• ログインログイン
  • 新規登録新規登録

MENU

国内外のハードウェア業界の現状と未来

皆さんはハードウェアという言葉を聞いたことはありますか?ハードウェアと聞くと何だか堅苦しくて難しく突付きにくい印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。でも、毎日の生活の中で皆さんはこのハードウェアの意味がわからなくても自ずと使っているんです。 今回は、そんなハードウェア業界の国内外の現状と今後を考察していきたいと思います。

1. 国内のハードウェア業界

出典:pixabay.com

まず初めに、ハードウェアとは簡単に言うと機械、装置、設備のことです。もう少し詳しくあげると、パソコン、テレビ、タブレット、スマートフォン(携帯電話)などです。日本の技術力の高さは世界中から一目を置かれる存在です。日本人の高い技術力は、日本の長い歴史をかけて作った国民性なのではないでしょうか。 2015年国内IT市場規模は、14兆3,496億円、前年比成長率マイナス1.1%です。その中でも、国内ハードウェア市場規模は、6兆4,268億円、前年比成長率マイナス5.3%となっています。 国内IT市場が横ばいである理由としては、ハードウェアの更新需要の谷間の時期であり、ハードウェア市場の成長率がマイナスとなることが要因とされています。 日本のハードウェア業界での売り上げトップ3は、日立、SONY、パナソニックの3社です。この3社はトップ3とは言えど決して順調とは言えません。日本の電気機器メーカーは全般的に苦戦しているのが現状です。 やはり要因としてはアメリカのAppleや韓国のSamsungなどの海外のメーカーが急成長を遂げたことでしょう。Samsungをはじめとする東アジアの電気機器メーカーは、一定以上の品質の製品を安価で提供することで成長してきました。 世界中の消費者が求めるものが変わってきたのが日本の電気機器メーカーの最大の苦戦要因でしょう。

2. 海外のハードウェア業界

出典:pixabay.com

みなさんが、海外のハードウェア会社として一番最初に頭に浮かべるのは、やはりAppleではないでしょうか? Mac、iPod、iPhone、iPad、AppleWatchなど、Appleは革新的な製品を数多く世の中に送り出し、時価総額No.1に君臨している超巨大企業です。iPhoneの日本での普及率はとても高く、日本人はiPhoneが大好きです。 かつてはハードのApple、ソフトのMicrosoftと言われた時代もありましたが、やはりIT業界の動きはとても早くあらゆる企業がライバルとしてしのぎを削っています。 近年では、GoogleやAmazonやMicrosoftなどの企業もハードウェア開発に乗り出しており、ソフトウェアばかりが注目されますが、ハードあってのソフト、ソフトあってのハードである以上は今後も競争は激化していくでしょう。 ここまで、主にITに関連するハードウェアについてお話ししてきましたが、世界最大の電機メーカーと言えば、言わずと知れたゼネラル・エレクトリック (GE)でしょう。 GEは売上高約1500億ドルを誇る企業であり、創業者は誰もが知っている偉人、トーマス・エジソンです。GEの事業内容は多岐にわたるため電機機器以外のものも扱ってはいますが、それでも最大の電機メーカーでしょう。

3. 今後のハードウェア業界

出典:pixabay.com

近年では、スマートフォンやインターネットの普及により、より良いアプリケーションサービスを各社が競い合っている現状にあるため、ハードウェア開発よりもアプリケーション開発が求められている現状なのは否めません。 ただ、先ほども書いた様に、どんなに高性能なソフトを作ったとしてもそれを搭載するハードウェアがなければ機能しません。つまり、ハードウェアはどんな機械においても基盤であり無くてはならない存在です。 他にはIoTが話題になっており、IoTビジネスは今後の数年間でかなりの市場拡大を見せるでしょう。 ロボット、ドローン、3DプリンターなどPC以外にもあらゆるハードウェアの開発が盛んになってきています。 2020年の東京オリンピックでは、本格的にロボットを活用した最先端の大会になるであろうと予測する専門家も多くいます。 ハードウェア業界は今後も成長していくことは間違いないでしょう。

SEを目指すならエージェントと話をしよう

エンジニア就活には、IT業界・SEに強いエージェントがいます。彼らに話を聞いてもらうことで、自分が何をやりたいのか、自分が大切にしているのが何なのか、就活するうえでの軸が見えてきます。さらに、各人に合った未公開の求人情報も紹介してもらえるので、まずは気軽に相談してみましょう。登録や相談・セミナーなど、すべて無料で活用できます。

お名前 (必須)

カタカナ (必須)

大学名(必須)

学部・学科名(必須)

卒年(必須)

電話番号(必須) ※連絡が取れる電話番号をご入力ください。

メールアドレス(必須)  ※連絡が取れるアドレスをご入力下さい。

利用規約および個人情報の取扱いに関する通知文に同意する

※就活相談の実施場所は、下記住所になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンクトワイス株式会社 エンジニア就活事務局
東京都港区赤坂4-8-14赤坂坂東ビル5階
TEL:03-6825-5450より個別面談のご案内を差し上げる場合がありますのでご認識をお願いします。
mail:e-shukatsu@thinktwice.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから会員登録をしよう

オススメ記事一覧

もっと見る
完全無料!

1で登録完了!

エンジニアの仕事・年収や選考ノウハウ記事が読めるほか、
会員にはプログラミング講習やES・面接対策などリアルな無料サポートも充実。
ここだけの求人情報も多数。

今すぐ新規会員登録
Page Top