フリーランスの仕事の探し方11選!安定して継続するコツとおすすめサイトを紹介!

フリーランス 仕事探し

フリーランスでは継続的に仕事を受注することが重要です。
仕事を継続的に受注することで安定的に収入を確保できるためです。

しかし、仕事を受注するとは言っても、どこで案件を探すのがいいのかわからないのではないでしょうか。

フリーランスの仕事の探し方は?
安定的に仕事を受注する方法はある?

このような疑問にお答えします。
フリーランスが安定的に仕事を受注するには探し方が重要です。

この記事を読めば、フリーランスがどのように仕事を探していけばいいのかわかるでしょう。

フリーランスの仕事の探し方について調べている方は参考にしてください。

目次

フリーランスにおすすめの仕事・案件の探し方11選

フリーランス 仕事探し方

フリーランスにおすすめの仕事・案件の探し方11選を紹介します。

  • ①同業者・知人から仕事・案件を受注する
  • ②会社員時代の勤め先から仕事をもらう
  • ③企業にメール・電話で直接営業をかける
  • ④SNSを利用して仕事を探す
  • ⑤ブログや動画サイトで仕事についての発信を行う
  • ⑥ビジネス交流会・ワークショップで人脈を広げる
  • ⑦業務委託案件が掲載されているサイトを確認する
  • ⑧クラウドソーシングサイトで単発案件を探す
  • ⑨オンラインサロンに参加する
  • ⑩企業のHPから仕事について問い合わせる
  • ⑪フリーランスエージェントを利用する

それぞれの項目について詳しく解説をします。

①同業者・知人から仕事・案件を受注する

フリーランスの仕事の探し方で多いのが同業者や知人から仕事を紹介してもらうです。

データによると、仕事を受注するルートで一番多かったのが同業者や知り合いから紹介で、60%以上の割合をしめています。

もし、案件を紹介している知人などがいれば、普段からコンタクトを取っておくといいでしょう。

同業者などの知人がいないのであれば、まずはフリーランスエージェントなどを利用して仕事を探すところから始めるといいですね。

②会社員時代の勤め先から仕事をもらう

もともと、会社に勤めていた方は働いていた会社から仕事を紹介してもらう方法があります。

会社を退職をしても元上司や同僚の方とコンタクトを取っておくと仕事を紹介されることもあるかもしれません。

もともと、働いていた会社ならあなたのスキルや経験は周知しているはずなので、仕事も紹介してもらいやすいでしょう。

また、会社との信頼関係があれば、継続して仕事を受注できる環境も作りやすいです。

働いていた会社でなくても、一度でも仕事をしたことのある会社とは継続的にコンタクトを取って、声をかけてもらえる環境を作っておくといいでしょう。

③企業にメール・電話で直接営業をかける

仕事をしてみたい企業などに直接電話やメールで営業をかけることも1つの手段です。

企業に直接メールや電話で営業をかける積極性が評価されて仕事を受注できるケースもあります。

また、普段おおやけに募集をしていない優良な案件に出会えることも。
ただし、営業をかける際は要件を簡潔にまとめて、時間を取らせない事や忙しい時期を避けるなどの配慮は必要です。

募集している会社を把握するために同業者の知り合いなどに、普段から情報などを仕入れておくと、いざという時に気になる企業にアプローチをかけやすくなります。

気になる企業があれば、一度コンタクトを取ってみることをおすすめします。

④SNSを利用して仕事を探す

ツイッターやインスタグラムを使って、仕事を探してみましょう。
IT業界従事者やSNSを利用している人も多く、普段からチェックしている人も多いです。

自分のスキルなどを表記して、仕事を探してることを発信するといいでしょう。
あなたの投稿を見て、気になる人がいれば、DMなどがきて直接やり取りをする流れです。

注意点は仲介する会社などがなく、直接契約をすることになるのでちゃんと契約書などを交わして、トラブルがないようにしておきましょう。

メリットとして求人サイトにはないような案件が見つかることもあります。

⑤ブログや動画サイトで仕事についての発信を行う

自身のブログや動画で自分の活動を発信して、コンタクトを待つのもおすすめです。

自分のブログや動画がポートフォリオ代わりになり、仕事を依頼したい人から声をかけてもらうことがあります。

ブログや動画で自分が仕事を受注できる状況であること、どんなスキルがあるのかを発信するといいでしょう。

問い合わせフォームなどを作成して、コンタクトを取れる状態にしておくと連絡が来やすくなります。

⑥ビジネス交流会・ワークショップで人脈を広げる

フリーランスを対象としたビジネス交流会やワークショップで交流を広げておくと後から仕事を紹介してもらうきっかけになる場合があります。

定期的に交流会などに参加することで、出会った人から案件などを探している時に紹介してもらうことができるかもしれません。

ただし、案件の紹介のみを目的として交流をすると関係が悪くなるので、あくまでも人脈づくりの一環として参加するといいでしょう。

また、こちらから頼みごとをするだけでなく、相手が困っている時なども助けることで相乗効果をもたらすことができます。

時間が許す限り交流会などに参加はしておくことをおすすめします。

⑦業務委託案件が掲載されているサイトを確認する

業務委託案件が掲載されてるサイトを使用して仕事を探すのもいいでしょう。
業務委託でもアルバイトなどの求人サイトもあるため、判別して使うのがおすすめです。

応募の際には履歴書や職務経歴書の作成、企業との条件の交渉などの自分で行う必要性も出てきます。
しかし、案件数なども豊富にありますので、並行して使うといいでしょう。

⑧クラウドソーシングサイトで単発案件を探す

クラウドソーシングサイト利用して、単発の案件を探す方法もあります。

クラウドソーシングサイトを通して契約するため、面倒なトラブルなども少なく、安心して利用することができるでしょう。

ただし、単発な案件も多く、単価もピンキリなので長期的に稼ぐにはあまり向いていません。

仕事のつなぎとして、利用するか実績を作る目的で利用するといいでしょう。

⑨オンラインサロンに参加する

オンラインサロンなどのコミュニティに参加して仕事を受注する方法があります。

オンラインサロンとはコミュニティの運営者が中心となって、同じ志を持った人が集うプラットフォームです。

オンラインサロンでは勉強会を開いたり、仕事を募集していたり利用の仕方も様々です。
オンラインサロンを活用して仕事を受注することも珍しくありません。

同じオンラインサロンに属してることで信頼感もあるので、仕事を紹介してもらうのは転職エージェントなどよりもハードルは低くなります。

注意点としてはあくまでも個人間の契約となるので、何かトラブルがあったときを想定して契約書などはしっかりと交わしておきましょう。

⑩企業のHPから仕事について問い合わせる

企業のHPから問い合わせして、直接仕事を受注する方法です。

企業の採用担当者につないでもらい、直接アプローチをすることで普段表に出てない優良案件を獲得するすることもできます。

採用情報欄に業務委託案件の有り無も記載がある場合もあるので、確認しておきましょう。

⑪フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントを利用して仕事を受注する方法です。
フリーランスエージェントを利用する方法が一般的かもしれません。

エージェントに登録をするとアドバイザーから連絡がきて、希望などをヒアリングし、案件を紹介する流れになります。

企業とのマッチングや交渉などの業務はアドバイザーがすべて行ってくれるため、仕事を探す手間がかかりません。

また、アドバイザーに仕事を探してもらっている間に他のプラットフォームで仕事を探すことも可能です。

フリーランスエージェントは仕事を保有している数が多いので、フリーランスとして仕事をしていくなら登録しておくことをおすすめします。

フリーランスが仕事探し前に行うべき準備

フリーランス 準備

フリーランスが仕事探しをする前に行うべき準備を紹介します。

  • 実績をアピールできるスキルシートの作成
  • スキルをアピールできるポートフォリオの作成
  • 自分の市場価値を客観的に分析する
  • ブログやSNSを開設し定期的な発信を行う

それぞれ項目について詳しく解説をします。

実績をアピールできるスキルシートの作成

自分が持っているスキルがわかるスキルシートを作成しておくといいでしょう。
スキルシートに記載をする内容としては

  • 経験したことのあるプロジェクトの詳細
  • 担当経験のある業務など
  • 保有している資格
  • 扱えるツール
  • アピールポイント

などを記載するといいです。
自分が何ができるのかは詳しく記載しておくといいでしょう。

突っ込まれることのないレベルまで仕上ることがポイントです。
実績がわかるスキルシートは作成しておきましょう。

スキルをアピールできるポートフォリオの作成

自分が身に着けてスキルをわかりやすくまとめたポートフォリオを作成しておきましょう。

どのぐらいのスキルやレベルにいるのかわかりやすくなります。
ポートフォリオを見た企業が求めているレベルに達しているのかわかり、アプローチがくる確率も高くなります。

エンジニアやデザイナーの方は作るのは必須です。
企業によって、提示するポートフォリオを変えるためにパターンに変化があるものをいくつか用意しておくといいでしょう。

事前にスキルやレベルがわかるポートフォリオを用意しておくことをおすすめします。

自分の市場価値を客観的に分析する

自分の市場価値を客観的に分析しておくといいでしょう。
自分の市場価値を把握しておくとことで案件探しが円滑に進みます。

理由として、自分が求めている報酬と条件に対して、自分のレベルが到達しているのかをわかりやすくするためです。

自分のスキルと求めている条件にミスマッチがあるといつまでも案件を獲得することはできません。

まずは自分がどのくらいのレベルにいるのかを客観的に分析しておきましょう。

ブログやSNSを開設し定期的な発信を行う

ブログやSNSのアカウントを作成して、定期的に仕事のことを発信しておきましょう。

自分が過去に経験して仕事を記録できることや発信を見た企業や担当者からオファーをもらえることもあります。

また、ブログに自身の経験などを書くことでオファーをもらえることもあります。
ブログにアクセスが集まれば、広告などを運用して臨時収入を得ることもできます。

ブログやSNSで発信をしていきましょう。

フリーランスが安定して仕事を獲得するコツ

フリーランス 仕事探し方

フリーランスが安定して仕事を獲得するコツを紹介します。

  • 企業案件を獲得することに注力する
  • 要望+αの成果を出し続ける
  • 案件の獲得先を複数社確保する

それぞれの項目について詳しく解説をします。

企業案件を獲得することに注力する

企業から案件を獲得することの注力しましょう。

理由として、企業のほうが仕事の規模も大きくて継続的に仕事をもらえる可能性が高いです。

個人の方が募集している仕事を受注していると単発で終わることも多く、なかなか継続性がありません。

できれば企業案件を受注する方が安定的に仕事をもらうことができるでしょう。

要望+αの成果を出し続ける

与えられた仕事をプラスアルファの成果を出し続けることが大事です。
そうすることで、発注者側からの評価も高くなり、継続的に仕事をもらいやすくなります。

また、自分のスキルよりも少しレベルの高い案件をこなすことでさらなるスキルアップができます。

まずは確実に成果を出せる案件を受注してプラスアルファの成果を出し続けましょう。
余裕が出てきたら自分のスキルよりも少しレベルの高い案件にチャレンジしていくことでさらなるスキルアップが期待できます。

与えられた仕事以上の成果を出していきましょう。

案件の獲得先を複数社確保する

案件の獲得先は複数社を持っておくといいでしょう。

一つの案件だけ受注していると、もしその案件がなくなってしまったら収入が途絶えてしまいます。

できる限り、自分の無理のない範囲で複数の案件を受注しておくといいでしょう。
そうすることで、一つ案件が途切れてしまっても、収入が途絶えることはありません。

複数社案件を受注するためには、一度取引したことのあるクライアントにもアプローチしてみるといいでしょう。

あなたの仕事が評価されていれば、再度仕事をくれる確率も高くなります。
案件は複数社から受注しておきましょう。

フリーランスの仕事探しにおすすめのサイト一覧

フリーランス 仕事探し サイト

プラットフォーム 登録者平均年収 案件数
(2023年6月)
案件数
(リモート・在宅)
案件数
(副業・複業)
最高単価
レバテックフリーランス 約862万円 45,929件 17,559件 4,593件
Midworks 約700万円 8,857件
(2023年6月)
8,857件
(2023年6月)
240万円
(2023年6月)
ITプロパートナーズ 5,286件
(2023年6月)
100万円

それぞれのエージェントに特徴があるので、できるなら3つとも登録しておくことをおすすめします。
エージェントを併用して使うことでお互いに足りない要素を補いながら、網羅的に求人にアプローチできるようになります。

【まとめ】フリーランスの仕事の探し方11選!

フリーランス 仕事探し まとめ

フリーランスの仕事の探し方について解説をしました。

フリーランスは仕事のスキルも重要ですが、仕事を継続的に受注することもさらに重要です。

スキルはあるのに仕事の探し方がうまくいかずにフリーランスをやめてしまうケースもあります。

そうならないようにフリーランスの仕事探し方を知っておくといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次