か月で授業スタイルはオンライン+通学方式です。

ヒューマンアカデミー|未経験からwebデザイナーになれる

ヒューマンアカデミー|未経験からwebデザイナーになれる

ヒューマンアカデミーの特徴
  • 現役プロによる授業で実践的スキルを習得
  • 就職率90.9%をほこる手厚いサポート
  • さまざまな割引制度も魅力

ヒューマンアカデミーの魅力で、特筆したいのは充実した就職サポートです。

Selfing(セルフィング)と呼ばれるサポートカウンセラーが、就職・転職に関する悩みをしっかり聞いて受講者に寄り添った解決策を提示してくれます。

求人紹介や応募書類の添削、面札対策も完全サポート、その結果が就職率90.9%というデータです。学習プランはそれぞれ習得できるスキルが違う3つのコースから選択、受講期間も変わります。

おすすめとされる「Webデザイナー総合コース」の料金は税込み627,000円、期間は6か月です。学生割・ママ割・ペア割など、さまざまな割引制度が利用できます。

国の教育訓練給付制度(受講料の20%「上限10万円」が支給)も適用可能です。

KENスクール|在校中に資格取得できる!

KENスクール|在校中に資格取得できる!

KENスクールの特徴
  • 個別指導で理解力上昇
  • 現場さながらの機材を使って学習
  • 資格取得講座が魅力

今では当たり前となっている「個別指導」や「現場に即したカリキュラム」を31年前から行っているビジネススクールです。個別指導による一人ひとりのペースに合わせた授業が、KENスクール最大の魅力です。

本物さながらの実機や制作課題に触れることで、即戦力として動くための経験を蓄積します。就職・転職時に有用な資格取得も完全サポート。模擬試験を実施して弱点克服の対策を立てます。

KENスクールのキャリア人材アドバイザーが行う、無料の就職・転職サポートも充実した内容です。

気になる利用料金は、就職・転職を目的とした「Web実践就転職総合コース」で税込み377,300円、「Webクリエイター能力認定試験エキスパート講座」付きのコースとなります。

nests|転職・就職に強い

nests|転職・就職に強い

nestsの特徴
  • オンラインとスクーリングが選択可能
  • 現場クリエイター講師による担任制度
  • 2つのコースから選択が可能

nests Digital Creative Academyは各大手制作プロダクションの支援により運営されているスクールです

未経験からWebデザイナーを目指すスタンダードコースと、実践スキルが集約されたアドバンスコースの二つから選択が出来ます。

現場で求められているスキルを現役講師から直接学ぶことができ、コース修了後のキャリアを鮮明にイメージすることが出来ます

業界と直結したアカデミーのため就転職へのサポートが強く、独自のネットワークを使った支援が強みです。

Webデザインスタンダードコースの料金は6ヵ月間で272,800円と入学金(初回入学時のみ)の55,000円を合わせた327,800円(税込)です。

Webデザインアドバンスコースの料金は6ヵ月間で327,800円と入学金(初回入学時のみ)の55,000円を合わせた382,800円(税込)です。

初心者から現場レベルまで応用の効くスキル習得を目指したい方におすすめのスクールです。

以下の記事ではフリーランスを目指す人向けのスクールについてまとめました。就職・転職に加え、フリーランスを考えている方は併せてご覧ください。

関連記事

現在、自由度や収入面からフリーランスを目指す人が増えています。 フリーランスを視野に入れて、Webデザインスクールを選ぼうとした時にどこがいいのかわからないですよね。 [word_balloon id="1" size="M" posi[…]

Webデザインスクール フリーランス

【主婦/女性】webデザインスクールおすすめ2選

【主婦/女性】webデザインスクールおすすめ2選

ここでは女性向けのおすすめwebデザインスクールを紹介していきます。

  • Famm(ファム)
  • SHElikes(シーライクス)

Famm(ファム)|格安のwebデザインスクール

Famm(ファム)|格安のwebデザインスクール

Fammの特徴
  • 講座受講時には無料でベビーシッターを手配
  • 1か月でスキル取得、もちろん完全オンライン
  • 未経験でも安心

Fammは卒業生2,000人以上のママ専用学習コミュニティです。サポートの内容でもっともうれしいのが、無料のベビーシッターではないでしょうか。自宅に手配してもらえるため、移動の手間もかかりません。

対面講座の場合は、キッズスペースで子どもを預かってもらえます。子育てで忙しいママのために必要なカリキュラムを1か月に凝縮、短期間で在宅ワークに活かせるスキルの取得が可能です。

FammのWebデザイナー講座では、HTML/CSSやJavaScriptを学んでページ制作とバナー作成ができるようになります。

Fammに参加しているママのほとんどが未経験からスタートしているので、初めてwebデザインに触れるかたでも問題ありません。料金は税込み173,000円、対面受講の場合は税込み195,000円となります。

【公式サイト】
https://famm.us/ja/school/

SHElikes(シーライクス)|スクールから仕事を貰える

SHElikes(シーライクス)|スクールから仕事を貰える

SHElikesの特徴
  • 月1回のコーチングと進捗のシェア、特別イベントでモチベーションアップ
  • オンラインでの質問は毎日対応
  • 受講状況に応じて案件を紹介

SHElikesとはwebデザインやwebマーケティングなどのクリエイティブスキルが学べる、女性向けのキャリアスクールコミュニティです。

多種多様なコースが定額・学び放題で、webデザインコースではHTML/CSSによるコーティングの基礎知識を習得し、広告/SNSバナー・webサイトの製作業務を学べます。

料金は受講期間6か月・月5回のレッスン回数で税込み60,280円、別途入会金162,800円(税込)が必要です。

月1回のコーチングや仲間との進捗具合シェアが、学習計画や理想のライフプランを考える時間になります。日々の疑問はもくもく会と呼ばれる定期の質問会で解消。オンラインでの開催はほぼ毎日行っています。

コースの受講状況に応じて、コンペ案件への応募も可能です。

以下の記事では主婦・ママにおすすめのWebデザインスクールについてまとめました。より詳しく主婦向けのスクールについて知りたい方は併せてご覧ください。

関連記事

現在、需要が増えており、人手が足りないWebデザイナー。 場所や時間を選ばない仕事から、主婦やママで目指す方も増えています。 そこで気になるのが主婦やママでも通えるおすすめのWebデザインスクールではないでしょうか。 [word_ba[…]

キャリア形成専門家
Webデザイナー
扇田さん
定期の質問会や、一緒に勉強する仲間と情報をシェアする場があると勉強を楽しく続けていけますね。
ママ向けに無料のベビーシッターを手配してくれるのも嬉しい!ライフスタイルに合わせて講座を選びましょう。
福嶋直樹
Webデザイナー
福嶋さん
質問会や進捗具合のシェアなど仲間と一緒に学べる楽しさがあり、HTML/CSSなど実践的な作成スキルを習得できるSHElikes(シーライクス)。小さいお子様がいても安心して学ぶことができ、在宅ワークに活かせるスキルを取得できるFamm(ファム)。どちらも女性向きの魅力的なスクールだと思います。

【大学生/副業】webデザインスクールおすすめ2選

【大学生/副業】webデザインスクールおすすめ2選

最後は大学生や副業目的におすすめのwebデザインスクール紹介です。

  • RaiseTech(レイズテック)
  • SKILLHUB(スキルハブ)

RaiseTech(レイズテック)|卒業後もサポートを受けられる

RaiseTech(レイズテック)|卒業後もサポートを受けられる

RaiseTechの特徴
  • 受講期間にとらわれない半永久的サポート
  • 就職・転職支援も充実
  • 学割制度があるので大学生にも

RaiseTechの大きな特徴が受講期間にとらわれない半永久的サポートです。受講が終了しても質問は無制限、内容にも制限がないため気軽に話すことができます。

技術系の質問からキャリアアップの相談までなんでもOKです。新しく追加される教材も半永久的に閲覧できます。転職支援は「転職クエスト」、案件獲得支援は「WSSクラス」とそれぞれ提携。

ポートフォリオ製作や応募書類の添削、案件獲得など多方面におよぶフォローが可能です。

現場レベルの技術と知識が最速で取得できる「デザインコース」の料金は授業回数16回で税込み348,000円、学割を利用すると税込み248,000円になります。

授業スタイルはリアルタイム授業と録画授業、自分のペースに合わせて好きなほうから選択可能です。

SKILLHUB(スキルハブ)|13講座95レッスンの無料講座でお試し可能

SKILLHUB(スキルハブ)|13講座95レッスンの無料講座でお試し可能

SKILLHUBの特徴
  • 初心者にもやさしい動画教材
  • 独自カリキュラムで副業・フリーランスも可能
  • 無料講座が多数

SKILLHUBとはさまざまなビジネススキルを、初心者から学べるオンラインスクールとなります。教材のメインとなる動画コンテンツが、初心者にもわかりやすいと評判です。

教材の一部はYoutubeで公開され、3000以上のコメント・高評価を集めています。SKILLHUBで受講した人が副業を成功させたり、フリーランスに転身したりと実績は多数です。

そしてSKILLHUB最大の特徴が、無料で受講できる講座があること。その数は13講座、95レッスンにおよびます。

内容はHTMLやCSS入門、WEBサイト製作実践講座などwebデザインに関するものが多く含まれています。

登録後に無料講座を体験することで、資金を投入する前に自分に合っているかどうかを判断できるのが、SKILLHUBを利用するメリットです。

Webデザイナーになればフリーランスや副業でも稼げるようになる?

結論から言うと、Webデザイナーは副業やフリーランスとして稼ぐことが可能です。

Webデザイナーがフリーランスや副業として稼げるのには以下の理由があります。

・単発の案件数が多くある
・簡単なものや作業の多くない案件が多い
・在宅で完結する仕事が多い
・実績がついてくれば高単価の案件も目指せる

日々新しいサイトが生まれ、既にあるサイトも常々リニューアルが行われるなどWebデザインの需要が高いことも追い風になっています。

大規模なサイトとなればチームを組んで進める必要がありますが、ランディングページのみやバナーの作成など小さい案件であればスキマ時間を利用して一人で取り組むことも容易です。

フリーランスや副業として案件を獲得し続けるポイントとしては、「案件数が多いサイト」を利用し、スケジュールを計画的に練ることです。
案件をこなしていくうちに慣れ、効率的に稼げる様になっていくでしょう。

Webデザインの案件相場一覧

多くの仕事が存在するWebデザインの案件ですが、仕事内容やボリュームによって金額が違ってきます。

デザイナーのスキルや実績によって、同じ仕事内容でも料金に違いが生じることも抑えておきたいポイントです。

ここでは大まかな相場観を掴むため、初心者の方が案件を獲得しやすいCrowdWorksに掲載のある料金相場を紹介します。
目安として参考にしてみてください。

依頼業務 報酬相場
ホームページ制作 200,000円~
コーディング 30,000円〜/ページ
LP制作 80,000円〜/ページ
Webデザイン 50,000円〜/ページ
バナー制作 5,000円~

出典:クラウドワークス公式サイト

Webデザインの案件が獲得しやすいサイト3選

レバテッククリエイター|web系に特化

レバテッククリエイター|web系に特化

レバテッククリエイターは、Web系やゲーム系クリエイター特化型のフリーランスエージェントです。

エージェントを利用する強みとして、担当者がついて案件獲得にむけてサポートを受けられる点です。初心者のうちは相談に乗ってもらう機会も多いためおすすめです。

クラウドワークス|案件数が豊富

クラウドワークス|案件数が豊富

クラウドソーシングサイトの中でも最大手がクラウドワークスです。簡単なデザイン制作から大きい規模の仕事まで豊富な案件が掲載されています。金額もピンキリのため、初めのうちは簡単な案件に取り組み、徐々に高単価案件の獲得に向かうのがセオリーです。

フリーランスになりたい方は必見のサイトです。

ランサーズ|ランク制度あり

ランサーズ|ランク制度あり

クラウドソーシング型サイトとしてランサーズも要チェックです。

クラウドワークスと異なる点として、ランク制度というものが存在します。ランサーズから認められた証となる「認定ランサー」になれば信頼度が上がるため、必然的に高単価案件を獲得しやすくなります。

仮払い制度などのフリーランス向けのサポートもあり、安心して仕事を受注することができます。

【クラウドソーシング】具体的な案件と相場

クラウドソーシングに掲載されている案件の内容と相場を確認していこうと思います。

案件①バナー制作

案件①バナー制作

出典:クラウドワークス公式サイト

バナー制作の案件内容

バナーとは、ネットの広告で用いられる画像付きのメニューボタンのことです。SNSでも用いられ、正方形から縦長のものまで多くの形やサイズのものが存在し、目的に合わせて使い分けます。バナー画像で視覚的に魅力を伝え、リンク先のサイトや商品へ消費者を誘導させる事が目的です。

主な広告バナーは以下の通りです。

広告バナーの種類
  • Google(250×250px/300×600px)
  • Yahoo!広告バナー(600×500px/1200×628px)
  • Instagram広告バナー(アスペクト比が9:16)
  • LINE広告バナー(アスペクト比が1.91:1)
  • Twitter広告バナー(アスペクト比が1.91:1)

バナー制作で得られる報酬相場

・5,000~40,000円/個
参考:ランサーズ「仕事の種類・参考価格」

報酬は5,000~40,000円/個が相場となっており、依頼主が法人か個人なのか、定期発生するのかキャンペーンなどの一時的なものかなど、依頼の形式によっても変動します。依頼主が定期的に発注している案件の報酬額は3,000~5,000円が相場となり、季節限定やキャンペーンのものなどは、金額が高くなる傾向があります。

納品は1週間~2週間の案件が多く、バナー制作にかかる時間は一般的には30分から1時間程といわています。スケジュール管理を行い納期は必ず守る様にしましょう。

案件②LP制作

LP制作

出典:クラウドワークス

LP制作の案件内容

LP(Landing Page)とは、ユーザーが1番最初に訪問するページのことを指します。検索エンジンや広告からLPに訪問させる事で、商品の購入やサービスへの申し込みなど目的とするコンバージョンの達成のために作られています。

LP制作で得られる報酬相場

・1-2ページ:50,000~150,000円
・3-4ページ:100,000~200,000円
・5ページ~:150,000~500,000円

参考:ランサーズ「仕事の種類・参考価格」

報酬は上記の通りとなっており、単ページの物から5ページ以上の物まで幅広い案件がある。実績の有無によって案件獲得の難易度も変わってくるため、自身のスキルにあった案件選びをする事が重要です。

納期は、1ページ/1ヶ月となっている案件が多く見られました。依頼主は早めの納品を希望するケースが多いため、他のWebデザイナーよりも納品時期を早めに提案すれば案件が受注しやすくなります。ただし、制作物のクオリティは落とさない事が前提です。

案件③WordPress制作代行

wordpress制作代行

出展:クラウドワークス

WordPress制作代行の案件内容

WordPressはプログラミングの知識がない人でも簡単にサイトが作成できるため、初めてサイトを作る人に人気のソフトウェアです。世界でも圧倒的なシェアを誇っており、WordPres内のテーマを使用することで簡単におしゃれなサイトを作成することが出来ます。

WordPressにはプラグインというサイトの利便性を向上させる機能があり、問い合わせフォーム、カード決済、商品カートなどECサイトを運営する上で不可欠な機能もプラグインによって追加することが可能です。

WordPress制作で得られる報酬相場

WordPress制作の案件で得られる報酬を確認していこうと思います。

50,000円~200,000円/1-10ページ
200,000円~300,000円/11-20ページ
・機能開発:50,000円~100,000/1機能
参考:ランサーズ「仕事の種類・価格」

報酬金額は作成するページ数、サイトの規模によって変わってきます。さらに、加える機能やデザインなど凝ったページになるほど工程も増えるため報酬が高くなります。

次に納期を確認していきます。

・小規模サイト(1-10ページ):1ヵ月
・中規模サイト(11-20ページ):1~3ヵ月
・大規模サイト(101~ページ):4ヵ月~
参考:ランサーズ「仕事の種類・価格」

個人向けの小規模サイトの場合は1ヵ月、企業などの100ページ以上を有する大規模サイトの場合、6ヵ月以上の長期的な案件も見られました。

WordPressは初心者でもサイトの構築が可能ですが、お客さん(クライアント) から細かい機能やデザインの追加を求められることが多々あります。ニーズの期待に応えられる様、プログラミング言語やHTML/CSSやJavaScriptなどのスキル習得を目指しましょう

案件④STUDIO制作代行

studio

出展:クラウドワークス

STUDIO制作代行の案件内容

STUDIOはWebサイト制作を行う事ができるクラウドベースのツールです。ノーコードでWebサイト制作を行う事ができ、無料で利用することも可能です。


有料版では無料版で使えない機能を利用できるほか、プレミアムサポートを受けることも可能です。低価格なのも人気の理油で、最も月額料金が高いBusinessプランでも月額5,680円(税込み)と、費用を抑えたい個人や法人から選ばれています。

STUDIO制作代行で得られる報酬相場

STUDIO制作で得られる報酬の相場は以下の通りです。
50,000円~100,000円/ページ

STUDIO制作で得られる報酬相場は上記の通りとなっています。クライアントの資金やデザイナーの実績によって変動します。案件も様々で、LPの制作で10,000~50,000円。デザインカンプのみで1,000~1,500円の案件まで幅広くあります。

デザインカンプのみなど、初心者でも取組みやすい案件があるのも特徴です。取り組めるものからこなして実績を作りましょう。

webデザインスクールおすすめ15選 まとめ

webデザインスクールおすすめ10選 まとめ

webデザインスクールのおすすめ10校を紹介してきました。当たり前ですがこの記事で紹介した以外にも、たくさんのwebデザインスクールが存在します。

気になるなと感じたら「卒業後の目的」「習得できるスキル」「授業スタイル」「ポートフォリオ製作フォローの有無」に注目してみてください。

最後に無料説明会やカウンセリングに参加して、スクールの詳しい情報や本当に自分に合っているかの相談をしてみましょう。

この手順を踏めば、webデザインスクール選びに失敗する確率が限りなく低くなります。自分に最適なwebデザインスクールを選択して、ぜひあなたの希望を叶えてみてください。