30代未経験からフリーランスになれる?おすすめ職種やスキルの付け方を徹底解説

30代未経験からフリーランスになれる?おすすめ職種やスキルの付け方を徹底解説

自由な働き方で高収入も狙えるフリーランス。30代未経験からでも転職を目指したいと考える人は多いでしょう。ですが次のような疑問も浮かぶはずです。

30代未経験でフリーランスを目指すのは無謀?
30代未経験からでも目指せるフリーランス職ってあるのかな?

フリーランスへ本格的に挑戦する前に、リスクや可能性について知っておきたいと思うのは当然のことです。

そこで本記事では、30代未経験からフリーランスを目指すために必要な知識について解説しています。おすすめとなる職種やスキルの学び方なども紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事のまとめ
  • 30代未経験からでもフリーランスになることは可能!
  • フリーランスは年齢よりもスキルが重視されるから
  • ただし、最初は低い単価からのスタートになるケースがほとんど
  • フリーランスになる理由を明確にして転身しよう!
目次

【結論】30代未経験からフリーランスになるのは可能!

【結論】30代未経験からフリーランスになるのは可能!

見出しにあるとおり、30代未経験からでもフリーランスになることは可能です。そう言える理由を次にまとめてみました。

年齢が若いイメージもあると思いますが、現役で活躍しているフリーランスの多くは30代というデータもあります。

30代未経験だからといって諦める必要はないのです。それでは各内容について詳しく見ていきましょう。

スキルを身に着けられる学習環境は整っている

一般的な認識でもスキルが学びやすくなっているという感覚はあるのではないでしょうか。

参考書を購入して学ぶこともできるし、インターネット上にある学習サイトを利用する手もあります。

ビジネススキルを取得できるスクールは、通学方式だけでなくオンライン授業も当たり前となっている状況です。

学習時間も調整しやすく時間の取りにくい30代の社会人でも、リスクを抑えながら学べる環境が整っていると言えるでしょう。

フリーランスは年齢よりもスキルが重視される

フリーランスに依頼する企業のメリットは、人件費を抑えつつ業務量に応じて仕事を任せられる点にあります。

依頼した仕事を完遂できる能力があれば、年齢や性別も関係ありません。30代であっても能力が高ければ、継続して案件を受注することが可能です。

たとえ20代でも求められるスキルがなければ、フリーランスとしての成功は厳しいでしょう。

フリーランスは年齢よりもスキルが重視される傾向が強いので、30代未経験でも成功する可能性は十分あると言えます。

これまでの経験をフリーランス独立後にも活かせる

30代未経験であっても、これまで経験してきたことがフリーランスとしての武器になる場合があります。

前職での専門知識や業界知識、コミュニケーション能力などを活かせる場面が想定できるでしょう。

もちろん受注する案件の内容によりますが、フリーランスは自分で仕事を選ぶことができます。

これまで培ってきた経験と親和性のある職種・業界を選べば、30代未経験という条件をはねのけることも可能です。

フリーランスになる前に取り組むべきこと4選

フリーランスになる前に取り組むべきこと4選

30代未経験でもフリーランスになることは可能ですが、決してリスクがないわけではありません。

考えられるリスクを抑えるために、次にまとめた4つの内容に対して事前に取り組んでおきましょう。

30代未経験からフリーランスになる理由を明確にする

なぜ30代未経験からフリーランスを目指すのか?この部分をはっきりさせておくことで、受注すべき案件の方向性が決まります。

例えばの話ですがフレキシブルに働きたいという理由でフリーランスになったのに、週5の常駐案件をこなしていては必ずしも希望を叶えていると言えません。

またモチベーション維持の観点からも理由を明確しておくことはおすすめです。つらいと感じたときの原動力になるでしょう。

理由によってはフリーランス以外の道も選択できる可能性があります。転職してから後悔しないためにも、理由をはっきりさせておくことが必要です。

成功しているフリーランスの行動を真似する

初めて何かに挑戦する場合、他者の成功事例を真似るということも大切なポイントです。

フリーランスとして活躍している人の中には、インターネットやSNSで情報を発信しているケースが見られます。

自分の想像する成功パターンと近しい事例を見つけられると、より参考にできる機会も増えるでしょう。

手探りで人と違う道を進むより成功者の手順を踏んだほうが、より良い結果を得られることもあります。

フリーランスとして継続できそうな仕事を見つける

フリーランスとして成功するのに、継続した案件獲得は必要不可欠の要素です。

そのためにも自分がフリーランスとして取り組みやすそうな、仕事・職種に狙いを絞ることがポイントとなるでしょう。

案件に対して単純にやってみたいという気持ちも大事ですが、そこに前職との親和性があると持っている知識・スキルを活かすことができます。

自分の趣味・嗜好の知識を活かせるケースでも同様です。継続して取り組みやすい仕事に携われるよう、スキルを高めておきましょう。

今後のキャリアについて道筋を立てる

フリーランスになりたい理由と紐づけて、今後のキャリアプランを明確化できるとさらに活動しやすくなります。

いろいろな案件を受注して幅広くスキルを獲得するのか、ひとつのスキルに特化してスペシャリストを目指すのか、成長するための選択肢は無数です。

なんとなく進んでいくのではなく、はっきりと目標を見据えて行動したほうが成功率も格段に上昇します。

一方でフリーランス活動の後に起業するという道も考えられます。このケースだと起業する時期、必要な資金の額なども計画しておくと安心でしょう。

30代未経験からフリーランスを目指しやすい職種

30代未経験からフリーランスを目指しやすい職種

フリーランスとして活動できる職種はいくつかありますが、その中でも30代未経験から目指しやすいものは次の3つです。

30代未経験からフリーランスを目指しやすい職種

スキル取得の難易度や、フリーランス初心者でも案件を受注できるかという点で選んでみました。

それではそれぞれの職種がおすすめとなる理由や、スキルの取得方法について解説していきましょう。

職種①Webデザイナー

Webデザイナーになるにはセンスが必要と思われがちですが、デザインの基本ルールをしっかり学べば誰にでも活躍できる可能性があります。

30代未経験からスキル取得を目指すなら、現場に即したカリキュラムと手厚いサポートが期待できるスクールの利用がおすすめです。

Webデザイナーのフリーランス向け案件は、初心者でも可能な内容から実績の必要な高単価案件まで幅広い仕事があります。

初心者として案件を受注しながら経験を積んでいき、やがては高単価案件にも挑戦できるという市場環境がおすすめする理由です。

職種②ITエンジニア

30代未経験からフリーランスを目指すのにITエンジニアをおすすめする理由は、市場における需要の高さです。

経験を積んでスキルを高めていけば、案件の選択肢に困ることは少ないと予想できます。

ただしITエンジニアに含まれる職種は多岐に渡り、スキル取得の難易度もそれぞれ違うのが特徴です。

スキルを学ぶのはスクールがおすすめですが、まずはインターネット上の学習サイトで勉強してみて自分に合っているか確認してみるのが良いでしょう。

職種③ライター

高いスキルを持っていなくても、すぐさま案件に挑戦できるのがライターの仕事です。クラウドソーシングを利用すれば、初心者OKの案件を見つけることができます。

ライターに対して丁寧なフィードバックをしてくれる発注者に当たれば、案件をこなしがらスキルアップすることも可能でしょう。

ライタースキルに対してもスクールは存在するので、基本からしっかり学びたいときに利用するのがおすすめです。

案件探しに役立つクラウドソーシングですが、相場より安い報酬の案件も散見されます。内容を精査する力がないと、低単価で働き続けることになるので注意しておきましょう。

30代未経験からスキルを身に付ける方法5選

30代未経験からスキルを身に付ける方法5選

ここからは30代未経験からスキルを身に付ける術について解説していきます。一般的な方法は次にまとめた5つです。

自分に合った学習方法を選択するためにも、それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

①ベンチャー企業・中小企業で働く

ベンチャー企業・中小企業で働くことのメリットは、安定的な収入を得ながらスキルも取得できる点です。

大企業ではなくベンチャー・中小であれば、与えられる裁量が大きく短期間で成長できる可能性もあります。

自分に合った企業を選定し入社を実現させるという壁がありますが、経済面の不安が少なくなる点ではおすすめです。

実務経験があることで、フリーランスとして案件に応募する際に選択の幅が広がる点もメリットと言えるでしょう。

②学習サイトを用いて独学で学ぶ

インターネット上にある学習サイトを利用して、目的のスキルを学ぶこともできます。

初歩的な範囲であれば無料で学べるケースもあるので、うまく利用すれば向き不向きを確認しながら勉強を進めることも可能です。

現在の仕事を続けながら、隙間時間で学習できる点が大きなメリットと言えます。

一方でこちらから質問することは難しく、自分の力だけで理解する必要があることが学習サイトの懸念されるポイントです。

③書籍や教材を購入して独学で学ぶ

なるべく出費を抑えたいのなら、書籍や教材を購入して独学で学ぶ方法もあります。

学習サイトと同様に自分だけで勉強を進めていく必要があり、最後までやり遂げる力が求められる手段です。

また正しい理解ができないまま学習が進んでいってしまう可能性にも注意すべきでしょう。

別のスキル取得方法をメインにして、書籍や教材による学習は補助的な使い方にするのがおすすめです。

④専門スクールに入校して学ぶ

スキル取得を効率良く進めたいのなら、専門スクールに入校して学ぶのが最適です。近くに校舎が無くても、オンライン授業が可能であれば問題ありません。

学習に際しては講師に対しての質問も可能なため、理解度が不足したままという事態も避けられます。

現場に即したスキルや業界の最新情報に触れる機会もあり、フリーランスになってすぐに役に立つ技術を学ぶことができるでしょう。

この方法で気になるのは費用が高額になりやすいことです。学習内容によっても授業料は変わるので一概には言えませんが、数十万円単位となるのが一般的でしょう。

⑤クラウドソーシングサイトで実績を積みながら学ぶ

クラウドソーシングサイトで初心者向けの案件を受注し、経験と実績を積み上げていく方法です。フリーランスでの活動を疑似体験できるという利点もあります。

専門性の高い職種だとある程度の知識を習得しておく必要もありますが、副業として案件をこなしながらスキルアップできる点も大きな魅力です。

この方法で注意したいのは、仕事としての責任も発生するということでしょう。ほかのスキル獲得方法とは違って、それなりの覚悟も必要になります。

なお初心者や未経験でもOKとなっている案件は単価が低い傾向なので、スキル取得の進行に合わせて案件の内容もレベルアップさせていくのがおすすめです。

30代未経験からフリーランスを目指す際の注意点

30代未経験からフリーランスを目指す際の注意点

最後に30代未経験からフリーランスを目指す際の、知っておくべき注意点について解説します。内容は次のとおりです。

①最初は低い単価からのスタートになる

当然ですがフリーランスになっても、すぐに稼げるわけではありません。最初は低い単価からのスタートになることを理解しておきましょう。

経験やスキルがあまり必要にならない仕事は単価も低めです。時給換算で考えた場合、作業スピードが遅ければ報酬はさらに低いものになります。

逆に言えば作業時間を縮めることが報酬アップにつながり、経験を積むことでより高単価な案件に挑戦できるということです。

30代未経験でフリーランスになった当初は、低単価でも仕事を続けられる忍耐力が求められます。

②営業力が強くないと仕事を獲得できない

条件の良い案件は取り合いになるので、アピールする力が足りないと仕事を獲得できない状況が続いてしまう可能性もあります。

初心者向けの案件でも応募者が多いことは多々あるため、契約してもらえるまでは数をこなす必要もあるでしょう。

プロフィール内容やポートフォリオを作りこんで、少しでもクライアントの目に止まるような努力が求められます。

30代未経験でフリーランスになったばかりの人材に、企業からスカウトがくるケースは少ないです。積極的な営業活動は成功するための必須条件と言えます。

③特別なスキルを持っていないと実績が作りにくい

30代未経験でフリーランスになった場合、初心者向けの案件からこなしていくのは当然です。ですがそれだけでは大きな実績につながりません。

経験を積んで、より上のレベルへ挑戦することが大切になります。初心者のレベルを脱していないままでは、高単価案件も受注できません。

ほかのフリーランスと差別化できる要素がなければ、継続して実績を積み上げることは難しいでしょう。

④自己研鑽を怠ると成長できず頭打ちになる

どんな職種であってもフリーランスは常に成長していかなければなりません。なぜなら市場のトレンド、業界の最新技術は早いスピードで更新されていくからです。

周りの変化に気付かずに現状維持で学習を怠っているフリーランスは、いずれは淘汰されてしまいます。案件を受注できる機会が減り、収入も不安定になっていくでしょう。

目の前にある案件をこなすことが第一ですが、それだけにリソースを割いてしまうと行き詰ってしまう危険性があります。

新たなスキル・経験を得るために、書籍や学習サイトを利用する、仕事の幅を広げるなどの選択が必要です。

【まとめ】30代未経験からフリーランスになれる?

【まとめ】30代未経験からフリーランスになれる?

30代未経験からでもフリーランスになることは可能です。しっかりとした準備と心構えがあれば、場当たり的な対応で後悔するケースも避けれられます。

フリーランスとして働くこと自体が簡単ではないため注意すべき点も多いですが、30代未経験という条件だけで諦める必要はないということです。

未経験からでも目指しやすい職種を選択すれば、スキルの習得難易度や案件獲得の不安も軽減できます。

隙間時間を使ってスキル習得を目指し、まずは副業という形でフリーランスへの一歩を踏み出してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次