フリーランスエージェントのマージン(手数料)の相場は?仕組みや損しないコツを徹底解説!

フリーランス マージン

エージェントはマージンを抜いた金額を私達ワーカーに報酬を支払っています。
そのマージン率が高いか低いかで私達の報酬額の高さも決まってきます。

そこで気になるのがフリーランスエージェントマージンの相場などではないでしょうか。

マージン率の相場は?
マージン率はどうやって決まってるの?

このような疑問にお答えします。
フリーランスにとって、マージン率は収入に関わるので非常に重要です。

実際に私達ワーカーの手元にどれだけ入るのか気になる方は参考にして下さい。

  • エージェントの手数料の相場
  • 手数料の設定方法
  • 手数料が発生してもプラットフォームは使うべきか?
目次

【結論】フリーランスエージェントのマージン率の相場は10〜25%

フリーランス マージン

手数料の金額は基本非公開でありますが、一部のエージェントが公開している場合があります。
世間では仲介会社の手数料は10〜25%程度とされています。

しかし、 これらはあくまで一般的な相場であり、具体的なマージン率は案件の内容や営業担当者によって変動。

マージン率が非公開である理由は、エージェント間の競争や契約上の事情によるものです。
各エージェントが自社のマージン率を公開すると、競合他社との価格競争になったり、契約交渉の際に不利になる可能性があります。

そのため、多くのエージェントはマージン率を非公開とし、具体的な案件ごとに報酬を決定しています。

一方で、非公開であるからといって必ずしもマージン率が高いとは限りません。
案件によっては非公開の方がマージン率が低い場合もあります。

ただし、一般的に言われる相場の10〜25%を基準にみておくといいでしょう。

マージン率の公開に義務はなく非公開のエージェントが多い

フリーランスエージェントの多くはマージン率を非公開としています。
これは、様々な条件でマージン率が変動するのが主な理由です。

エージェントの手数料が非公開だから怪しいということにはなりません。
また、案件によっては非公開の方がマージン率が低い場合もあります。

変動ありきのマージン率でも一度公開してしまうと変更がしにくいです。
一方で手数料を公開しなければ、マージン率を柔軟に変えることができます。

そのため、非公開にして、柔軟に変動できる状態を作っているのです。
以上がマージン率を非公開にしている企業が多い理由です。

手数料を公開しているエージェントのマージン率は8〜20%程

仲介にかかる金額を伝えているエージェントのマージン率は8%〜20%程度です。

フリーランスエンジニアの方が3社以上のエージェントを探している場合、多額のマージンを取ることは難しいでしょう。

仲介している会社の手数料は10〜30%程度に落ち着くことが多いです。
また、フリーランスエージェントの市場において一般的な相場として、10〜25%のマージン率と言われています。

また、手数料を公開しているエージェントの手数料は相場は8%〜20%です。
もし、その範囲を出たマージン率ならよく内容を確認して、なぜそのマージン率なの聞いておいた方がいいでしょう。

マージン率を高くしすぎるとスキルのアンマッチによるトラブルが起こる

手数料が高くなると発注側のお客さんが支払う額と、フリーランスエンジニアが受け取る報酬額との差が大きくなります。

これにより、「スキルアンマッチ」という問題が発生しやすくなります。例えば、以下のような状況が起こり得ます。

  • 「レベルの高い仕事を頼んでいるのに、報酬が少ないな…」
  • 「報酬が少ないのに、タスクが難しいな…」
  • 「このフリーランスエンジニアに高額な報酬を支払っているのに、スキルが低すぎて使えない…」

マージン率が適切でない場合、フリーランスエンジニアと発注側の期待や報酬のバランスが崩れ、トラブルが生じる可能性もある。

発注側としては高い金額を払っている以上高いスキルを求めます。

しかし、仲介する会社が高い手数料を取っていると払っている金額と受け取っている金額に差が出るため、発注者側とワーカーとで求めるレベルの認識に相違が出てしまいます。

手数料が高い場合は内容をしっかりと確認しましょう。

ギークスジョブの報告書からマージン率は10%前後と予想できる

ギークスジョブ株式会社の2019年3月に公表された有価証券報告書によると、報酬の単価は70万円前後。

この数字から、手数料が50%引くとワーカーへの発注単価は35万円程度になります。
しかし、この数字は相場からかけ離れています。

一方、手数料(中間マージン)が10%と考えると、ワーカーへの依頼する単価が60万円以上になります。
この数字は一般的な相場とも合致。

以上のデータから、ギークスジョブはワーカーに還元する手数料で案件を紹介していることがわかります。

ギークスジョブの報告書から得られるデータを考慮すると、フリーランスエージェントのマージン率は10%前後が相場と予想されます。

フリーランスエージェントのマージン率設定方法は3パターン

フリーランス マージン

フリーランスエージェントのマージン設定方法の3パターンを紹介します。

  • ①契約回数で決める マージン率の設定方法
  • ②報酬額によって決める マージン率の設定方法
  • ③一律で固定

それぞれのマージン設定方法について詳しく解説をします。

マージン率の設定方法①契約回数で決める

契約回数に応じてマージン率を設定する方法があります。

例えば、最初の契約から5回目までは20%、6回目から10回目までは15%、11回目以降は10%といった具体的な割合です。

この方法は、継続的な取引をするために設定される場合が多いです。
契約回数が増えるごとにマージン率が下がるため、企業は継続的な協力関係を築きやすくなります。

また、フリーランスにとっても継続的な仕事を受けることで収入の安定化やスキルの向上につながります。

この方法のメリットは、継続すればするほどお得になる点です。
これにより、フリーランスはトータルでより多くの報酬を受け取ることができます。

ただし、この方法は初回のマージン率がやや高めに設定されていることが多いです。
また、契約回数によるマージン率の変動は契約内容や条件によって異なる場合もあります。

フリーランスは、エージェントとの交渉や契約条件の明確化を行う際に、契約回数に応じたマージン率の設定方法や具体的な割合を確認しておくといいでしょう。

この方法では、継続するほどお得になるメリットがあります。

マージン率の設定方法②報酬額によって決める

一部の会社では報酬額に応じてマージン率を設定する仕組みがあります。

具体的な例を挙げると、50万円までは20%、60万円までは15%、80万円以上は10%といった具体的な割合が設定されます。

この方法では、報酬額が一定の範囲に収まる場合、手数料が低いことで受注する側はメリットが多いです。

報酬額が高くなるほどマージン率が下がるため、報酬額の上昇に応じてフリーランスの収入も増えることが期待できます。

ただし、この方法では一般的にマージン率が公開されていないケースが多いです。
手数料の詳細をあらかじめ公開せず、営業担当者が個別に報酬額とマージン率を調整する場合もあります。

また、最低ラインの報酬額を設定することで、低額案件に対しては通常のマージン率よりも高めの割合が適用されることも。

そのため、フリーランスは、契約の際に報酬額とマージン率の詳細を明確に確認することが重要です。

自身のスキルや経験に見合った報酬を受け取るために、マージン率の設定方法や具体的な割合について十分に理解し、適切な交渉を行うことが求められます。

マージン率の設定方法③一律で固定

一律で固定されたマージン率を採用する方法もあります。

つまり、案件の金額に関係なく、一定のマージン率が適用。
この方法で手数料を決めている会社は一般的にマージン率を伝えています。

各エージェントのマージン率設定方法は会社によって異なりますが、一律で決められた手数料が設定します。

仲介する会社の手数料の決め方は、契約回数や報酬額、ワーカーのスキルで決めるなどのパターンに分けられます。

この方法であれば、安定した金額の報酬をもらうことが可能です。

フリーランスエンジニアや発注側とのバランスを考慮しながら、丁度いい金額を設定するのが重要です。

フリーランスエージェントのマージンについてよくある質問

フリーランス 質問

フリーランスエージェントのマージンについてのよくある質問を紹介します。

  • SES派遣のマージン率は何%ですか?
  • フリーランスエージェントを使わないのはおすすめですか?

フリーランスエージェントについてよくある質問に詳しく解説をします。

SES派遣のマージン率は何%ですか?

SES派遣のマージン率は一般的に30〜40%とされています。

SES派遣では仲介会社を介して契約を行いますが、実際に派遣される際にはSES会社のマージンも加算されます。

一般的にSES会社のマージン率は30〜40%と言われており、これがフリーランスが受け取る報酬から差し引かれることになります。

具体的な企業や案件によって異なるため、面談の際にクライアント企業の詳細を確認することが重要です。

SES派遣の手数料は一般的に30〜40%ですが、準委任契約と派遣契約の中間のような立ち位置が弱みの1つと言えるでしょう。

フリーランスエージェントを使わないのはおすすめですか?

フリーランスエージェントを使わない場合もありますが、注意が必要です。

初心者のフリーランスがマージンや商流の仕組みを理解しておらず、マージンを多く取られて報酬額が減る可能性があるためです。

まだ転職サービスを使い慣れていない方は詳細な仕事内容や単価が明確に提示されている案件を選ぶことが重要です。

確かにフリーランスエージェントを使わずに直接契約することで、マージンを節約できる場合もあります。

しかし、エージェントを介さずに案件を見つける難しさや、エージェントが持つネットワークやサポートの利点を失う可能性も考えられます。

エージェントは専門知識や業界ネットワークを持っており、適切な案件の紹介や交渉支援、契約管理などのサポートを提供。

また、エージェントを介することで信頼性の高い案件やクライアントとの接触機会が増えるため、仕事の獲得につながる可能性もあります。

最終的な選択は、個々のフリーランスの状況やニーズによって異なります。
自身のスキルやマーケット状況を正しく評価し、フリーランスエージェントの利用の有無を慎重に検討することが重要です。

マージンを支払うメリットはありますか?

フリーランスエージェントへ支払うマージンは、フリーランスにとってメリットが多いです。

フリーランスエージェントにマージンが入るからこそ、フリーランスが快適に仕事を探すことができる環境を提供しています。

エージェントは専門知識や業界ネットワークを活用し、適切な案件の紹介や交渉支援、契約管理などのサポートもしてくれます。

エージェントを通じて提供される案件は、信頼性が高く報酬が適正なものが多数。
このような情報もマージンをしっかりと支払うからこそ、行ってくれるのです。

仲介してくれる会社の手数料はフリーランスにとってメリットがあります。

しかし、注意するべき点はマージンによって損をする可能性があるのは多重下請け案件です。

働く側は手数料が発生する仕組みを把握して、報酬の適正性を確保することが重要です。
適切なマージン率で仕事を行うことで、快適な仕事環境と報酬の適正性を両立させましょう。

【まとめ】フリーランスエージェントのマージン(手数料)の相場は?

フリーランス マージン

フリーランスにとって、仲介会社の手数料は収入に直結するので非常に重要です。
あなたのスキルが高くてもエージェントのマージン率が高いと給料も少なくなります。

そのため、マージン率の相場はどのくらいか、相場に比べてエージェントのマージン率は高いのか低いのかを見極められるようにしておくといいでしょう。

手数料がどのくらい引かれるのか把握しておけば、働いた仕事に対して正当な評価を得られる現場を選ぶことができます。

手数料の仕組みを理解していないと正当な金額で働くことができません。
この記事を参考にフリーランスエージェントの相場を知り、自分にぴったりのエージェントを見つけましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次